台湾・台北【北投温泉】北投青磺名湯

オススメ度:★★★★★
泉質:ラジウム泉 高張性高温泉
《源泉温度》?℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》1~2 《成分合計》?mg/kg
《加温》有 《加水》無 《循環》有 《消毒》有
料金:(大浴場)120NTD (湯屋・個室)400NTD(キャンペーンは350NTD)
入湯日:2018.9.10
HP:http://minenoyu.com/index.html
住所:112台北市北投區中央北路一段12號

北投青磺溫泉名湯の外観

北投青磺溫泉名湯の外観

台北駅からMRTで30分ほどの場所にある北投温泉は、日本の温泉地を思わせる雰囲気の場所で、北陸の名旅館「加賀屋」もあります。そんな温泉街から少し離れた場所にあるのが「北投青磺名湯」です。なんと24時間営業している地元民?向けの温泉でもあります。

北投温泉では青硫黄泉の他、源泉成分が異なる白硫黄泉、鉄硫黄泉があり多くのホテルでは白硫黄泉を使っており、青硫黄泉は公衆浴場などで使われています。

北投青磺名湯も公衆浴場で日本と同じく裸で入浴出来ます。大浴場は120NTDですがこちらには個室の湯屋が350NTD(1時間)があり、少し値段が張りますが、個室なのでゆっくり入浴することが出来ます。
ちなみに大浴場は「源泉掛け流し」とHPに記載があります。

フロントで料金を払いレシートを持って2階(大浴場は1階)に上がり受付で部屋を指定されます。午前中の早い時間に訪れたので空いており、208房を指定されました。

部屋に入り、浴槽に「熱青磺」「冷青磺」「自来水」の3つのバルブがあり、まあ文字の通りだろうと「熱青磺」「冷青磺」のバルブ開いて浴槽にドバドバと温泉を入れます。
「熱」は源泉からそのままで「冷」は源泉を冷ましてある温泉で上手く調整しながら入れることになります。

ちょっと「冷」だけにして「熱」と比べてみましたが、酸っぱさはほぼ同じなので加水では無いようです。
北投温泉の源泉は温度が高いので温度調節用に源泉を冷ましたのを用意してあるとは素晴らしいです。
大浴場は安いですが、こうやって自分好みの温度に出来ませんから温泉を楽しむなら湯屋の方を利用するのが良いでしょう。

適温、適量になったところで温泉につかります。若干灰色に近いようなにごり湯でこれが「青」の由来になっています。昔入浴した島原温泉に近い感じです。
個室なので自分のペースで出たり入ったりと入浴出来ます。

洗体用のカランは無く、シャワーだけになります。ただ脱衣スペースと洗い場が同じなので無いので洗体すると着替えの際に濡れるので注意が必要です。

<MAP>

鉄道:台北MRT淡水信義線北投駅から徒歩8分


もどる

群馬県【月夜野温泉】三峰の湯

月夜野温泉三峰の湯オススメ度:★★★
泉質:アルカリ性単純泉 低張性高温泉
《源泉温度》47.7℃ 《湧出量》211L/min 《PH値》9.1 《成分合計》330mg/kg
《加温》無 《加水》無 《循環》無 《消毒》無
料金:(大人)360円
入湯日:2018.8.19
HP:http://www.enjoy-minakami.jp/spa.php?itemid=649
住所:利根郡みなかみ町後閑2265

後閑駅から山道を5分ほど登っていき看板に従って脇道にはいるとプレハブ小屋の施設が見えます。まるで仮設の様なところが三峰の湯です。
受付で料金を支払う際に、町内か一般かと聞かれ、みなかみ町民以外は360円となりますが、安いですね~。

建物に入るとカーペット敷の休憩所になっており、風呂上がりに休める場所になっています。
脱衣場は脱衣カゴだけでロッカーが無いので貴重品は休憩室にある貴重品ロッカーに入れておきます。

浴場はこじんまりしており、洗い場のカランは3つしかありません。
岩風呂の内湯には温泉投入口から無色透明の温泉がドバドバと投入されていて浴槽からオーバフローしています。
源泉がそのまま投入されているようで、湯の花も舞っています。熱いので長湯は出来ませんが露天風呂側の扉が開いていたのでいい風が入って心地よかったです。

露天風呂の方は、湯量を少し絞っているのか内湯よりは若干、温度が低く入りやすかったです。ただ、こちらに利用者が集中したからかお湯が少しくたびれている感じがしました。

石鹸・ボディソープは洗い場に常備。
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

鉄道:上越線後閑駅からタクシーで5分
車:関越道月夜野ICから10分


もどる

埼玉県【かんな川温泉】おふろcafé白寿の湯

おふろcafé 白寿の湯
オススメ度:★★★★
泉質:ナトリウム-塩化物強塩泉 高張性低温泉
《源泉温度》25℃ 《湧出量》25.2L/min 《PH値》6.7 《成分合計》32900mg/kg
《加温》有 《加水》有 《循環》有 《消毒》有
料金:(大人)平日750円、休日850円
入湯日:2006.6.18/2018.8.12
HP:http://ofurocafe-hakujyu.com/
住所:児玉郡神川町渡瀬337-1

埼玉の北西部、群馬県との県境にある温泉で、2006年に初めて訪れた時は「湯郷グループ」の施設ですが、その後運営会社も代わり、2016年から㈱温泉道場が運営する施設となっており、同じく埼玉県の「玉川温泉」も同グループになりました。

おふろcaféと言うコンセプトに代わりリニューアルしましたが入浴施設はほぼ昔のままで温泉は2階になります。男女それぞれ内風呂と露天風呂があります。ここの特徴であった温泉成分が千枚田のような様相で堆積した床は健在でこの温泉の濃さを物語っています。

脱衣場はロッカーと脱衣かごが用意されていてロッカーは無料なのが嬉しいです。

内湯、露天ともに掛け流しになっていてそれが固まったもので、露天風呂の床に出来ている形状は、ちょっと感動?ものです。
掛け流しの量も多く温泉投入口では、炭酸ガスも混じっていてますが、以前に比べて温泉がおとなしくなった気がします。

源泉温度は25℃なので加温で、消毒するため循環装置も併用となっています。露天の方はちょっと塩素臭がしました。
また成分が濃いので加水もされているそうで、温泉がおとなしく感じたのは加水が多くなったのでしょうか?
内風呂の方が浴槽の温度は高めで、露天風呂はぬるめなのでゆっくり長湯ができます。ただ、露天風呂からの眺望は望めません。

洗い場は仕切りがあるタイプになっているい各ブースにボディソープ、シャンプーとリンスが常備されています。
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>


鉄道:JR高崎線本庄又は八高線丹荘駅から朝日バスで20分
車:関越道本所児玉ICから約30分


もどる

福島県【弥五島温泉】郷の湯

郷の湯
オススメ度:★★★
泉質:アルカリ性単純泉 低張性高温泉
《源泉温度》46.6℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》9.0 《成分合計》120mg/kg
《加温》無 《加水》無 《循環》無 《消毒》無
料金:(大人)330円
入湯日:2018.8.4
HP:http://satonoyu-0914.com/
住所:南会津郡下郷町大字弥五島字和田563

会津若松から南会津を抜ける国道121号沿いにある日帰り温泉です。会津鉄道弥五島駅からも歩いて5分も掛からない立地です。

券売機で入浴券を購入して受付に渡しますがが330円と言うのは銭湯よりも安いですね。ただ浴場にはシャンプー類はありません。
脱衣所には脱衣カゴのみなので貴重品はロビーの貴重品ロッカー(無料)を使うようにしましょう。

浴場はあまり広くは無くカランの数も8つ程です。
無色透明のお湯が浴槽に注がれていて常にオーバーフローしているので源泉かけ流しの看板に偽りは無いようです。
カランのお湯も温泉を使っているのか、微かに硫化水素らしき香りがしました。

露天風呂もありますが小さめで、大人が5人も入れば満員になる程ですが、源泉掛け流しになっています。
やはり露天があるとクールダウン出来て気持ちが良いですね。

シャンプー・リンス・ボディソープ類は無くフロントで購入。
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>


鉄道:会津鉄道弥五島駅から徒歩5分
車:東北道白河ICから車で40分


もどる

愛知県【半田】ごんぎつねの湯

ごんぎつねの湯オススメ度:★★★★
泉質:ナトリウム塩化物強塩泉 高張性高温泉
《源泉温度》59.2℃ 《湧出量》200L/min 《PH値》7.5 《成分合計》26330mg/kg
《加温》無 《加水》無 《循環》有 《消毒》有
料金:(大人)800円
入湯日:2018.3.24
HP:http://gongitsunenoyu.com/
住所:愛知県半田市平和町5丁目73番地2

中部空港から車で10分、知多半島道路の半田中央インター直ぐ脇にある温泉施設で、思っていたよりコンパクトな感じです。

玄関の券売機で入浴券を購入してフロントで下足箱の鍵と交換で脱衣場のロッカーの鍵を貰います。
脱衣場もそんなに広くは無く、階段があり2階も脱衣場になっているのは面白いです。

内浴場はそんなに広くはありませんが、その分露天風呂が広くなっていてかなり開放感があります。
源泉投入口からは微かに石油臭も感じられます。
塩分はそんなに強くはありませんが新鮮な源泉が供給されているようで、源泉投入湯口では微粒子になったガスがかなり見受けられます。
塩素臭は殆ど無く、一部循環ありですが新湯投入量も多く源泉かけ流しの看板も伊達ではありません。

それにしても、尾張温泉「東海センター」と良い、このごんぎつねの湯といい、愛知県の温泉もなかなか侮れないです。

シャンプー・リンス・ボディソープは洗い場に常備
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

<車>知多半島道路 半田中央インターから1分
<電車>名鉄河和線 住吉町駅からタクシー10分


もどる

愛知県【尾張温泉】東海センター

尾張温泉東海センター

尾張温泉東海センター

オススメ度:★★★★
泉質:アルカリ性単純泉アルカリ性単純泉 低張性高温泉
《源泉温度》50.3~27.6℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》? 《成分合計》700mg/kg
《加温》有 《加水》無 《循環》有 《消毒》有
料金:(大人)620円
入湯日:2016.12.9/2017.3.23/2018.3.2
HP:http://owarionsen.co.jp
住所:愛知県海部郡蟹江町蟹江新田佐屋川西97

関西本線永和駅から歩いて行ける距離にある尾張温泉東海センターは以前、演劇や宿泊施設を備えたレジャー系施設でしたが、設備の経年により一度閉館し温浴施設だけで再オープンした施設です。
入口などは当時をしのばせる雰囲気のままになっています。
玄関には100円リターン式の下足箱がありますが、どうも地元の人は下足箱に入れず入口周辺の直置きしておりちょっと邪魔です。
入浴券は入口の奥、浴室入口近く自動券売機がありココで購入しますが、初めてだと「どこだ?」とちょっと迷いそうになります。遊園地にありがちな入口ゲートから入場するのも昔のレジャー系施設の名残でしょうか。(再入場も可能でその際は手の甲にハンコを押してくれるそうです)

脱衣場には100円リターン式のロッカーがあり、数も多いので混雑時でも空は見つけやすいかも知れません。
大浴場は、岩風呂風でかなり広いです。
浴槽も「あつめ」「ぬるめ」と表示があります。まあ源泉投入口から近い(あつめ)か遠い(ぬるめ)と言う大雑把な感じですが(笑)

源泉掛流しをうたっており、各浴槽からそこそこな量のお湯がオーバーフローして新湯投入量も多いです。

温泉は気持ち茶褐色をしており、少し塩分が感じられます。湯の花も舞っており源泉から濾過されずに使われているようで温泉気分は充分です。
それに塩素臭はほとんど感じらられなかったのは意外でした。
使用源泉は4つあり温度差を利用して適温にするようにしているそうで、源泉によって微妙に成分がことなります。
カランも温泉が使われており、なかなか楽しませてくれます。

露天風呂は内風呂の広さに比べると小さ目で、なおかつ浴槽が浅くまるで観賞用の池に浸かっている感じです。夏場ならまだしも冬場の露天はちょっとおススメできないかも知れません。

浴槽の広さの割にカランが少なめな感じでしたが、浴場内が広いからかあまり混雑感が無かったし、浴場内に常にスタッフが常駐しておりこまめに洗い場の清掃をしてくれるのでとても気持ち良く入浴が出来きました。
なかなかココまで気配りのある温泉施設は少ないだけに感服しました。

シャンプー・リンス・ボディソープは洗い場に常備
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

鉄道:関西本線永和駅から徒歩15分
車:東名阪自動車道蟹江ICから車で5分


もどる

鹿児島県【鹿児島中央】西田温泉

西田温泉
オススメ度:★★★
泉質:塩化物泉 低張性高温泉
《源泉温度》48.3℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》7.8 《成分合計》2177mg/kg
《加温》無 《加水》無 《循環》無 《消毒》有
料金:(大人)390円
入湯日:2018.1.17
HP:http://www.kagoshima-onsen1010.net/sento-map/post-39.php
住所:鹿児島市鷹師1-2-17
鹿児島中央駅から鹿児島本線沿いに鹿児島駅方に歩いて7,8分のところに有る、昔からある温泉銭湯です。
入口の券売機で入浴券を買って番台に渡すと言う、懐かしくて昭和の香りがして、銭湯ファンにはたまらない雰囲気です。

脱衣場にはロッカーと脱衣カゴがあり好きな方を利用しますが、圧倒的に脱衣カゴの利用率が高いです。

浴場は長方形で良くある銭湯と同じで、手前に洗い場があり奥に浴槽があります。
長方形の浴槽ですが、これまた銭湯に良くある区切りによって高温・超音波・電気・低温と別れていてあまり浴槽自体が広くないので1つ区切りに2,3人も入れば一杯になる感じです。

温泉は無色ですが、気持ち白濁している感じがします。
飲用許可もあり、源泉を飲むと気持ち塩分が感じられる位で、塩化物泉として優しい温泉です。

夕方だったのでひっきりなしに地元の人がやってきました。ホント、地元に愛されている銭湯という感じです。
銭湯なのでシャンプー・リンス・ボディソープはありません。
ドライヤーは脱衣所に有料です。
<MAP>


もどる

鹿児島県【鹿児島中央】みょうばんの湯

みょうばんの湯オススメ度:★★★★
泉質:ナトリウム-塩化物温泉 低張性高温泉
《源泉温度》48.2℃ 《湧出量》299L/min 《PH値》7.9 《成分合計》2116mg/kg
《加温》無 《加水》無 《循環》無 《消毒》有
料金:(大人)390円
入湯日:2018.1.17
HP:
住所:鹿児島市武1丁目9-11

鹿児島中央駅から歩いて5分程、九州新幹線の高架脇にある温泉銭湯で2017年12月にリニューアルオープンした施設です。
入口の下足箱分しか入場出来ない事になっており、どんなに混雑しても最大で男女それぞれ32名までしか利用出来ません。
券売機で入浴券を購入してフロントに差し出すと、下足箱キーと同じ番号のロッカーキーと交換になります。

脱衣場はそんなに広くはありませんが、ロッカー数が限られているので窮屈感はありません。

浴場は中央に円形の浴槽が3つ連続しており、無色透明の源泉が投入されている一番端の浴槽からオーバーフローした温泉が高低差によって次々の浴槽に移動して最後にオーバーフローした温泉が排水される仕組みです。
なので、源泉投入浴槽は熱く、最後はぬる湯になる仕組みで、温度差の浴槽を渡り入る「時間湯」の要領で入れます。

飲用許可もあり、温泉を飲んでみると若干、まったりと塩分を含んいる感じで飲みやすい感じです。

流し場には椅子と桶が用意されていていますが、シャンプー・リンス・ボディソープは無いので購入か用意することになります。
カランのお湯も温泉を使っているようで、湯量が豊富なのでしょう。さすが温泉天国の鹿児島だけのことはあります。

手入も行き届いており、銭湯料金で入れるのはかなり嬉しいです
休憩スペースはあまり広く無いのであまり長居できる感じでは無いですが、そこは銭湯なので仕方ないですかね。

駅からも近いので列車の待ち時間に立ち寄るにはとても良い、駅チカ温泉です。

ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>


もどる

【佐倉】佐倉天然温泉 澄流(すみれ)

オススメ度:★★★★
泉質:含よう素−ナトリウム−塩化物強塩泉 高張性低温泉
《源泉温度》27.5℃ 《湧出量》210L/min 《PH値》7.54 《成分合計》31710mg/kg
《加温》有 《加水》無 《循環》有 《消毒》有
料金:(平日)800円 (休日)950円 
入湯日:2017.11.3
HP:http://www.sakurasomeino-sumire.com/
佐倉天然温泉 澄流
佐倉のニュータウン内に2016年オープンした新しい温浴施設で源泉掛け流しがウリになっています。
フロントで下足鍵を預けて館内利用のバーコードをもらいます。

渡り廊下を進んでいくと浴場になっていて、脱衣所はロッカーが並んでいます。下足箱も脱衣場のロッカーもコインが不要なのは嬉しいです。

内湯は循環ろ過の温泉浴槽の他、井戸水使用のジェットバスなどがあります。ただ全体的に少し狭い感じがします。
露天には源泉浴槽の他、循環ろ過浴槽、寝湯、井戸水利用の高濃度炭酸泉があります。

やはり源泉浴槽ですよね。投入口からは無色透明なのですが浴槽に入ると酸化して黄緑色になります。関東に多い古代海水系の温泉らしく、かなり塩辛いです。
源泉温度が低いので加温なのが残念ですが、新湯投入量も多くオーバーフローも充分です。温泉利用掲示によれば塩素使用の筈ですが、源泉浴槽では全然塩素臭がしませんでした。

露天風呂の反対側は竹林になっていて雰囲気も良くてのんびり温泉に入ることが出来ました。
寝湯も良い深さで温度も丁度良くし、ホント気持ちよく寝ることが出来ました。

湯上がりの休憩室も完備されていて、ゆっくり一日することも出来きます。

シャンプー・リンス・ボディソープは洗い場に常備
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

アクセス:
(鉄道)京成線臼井駅から送迎バス又は路線バスで10分、JR佐倉駅から送迎バス
(車)東関道四街道ICから10分


もどる