今日は三番瀬潮干狩り

今日は前から予約していた「たかはし遊船」さんの三番瀬潮干狩り渡船の日でした。でも予報は一日雨と悪く嫁さんはキャンセル。でも自分は、予定とおり出船するとこの事で、合羽を着て参戦することにしました。

流石に雨ではと言うことで、キャンセルも多く10時20分の出船に集まったのは20名弱と少なめでした。
今日のポイントは、沖の牡蠣殻ポイントと言うことで航程40分ほど掛かりました。

新浦安の高層マンション街を見る干潟に上陸して牡蠣殻をかき分けアサリを掘り始めます。
ポツポツとアサリをゲットしますが、ごっそっと出てくる場所に中々当たりません。

この日の干潮は12:33で水位3cmと条件的には良いのですが、腕が悪いのかアサリの数が増えません。
よやく良いポイントにはまったと思ったら潮がどんどん上がってきました。

13時に沖上がりの時間となり、渡船に戻ります。潮が引く時はゆっくりですが、満ちるのは早いものです。
アサリを掘っている時はあまり気になりませんでしたが雨がかなり降る中、帰港となりました。

今日の収穫は2kg程でしょうか。

本日の収穫


今、一生懸命砂出ししています(笑)

三番瀬の潮干狩

今日は、我が家恒例の潮干狩りです。
いつものように行徳のたかはし遊船からの渡船ですが、最近は人気で早めに予約をしないと週末は直ぐに一杯になります。
今回も予約が取れたのは今日だけです。それも潮の引きは今一な日で最後まで空いていた日です。
この時期になるとBlogのログを見ると検索キーワードで「三番瀬 潮干狩」で検索されてやってくる人が多いようですから・・・

でも今年は4月のシーズンインから三番瀬のあさりが不調ということでしたが、4月後半にあさり鉱脈が見つかったとかで状況が上向いたので期待して出掛けましたが・・・
三番瀬潮干狩
こんな感じでした。
家族3人で8kg強ですかね~小粒が多くて今までの三番瀬アベレージサイズはあまり多くなかったのが残念です。
まあ天然物のアサリですからそれだけで価値があります。次の大潮回りあたりには大きくなっていい感じなるかも知れません。

さあ砂抜き頑張りましょう(笑)

今日は三番瀬の潮干狩

我が家恒例、三番瀬の潮干狩りに行ってきました。
今年も行徳のたかはし遊船さんの渡船で三番瀬へ。渋滞知らずの行徳出船なので30分もあれば自宅から船宿まで着くのが魅力です。

8時半にいつものように土手の駐車場に着くと既にBBQの車で一杯です。オイオイこんなところで朝からBBQの場所取りとは凄い世の中になったものだと、河川敷に降りて宿から少し離れたところに車を置くことになりました。

船宿で受付を済まして渡船に乗り込みます。今日は50人と満員御礼で9時過ぎに出船となりました。
江戸川放水路を下り今日は、昔の潮干狩跡地がポイントになります。
三番瀬の潮干狩と言うとカキ殻が堆積する場所で掘るイメージですが、この場所は完全な砂地となっていてまるで木更津の潮干狩みたいな感じです。

このポイントは大粒のアサリが採れると言うことですしたが、数はそんなに多くないので宝探しの様相です。
熊手で掘りながらアタリがあったらそのアタリを探れば出てくるのですが、シオフキ貝も多くアサリで無い場合が多いのです。
シオフキ貝も食べるには手間ですが美味しいので、大きいのは確保しましたけどね。

まれーに「ハマグリ」も交じりました。それも結構いい型のが採れました。

家族三人で5kg位かな

家族三人で5kg位かな

潮が満ちてきた12時半過ぎに終了となり再び30分程掛けて桟橋へ。

14時過ぎには帰宅することが出来きGW渋滞にはまらずに出掛けられるのが良いです。
アサリ達はお風呂場で砂抜きの最中です。

三番瀬潮干狩り

今日は、休暇を取って行徳「たかはし遊船」の三番瀬潮干狩り渡船に乗船して、江戸前のプリプリしたアサリを収穫してきました。

ココは、天然モノのアサリで、千葉の潮干狩り場のような養殖あさりでは無いので、味が全然違います。

海の中に出来る干潟での潮干狩りなので、船で行くしか無く、さらに大潮回りの時期しか干潟にならないので、行ける日が限られてしまいます。
今日も平日にも関わらず、定員40名きっかりでした。

干潟と言っても砂地では無く、カキ殻や貝殻の堆積している場所なので長靴手袋が必須です。
さらに、死んだ貝も多くて、慣れないと見分けがつかず、取った貝の半分近くが死貝だったと言う事も
さらに潮が上がって来る迄の間なので、2時間半~3時間程しか出来ませんからいかにアサリを見分けるかが重要です。


そんなトラップ?をかいくぐれば、プリプリしたアサリを食べる事ができます。一度このアサリを食べるとスーパーで売っているアサリは食べれ無くなります(笑)

なんせ、大きいアサリになると身が大きすぎて、アサリの貝殻がしっかり閉まらないのです。締りが無いアサリです(笑)
天然のアサリだけに東京湾の豊富な栄養を摂取しながら成長してきたので大きく育ったのです。

ただ、毎年のように発生する青潮や赤潮でアサリが死んでしまう事も多く、毎年こうやって採れるとは限らないのが残念です。
だから余計に貴重なんです

今日は、嫁さんと二人で7~8kg位の収穫となりました。上手な人だと一人で10kg位採っている人も居ます。

アサリは冷凍保存が効きますから、砂出しして小分けに分けて冷凍しておきます。