早朝取り締まり

今朝、日の出直後に京葉道路を千葉方向に走行したのですが、途中市川IC先の上り車線でタクシーが覆面パトカーに捕まっているのを見ました。

昨晩は総武快速線で人身事故があり終電間際に長時間運転見合わせとなったのでタクシーも繁盛したのでしょう。そんな千葉に帰るロングなお客を拾って千葉まで送り届けて意気揚々と帰ってきたら、覆面の御用となったのでしょう。
昨晩の売り上げがパーになったなぁと思っていると、原木ICの出口車線に覆面パトカーが発煙筒を炊きながら停車しておりこちらにも速度違反と思われる車がおりました。

最近、京葉道路(市川~船橋間)でよく覆面パトカーによる取り締まりをよく見掛けます。
日の出直後、5時になるかならないかの時間帯でも取り締まりをやっているのにちょっと驚きました。

なんせこの区間は三車線のくせに60km/h制限です。
しかし60km/hで走る車はほとんど見かけませんし、中央の追い越し車線を100km/h以上で飛ばす車も珍しくありません。

ココで取り締まりしたら入れ食いな訳です。捕まればかなりの速度超過となり下手すると免停になる可能性もあります。
ただ、捕まるのは単独で飛ばしている車がターゲットになりそうです。

周りの車と同じ速度で走っているだけなら捕まる可能性は低く、そこから抜きに出て先頭を突っ走るような事をすると、後ろから追撃されて御用になる傾向があるそうです。

市川~船橋は三車線で直線なのでスピードを出したくなる場所ですが、覆面が居ますので我慢して流れにのって走るのが得策でしょう。

それにしてもこんな朝早くから取り締まりしているとはちょっと驚きました