懐かしシリーズ”B747の4重連”

SL046_0008ターミナルから出発したB747がRWY16へ向かうところを京浜島から撮影した写真です。

こぶの短いのが2機、長いのが2機、あわせて4機のB747が4重連になってがタキシングしています。もう世界中探してもこういう光景を見らえる場所は無いかも知れませんね。

当時は羽田や成田では当たり前の光景でした。ジャンボが主演で助演がDC10やL1011。わき役がB737でしたからね。
それが今は、B737ばかり目立つようになりました。

ホント時代は変わるものです。
なんせ当時はフィルム撮影ですから、撮れば現像代にプリント代が必要でしたから無駄なコマ使いは出来ませんでした。こういう何気ない写真はなかなか撮れませんでしたから・・・

帰ってきたイベリア航空

1998年に成田線から撤退したイベリア航空(IB)が今年の10月19日から、週3便で成田/マドリード線を再開します。

使用機材はA330-200型機で、CYの2クラスで成田発着は月曜日、水曜日、土曜日を予定しています。
昔はB747で週3便成田へやってきましたが、結構遅延が多かったと記憶しています。元ともオンスケでも欧州線としては遅い時間帯にスケジュールされていた事もあってなんか撮影に行くとお昼過ぎに出発していたような・・・

IB/イベリア航空 EC-DLD B747-200 EC-DLD

IB/イベリア航空 EC-DLD B747-200 EC-DLD


もともとIBはアジア路線では日本だけの就航で、湾岸戦争以降の航空不況の中、経営立て直しのため、日本路線から撤退したのですが、もう18年もたつとは・・・

週3便で週末に成田を発着するスケジュールが組まれているので撮影しやすそうです。

ちなみに予定されている運航スケジュールは
火・金・日 IB6801 MAD 13:20/NRT 09時35分着+1 ※翌日(火・金・日)
月・水・土 IB6800 NRT 11:20/MAD 18時20分着(月・水・土)
のことです。

イベリア航空はワンワールドに加盟していることからJALとの共同事業(運航)を計画しており、先日国土交通省に対して独占禁止法の適用除外を申請しました。
このところメジャーキャリアの撤退や減便が続く成田空港にあっては明るいニュースですね。