【管理釣り場(ニジマス)】丹波山村営つり堀

今日は毎年恒例の丹波山村つり堀でのマス釣り&BBQ。
GWは混雑するので朝5時に出発して7時半に到着しましたが、河原には既に車が沢山止まっており、受付に行くと36箇所ある川を区切った淵は残り6区画しかありませんでした。もう少し遅かったらあぶれるところでした。

マス10匹の料金(3000円)とエサのイクラ代(500円)を払いNo30区画で準備をします。まずは前日までの残り魚を確認すると2、3匹泳いでいるのが見えました。マスに混じってヤマメの姿も
8時半から各区画へ放流が始まりますが、順番で放流していくのでマス10匹が放たれたのは9時近くでした。
これで淵には10匹+αのマスが居るので、これらを釣り上げないと損してしまいます(笑)

まずは嫁さんと子供に塩焼きにしてもらう3匹を回収するように釣らせます。マスは放流して少しすれば口を使い始めるので30分ほどで3匹回収出来たので、早速塩焼きにして貰います。
炭火でじっくり焼き上げてくれるので焼きあがるまで1時間位掛かりますから、早めにお願いします。ちなみに焼き代として1匹50円です。

その間にBBQの準備をしたりマスの回収をしたりと大忙し。
1時間後に焼き上がったか焼き場に確認に行くともう少しとの事。戻るのも何だし焼き場で待って出来たてホヤホヤを持ち帰りBBQタイムです。

マスの塩焼き

マスの塩焼き


この時点で6匹回収したので残り4匹です。
焼きがったマスは皮や腹骨の所はパリパリで美味しい。この釣堀では腹骨の所をパリパリになるまで焼くので時間が掛かるのです。

午後になるとマスも警戒心を持つので中々釣れなくなります。
あまり釣りをしたことがない家族連れだと、この辺で諦めてしまうのでマスが残ることになります。
我々は、ココでエサをイクラからぶどう虫(600円)にチェンジします。

でもそう簡単に釣れません。エサを見て追いかけようとしますが、直ぐに仕掛けに気が付き喰いません。
うーむ、ハリスか針が見えているのなぁ~
試しに針先をエサで隠して見ると、おお喰った。

面白いことに少しでも針先が出ているとエサを追わ無いのです。針はスレ針を使っていたのでエサの歩留まりが良くなく直ぐに針先が出たりしますので、上手くエサを付けて流すようにします。

なんとか9匹回収したところで16時を過ぎ、そろそろ終了の時間です。
今日は全回収は無理かなと、釣り上げたマスを捌き場に持って行き、下処理をお願いします。マスの代金には下処理の料金も含まれていますので、こういう釣りは後が楽で良いです。

BBQの片付けをして最後に竿をしまおうと最後の一流しとエサを付け替えて、投入するとマスが追いかけて来るのが見えました。
エサを咥えたところで合わせると釣れました~

なんとか10匹回収です。
まだ淵にマスが泳いでいますが、時間なのでこれで片付けて終了にしました。

この後は「丹波山温泉めこい湯」で一風呂浴びて帰えってきました。

今年も丹波山村営つり場へ

今日は我が家定番のBBQ&ます釣りと言うこで丹波山村営つり場へ行って来ました。
丹波山村営つり場
当Blogでも何回か紹介していますが、川の流れを利用した釣り場で、岩で仕切られた区画(淵)にニジマス10匹3000円(ヤマメの場合は7匹)を放流してもらい、それを釣るのですが、渓流釣りの醍醐味が味わえるのと区画貸し切り制なので他の釣り人と交じることが無いので家族釣れに人気のある釣り場です。

放たれたマスを釣るには意外と簡単な様でこれが意外と難しいんです。
放流直後は結構、釣りやすく子供でも釣れますが時間が経つにつれて、養殖のマスと言えども自然に警戒心を持ち、釣れにくくなってきます。

なので放たれたマスを全部釣り上げるのは結構難易度が高く、区画によっては前の利用者が釣り残したマスやヤマメが残っていたりします。

今日も自分らが利用した区画にも釣れの残りのマスとヤマメが居るのが見えてました。
よーし、全部釣り上げてやると意気込んでやりましたが、8時半から16時半まで途中BBQしながら釣りましたが、マス10匹の回収とゲストにヤマメ1匹と言う結果になりました。

毎年行ってますが、その時期によって色々と条件が変わるのですが、10匹すべて回収しようとなるとテクニックが必要です。
例えば、餌は2種類用意して途中で切り替えながら釣るとか、区画境の流れ込みから落とし込みをして探ってみたりと渓流釣りのセオリーを使わないと・・・

今日入った13番区画にはまだ5匹以上の魚が残っている筈です。
でもウグイの子供が群れをなして淵に入ってますからエサ取りが多いです。なのでいかに餌をマスにアピールできるかが勝負の分かれ目になりますヨ