香港エクスプレスがキャセイ傘下に

UO/HKE/香港エクスプレス航空 UO1632 A320 B-LCD

キャセイ傘下になる香港エクスプレス航空

香港をベースにするLCCキャリア、香港エクスプレス(UO)がキャセイ・パシフィック航空(CX)が年内にも買収し、LCC事業に参入することを発表しました。

UOは海南航空グループ傘下のLCCキャリアとして、就航当時は香港航空と機材共有などをしながら成長し香港と日本間では
成田や羽田以外の地方空港にも積極的に乗り入れており、7月からは下地島にも就航する予定です。

UOには2013年にHKG/CNXで利用したことがありますが、LCCとしてはかなり融通がきくなと思い、機会があれば次回も使ってみたいとも思っているキャリアです。
結構アイキャッチ運賃も頻繁に登場しますし、東京には羽田と成田で毎日4便飛ばしており、コールサインの「ホンコンシャトル」の名の通り、気軽に乗れる外航LCCも一つです。

CX傘下になりますが、引き続きUOとして独立した経営を続けるそうですが、CXとの相乗効果を狙う諸策が出てくるかも知れません。

アジアにもこれだけLCCが充実してくるとフルサービスキャリアの生き残りが大変になってきます。
CXは最近、ドル箱だった中国路線へ中国キャリアの増便やLCCの就航で経営が厳しくなっているだけに、UOの買収ははたしてどっちに傾くか?注目ですね。

HK Express 香港/石垣線を開設

UO/HKE/香港エクスプレス航空 UO632 A320 B-LCG

UO/HKE/香港エクスプレス航空

香港のLCC、香港エクスプレス(HK Express)は6月16日から香港/石垣線を週2便で開設します。

石垣にLCCが就航するとなると、東京から石垣に行くには香港経由の方が安くなることを有るかも知れませんね。

今まで沖縄発着のLCCはありましたが、離島の空港発着は珍しく、海外からの訪日旅行客(HK Expressの場合は中国客が主体?)が東京や大阪のような大都市だけでは無く、地方にも足を伸ばしているということなのでしょう。

HK Expressは7月には高松と鹿児島線の開設を予定していますし、2016年のウインタースケジュールから成田線を日3便に増便します。

時折、香港に日帰り撮影しようかなと運賃とスケジュールを調べるのですが、週末は結構人気があって設定料金が高いのでちょっと躊躇しています。
面白いことに香港からの復路便を調べると、香港を夜に出て羽田に深夜0時前に到着する便が空いている場合が多いのです。この時間帯だと訪日客には利用しずらいダイヤなのでしょうね。