【手長エビ】(7/7)荒川&江戸川

梅雨が開けるとシーズンも終わると言われる手長エビですが、今年は既に梅雨も開けたので終盤戦と言うことになるのでしょうか?

前回、釣行時に買った赤虫がまだ冷蔵庫でお休み中なので、処分?を兼ねて近所の荒川に行ってみました。

実績のあるポイントで竿を出したのですが、カニの猛攻にあって根掛かりが多発。仕掛けの消耗も早いのでこれは駄目だと言うことで1時間ほど粘って場所を移動することに。

荒川は期待薄なので、江戸川へ行ってみようと車で篠崎の河川敷駐車場へ向かいます。これなら最初からココに来ればよかったなと16時少し前に到着です。

駐車場近くの護岸で竿を出して様子を伺うと、玉ウキの動きが微妙だな~とゆっくりと竿立てるといい感じで引きがあります。

手長エビのシーズンも終盤?

手長エビのシーズンも終盤?

まずまずの型が出て、江戸川のエビ影は濃いかな?と丁寧にエビを針から外してバケツへ。

さて次を狙いますかと、同じ様な場所を攻めてみます。
しばらくしてウギが動いた気がしたので聞きアワセしてみると魚信があったものの直ぐに無くなりバレてしまいました。

しかし、その後がなかなか続きません。
おかしいなぁ~と思っていたら護岸近くに大きな魚影が見えます。セイゴとフッコの間くらいでしょうか?
こいつが周辺を徘徊しているからか?

潮止まりが17時半で上げ潮になれば喰いが悪くなりますから17時15分に納竿しました。
先程釣り上げた、エビ君はまだ元気なので次の時に恩返しを期待してリリースして帰路につきました。

【手長エビ】(6/24)荒川平井大橋

午後から晴れて来たので、今シーズン初の手長エビにチャレンジしてきました。

釣具屋で赤虫を購入してから、荒川土手に向かうと定位置には先着者居たので、ちょっと場所をずらして捨て石が入っている場所で14時頃から竿を出してみました。

今日の潮止まりは15時半なのでその前後を狙おうと言う作戦です。
色々と探ってみますが、なかなかエビのアタリはありません。いつもならダボハゼとかからのアタリがあったりするのですが・・・

下流の方を見ると羽田へ向かう飛行機が見えます。あれまILSアプローチなんだ。羽田の天候が良くないのかな?
スマホでLiveATCから羽田アプローチの交信を聴きながらアタリを待ちます。

ようやくテナガをゲット出来たのは潮止まりになった15時半頃です。

今年初のテナガエビ!

今年初のテナガエビ!

ちょっと浅めを攻めたらウキの動きがなんか微妙だなぁ~を聞きアワセをしたら釣れました!

同じ様な場所を攻めるとウキがすぅーと動いた様に見えたので、聞きアワセ。
あーまたゲット。これは時合なのか?とエビを針から外すを抱卵しています。うーんこれは可哀想だなとリリース。

さあ、次を釣るゾと気合を入れて探ります。
探ります。
探ります。
あれー次が来ない。

さっきリリースしたから、恩返しがある筈なのに・・・
16時を過ぎても追加出来ず。

今日は1090レを撮影しようかなと思っているので17時までには上がらないとと頑張りますしたが、追加出来ずに16時50分に納竿。

バケツには1匹しか入ってないのでリリースしようかと思ったのですが、残念ながらお亡くなりなっていたので持ち帰って、唐揚げにして美味しく頂きました。

2016/7/23【手長エビ】荒川放水路

今シーズン初の手長エビ釣りに。

赤虫を買ってさていつもの場所に行ってみると、あれ引いている・・・
しまった、タイトグラフの干満を見間違えた!
荒川の手長は上げ潮の時は極端に食いが悪いので、下げを狙わないといけないのですが干満を勘違いしていたようです。
手長エビ釣り 2016/7/23
まあ今シーズン初ですから、竿を出さない訳にはいかないなぁと仕掛けを用意して、何か所か探りながら釣ってみます。
時折、アタリがあるのですが、掛かったのはダボハゼです。
お前じゃなんだよなぁ~とリリースしながら捨て石周りを攻めたり船着き場ありを探ってみたりしますが、ダメです、またお前かーとダボハゼのオンパレード。

上げ潮も早く仕掛けが流されて根掛かりすることもしばしば。
結局、2時間近く粘ってみましたが、手長エビの顔を見ることは出来ませんでした。

次回は、タイトグラフを見違えないようにしないと。

(2015/5/17)今シーズン初のテナガエビ

5月に入り、テナガエビのシーズンに入ったなぁと言うことで、荒川へ様子見に行ってみました。

今日は16:38満潮なので、その前後を狙ってみようと、午後餌になる赤虫を買いに釣具屋へ。和竿作りもしているお店ですが、近所の情報はばっちりと言うので時折買いに行くお店です。
どうやら、今年は早くから釣れだして大きいのが多いとか。

早速帰って道具を取り出していつもの場所へ。
16時ちょい前から竿を出したのですが、一向に釣れる気配がありません。うーん、やっぱり上げ潮はダメかぁ~とあちこち探りますが音沙汰なし。

16時半になり、そろそろ潮止まりなんだけなぁと仕掛けを投入すると、ウキの動きがそれまでと異なっています。
聞きアワセをすると重い!いい感じの抵抗があって上がって来たのは良型のテナガエビです。

やっぱり上げ潮が止まったら喰いだしたと言うことで、釣れたアタリを探るとまたもやヒット!
針外しする際に手に挟まれイタタとなりながら外して、再投入して探るとヒット。

わずか10分足らずで5匹ゲットです。
こりゃツ抜けしそうだと続けますが、次第にアタリが遠のき、17時までに2匹追加したのですが、その後がさっぱりになってしまいました。

あちこちテナガエビが居そうな場所を探ってみますが、釣れるのはデキハゼばかり。
天敵になるフッコやウナギでも回遊しているのか?

結局17時半過ぎまで粘りましたが、釣れず根がかりして針がなくなったので、納竿しました。

この日釣果

この日釣果


泥を吐かせて、唐揚げになる予定です。

【手長エビ】葛西新左近川公園

GWから夏にかけて、手長エビのシーズンと言う事で、葛西の新左近川公園に出掛けてみました。釣れなきゃ、足こぎボートで遊べるし、家族を釣れてちょっと遊びに行くには丁度良い場所です。

ノンビリ自宅を出て、途中の餌屋で赤虫を買い、新左近川の駐車場に到着したのは13時半でした。

護岸の捨石の隙間を探りながら、17時まで釣って家族三人の釣果は12匹でした。
まだ、型が小さいのが殆どで、後1ヶ月位するともう少し成長したのが釣れるのでは無いでしょうか?

ココは潮の干満が大きいからか、上げ潮より下げ潮時の方が釣れるような感じがします。

釣ったエビは、泥吐きさせて明日、唐揚げになる予定です。