宮城交通広瀬ライナー

先月乗車した、新宿から石巻までの高速バス「広瀬ライナー」は京王バスと宮城交通の共同運行ですが、宮城交通のバスでは面白いアナウンスがあると言うので、録画してみました。
新宿・バスタを発車し渋谷のマークシティを経由した後、乗務員によるアナウンスがあった後、件の放送がありました。

短いアナウンスでしたがこういうアナウンスはなんか旅に出る感じがして良いですね。宮城交通は石巻発が昼行、新宿発が夜行便を担当しています。
夜行列車が全盛期の時代、担当車掌区によっては地方訛の味のあるアナウンスがあったものです。

広瀬ライナーは3列シートで窓側のシートは通路側にもカーテンがありプライバシーも保てます。
各座席にコンセントもあるのでスマホに充電も出来るので便利です。(京王バスにはコンセントは無いらしい)
リクライニングは思っていた程、倒れなかった感じです。前回乗った広島ドリーム名古屋号の方が倒れたかな。

今回利用した座席は3Cで後ろがトイレに降りる階段になっているので気兼ねなくリクライニング出来るオススメな席です。夜行便でもフルリクライニングするとなると後ろが気になりますからね。

それと広瀬ライナーは仙台にも停車します。新宿~仙台間にはJRバスも高速バスを運行していますが、JRよりも広瀬ライナーの方が気持ち安いのもオススメな一つです。

宮城交通広瀬ライナー

石巻駅前に到着した宮城交通の広瀬ライナー

夜行は列車からバスへ

先週末、金曜日の夜に新宿の「バスタ」から石巻行の夜行バスに乗車しました。
新宿のバスターミナルとして開業した「バスタ」を初めて利用しましたが、多くの利用者がひっきりなしにやってくるバスに吸い込まれて、各地へ向かっていきます。

昔は、東京や上野から各地へ夜行列車が走っていましたが、高速道路の延伸開通によりバスが都会に向けて走り出すと、旧態依然とした夜行列車は利用者が減り鉄道より安いバスに利用者が流れていき、夜行列車は姿を消していきました。

バスなら小回りが効くのとバスなら定員が少ないので列車より利用者が少なくてもコスト回収が可能と言うことで夜間における移動手段としての役割は完全にバスになりました。

色々と問題のあったツアーバスも今では新たなバス運行形態として再出発したのもバス利用者を伸ばす要因になったと思います。

バスタでバスを待つ人の数を見れば夜間移動の需要は多いのに、夜行列車は増えることは無いのはコストに見合わないと言うことです。
まあ、もしあったとしてもバスの機動性に敵わないでしょうね。

夢街道会津20号

土曜日、磐越西線での撮影後は会津若松からバスで帰って来ました。

会津若松18時発の新宿行「夢街道会津20号」の早売1乗車券を購入していたので、片道3010円(ネット割併用)で会津若松から帰ってくることが出来ました。
普通乗車券が4800円ですから約4割引ですから魅力的な値段です。

会津夢街道20号

会津夢街道20号

会津若松駅前のバスターミナルに17:40に到着してバスの到着を待っていたら結構人が待っていたので、混むかなと思っていたらその前に出る新潟や福島行の乗客で、喜多方から少し遅れてやって来た新宿行きの乗客は少なかったです。

18時発の夢街道会津20号はJRバス関東の担当です。乗車したは8人程で乗車していた4人程と加えて12名が乗り込み5分遅れて出発です。

隣の座席も早割用の座席で、前日確認した時には売れている筈なのでこの先乗車するのかな?と思っていましたが、最後の停留所「会津アピオ入口」で乗車したのは2名で、隣は空いたままでした。

運転手からこの先の乗車は無いので空いている席も自由に使ってくださいとアナウンスがあり、2席利用出来るのはありがたいことですが、この便は赤字でしょうね。
まあ土曜日の上り最終便ですからガラガラなのは仕方ないです。

バスは磐越道へ入りますが、既に夜で車窓を楽しむことも無いしスマホにダウンロードしたマンガを見ながら時間を潰していると睡魔が襲ってきました。

バスは郡山JCTから東北道に入り、阿武隈PAで休憩するのでそれまで我慢します。
事前にアナウンスされた時刻より少し遅れてPAに入り15分休憩となりました。小腹が空いたので売店でホットスナックでもと思ったのですが、スナック類が無くそのままバスに戻り寝ることに。

まもなく羽生PAでの休憩アナウンスがあるまで熟睡してしまいました。
羽生PAでも15分休憩ですが、20分あればそばやうどんを食べる事も出来そうですが15分では厳しいですしね。
お腹も減ってますが、我慢してバスに戻るしかありません。

所定ダイヤより10分遅れで羽生PAを発車します。高速は混んでも無いからてっきり遅延回復したかなと思ったら、遅れのままで首都高に入り王子北インターで降りて王子駅前には22:05に到着です。
ここでバスを降りて後はJRで帰宅することになります。

会津若松からバスで4時間。特急「あいづ」や急行「ばんだい」が上野まで運転されていた時代に比べて、ほぼ同じ所要時間で、片道5000円以下の価格なら利用価値は高いのでしょうね。
それもなければ昼行で10往復運転されることも無いでしょうし。

Low Cost Airport Bus

先日、東京駅から成田空港までJRバスの高速バスで行ってみました。
もともと平和交通が八重洲通りにバス停を持ち成田空港への低価格高速バスとして運行していたところにJRバスが参入。
平和交通と共同運行することでJRバスは成田空港のバス停を確保し、平和交通は八重洲南口のバス乗り場から発着できるようになり、利便性が向上しました。

東京駅からは京成バスも低価格高速バスの東京シャトルを運行しており八重洲北口から少し乗り場まで離れているものの京成バスと言うよりネームバリューで利用者も多いです。

2社とも東京駅から成田空港まで1000円(京成は事前購入で900円)と言う安さで座っていけるので時間に余裕がある旅行者に人気です、特に、成田空港発は時間帯によっては積み残しも発生することもあります。

成田空港は、国の間違った指針により永らく空港ターミナル内まで鉄道が通らずバスが空港アクセスとして認知されてきました。
東京からリムジンバスだと3000円近く。
京成スカイライナーだと少し安いですがバス乗換えがありかつ、京成上野に行かないといけない(当時は日暮里には上りのみ停車)ので不人気でしたのでバス利用者が多かったです。

まあ、箱崎のTCATで搭乗手続きや出国手続きまで出来ましたからね。
今、TCATに行くと昔の華やかな時代とは異なり閑散としています。まあJRと京成がターミナルまで乗入れが始まってから徐々にリムジンバスの利用者は減ってきて、さらにLCABの登場で苦戦していると聞きます。

最近になってTCATを20:00、20:20、20:50に出発する便を1000円にしたりしてますが・・・

LCABの登場でじわじわ鉄道の利用者も食い始めているとも聞きます。バスだと空港ターミナルビルの出発階に横付けされるのも便利です。
忌々しい、検問もバスなら座ってIDを提示するだけだし一度使うと便利なんです。
それに東関道はさほど渋滞しないので時間通りの事が多いので鉄道より少し余裕をもっておけば大丈夫ですからね

そろそろ鉄道も成田空港まで、高い特急では無いアクセス列車を真剣に考えて欲しいですね。

羽田空港発錦糸町経由東京スカイツリータウン行

羽田空港スカイツリータウン行

5月22日のスカイツリー開業と同時に運行を開始した新しい高速バス(京急バスと東武バスの共同運行)「羽田空港~錦糸町~東京スカイツリータウン線」を昨日、空港での撮影後に利用してみました。

バスは1時間に1本程度設定されていて、昨日は羽田第二ターミナル、17:20発のバスを利用しました。空港発は、国際線ターミナル~第二ターミナル~第一ターミナルの順番で立ち寄ります。

IC利用券乗車券は券売機で購入する他、ICカードでも利用可能なのですが、羽田からPASMO、Suicaでの利用する際は、チケット売り場で「時刻指定券」となる物を貰う必要があります。(なんでも乗車人員を把握する為だそうです)

14番乗り場にやってきたのは、東武のバスでした。この路線用に導入したのか?車内に入ると新車の香りがしました。

車内には誰も乗っておらず、第二ターミナルから乗車したのは自分だけで、次の第一ターミナルでは乗車は0で17:25に出発です。

羽田空港から首都高湾岸線に入り、東京湾トンネルを抜け9号木場線を経由して箱崎JCTへ。6号向島線との合流でちょっと混雑があった位で、順調に7号小松川線に進み、17:45には錦糸町出口を通過。
四つ目通りを進み、錦糸町駅前(四つ目通り・西武前)のバス停到着。時計を見ると17:50になるところでした。

第二から30分、第一からだと25分で錦糸町駅前に到着するとは早い!

羽田空港からリムジンバスが、東陽町経由錦糸町東武ホテルレバント行のバスを運行していましたが、いつの間にか豊洲駅前を経由するようになり、空港から錦糸町まで1時間以上掛かるようになってから錦糸町行を利用していませんでした。

スカイツリー行ならこんなに早く到着するし、バス停も駅前だし便利になりました。
(リムジンバスも5月から豊洲線と東陽町・錦糸町線を分離して所要時間を見直しています。)

後は、利用者が増えて1時間毎が30分毎になったりしてくれたら最高なんですけどね。(そうなるよう、どんどん利用してもらいたいものです。流石に乗客1人だとねぇ・・・)

先週末の顛末

この週末は煙りを求めて関西へ遠征してきました。 旅行記はおいおい4travelの方にアップしますが、今回の旅行顛末を簡単にダイジェスト版でお送りしますと・・・

今回の旅は「関西に煙りを求めて」と言うタイトルになりまして
煙りとは
・温泉の湯煙り
・タイヤが滑走路に接地する煙り
・SLの煙り
この3つの煙りを目的に出掛けた訳です。

行きに高速バスを選んだのはこの時期は大垣夜行「ムーンライトながら」の運転が無く、色々考えた末、高速バスとなった次第で、どうせ乗るなら評判が良くバスのファーストクラスと呼ばれる「プレミアムドリーム号」のプレミアムシート(2階建てバスの1階部分に4席しか無く、ほぼフルクライニング状態になれるシート)で行こう!となった次第です。

出発当日は、関東で雪が降ったのでバスが運休したりするかと心配しましたが、定刻通りに東京駅を出発しました。出発前には高速道路が渋滞で遅れる可能性があると言ってましたが、天気予報の大雪フルフル詐欺のお蔭で高速道路はガラガラ。予定より早く終着駅三宮バスターミナルに着きました。

まず、神戸の温泉銭湯「朝日湯」で一煙り目
炭酸泉の源泉掛け流しのぬる湯に浸かり泡だらけになました。

その後、阪急電車で大阪の曽根へ向かい、レンタサイクルで伊丹空港に隣接するスカイランド伊丹で飛行機撮影の2煙り目
ココは飛行機撮影のポイントとして、大好きな場所です。

しかし、昼過ぎに急に曇って雨が降り出し予定より早めに切り上げて駅に戻り、大阪からJRで京都へ

梅小路蒸気機関車館で構内運転するC61とC57の煙りで3煙り目。
大型機関車がターンテーブンで回るのはなかなかカッコ良いですなぁ。

SLの煙りを堪能した後、梅小路からバスで5分程にある温泉銭湯「大門湯」へ向かい4煙り目
ココも源泉掛け流しの浴槽があって、ナトリウム・塩化物泉の茶褐色のお湯がなみなみと注がれていて、感激。時間の都合で30分程しか入浴出来なかったのが残念

京都駅に戻りJRで米原まで行き、予約していた駅レンタカーをピックアップして、長浜にある今日の宿に向かいます。

宿は、「長浜ロイヤルホテル」で大浴場の露天風呂は長浜太閤温泉が注がれていると言うことで5煙り目
ただ大規模ホテルだけあって、塩素バリバリだったのが残念で、普段なら何回か入浴するのですが、1回だけにとどまりました。

翌日は、北陸本線米原~木ノ本間を走る「SL北びわこ号」の撮影で6煙り目
SLは2往復走るので、撮影ポイントを巡りながら撮影してきました。一面真っ白の雪景色を期待していたのですが、かなり溶けてしまったのが残念です。

SL撮影の合間を縫って、近くの「須賀谷温泉」に行って7煙り目
ココは「ヒドロ炭酸鉄泉」とあまり聞き慣れい泉質で、茶褐色のお湯で温泉雰囲気としては充分。ただ、露天は循環しているようだったのが残念。

SL撮影が終了したのは16時半でレンタカーを返して、米原から在来線の新快速で豊橋まで向かい、夕食TIME。
「うなぎ」を食べようと狙っていたお店は完売閉店。仕方なしに町興しB級グルメに名乗りを上げている「豊橋カレーうどん」を食してみました。

豊橋からは「ひかり」に乗車して帰京した次第であります。

本日の夜行高速バスは所定運行か・・・

今朝起きてみれば、雪が降っており、これは今晩の夜行バスは運休になるかも・・・と天気予報を見たり、高速道路情報を調べたりして、万一運休になったらどうするかなと色々考えたりしていました。

雪と言うよりどちらかと言うとミゾレに近い感じなので、あまり積もらないのでは無いかと楽観はしていたのですが、大阪では阪神高速が雪で通行止めになったり東海道新幹線は遅れているみたいだし・・・

そろそろ支度を始めないとと思っていたら

おー、どうやら通常運行するそうです。
でも、
「ただし、今後の天候や道路状況によっては途中での引き返し、迂回等による到着の大幅な遅延や運行見合わせが発生する場合がございますので、あらかじめご了承ください。なお、遅延した場合でも行先地に到着した場合は、運賃・料金の払い戻しはいたしかねます。」
だそうです。

週末は雪?

天気予報によると三連休の初めは雪の予報です。ちょうどこの週末は関西へ煙を求めて出掛ける予定なのですが・・・

今回は、青春18期間外でながらも運転されていないので、高速バスを予定しています。

それも、「プレミアムドリーム号」のプレミアムシートを1ヶ月1日前にネットで予約購入しているので、運休になったら困るんですよね。なんせプレミアムシートは1台のバスに3~4席しか無く人気が高いので週末は直ぐに満席になってしまうのです。
高速バスでは最上級のイスだと言うので、結構楽しみにしています。

関西へ向かうのならサンライズで姫路までと言う手も有りますが、最近のJRは天候不良だと夜行は運休にしちうので、アテにならないのです。
まあ、保険の意味で翌朝の羽田・伊丹の朝一番を予約しておきました。

あとは予報をみながらあんまり積もるほど振らないよう祈るだけです。