燃料サーチャージは値上げへ

石油価格がじわじわと高騰して、一時は設定されてなかった燃料サーチャージもじわじわと値上げされてきました。

来年2月から発券分について、JALやANAが値上げすることを申請し、日本に乗入れている外航キャリアもほぼ同額で追従することなりました。

JALが申請した日本発サーチャージは
 日本-韓国・極東ロシア 1,000円⇒1,500円
 日本-東アジア(除く韓国) 3,500円⇒4,500円
 日本-グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム・イルクーツク 4,000円⇒5,000円
 日本-タイ・シンガポール・マレーシア・ノヴォシビルスク 6,500円⇒8,500円
 日本-インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 8,500円⇒11,000円
 日本-北米・欧州・中東・オセアニア 14,000円⇒17,500円

となっています。

近距離は500円~1000円の値上げですが、長距離線になると3500円ですから往復で7000円の値上げは痛いですね。

適用期間は2019年2月1日から3月31日発券分までですが、4月以降も値上げしないとも限りませんから長期休暇になるGWに旅行するなら早めに発券しておいた方が良いでしょうね。

WEBでも運賃が違うのは?

次回の旅行で、まだ搭乗したことの無いA318に乗りたいと、A318を運航しているエールフランス(AF)の便を予約しようと調べていると、公式サイトでPCサイトとスマホのモバイルサイトで価格が違う事に気が付きました。

こちらはPCサイトで調べた際の価格

AF WEBサイト

AF PCサイト

でこちらがモバイルサイトから調べた際の価格

AF モバイルサイト

AF モバイルサイト

さて「ダウトを探せ」ではありませんが、ほぼ同時刻にアクセスして、同日の同区間を往復で検索した際の往路をキャプチャーしました。

こうみるとモバイルサイトの方が安いじゃない!と言うことになります。
復路も検索するとPCとモバイルサイトでは価格が違います。

でも面白いことにですね、往路と復路を選んで総合計を計算させるとPCとモバイルサイトも結局は同一金額になるのです。
いやー良く出来ています。

ただPCとモバイルで仮予約状態のサービスが違うのです、PCサイトは有料で72時間の保持期間がありますが、モバイルサイトは無料で24時間保持出来る仕掛けになってます。
この辺はモバイルサイトのサービスを意識してるのでしょうね。

結局はどっちで予約しても同じ金額ですが、SOTO発券ならモバイルサイトを上手く使えば為替変動メリットくらいは得られそうです。

SWISSで欧州5万円~

スイスインターナショナルエアラインズ(Swiss)が5月末まで欧州往復を5万~(諸税別)の「スイス・エコノミー・セーバーE運賃」を発売しています。

震災で落ち込んでいる観光需要を回復させるためのプロモーション運賃だと思うのですが、既に認可されているPEX運賃では、GW後の5月末まで、Swissで欧州往復は98000円で設定されていましたから、それから見ればほぼ半額になる訳です。

この時期、欧州は春から夏にシーズンがかわり、陽気も良くて観光には良い時期なので非常に魅力的な運賃です。

個人的には、今直ぐ行きたいところななのですが、今月中に出掛けるのは難しいです。
せめて6月末までなら、行けたかも知れないのですが、これから今月に1週間の休みを調整するのは厳しいですし・・・

オーロラを見るならアイスランド

2005年の10月にオーロラと温泉目的でアイスランドに行き、その時見たオーロラの神秘さには身震いする程感動してしまいました。
宇宙の神秘と言うか、人間はちいさな存在だなぁと・・・
良く新聞広告に載っている、日本からのオーロラツアーはカナダかスエーデン、ノルウェーあたりでアイスランドのツアーはほとんど見掛けませんから、日本人も少なくて尚且つ雪に閉ざされた場所でないので、比較的温かく北海道並の装備で充分です。

まあ、ツアーが無いので比較的高価になるのでは?と思われがちですが、意外と安かったりするんですよね。
ちょうど今日届いた、アイスランド航空のメールマガで、ロンドンからケフラビック(アイスランド)までの往復航空券+3泊の宿泊にオーロラ鑑賞ツアーバスが付いて269ポンド~のパッケージを売りだしています。
日本円にして3万5千円からとなるので、ロンドンまでの安い航空券を足しても10万でお釣りがきます。
アイスランドでオーロラを見るなら真冬より秋や春の方が見られる確率は高いそうですから、来月あたり如何ですか?

あーこんな事書いていたら、行きたくなってしまいました(笑)。