QF、マイレージ特典専用便を運航

QF/QFA/カンタス航空 QF25 B747-400 VH-OJI

QF会員では日本は人気の目的地

カンタス航空(QF)はFFP「カンタス・フリークエントフライヤー」の特典利用専用のフライト「Points Plane」を運航することを発表しました。

特典利用では復路便にJLやCX便の特典利用を組み合わせて利用することも可能で、必要ポイントは通常の交換ポイントで同様です。

10月21日発のメルボルン/成田、10月26日発の成田/メルボルンが対象で、定期便として運航しているQF79,QF80便を充てるもので、10/21のQF79/QF80便は利用者が多くなることからA330型機からA380型機にシップチェンジして運航します。
A380型機ではFCYの371席をすべて特典利用に提供するので既にGDSではQF79では全クラスとも残0となっています。(復路のQF80ではCYの2クラス運航)

10/21 QF79 MELNRT 1030 1855 FCY A380
10/26 QF80 NRTMEL 2005 835+1 CY A330

カンタスのA380を撮影出来るかと思ったのですが、10月だと撮影は厳しいかな。
それにしても、こういう特典利用の専用便っていうのは今まで有りそうで無かったですね。LCCとの競争でマイレージサービスを見直す動きがある中で、こういう使い方も顧客満足度アップには有効だと思います。

ついにA380も製造終了へ

エアバス社は、A380の生産打ち切りを発表しました。
生産打ち切りの話は以前から出ていた話ですが、エミレーツ航空(EK)がA380の発注数を162機から123機に39機、削減したことにより、その後の受注もないことから2021年に引き渡す機体が最後になることになります。

総2階建ての飛行機として広いキャビンが売りだったA380ですが、機体価格が高いことに乗り入れが出来る空港が制限されることから受注が進まず、最後の頼みの綱だったEKからも数を減らされてこの先も展望も無いのは残念です。

そんなA380ですが、今年からANAが3機導入してホノルル線に投入します。
3機しか導入しないのでどれだけ活躍出来るか?長い間飛んでくれることを祈りたいですが、そのうちピーチに移籍・・・ってことはないですよね。

EKのA380名物、バーカウンター

EKのA380名物、バーカウンター

シンガポール航空A380を成田へ

シンガポール航空(SQ)はシンガポール・成田線のSQ637/638便にA380を投入することを発表しました。
4/27のシンガポール発SQ638便からB787-10からA380にシップチェンジとなって運航されます。(成田発は4/28から)
シンガポール/成田/ロス線のSQ11/12便は現在のB777-300ERでの運航となります。
 SQ638 SIN/NRT 23:55 8:00+1 Daily A380
SQ637 NRT/SIN 11:10 17:20 Daily A380

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ637 A380 9V-SKC

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ637 A380 9V-SKC

予定では10/26のサマースケジュールまでとなっていますが、7月からは機内をリニューアルしたA380Rを投入する予定で6席用意されている「スイート」では、シートとは別にフルフラットベッドが用意されている豪華な機内が自慢となっています。

SQは昨年末からシンガポール・羽田線を増便し毎日4便飛ばしており、訪日観光客の需要が多く羽田線にもA380の投入を希望していますが、羽田空港ではA380の旅客対応施設が未対応なことから実現していません。

NHのA380は5月就航、スクートは運休へ

©ANAグループ

ANAが導入を予定しているA380型機について来年の5月24日から成田/ホノルル線に投入することを発表しました。
3機導入するA380ですが、まずは初号機を成田発火・金・日曜日のホノルル行に投入し、7月からは弐号機を投入し週5便をB787-9からA380に変更する計画です。

まだDGSには反映されて無いので近いうちに反映されるでしょうが、初便は満席になっちゃうでしょうね。
ANAはA380の導入で座席供給量も倍増しますから、営業面でもホノルル線のサービス強化を実施して今までJALが強かったハワイマーケットに切り込みを入れる計画です。

一方で、来年6月から関空/ホノルル線を週5便で運航しているスクートが運休することになりました。

LCCのホノルル線ということで特に価格に敏感な関西マーケットでの運航だったので利用率は良いのではと思っていましたが、今回の運休は利用率が低迷していることが理由だそうです。

週5便という事がハンディだったかのでしょうか?
まあハワイマーケットはFSCが強い面がありますからね・・・

【RJAA/NRT/成田】2018/9/7撮影レポートその3

この日は南西の風が強く吹いていたので着陸機は少し煽られていました。成田は横風用の滑走路が無いので横風が強く吹くと運航に影響が出るので横風用滑走路が欲しいものです。

NH/ANA/全日空 NH174 B777-300ER JA779A

NH/ANA/全日空 NH174 B777-300ER JA779A

ヒューストン行のNHは77Wと大型機材で運航してます。アメリカ中南部への利用者って多いのでしょうか?まあヒューストンはUAのハブ、と言うより旧コンチネンタル航空の本拠地ですからトランジットが多いのかも。

SK/SAS/スカンジナビア航空 SK984 A340-300 OY-KBD

SK/SAS/スカンジナビア航空 SK984 A340-300 OY-KBD

SKはA340です。もう欧州線でA340-300を飛ばしているのはSKとLXだけですね。中型エンジン4機なので大型エンジンを搭載した双発機の方が対地速度で負けるので、航空路が数珠繋ぎになるとロシアから煙たがれるとか?と言う話も聞きますが真相は?ですね。

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ637 B787-10 9V-SCD

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ637 B787-10 9V-SCD

ドリームライナーの最新鋭B787-10です。SQは新型機材の発注がうまいですよね。

AY/FIN/フィンランド航空 AY74 A350-900 OH-LWH

AY/FIN/フィンランド航空 AY74 A350-900 OH-LWH

AYも最新鋭のA350-900での運航になりました。
昔はサンタクロース塗装のMD11がありましたね。

MH/MAS/マレーシア航空 MH89 A380 9M-MND

MH/MAS/マレーシア航空 MH89 A380 9M-MND

MHはサーマーシーズン限定でA380を成田線に投入しています。
成田にA380だとキャパが大きい感じもしますが、習熟目的だから仕方ないのでしょう。

JL/JAL/日本航空 JL421 B787-8 JA841J

JL/JAL/日本航空 JL421 B787-8 JA841J

サッカーの応援スッテカーが貼られている787ですが、もうサッカー大会も終わったしそろそろ終了でしょうね。

JL/JAL/日本航空  B787-8 JA870J

JL/JAL/日本航空 B787-8 JA870J

ターミナルからさつえいすると、花時計とNARITAの文字が良く見えます。なのでタキシング中の787と絡めてみました。

3S/BOX/アエロロジック 3S590 B777-200F D-AALA

3S/BOX/アエロロジック 3S590 B777-200F D-AALA

そろそろ撤収する時間かなと思っていたらアエロロジックが離陸していきました。ドイツのカーゴキャリアも成田に来るようになったんですね。

HY/UZB/ウズベキスタン航空 HY528 B767-300ER UK67008

HY/UZB/ウズベキスタン航空 HY528 B767-300ER UK67008

中央アジアのウズベキスタン航空 が成田に乗り入れしていますが、昔、成田空港に乗り入れ希望しているキャリアが沢山あると運輸省が言ってましたが、LCC以外のナショナルフラッグ系のキャリアってあまり増えてないですけね。

TG/THA/タイ国際航空 TG643 A350-900 HS-THL

TG/THA/タイ国際航空 TG643 A350-900 HS-THL

TGの午前便と言うとTG641は昔からありましたが、今はTG643と2便あります。タイからの需要が多いと言うことなのでしょうね。

さてこのTGの上がりを撮影したところですが、そろそろこの後搭乗するBR197の出発時刻の2時間前と言うことでチェックインを済ましてラウンジへ行ってみようと言うことで、展望デッキを後にしました。

次回は台北編になります。


<台北その1へ> <飛行機の館へ

SQ、ウインタースケジュールで関空線にA380

SQ/SIA/シンガポール航空 A380 9V-SKE

SQ/SIA/シンガポール航空 A380 9V-SKE

シンガポール航空(SQ)は10月28日からのウィンタースケジュールでインバウンド需要が好調なシンガポール/関空線にA380を投入します。

SQは今年の5月から関空線には最新鋭のB787-10を投入していますが、A380に変更して供給座席数を増やす計画です。
それも日2便ともA380を投入すると言うのですから、かなり関空線の需要が多いと言うことでしょうか。
ファースト、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの4クラスとなり1便あたりの定員は441名とB787から大幅増になります。

以前、関空線は全般的にビジネス需要が少なく苦戦しがちと言うイメージでしたが、インバウンド需要ではF,Cの利用もあるのかな?
まあ、大阪は海外からの旅行者に人気がありますから、裕福層が上位クラスを使っているのかも知れません。

SQのA380は就航当時、成田線に投入されていましたが、羽田線開設にあわせて機材をB777に変更して以来、A380の姿を見られなくなりましたが、関空線での復活は嬉しいです。

ANAのA380がロールアウト

Airbus社がTwitterでANA向けに製造しているA380が製造ハンガーからロールアウトする写真が公開されました。

©Airbus S.A.S. Photo by A.TCHAIKOVSKI / Master Files

©Airbus S.A.S. Photo by A.TCHAIKOVSKI / Master Files


スカイマークが発注してキャンセルしたA380をANAが肩代わりすることでスカイマークの経営権を握ったのが随分前の様に思えます。

まだ、エンジンも搭載されておらず、まだまだ製造途上ですが、尾翼のANAの文字がいよいよ完成に近づいたなと感じさせます。

ANAは今回受領する3機のA380を「Flying Honu」、空飛ぶウミガメとしてホノルル線に集中投入します。
ホノルルは昔からJALの牙城でしたが、後発のANAはなかなかJALの牙城を崩せずにいたらJALの自滅(破産)で手薄になった所に攻勢をかけようとしましたが、オープンスカイにより第三国キャリアの参入、そしてLCCの参入と、元々収益性の低いリゾート路線だけに、今回のA380導入でどれだけシェアを獲得出来るか?

就航の数年後には時刻表に「この便はピーチの乗員により運航されます」と表示されるようになって、さらにその数年後は、「この便はピーチの機材・乗員により運航される共同運航便です」となりそうな予感がするのは自分だけでしょうか?

まあなんにせよ日本へデリバリーされるが楽しみですね

【NRT/RJAA/成田】2017/6/10撮影レポート

今日の午前中は神栖まで行った帰り、鹿島貨物を撮影した後、成田でスポティングをしてきました。
1094レを撮影した後、遅い昼食をとったので成田の16Lエンドに着いたのは14時半でした。

UA/UAL/ユナイテッド航空  B737-800 N73298

UA/UAL/ユナイテッド航空 B737-800 N73298

GUMから帰って来たB737です。
さて今日はエアバンドを持って来なかったのでFR24でアプローチしてくる機体をチェックしていると、ナショナルエアカーゴのB747が成田のアプローチコースに入っています。

B747ならAラン降りだろうと言うことで移動します。16Rの定番はさくらの山ですが、あそこは混雑するし。木々の成長で降りの撮影も厳しくなってきたので、以前から目を付けていた場所に行ってみます。

UA/UAL/ユナイテッド航空  B787-8 N17963

UA/UAL/ユナイテッド航空 B787-8 N17963

ちょっと仰ぎ見な感じになりますが、悪くは無い場所です。

しかしここに到着したとたん雲で太陽が隠れてしまいました。

N8/MUA/ナショナル・エア・カーゴ  B747-400F(BCF) N952CA

N8/MUA/ナショナル・エア・カーゴ B747-400F(BCF) N952CA

ナショナルエアカーゴは初めて撮影しました。N952CAは元エールフランスで飛んでいた機体ですね。

NH/ANA/全日空  B787-8 JA831A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA831A

ココだと70mmで丁度良く収まります。それに車の脇で撮れるしなかなかいい場所です。

NH/ANA/全日空  B737-800 JA67AN

NH/ANA/全日空 B737-800 JA67AN

後追いもいい感じで撮れますがこの後直ぐに森に隠れてしまいます。

この日は横風が強くカニ歩きでやって来ます。

UA/UAL/ユナイテッド航空  B747-400 N175UA

UA/UAL/ユナイテッド航空 B747-400 N175UA

FR24を見ているとこの後大型機が続いて16Rにアプローチしてきます。

TG/THA/タイ国際航空  A380 HS-TUE

TG/THA/タイ国際航空 A380 HS-TUE

A380も機体が大きい分強風に煽られてファイナルで結構ふらつきましたが、体勢を直して無事にランディングしました。

DL/DAL/デルタ航空  B747-400 N666US

DL/DAL/デルタ航空 B747-400 N666US

デルタのジャンボも退役が近づいてきました。次にDLに乗る時には飛んでいないかも知れません。

C8/ICV/カーゴルクス・イタリア  B747-400 LX-LCV

C8/ICV/カーゴルクス・イタリア B747-400 LX-LCV

いつもは朝に到着するカーゴルクスのB747ですがディレイだったのかな?

KE/KAL/大韓航空 KE551 B747-8F HL7617

KE/KAL/大韓航空 KE551 B747-8F HL7617

大型機の連続アプローチの最後はKEカーゴのB747-8Fです。
B747-8も生産打ち切りの話もありますから、ホント、ジャンボが姿を消す日もそう遠くないのかも知れませんね。

さて、今日はこれにて撤収することにしました。
いやーナショナルエアカーゴが撮れて良かったです。

鉄道コム

MHのA380、成田線投入

マレーシア航空(MH)は、夏の繁忙期にNRT/KUL便の一部便について機材をA380に大型化して運航する予定です。

MHは2012年11月25日から成田線にA380を導入する計画を立ててましたがデリバリの遅れから投入を中止となったことがありました。

今回は夏の高需要時期限定でA380が投入されるのは
MH88 KUL2359/NRT810+1 A380 8/10-12,17-19,9/7-11,13-16,21.22
MH89 NRT1030/KUL1645 A380 8/11-13,18-20,9/8-12,14-17,22.23
となっており、既にGDSに反映されていますがPending government approvalとなっています。まあ機材変更なので問題無くapprovalされるでしょう。

この期間中に一度は撮影に行きたいですね。

MH/MAS/マレーシア航空 MH89 A330-300 9M-MTB

期間限定でA330からA380にシップチェンジ

【NRT/RJAA/成田】2017/5/20撮影レポートその1

カンタスが成田から羽田に移ってからは6時の運用開始から成田で撮影することが無かったので、久しぶりに朝からスポッティングしてきました。

1095レをモノサクで撮影した後、16Rno高速陸橋上のポイントに6時に到着するとAラン1番機が降りてきました。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX6 B747-400F B-HKX

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX6 B747-400F B-HKX

カンタスはBラン降りでしたから同時にAランに降りてくるキャセイカーゴを撮影するのはかなり久しぶりです。

5Y/GTI/アトラス航空 5Y7133 B747-400F N407KZ

5Y/GTI/アトラス航空 5Y7133 B747-400F N407KZ

続いてやって来たのはアトラスのB747-400Fです。レジから判るように去年の11月にNCAから売却された移籍機です。フルカラーにならないのでしょうかね。

FX/FDX/フェデックス FX31 B777-200F N854FD

FX/FDX/フェデックス FX31 B777-200F N854FD

ANAのドリームライナーが2機続いた後に、フェデックスのトリプルカーゴがやって来ましたがファイナルでフラフラしているなぁと見ていたらGAです。

どうもILSローカライザーを上手く受け取れなかったのか?ILSの不具合でGAした様です。

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ89 B747-8F JA18KZ

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ89 B747-8F JA18KZ

kの時間はAランに降りてくるのはカーゴ機が主体で、意外とトラフィックが少ないです。

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ224 B747-400F JA05KZ

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ224 B747-400F JA05KZ

降りてくるカーゴもNCAがメインです。昔はFedexとかNW Cargoとか結構頻繁に降りてきたんですけどね・・・

LX/SWR/スイス国際航空 LX160 A340-300 HB-JMH

LX/SWR/スイス国際航空 LX160 A340-300 HB-JMH

この日のSwissはタイトルをマイナーチェンジしたJMHでした。

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ638 B777-300ER 9V-SWS

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ638 B777-300ER 9V-SWS

SQも2便あった朝便のうち1便は羽田に移ってしまいました。

TG/THA/タイ国際航空 TG640 A380 HS-TUE

TG/THA/タイ国際航空 TG640 A380 HS-TUE

朝のTG便は羽田へはB747-400、成田にはA380と使い分けています。タイからの訪日客が好調なのでA380でも席が埋まるのでしょうね

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ167 B747-8F JA11KZ

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ167 B747-8F JA11KZ

成田でB747-8を一番見られるのはKZです。

AM/AMX/アエロメヒコ航空 AM58 B787-8 N783AM

AM/AMX/アエロメヒコ航空 AM58 B787-8 N783AM

この日のAMはティファナで給油した関係で1時間半遅れでした。



その2へ> <飛行機の館へ

FLYING HONU

ANAは、2019年春に東京/ホノルル線に導入予定しているA380型機デザインと愛称を発表しました。

公募により決定したもので、応募期間中に世界中から合計で二千点を超える応募がありその中から、ハワイの青い海でゆったりとくつろぐウミガメの親子を描いた作品が選ばれました。

©ANAグループ


さらに機体の愛称は、ハワイ語でウミガメを「ホヌ」と呼ぶことを踏まえ、「空飛ぶウミガメ」を意味する「FLYING HONU」となりました。

ANAによれば導入する3機とも同じデザインを計画しているが、機体によっては色を変更する可能性もあるそうです。

もともとANAのA380は同社が支援したスカイマークが発注した機材を買い取る形でエアバスからの協力を得て傘下に収める事が出来た訳です。
とは言えA380のキャパシティも去ることながら、就航出来る路線は限られてしまいます。なので集客力が高いホノルル線に集中させ運用効率を上げて運航コストを圧縮させる目的もあるようです。

それにしても「FLYING HONU」、なんか昔のマリンジャンボを思い出しますね。

【RJAA/NRT/成田】2016/12/24撮影レポート

クリスマスイブの24日、午後から買い物で栗源まで出かけた帰りにちょっと成田に寄り道。
でもこの時期はひが短く、15時半にはもうかなり太陽の位置も低くてオレンジの斜光がなんとか差し込む程度です。

NH/ANA/全日空  B777-300ER JA783A

NH/ANA/全日空 B777-300ER JA783A

Bランに降りるバニラとのツーショットです。

DL/DAL/デルタ航空  B767-300ER N177DN

DL/DAL/デルタ航空 B767-300ER N177DN

成田に飛んでくるデルタのシャークレット付きB767も増えて来ました。やはりA330やB777ではキャパが大きい路線が増えてきたと言うことでしょうか?

TG/THA/タイ国際航空  A380 HS-TUE

TG/THA/タイ国際航空 A380 HS-TUE

ずんぐりむっくりの4発機、A380ですが成田に飛ばすキャリアも減ってきました。AFやLHもA380を飛ばしていたのですが・・・

JL/JAL/日本航空  B787-9 JA861J

JL/JAL/日本航空 B787-9 JA861J

JALのドリームライナーは国際線なのでなかなか乗る機会が無いのが残念です。

NH/ANA/全日空  B787-9 JA839A

NH/ANA/全日空 B787-9 JA839A

Biz-Jet  Gulfstream N550JH

Biz-Jet Gulfstream N550JH

このガルフ、午前中に成田から千歳に向かい、夕方帰って来ましたが雪で混乱している千歳には何しに行ったのでしょうかね。

JL/JAL/日本航空  B777-300ER JA733J

JL/JAL/日本航空 B777-300ER JA733J

Jet-Kei。昔からJALは機体に人間を描く(貼る)のが好きですよね。さて16時を過ぎるとかなり露出も厳しくなってきます。

UA/UAL/ユナイテッド航空  B777-200ER N206UA

UA/UAL/ユナイテッド航空 B777-200ER N206UA

UAのジャンボもかなり見る機会が減ってしまいましたね。

UA/UAL/ユナイテッド航空  B787-8 N45905

UA/UAL/ユナイテッド航空 B787-8 N45905

でもUAはジャンボの代わりにドリームライナーが増えてきましたね。そろそろ潮時かなとFR24を見ると続行でUAの787-9が来ているのでこれを撮って撤収することに

UA/UAL/ユナイテッド航空  B787-9 N26952

UA/UAL/ユナイテッド航空 B787-9 N26952

この時期は日が短いのが残念です。


飛行機の館にもどる

【LSZH/ZRH/チューリッヒ】2016/9/7撮影レポートその5

今回でチューリッヒでの撮影レポートは最終回です。
普段、日本で撮影出来ない機体が多いので、やってきた機体をついつい撮影してしまいますので、かなりの枚数をこの最終日に撮影しました。

AB/BER/エア・ベルリン  A320 HB-IOZ

AB/BER/エア・ベルリン A320 HB-IOZ

エア・ベルリンのA320が離陸します。バックの森もそろそろ紅葉が始まる頃ですかね。

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空  B737-300 D-ABEN

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 B737-300 D-ABEN

ルフトのB737-300も退役が進んでいますが、保有数も多いのでもう少しは活躍が見られると思いますが、いつでも見られると思っていると気がつくと・・・と言うこともありますからね。

BT/BTI/エア・バルティック  B737-300 YL-BBX

BT/BTI/エア・バルティック B737-300 YL-BBX

最初はB737-800かと思ったのですが、調べたらB737-300だったのでちょっとびっくりです。まあアメリカにはB757にシャークレットを付けた機体が結構いますから、それを考えればB737-300でも付いていてもおかしくないですね。

WK/EDW/エーデルワイス航空  A320 HB-IJU

WK/EDW/エーデルワイス航空 A320 HB-IJU

LXの子会社になったエーデルワイスですが、最近になってB777投入で余剰となったLXのA340型が移籍したそうです。また夏のチャーターで日本に来ないかなか

TK/THY/トルコ航空  A321 TC-JRP

TK/THY/トルコ航空 A321 TC-JRP

Eターミナルとスイスの街並みをバックに離陸していくTKのA321です。こういうシーンもスイスらしくて好きです。

KK/KKK/アトラスジェット  A321 TC-ATB

KK/KKK/アトラスジェット A321 TC-ATB

エア・ベルリンかと思いきやトルコのLCCアトラスジェットでした。それにしても3レーターが「KKK]とはなんか凄いなぁ

LX/SWR/スイス国際航空  B777-300ER HB-JNC

LX/SWR/スイス国際航空 B777-300ER HB-JNC

時間的にもしかしてと思いましたが、この後搭乗するLX181便に充当されることになるトリプルセブンがタキシングされていきます。

AF/AFR/エールフランス  A319 F-GRHR

AF/AFR/エールフランス A319 F-GRHR

どうせならA318の離陸を撮りたかったですねー

YM/MGX/モンテネグロ航空  F100 4O-AOM

YM/MGX/モンテネグロ航空 F100 4O-AOM

え、MD? いやはやF100でした。
まあF100自体もレアな機体ですからね。

LX/SWR/スイス国際航空  A321 HB-IOL

LX/SWR/スイス国際航空 A321 HB-IOL

A321がRWY16から離陸滑走を始めると続行のEKのA380がRWYにRun up。大きさの対比が面白いの撮影してみました。
ちょっと陽炎でメラメラが出てしまいましたが、日本ではこういうシーンを撮影できる機会はそうそうありませんからね。

EK/UAE/エミレーツ航空  A380 A6-EOV

EK/UAE/エミレーツ航空 A380 A6-EOV

そして本日の〆となるのがエミレーツのA380です。
A380の離陸を目の前で見ると迫力があります。

さてそろそろ空港へ戻るバスの時間が迫ってきたので、ルームラング駅に向かって移動します。
次回来る時もここで撮影できるといいなぁ~


その4へ> <飛行機の館へ> <その1へ

イラン航空がエアバス機材を大量購入へ

米国のイランへの経済制裁が緩和されたことからイランは西側諸国との関係強化に乗り出していますが、今回イラン航空が使用する機材としてエアバス社と百機を超える118機の機材発注を行ったことが発表されました。

A380、A350、A330型機などの大型機を始め、エアバスシリーズが勢揃いしそうな勢いです。
正直、イラン航空がA380型機を導入するとは驚きです。どこに就航させると言うより利用者が・・・まあ大型機でハッジチャーター便でも飛ばすのでしょうかね。

イラン航空と言えば、つい最近まで成田にはB747SPで乗り入れをしていました。最後のSPとも呼ばれてました。
なんせイランは経済制裁で西側諸国から機材を買えず、昔調達した機材、B747-200やSP、A310をなんとか飛ばしていましたが、保守部品自体が入手できず、欠航することもしばしば。イラン国内線ではB707が活躍しているとかの話も聞きました。

そんなイラン航空のB747SPが成田空港から離陸するシーンをビデオ撮影したのがありました。

北京経由で飛んでいたので一度乗ってみたいなぁと思っていたら運休になってしまいました。うーん残念。

ついにANAがA380導入を発表

ANAカラーのA380ひられる日が近い

ANAカラーのA380ひられる日が近い

かねてから噂だった、ANAのA380について2016年度から20年度までの中期経営戦略でA380を3機導入し2019年から成田・ホノルル線に投入する計画を発表しました。

ANA傘下に入ったスカイマークが発注していたA380のキャンセルに伴う補償交渉の一環で今回、A380を3機導入することで違約金問題に決着を着けると言うことでしょう。

ツアー客主体のホノルル線と言うことで、客単価が低いことからA380には3クラス設定として、ANAブランドを活用して上位クラスの販売を行いつつ、エコノミークラスは安価で販売していく作戦の様です。

3機と言う少数なのでメンテナンスなど運航コスト面で不利な面も多く、乗員養成や機材整備などを外部に委託して効率化とコスト軽減を図ることを考えています。

ANAがA380を導入する話はスカイマークの話以前からくすぶってはいましたが、ついに導火線に火が付いたと言うことでしょうか。

スカイマークがA380を導入することを発表した時は、「どうせスカイマークじゃ、デリバリーなんかされないよ」と言う話でもちきり?でしたが、流石にANAじゃそういう話にはならないと思います。

エアバス社にとっても久しぶりのA380受注と言うことになります。
でも2019年と言うとまだ3年先なんですよね。