碧南市【焼きそば】へきなん焼きそば

いま日本全国B級グルメで街興しが流行っています。
これまで無名?だった地がB級グルメのお陰で全国区になった場所もあって、それ続けとばかりに地域のグルメが注目されています。

先月、中部空港から車で30分程の碧南市を衣浦臨海鉄道を訪れたら撮影で訪れた際に、明石公園の桜まつりに遭遇し公園内を散策していたら出店に「へきなん焼きそば」となる地元のB級グルメの看板があり、試しに買い求めてみました。

へきなん焼きそば

へきなん焼きそば

一緒に貰ったパンフレットによると、「白しょうゆ」の発祥がココ愛知県の碧南市と言うことで、その白しょうゆで味付けした焼きそばのことだそうです。

それ以外には特段、へきなん焼きそばの条件は無い様で市内のへきなん焼きそばが食べられる店舗一覧を見てもお店によって内容が違うようです。

早速、食べて見ましたが醤油味の焼きそばと言うことで今まであまり食べたことがない食感で美味しかったですが、全国区になるにはちょっとパンチが弱いですね。
特に焼きそばはライバルが多く、ソース味が定番だけにその牙城を崩すのは大変だと思いますが、頑張って欲しいものです。

藤沢【五目焼きそば】古久家

藤沢市のソウルフードとも言われるている古久家、藤沢駅南口にあるビルの地下にあります。

中華ですが、メインは「麺」と「餃子」で一般的な中華料理はあまりありません。ですが、その分麺の味には定評があります。

なかでも「焼きそば」が人気があるらしく、まずは入口脇のレジで「五目焼きそば」の食券を購入します。麺だけではなんか物足りないと「ハーフチャーハン」も追加しました(笑)

店内は昭和の香りが漂う、大衆食堂的な感じで懐かしさを感じながら待っていると焼きそばが到着です。

五目焼きそば(850円)

五目焼きそば(850円)

流石に五目やきそばらしく具が盛り沢山です。目を引くのはエビの天ぷらです。
大抵、エビも炒めて餡の一部になっていますが、天ぷらになっているのは珍しいですね。でも餡はちょっと甘めかな。
麺は中華麺を軽く揚げておりちゃんと作ってます感が出てます。

ハーフチャーハン(460円)

ハーフチャーハン(460円)

チャーハンも到着です。
グリーンピースが真ん中に入っているのが街中華風なのが良いですね。
ご飯もパラパラ系です。これはと期待しましたが、ちょっと薄味かなという感じでちょっとあっさりしています。
多分、単品で頼むと物足りないかも知れませんが、逆に味が濃い麺類と一緒だと丁度いい様に作られているのカモ。

なるほど、ちゃんと考えているんだなと妙に感心してしまいました。
藤沢のソウルフード。なるほどみんなに愛されているんだな

<MAP>

TEL:0466-23-6777
住所:藤沢市南藤沢2-1-3 ダイヤモンドビルB1F
営業時間:11:00~19:30
定休日:不定休
HP:http://www.kokuya.com/
(訪問日 2018/1/6)