2017/9/3【ハゼ】木更津金田漁港

そろそろハゼのシーズンと言うことで、天気も良かったので更津、金田漁港で竿を出してみました。
この日の満潮は16:10なので、いつものように午後に自宅を出発。
途中、葛西橋でアオイソメの小さい(350円)のを購入して湾岸を走り環八羽田から首都高・アクアライン経由で向かい現地には14時半過ぎに到着です。

早速仕掛けを用意して投入。
ハゼは広範囲にいるようで、軽く投げればアタリが出ます。

子供と嫁さんもちょい投げでハゼを上げており、のんびり釣りにするにはもってこいの陽気です。今年の夏は雨が多かったですからねー

それにしても釣っていると「何が釣れますかー」とか「釣れてますかー」と声を掛けて来る人が多いのですかね?
一番面倒なのが、ウンチクを語る人。そうじゃ釣れないだとか、こうしろとか・・・
こっちはのんびり釣っているのに

上がってくるハゼのサイズはばらつきがあり、まずまずの天ぷらサイズもいれば唐揚げサイズも。ハゼは美味しいですからどっちでも良いですけどね。

隣ではガザミを上げており、オー味噌汁ダネがいるなぁと、こっちにも掛からないかなと思っていると、岸壁直ぐ近く歩いてるガザミを発見。目の前に仕掛けを落としてエサを食べるのを見計らって、ええいと抜き上げようよとしましたが、スっぽぬけで奥に消えてしまいました。

日が暮れて回りも暗くってきたし丁度、エサも無くなった18時過ぎに竿納。
トータル19匹。
まあ、半日適当に遊んでの釣果ですから、こんな物でしょうかね。

【ハゼ】(2015/10/25)木更津港

今シーズンい、一度もハゼ釣りに出掛けて無かったことから今日は木更津へハゼ釣りに。

基本、ハゼ釣りは夕マヅメ狙いなので、昼前に出掛けていつもの金田の漁港には13時半に到着。しかし今日は北風の強風でしたので、北側を遮るものが無い漁港なので釣りにならず移動することに。

何箇所か探ってみましたが芳しく無く、最後に木更津港の岸壁へ。
昔はあちこちで釣りが出来ましたが今は入れるスペースが少なくなりましたねぇ。

もう今日はココで粘ってみるかと竿を出すと嫁さんの一投目からキスが釣れ、あれ魚居るじゃん。
投げてサビキながら釣るとアタリは出ます。
ただ針がかりしないパターンが続きおかしいな~と思って置き竿にしたら、ハゼが掛かる始末。
うーん置き竿じゃつまらないとと手持ちにしますが、風があるのでアタリが判りづらいです。image

それでもポツポツとハゼが釣れてまあ飽きない程度アタリもあります。
周りでもキスやハゼが上がって、サビキで狙っている人にはアジが釣れたりしています。

昼間は太陽の日で暖く感じましたが夕方になり、風が冷たく集中力が無くなります。もう冬ですかね

17時前には太陽が沈み暗くなってきたので撤収することに。
正味2時間弱でしたがハゼ8,キス3、メゴチ1、イイダコ1、子カレイ1の釣果でした。ちょっとハゼが物足りないですが、型は良かったので落ちハゼ釣りが出来ました。

【ハゼ】(8/24)木更津・金田港

wpid-NCM_0076.JPG

今日は、満潮が18時半だったので午後から木更津にハゼ釣りに出掛けてきました。ハゼ釣りは今シーズン初なので、様子を見ようとまずは金田港へ

金田港に到着したのは15時ちょい過ぎでしたが、誰も釣りをしておらず、釣れないのかなぁーと思いながらも仕掛けを準備してみます。

湾内で、ちょっと投げてサビクとブルブルっとアタリ。おお、魚は居るようだと次のアタリで合わせてみましたが不発で、餌が無くなっていました。
餌を付け替えて投げて少しするとアタリがあり今度はちゃんと喰ったようで抵抗感がありましたが、上げて見れば7cmクラスのハゼでした。

アタリは頻繁にあるのですが、まだ少し小さいのか、合わせが悪いのか、餌がなくなるパターンが多い、釣れるのも7~10cmクラスばかりです。
まあ、8月の終わりで木更津はこれからがハゼ釣りシーズンですからね。

湾内は嫁さんと子供にまかせて、自分は堤防から湾外の方へ投げて釣ることにします。
すると、15mも投げれば確実にアタリが出ます。あまりサビクと海藻や藻が絡んで喰わなくなるので、着水後直ぐが勝負です。
アタリも大きいし、釣れるのは10cmクラスが主なので面白いです。もう少しすれば型も良くなるのでしょうが、そうなるとスレて釣れズラくなります。
たかがハゼと言っても結構奥が深いんですよね。

夕方になって数名の釣り人が来て湾内の方もポツポツと釣れているようです。

さっきまで小型主体で釣っていた嫁さん、子供にも上げ潮に乗って10cmクラスも釣れるようになってきました。

約3時間、18時過ぎまで釣って40匹の釣果で3時間としてはいい感じの釣果です。そう言えば、前も結構釣れた時は、他に釣り人は少ない時だったような気も・・・
最近、金田港では貧果が続いていたので、今年はすこぶる好調?のようです。

片付けをしていると雨が振り出し、港を後にする時には大雨になりました。
帰宅後、一番大きいのを2匹、刺身にしました。
ハゼのほんのり甘い白身はとっても美味しかったです。

【ハゼ】9/18木更津周辺

この時期恒例の木更津のハゼ釣りに出掛けてきました。
いつもの通り、夕まずめ狙いで昼前に出発します。
途中で餌を買って、羽田から首都高・アクアラインを使い、いつもの金田海岸近くの見立船溜に13時過ぎに到着しました。

家族分の仕掛けを用意して、20m前後投げて様子をみながら釣ってみますが、第一投目で子供の竿に12cm前後のまずまずの型が釣れたのですが、その後アタリが出ません。
まあ、潮止まりの時間なので仕方無いのですが・・・

1時間ほど粘ってみましたが、潮が動くまで付近の情報収集をしようと、木更津港まで行ってみました。
中の島大橋脇の護岸は工事で護岸脇に石場が出来ており、なんか釣りづらそうになっていました。
昔、良く釣りに行った港湾合同庁舎前の船溜も綺麗に埋め立てられ立ち入りが出来なくなっていました。夏の夜にアナゴが釣れるポイントだったのですけどね。

木更津港内をめぐってみましたが、コレという場所も無く、再び見立に戻るついでに立ち寄った小櫃川河口の久津間船溜で、コンスタントにハゼを釣り上げている様子を見て、ココでやってみよう!と竿を出しました。

川側に20m程投げて釣り始めると上げ潮が効いてきたのもあってアタリが出始め、8cm~15cmクラスが飽きない程度に釣れました。

船溜り側でも置き竿にしていた子供竿に釣れるなど、ハゼの魚影はまずまずのようで日が暮れて回りが暗くなる18時まで釣って、下記の釣果です。

まだ、息のあった大きめのハゼを刺身にしました。
これが美味い!
ほんのりと甘さを感じさせる白身魚で、ハゼと言うと天ぷらと言うイメージですが、15cmクラスなら是非刺身で食べてみてください。