【イイダコ】(11/15)富津港・川崎丸

今日は平日釣行をしてきました。本格的に寒くなる前に旬の釣り物をという事で候補に上がったのはフグ、イイダコ、クロムツ、タチウオでしたが、熟慮に熟慮を重ねた結果「イイダコ」に決定し今年は好調らしい富津港に向かいました。

アクアラインのトンネルを抜けると吹き流しが真横になびいてます。表示は風速6mとちょっと嫌な感じです。船宿には5時40分に到着して受付を済まして船着き場に向かうと風がソコソコ吹いてます。

受付札順に乗船となり、11番だった自分は左舷胴の間に入り準備をします。恒例の釣り方レクチャーの後早めの6時25分の出船となりました。
イイダコ釣り
今日は港前から始めるとの事で出船して僅か10分でポイントに到着です。水深5mとのことでスタートとなりましたがやはり北風が吹いており繊細な乗りを見分けるイイダコ釣りには少々厳しいコンディションです。

釣り初めて5分程、ミヨシ側の人が中サイズのイイダコを釣り上げます。居ることは居るようです。テンヤが海底をトントン叩きつつ底から離れないように小突き、開始から10分後にようやく中サイズのイイダコをゲット出来ました。

ヨシ、どんどん釣って今日の目標40はクリアしたいなと気合を入れますが、その後が中々続きません。
船長曰く、本命ポイントは大潮で潮が早いので潮が緩くなるまで港前で流すとの事で、暫くは我慢の釣りになりそうです。
船中、ポツポツとイイダコが上がってますがバタバタ釣れる感じでは無く、散発的に釣れると言った感じです。

このポイントは小さいサイズも結構混じっており、うーん乗ったかな・・・えぃアワセてみようとすると極小サイズが釣れることもありました。

9時を過ぎてようやく風も収まってきましたがツ抜けはしたもののこのままでは目標達成は難しい気配です。
時折、左右の人がポンポンと釣り上げるのに自分だけ蚊帳の外と言うことがありうーん、何が違うのか?
あ、テンヤのオモリの色が違う!

自分はオモリ部分がゴールド塗装ですが、左右の人は赤塗装です。まさかとは思うけどゴールドはイイダコの反応が悪いのかも?
道具箱に赤塗装のテンヤが有ったので、ダミーらっきょうを新しいのに付け替え(出船間のレクチャーでダミーも新しいのを付けないとノリが悪いと言ってました)て釣ってみると、早速効果が出たのか2連チャンでイイダコをゲットしました。

10時になると潮が緩んで来たので本命ポイントに移動となりました。
第一海堡寄りの水深7mのポイントで再開です。ココは大型のイイダコが多いとの事で気合が入ります。周りでも大型のイイダコが上がっており次は自分だ!と小突くとなんとなく重くなった感触があり、アワセると・・・小型でした。

でもイイダコの魚影は濃いようで船中でもイイダコが釣れている感じです。
自分もその後大型混じりでイイダコが釣れるようになり今までの業績不振を取り戻すべく、イイダコに営業(小突いて誘い)をかけます。

スっぽ抜けもあったり、ノーアンサーの時間もあって40までは行かなくても30は確保したいなと頑張ります。
小突く幅や周期を変えてみたりと色々試しているうちに最後の流しとなりました。
やはり「基本動作は確実に」の教えに従って小突くと、ずっしり重くなります。バレませんようにとしっかりアワセを入れて大型ゲットです。

11時50分に沖上がりとなりビニール袋が配られて営業成績の確認です(笑)
まるで玉入れの玉の数を数える気分でイイダコを数えながらビニール袋に入れると34杯となりました。
当初目標には届かなかったけど、下方修正値はなんとかクリア出来て良かったし、意外と釣った方のようでした。これで「イイダコのしゃぶしゃぶ」が出来ると喜び、帰港となりました。

この日の釣果

この日の釣果


収支結果
 (収入の部)
   イイダコ 34杯
 (支出の部)
   乗船代 7500円
船宿:富津港 川崎丸
=========
船宿HPから転載
15日の状況
イイダコ午前船 【出船6時半】・・・初挑戦の4名様を含む14名様にお越し頂きました。
前半は航程10分以内の5~6mダチを狙い、潮が速かったのでポツリポツリの乗り方でした…
10時頃に潮が緩んだので本命ポイントへと向かい、良型主体に大型も多数混じって、前半の2~3倍のペースで活発に乗りました!・・・明日は潮周りが緩くなってくるので、本命ポイントを狙える時間帯も長くなってくると思いますよ!
本日は珍しいゲストをゲットする事が出来たのですが、58cmの大型マゴチです!・・・たま~にマゴチが掛かるのですが、今までの最大は55cmだったので、今日は記録更新しましたね!

本日の釣果は8~20cmをトップ74杯・2番手48杯・39杯・34杯が2名・33杯・31杯が2名・24杯・23杯・18杯・13杯・10杯・5杯と言う内容でした。

【マダコ】(7/16)富津港・川崎丸

今年2回めの船釣行は「マダコ」です。
昨年は夏・冬ともマダコ釣りに行って無かったので、久々のマダコとなります。

湾奥の船宿からの出船でも良いのですが、富津の川崎丸では坊主でも事前に釣ったマダコを冷凍にしておいて坊主だった釣り人に「お土産」があるので、保険のつもりで利用しています。

さて今日はどうかなと朝5時に船宿に到着して受付を済ませて、船着き場に向かい左舷胴の間に入ります。なんせ一番最後の到着ですから、場所を選ぶことが出来ません(笑)
5時半に出船となり、船長から「第二海堡は潮の流れと風向きが良くないので(富津)南沖へ向かいます」とのアナウンス。

うーん、いつも第二海堡で1杯は上げてあとは沖上がりまで余裕?の釣りをしていたので今日はどうかなと?とちょっと心配です。

航程30分ほどで上総港沖のポイントに到着。気合を入れて小突きますがそうすぐに釣れないです。
暫くして船中1号の1.8kgが左舷で上がりましたが、その後大型主体で上がるのですが単発で、自分のテンヤには乗りがまったくありません。

最初のポイントでは大型が3杯上がっただけで場所を移動しますが、全然乗りが無くなんと9時を過ぎても3杯のままです。

流石に船長も焦ったようで沖合のポイントを流したりと根回りを攻めてポツンポツンと上がるようにはなりましたが、タコの機嫌は良くないようです。
今日は南西の風が5~7m位吹いており、灼熱地獄にならずに済んだのですが、その分下げ潮とぶつかり潮の流れがゆるいようです。

これは今日は駄目だなと腹を括り、果敢に挑戦だ!と言った矢先に根掛かりでテンヤをロスト。

今日はそれまでロスト無しだったので、上手く行けば出船時に購入したテンヤ交換券はそのまま払戻しかなと思ったのですがそうはいかないのがマダコ釣りです。

新しいテンヤで小突きますがマダコからのラブコールは無く、船中24名中半数以上が型なし状態です。
船長もポイントを転々と流しますが、自分も含め半数の12名が型見ずなので沖上がりを30分延長して12時半まで頑張りましたがノーヒットで終了となりました。

テンヤは2つロストなので500円払戻となりました。
港でお土産の「冷凍タコ」を貰いなんとかタコを食べることが出来るのは不幸中の幸い?ですね。

残念賞の冷凍マダコ

そうそう、冷凍タコは820gで内蔵処理されていたので実質は1kg位の良型でした。
冷凍になっていたのでぬめり取りも簡単でした。

<収支報告>
収入の部
冷凍マダコ 820g
支出の部
乗船代 8500円
テンヤロスト 1500円(2回)
となりました。

船宿 富津港 川崎丸

=船宿HPから=
16日の状況
マダコ船 【出船6時】・・・本日は3連休の最終日ですし、昨日までのご予約が少なかったのでゆったり出船かな?と思っていたら、嬉しい事に夕方から予約が殺到して、結局女性3名を含む24名様にお越し頂き、その内の9名様が初挑戦での出船でした。
風向き・潮向き・メンバー構成を考慮して第二海堡はスルーして一気に南沖へと走りました。
ポイントに着いた頃が丁度満潮潮止まりで、最初の内は型を見る事が出来ませんでしたが、開始から30分位して下げ潮が流れ出すと、まずは女性の方が1.8kgの船中第1号を釣り上げました!
次の流しでは2.5kgが上がり、その次の流しでは3.2kgが上がって単発な釣れ方ながらも良い感じでしたが、その後は続かなかったので昨日好調だったポイントへと向かいました。
このポイントを今日一番当てにしていたのですが、女性の方がバラシただけでその後が続かず、大きく当てが外れてしまいました…
ここからが迷宮に迷い込んでしまい、狙うポイント狙うポイントをスカばかりで9時すぎの時点で船中3杯と、ここ数年でもない様な緊急事態になってしまい、船長は血の気が引いて行くのが自分で解りました。
それならばといつもは狙わないポイントを狙ったところ、朝方2.5kgを釣った方が今度は2.8kgを釣り上げて、2時間ぶりのご対面となりました。
その後は沖目に出て根周りを狙いましたが、根掛かりが多い割にはタコは拾い釣りで、11時の時点でポイントを大きく移動して最後の望みを掛けました。
潮は大分緩んで根周りを大流ししたのですが、ここで2.9kgを筆頭に7杯釣れ上がって、オデコの方も3名減ってやっと船中の半分の方が型を見ました!
本日の釣果は0.4~3.2kgをトップ3杯が2名・2杯が3名・1杯が7名の船中【19杯】と船中数は少なかったですが、2.0kg超の特大が4杯上がったのがせめてもの救いですかね・・・半分の12名様がオデコになってしまい【お土産タコ】大放出でした。

【マダコ】(2015/7/31)富津・川崎丸

久しぶりの平日釣行。最初は萬栄丸の夜ムツにしようかと思っていたら、水曜日の昼時点で満員御礼。じゃあ他の釣り物でと調べてみるとマダコが好調のようです。マダコは家族にも好評なので前日に予約完了。

朝4時前に自宅を出発、アクアラインを通って富津には5時ジャストに到着。番号札は12番で、自分が最後のようでした。
受付をして船着場に着くと皆さん乗船しており、船長から指示された左舷胴の間に入ります。右舷8名左舷4名が揃い5時半に出港。

船長から前日は11時に早上がりだったので今日も好調なら早上がりしますからね~とアナウンス。
こりゃ頑張って釣らないと。

マダコの聖地第二海堡は通過して航程30分富津の南側へ。
浅いポイントなのでテンヤを投入すると直ぐに着底するので後はテンヤを小突きます。直ぐに船中でバタバタと乗りがたって船長がタモ入れに忙しく動き周ります。

どうやら初電に乗り遅れたようです。なんとか1杯を釣ろうと頑張り少し間を置いて600g程の夏タコアベレージサイズをゲット。
いやー良かった良かった。

その後、開始30分で全員が顔を見ると言うタコ釣りでは珍しい状況に。
好調は持続していたようで、流しを変える度にタコの乗りがどこかしたであり、サイズもkgオーバーが交じるようになりました。

自分もマジで!と思う程、立て続けに上げた時間もありマダコの自己記録を更新して5杯を超えたところで、船長から今日は10時半には早上がりしますよと宣言がありました。
まあkgオーバー交じりでこれだけ釣れれば御の字だし、なにせ無風状態だと激暑なので定時までやるのもしんどいですから大歓迎?です。

後半は沖の型は小ダコが中心だけど大きのが交じると言うポイントを流しました。
船中でポツポツとタコが上がりますが時折2kgオーバーも混じってます。自分も大きいが欲しいなかと小突きましたが、来るのはアベレージサイズばかり。
それに小さいのも混じっているのか?テンヤから外れてしまうタコも多くて、3杯を追加しただけで早上がり時刻になってしまいました。

釣れ過ぎで早上がりなんて、今まで殆ど無かったですからねぇ~観音崎沖のタチウオ船団を眺めつつ11時には帰港しました。
ちなみに今回のテンヤロストは2つでした・・・

今日の釣果~マダコ8杯~

今日の釣果~マダコ8杯~


お陰で撮影出来ないと思っていた工臨の撮影が出来たのはラッキーでした。

今年の釣行はパッとしなかったので、これで上昇傾向になって呉れれば良いのですが。

[船宿]富津港川崎丸
[仕掛け]タコテンヤ(50号)
[料金]9500円(氷付) テンヤ紛失につき500円

【マダコ】(12/20)富津港「川崎丸」

今日は、多分今年最後の釣行として東京湾のマダコ釣りに出掛けてきました。
先週、横浜の本牧釣り桟橋でテンヤをやったのですが、釣れませんでしたので、そのリベンジ?と言うわけです。

この時期、マダコ船を出すのは富津と湾奥の船宿ですが、富津の船宿の場合、釣れない場合にはお土産として冷凍のマダコが付いてくるので、万一を考え前日に富津の川崎丸に予約をしました。

今朝は、4時半に出発して6時前に宿に到着です。車から出ると北風が結構吹いていて寒さが身体に染みます。どうやら今日の乗船客では一番最後の受付になりました。
船着場に移動して、着替えて乗船します。
今日は7人で片絃流しとの事で空いていた胴の間に入ります。

用意が出来た6時半に出船。航程20分でマダコの聖地?第二海堡に到着です。
随分前に、冬マダコに来た時は、ココで連続4匹釣り上げた事もあります。

丁度北風が島影になるポイントを攻めますが、ココは根掛かりが多い場所なので、慎重にテンヤを動かしてマダコを誘います。
暫くして、テンヤがぐぅーと重たくなりタコやテンヤに乗った感触がありました。ちょいと小刻みに動かしてタコが乗ったのを確認してアワセますと乗りました。
「乗ったよぉ」と船長に声を掛けるとタモ取りしてくれて、無事にネットインで船中第一号をGETです。
1kgあるか無いかの食べ頃サイズでした。

朝一で釣れると気が楽になりますね。

今日の目標は2匹なので、上方修正できるように攻めますが、根掛かりでテンヤをロスト。テンヤロストすると500円でテンヤと交換になります。
船中でもポツポツとマダコが上がりました。
大型が出ませんでしたが、1kg前後のマダコが船中で5匹釣れたところで、第二海堡を離れることになりました。

船は20分程南下して観音様を望む大貫沖のポイントに到着。
ココは水深10m前後の根回りです。
根掛かりに注意しながら探りますが、根掛かりでテンヤをロストしました。
ポイントを変えると、タコが釣れたりしますが単発で、なかなか自分にはタコが回ってきません。

今日はこの1匹で終わりか・・・と嫌な感じになります。
今まで、東京湾のマダコは第二海堡周り以外で釣り上げた事は無いんだよなぁ~と負の気持ちが大きくなっちゃいます。

気分転換に、サービスのカップラーメンを食べたりしましたが、タコの乗りは遠いまま、12時近くになってしまいました。
「最後に深場のポイントを流します」と船長のアナウンスで移動となりました。

今まで水深3m~10mのポイントでしたかココは水深30mの深場で、大型のタコが上がるポイントでもあるそうなので、最後に気合を入れてテンヤを投入します。
水深が深い分、テンヤのテンションが重くなり小突くにも少し力を入れる必要があります。

ミヨシで2人連続でバラシがあり、船長から「水深が深いので、アワセはしっかり入れるように」との注意があった後、自分のテンヤにもタコが乗ったような感触があり、腕を伸ばしてアワセてからタグリ始めたのですが、5m位タグっった所で軽くなりバラしてしまいました。
貴重な乗りだったのですが・・・

takoこのポイントでは結構、船中でマダコの乗りがあり、船長もタモ取りが忙しくなってきたところで、自分にも再びタコの乗りがあります。
さっきの失敗があるので、今回はしっかり確実にアワセを入れてたぐり続け、ネットインしたのは500g程の小ダコでした。

これで一応目的の2匹になりました。
大型も多いポイントらしいのですが、今日は500g~1kg前後のマダコがこのポイントで良く乗りました。中には最後のポイントで4匹を上げた人も居るほどで、タコの活性は随分たかったです。
自分ももう一回、マダコの乗りが有ったのですが、残念ながらアワセ損ねでテンヤに乗せることが出来ませんでした。

13時15分沖上がりの時間になり、今日はココまでになりました。
2kgオーバーの大型は出ませんでしたが、7人乗船して全員2匹以上釣ってますので、まずまずの釣果だったのでは無いでしょうか?

小さめにタコは「たこ飯」に丁度良いサイズでしたので、たこ飯で食しましたが、美味しかったですよぉ~
今日は釣れて良かった良かった。

 [船宿]富津港川崎丸
 [仕掛け]タコテンヤ(60号)
 [料金]9000円(氷付) テンヤ紛失につき500円