【RJTT/HND/羽田】2016/2/14レポート(1)

今日の午前中は荒れた天気ですが、お昼頃から急速に回復していい天気&気温上昇となりました。南風なのでFR24を見るとやはりILS22アプローチのようです。なら撮影に行くかと出掛けて来ました。

ILSなので城南島だろうと行ってみるとLDAアプローチに変わっていました。

NH/ANA/全日空 NH386 A320 JA8313

NH/ANA/全日空 NH386 A320 JA8313

城南島公園から撮影するのは久しぶりな気がします。いつも公園の駐車場は満車だったりで羽田よりの空き地に行っちゃいますからねー

6J/SNJ/ソラシドエア 6J38 B737-800 JA809X

6J/SNJ/ソラシドエア 6J38 B737-800 JA809X

ソラシドの737

BC/SKY/スカイマーク BC106 B737-800 JA73NN

BC/SKY/スカイマーク BC106 B737-800 JA73NN

スカイマークの後追いです。後追いだと光線のコントラストが綺麗に見えます。

JL/JAL/日本航空 JL116 B767-300ER JA602J

JL/JAL/日本航空 JL116 B767-300ER JA602J

オーソドックスな形式写真ですが、快晴バックが気持ち良いです。

JL/JAL/日本航空 B767-300 JA8988

JL/JAL/日本航空 B767-300 JA8988

これまら同じ構図ですが、ERで無い767もそろそろ退役が近いですからね。

NH/ANA/全日空 NH864 B777-200ER JA717A

NH/ANA/全日空 NH864 B777-200ER JA717A

LDAアプローチですが、どうも風向の関係かアウターマーカー手前の旋回角度が浅い感じです。なので城南島手前でもコース修正で少し旋回気味です。

JL/JAL/日本航空 JL628 B767-300ER JA658J

JL/JAL/日本航空 JL628 B767-300ER JA658J

後追いです。

JL/JAL/日本航空 JA314 B777-200 JA771J

JL/JAL/日本航空 JA314 B777-200 JA771J

ワンワールド塗装のB777が降りてきました。こちらも形式写真で

NH/ANA/全日空 NH646 B767-300 JA8579

NH/ANA/全日空 NH646 B767-300 JA8579

こちらもERで無いB767です。JA8579と言うと一世を風靡した「マリンジャンボJr」です。もう20年も前の出来事で現役を知らないファンも多くなってきてますね。

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A321 VN-A606

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A321 VN-A606

この時間にやって来る外航機は貴重です。どうせなら大型機で来て欲しいところですけどね。

さて、駐車場に入場してそろそろ1時間です。城南島海浜公園の駐車場は1時間200円なので400円になる前に。いつもの中防大橋に移動することにします。



その2へ> <飛行機の館に

【RJTT/HND/羽田】2013/12/8撮影レポート その1

これからは、来春に引退するジャンボを集中的撮ろう!と言うことで12/8(日)に羽田に行ってきました。さすがにこの時期は北風が吹く季節。RWYは34L/Rなので川崎の浮島公園で撮影です。

NH/ANA/全日空 B767-300 JA8324

NH/ANA/全日空 B767-300 JA8324


家をでるときは晴れ間もあったのですが、浮島公園に着くとどんより雲。飛行機撮影では快晴の時が一番映えますね

NH/ANA/全日空 DHC8-300 JA804K

NH/ANA/全日空 DHC8-300 JA804K


最後の一機となったANAのダッシュ8の300はジャンボと同じくして来春引退よ予定で伊豆大島・三宅島で最後の活躍です。

JC/JEX/ジャルエクスプレス B737-800 JA339J

JC/JEX/ジャルエクスプレス B737-800 JA339J

ハピネスエクスプレスのB3です。

NH/ANA/全日空 B787-8 JA819A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA819A

国内線の顔となったドリームライナー。

NH/ANA/全日空 B737-800 JA74AN

NH/ANA/全日空 B737-800 JA74AN

74ANは今年10月にデリバリーされたばかりの新造機です。

LQ/SNJ/ソラシドエアー B737-800 JA802X KUMAMON

LQ/SNJ/ソラシドエアー B737-800 JA802X KUMAMON

今日も、大人気のくまモンがやって来ました。

XM/JLJ/J-AIR E-170 JA222J

XM/JLJ/J-AIR E-170 JA222J

エンブラエル機を200mm狙うにはちと小さくなってしまいます。なので、少しトリミングしてます。

NH/ANA/全日空 B767-300 MOHIKNA-Jet

NH/ANA/全日空 B767-300 MOHIKNA-Jet

久しぶりにモヒカンジェット。このカラーも今年度一杯と言う話ですから、あと僅かです。

羽田に着陸するモヒカンジェット

羽田に着陸するモヒカンジェット


東京タワーの高層ビルが邪魔ですね。一度ココからの夜景撮影にチャレンジしてみたいです

7G/SFJ/スターフライヤー A320 JA20MC

7G/SFJ/スターフライヤー A320 JA20MC

スターフライヤーの新造機、シャークレット付きのA320です。なかなかカッコいいですね。



その2へ> <飛行機の館へ

【RJCC/CTS/新千歳】2013/11/22撮影リポート その3

この日の天気予報は曇り後雨でした。しかし朝の到着した時は雲が多いもの晴れ間も見えて、予報が外れた?と思ったのですが11時半過ぎから雲が多くなってきました。この日はエアバンドを持って行か無かったのですが、FlightRader24があるので、なんとか到着機の様子が判ります。ホント便利になりました。

NH/ANA/全日空 B777-200 JA8967

NH/ANA/全日空 B777-200 JA8967


山頂に雪が積もった樽前山をバックに離陸するトリプル。
Inspiration of JAPANタイトルのを全機に付けると発表がありましたが、必要あるのかな?

BC/SKY/スカイマーク B373-800 JA73ND

BC/SKY/スカイマーク B373-800 JA73ND


来年でしたっけ?スカイマークが発注していたA330がデリバリーされるのは?ホントに来るのだろうか・・・

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA656J

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA656J


JALのB6もB3やB7に比べなんか影が薄いですね。

NH/ANA/全日空 B787-8 JA819A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA819A


レーダードームをバックにタキシングするドリームライナー

NH/ANA/全日空 B787-8 JA819A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA819A


ANA、19機目のドリームライナーが離陸していきます。太陽が雲に隠れて暗くなってしまったのが残念です。

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA771J One World

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA771J One World


降りで撮影したワンワールドトリプルが出発の為、タキシングしていきます。

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA771J One World

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA771J One World


EF70-200F2.8Lにx2エクステで400mm(35mm換算で640mm)にして撮影すると迫力が出ますね。

MM/APJ/ピーチアビエーション A320 JA810P

MM/APJ/ピーチアビエーション A320 JA810P


関東では撮りづらいピーチを撮って午前の部を終了にします。
昼食は、生コンポイントから車で7,8分の「味の大王」でラーメンです。前回、カレーラーメンにしましたが、今回は塩にチャレンジです。

午後になると生コンポイントは逆光になるので、今回初めてA10ポイントに行ってみました。ダート道を進みやっとの事で着きましたが、脚立必須ポイントでした。

NH/ANA/全日空 B737-800 JA14AN

NH/ANA/全日空 B737-800 JA14AN


金網の隙間から撮影してみましたが、上手く撮れません。
FlightRaderを見ると、シグナス2がアプローチしてきました。
しかし、基地の18Lに向かい、こちらでは撮影出来ず。どうやらタッチアンドゴー訓練のようで再び、ターンライトしてまたやって来そうなので、移動します。

基地側の撮影ポイントが判らないので、県道で撮影出来そうな場所で待っているとやって来ました。
が、ファイナルに入ったあたりから雨が降り出し、暗くなってしまいます。

Japan Government /日本国Japan Government /日本国政府専用機 B747-400 20-1102

Japan Government /日本国政府専用機 B747-400 20-1102


通過後、雨が止みまた晴れ間が戻ってきました。シグナス2ももう1回やって来そうなので同じ場所で待つとやってきました。

Japan Government /日本国政府専用機 B747-400 20-1102

Japan Government /日本国政府専用機 B747-400 20-1102


順光でバッチリ!
文句なし

折角なので、タッチアンドゴーの写真を撮りたいと撮影場所を探しに車を走らせますが、コレという場所も無く、そのうちに訓練も終了してしまいました。
A10ポイントに行っても撮影出来ないし、今日はこれで終了として、長沼温泉へ立ち寄り、札幌へ向かいました。


その1へ> <その2へ> <飛行機の館へ> 

エチオピア航空のB787が発煙

ロンドン・ヒースロー空港で12日朝、アジスアベバから到着したエチオピア航空のB787(ET-AOP)が駐機中の16時頃に機体後部で発煙し、消防当局により消火される事故がありました。

当時はパーキングスポットに駐機し無人だったと報道されています。もしその通りだと、バッテリーに関係するトラブルが疑われそうです。
エンジンもシャットダウンしていて、機内は無人。
だとすると、発火原因になるのは限られてしまいます。
ただ、問題になったバッテリーは機体前方と中央部に設置されていて機体後方には無いので、一概にバッテリーとは言い切れないです。

可能性としては、駐機中にメンテナンス要員が機内で作業をした際に何かしらの発火物品を忘れたと言うこともありえるかも知れません。
それか、発煙した機体後部辺りには、クルーレストがある筈です。乗務員が忘れた何かが発煙したとも考えられます。その場合だとクルーレストを使った時間から発火までの時間が開きすぎな気もします。

イギリスで発生した事故なので、事故調査はイギリス当局が主体となって調査が進む筈ですのでその調査結果がどうなるか?
原因が究明されれば良いのですが・・・

FAA、787テスト飛行許可へ

羽田で駐機するB787

羽田で駐機するB787

アメリカ連邦航空局(FAA)はボーイング社から提示されたバッテリーシステムのテストと改良案が承認され、テスト飛行を実施することを発表しました。

電気の防熱・絶縁材の追加などによる暫定的な処置で、根本的な原因の追求には至っていません。
この改良でのテスト飛行結果をもって、ボーイング社は運航停止となっている787の運航再開を行いたい意向のようです。

テスト飛行から運航再開には最低でも1ヶ月は必要とみられ、結果いかんによっては、運航再開までさらに時間を要することも考えられます。

個人的には、根本的な原因が判明していないと言うのが気がかりですね。暫定的な処置がいつまでも安全と言う保証はありません。
早い運航再開を望みますが、問題を抱えたままの再開には賛同しかねます。

長引く787問題

バッテリーの異常による緊急着陸からまもなく2週間になろうとしていますが、一向に運航再開のめどが立っていません。ANAでは国内線を2月12日、国際線を2月18日まで運航見合わせにし、JALも2月17日までの運航を見合わせる発表をしています。

787の運航停止によるビジネスへの影響は、僅かなような報道もありますが、実際のところ影響は厳しいでしょうね。特に最多機数を誇るANAでは、運航停止が1ヶ月近くに渡る訳ですからその分の穴埋めは大変な事だと思います。
なんせ787で運航する路線は、新幹線と競合区間に重点的に投入し、高い搭乗率を誇っていただけにそれが無くなる訳です。

それと787が運航出来ないからと言って、直ぐに運航乗務員を他の機種に乗務させる事は出来ませんから要員計画もままなりません。

事故調の調査は続いていますが、根本原因を突き止めるまでまだ時間が掛かる模様です。
この問題が長引くとなると、色々と影響が出るのは必至です。

787が早く空に飛び立てる日が来れば良いのですが・・・

787に緊急耐空性命令を発令

787機内

暫くは787には乗れない?

アメリカ連邦航空宇宙局(FAA)がB787のバッテリー不具合に対して運航停止命令に当たる緊急耐空性命令を出し米国で運航中のB787が運航中止になったのを受け、日本の国土交通省もJALとANAに同様の処置を行いました。

FAAはバッテリー溶液が漏れ発火の恐れがあり安全運航に著しく影響を与えると判断した訳で、その安全性が確認されるまで787は運航を差し止めとなります。
新造機のトラブルではかなり厳しい処置となりました。過去にはDC10の登場時に貨物室ドアのトラブルで墜落する事故が置き、耐空証明が一時取り消された事がありましたが、その教訓なのでしょうか?

こういう初期トラブルは早目に目を摘むのが重要ですから、徹底的に原因究明を行い安全性を高めて欲しいところです。

ただ、トラブルの元になったバッテーリーは「日本メーカー」です。まかさ中国の工場で製造してたので粗悪品でしたなんてな事は無いとは思いますが、「技術の日本」も過去の話になったものですね。

ANAに16機目のB787

B787 JA809AANAに16機目となるB787-8(JA816A)がデリバリーされ、今日羽田へフェリーされてきました。

昨年に2機の787で路線就航してはや1年。もう16機目のB787がANAにデリバリーされているとは気が付きませんでした。国際線への就航も進み、国内線も就航地が増え羽田でも随分、目に付くようになりました。

ANAが世界に先駆けて就航したB787には世界中から多くの航空ファンや航空関係者が乗りに来ていました。B787就航便ではいち早くプレミアムクラスが満席になるなど、ちょっとした特需にもなりました。

エチオピア航空、ユナイテッド航空にもB787の引渡しが始まっており、先日はユナイテッドのB787がテストフライトで成田になってきたそうです。

そう言えばA380もデリバリーが進んでいるようです。まあ国内線キャリアではA380は発注していないし、国際線でしか乗る機会が無いので、まだA380には乗っていなんですよね。
来年あたりは、どこかのキャリアのA380に乗ってみたいものです。

シートピッチ違い

昨年11月に就航したB787ですが、昨年12月に搭乗して、シートピッチが広くて利用者の事を考えているねぇ~
LCCみたいに詰め込みじゃないし、うんいいよと思っていたのですが・・・

就航路線も増えて、787に乗って撮影に行こうかなと考えてサイトを見ていて気づきました。
前回乗ったB787の1号機(JA801A)と2号機(JA802A)は元々は国際線用機材を暫定的に国内線仕様として飛ばしているのですが、国内線仕様機とキャビンレイアウト(コンフィグ)が大幅に異なるのです。

広いと感じたJA801AとJA802Aのシートピッチは32インチですが、国内線仕様は30インチで2インチ違います。Yクラスで約5cm違うと広く感じますからね。
座席配列も2-4(2-2)-2の8列でしたが、国内仕様だと3-3-3の9列で1席多くなります。それとシートモニターが無くなります。

うーーん、やっぱり国内線は詰め込み仕様なんすねぇ

これからLCCとの競争なんだかた、フルサービスキャリアとして生き残るには、それ相応のサービスレベルを保たないと・・・
暫定国内線仕様なら喜んで乗るけど、国内線仕様だと微妙ですね。まあ777-300よりはマシかもね

【RJTT/HND/羽田】2012/1/1撮影リポート

初日の出を見ながら、スポッティングをしようと出掛けてきました。朝6時前に第二ターミナルの展望デッキに到着すると既に多くの観客が待つなか、65番スポットあたりに陣取りました。

岡山行787

NH/ANA 全日空 B787

まだ夜が明け切らない羽田に佇む787です。

B737-800

NH/ANA 全日空 B737-800 JA62AN

羽田から各地への向かう早朝便がスポットアウトしていきます。来年は、日の出前に離陸する便に乗って機内から初日の出を見ようかな

離陸するJAL B737-800

JL/JAL 日本航空 B737-800 JA321J

まだまだ暗い中離陸するJAL機。アンダーで撮影して暗い雰囲気を出したつもりなのですが・・・ちょっと失敗かな

大韓航空 B737-800

KE/KAL 大韓航空 B737-800 HL7786

大韓航空の737-800を羽田で見られるのは、早朝深夜枠で飛来するインチョン線だけです。

ANA B737-500

NH/ANA 全日空 B737-500 JA359K

6時48分。そろそろ日の出の時刻ですが、厚い雲に遮られ、まだアタリは暗い中流し撮りで撮影します。流し撮りは難しいですねぇ~

NH/ANA 全日空 B737-500 JA359K

NH/ANA 全日空 B737-500 JA359K

スーパードルフィンが34Lから離陸していきます。ちょっとブレてますがなんとか見られる範囲で止りましたが、構図が今一。

NH/ANA 全日空 B767-300 JA8275

NH/ANA 全日空 B767-300 JA8275

ようやく明るくなってきました。がんがろうステッカー付きの767が離陸の為タキシングする中、広島へ向かう787がトーイングされてきました。

NH/ANA 全日空 B737-800 JA04AN

NH/ANA 全日空 B737-800 JA04AN

羽田の主力機材になりつつある737-800が離陸しています。

NH/ANA 全日空 B777-200 JA711A

スタアラカラーのトリプルに続き、787がスポットインします。
バックには初日の出クルージング船が2隻居ますが、今日は残念でしたね。

初日の出

雲の隙間から初日の出です。

JAL B737-800 JAL777-200 JA339A

JAL B737-800 JA339A / JAL777-200 JA8984

天気が良ければ、第1ターミナルから国際線ターミナルのバックに富士山が眺められるのですが、今日は駄目でした。

第1ターミナル内の航空神社に立ち寄り初詣。
今年1年の交通安全と旅の無事をお祈りします。

首都高も距離制料金に変わり、空港中央からだと800円、次の大井からなら700円なので、ちょっと湾岸を走って費用削減?して帰宅することにしました。

今年は東京ゲートブリッジも開通するので、羽田詣でも楽になるかな



飛行機の館にもどる

【RJTT/HND/羽田】2011/12/24撮影リポート

クリスマスイブの12/24、ANAの787就航記念イベントの一環として、787をはじめ、ポケモンジェット、モヒカンジェットなどの特別塗装機がターミナルに集合すると言うので、出掛けてみました。

11時半に第二ターミナルのデッキに到着すると、北側の58番に747ポケモンジェット、59番にピース★ジェット、60番にスターアライアンスカラー、61番にモヒカンジェット、62番に787の2号機が駐機していて、壮観な眺めでした。
これだけの機体をこの時間帯に羽田に集結させるだけでも、運航担当者は相当な労力があったことでしょう。

ポケモンジェット、ピース★ジェット、スタアラ

ポケモンジェット、ピース★ジェット、スタアラ

JALの737がスカイツリーをバックに離陸

スタアラ、モヒカン、787が並ぶ

モヒカンがスポットアウトして出発していきます

モヒカンと入れ替わりで787の1号機が広島から到着

モヒカンは34Lから離陸していきました。行先は東北・北海道方面ですね

トーイングされるポケモン

ポケモンジェットがトーイングされて整備地区へ移動していきます。

ゴールドジェット

羽田にゴールドジェットが来るのは珍しいです。アンチアイス作業中なので、雪が降り続く日本海側へ向かうのでしょうか?

737スタアラ

737-800のスアタラカラーが出発

僅か30分ほど間に色々濃い撮影が出来ました。
700番台スポットにポケモンジェット(イエロー)が駐機していたようだったので、こいつも並べてられたら良かったのに・・・
この後、次に向かう予定があり、デッキを後にしましたが、なかなか粋なクリスマスプレゼントですね。
またのこの様な集合を見たいものです。


<飛行機の館にもどる>

ドリームライナーB787に乗ってきました。①

11日に、11月から世界に先駆けてANAが定期便就航させたB787-8に搭乗してきました。
11月の週末は早くから満席状態で、特に12席しか無いプレミアムクラスはナカナカ予約が取れず、2ヶ月前の発売日によやく確保できたのが、昨日のフライトだったのです。

昨日は、羽田~岡山のNH651便に搭乗するので、朝早くに自宅出発して、羽田空港へ向かいました。
前日の12/10からB787は1号機のJA801A、2号機のJA802Aがライン就航して岡山・広島線に2往復ずつ就航しました。なので、まずは展望デッキに行くとちょうど日の出時刻でした。
日の出と787
今日の搭乗機を確認すると1号機のJA801Aが岡山行きの65番スポットに入っていました。ちょうど日の出をバックに787を撮影できました。

そう言えばこんな朝早くに展望デッキに来ることなんか滅多に無いですね。今日は天気の良くて良いフライトになりそうです。
そろそろ時間なので2階に戻り、荷物検査場へ向かいます。

今回は三脚を持参していましたが、三脚寸法が54.5cm。機内持ち込みサイズギリギリなので、大丈夫かな?と検査場へ向かうと、X線検査の後にメジャーでサイズを測られましたが、難なく通過できました。

朝飯代わりの「万世のかつサンド」を購入してゲートに向かいます。7時10分から搭乗が始まり、ボーディングブリッジを通り機内に入ると・・・
B787名物「レインボー照明」で出迎えられました。

へぇーなかなか凄いじゃんと照明をみながら最後尾の34Kに向かいます。ちなみにエコノミーに搭乗する時は大抵最後尾を指定してます。機内全体を見渡せるの好きなんですよね最後尾が(笑)

搭乗率は7割程度と言ったところです。定刻7:30にドアクローズとなり、D滑走路に向かいタキシング開始となります。ちなみにレインボー照明はドアクローズで通常照明に戻されました。

RWY05から離陸したB787は東京湾上で旋回し横浜上空を通過して西に向かいます。
TAKEOFFして一度シートベルト着用サインが消えたのですが、少して気流が悪く再び点灯して揺れましたが、河口湖が見える頃には消灯となりました。

アルプスの山々を眺めてながら、かつサンドを食べます。名古屋上空を通過したあたりで、機内サービスが来たので、有料ですが、食後の「コーヒー」をリクエストしました。

300円とちょっと高めですが、スタバと提携して本格的なコーヒーが楽しめると言うのですが・・・インスタントよりは美味しい程度かな?ってとこです。

座席をリクライニングさせてみると、背もたれが後ろに下がるのでは無く、イスが前に移動して背もたれが前にスライドして背もたれの角度が変わる、いわゆるシェル型になっていました。
この形だと、リクライニングして後ろの席に迷惑が掛からないのですが、その分、前座席とのクリアランスが狭くなります。
国内線みたいに所要時間が短けりゃ問題は無いですが、国際線で長時間の場合はどうなんでしょうね。
国際線に就航する際には、シートピッチも変わるのでしょうけど・・・

電子シェードを試してみました。成る程良く出来ていると思うのですが、使い勝手は良くなさそう。今まで通りのカバーを降ろす方が面倒が無いし・・・

液晶モニターはフライト情報以外は国内線使用なので、提供されて無く、ちょっとつまらないですが、短い時間だし、フライト情報が見れれば自分的にはOKですけどね。

そんなことで色々遊んでみたりしていると大津上空を通過。
さらに西に向かうとディセンドが始まり、徐々に高度が下がってきました。
岡山までブロックタイムでは1時間20分ですが、フライトタイムは55分程度ですから、もう到着?と言った感じです。

到着前にラバトリーに行って、航空機初の暖かい便座を試してみました。窓付きのラバトリーもあるのですが、機体内側のラバトリーだったので、それは帰りに試そう。

シートベルト着用サインが点灯して、高度を落とし、岡山空港のRWY25にタッチダウン。

そのまま5番ゲートにスポットインしました。
エンジンがシャットダウンされ降機が始まりますが、一番最後に降りれば良いのでゆっくり用意しながら、ギャレーの写真を撮ったりしながら降ります。

そうそう、降機時もレインボー照明となって絶好の撮影チャンスです(笑)
乗務員も慣れっこなのか、「ゆっくりどうぞ」と降機を催促しまかったのでこの時ばかりと撮影させて頂きました。


なので、機内を撮影しつつ、機首のドアまで向かいます。
それにしても岡山までだとあっと言う間でした。

帰りは広島からなのですが、東行の場合気流に乗って所要時間が短くなるからなぁ・・・もう少し乗りたかったなぁ

(つづく)