【RJAA/NRT/成田 】2017/2/18撮影レポート②

この時期は大抵晴れるのですが、この日は朝から雲が出てきてどんよりした空になってしまいました。
やっぱり晴れた日でないとバックが映えないので残念でなりません。

AI/AIC/エア・インディア AI307 B787-8 VT-ANC

AI/AIC/エア・インディア AI307 B787-8 VT-ANC

AIのドリームライナーが花時計前でエアボーンします。

AF/AFR/エールフランス AF275 B777-300ER F-GSQH

AF/AFR/エールフランス AF275 B777-300ER F-GSQH

PARISのステッカーが付いたのは昨年の秋位の様です。

AA/AAL/アメリカン航空 AA176 B777-200ER N782AN

AA/AAL/アメリカン航空 AA176 B777-200ER N782AN

AAで唯一午前中に離陸するDFW行

5J/CEB/セブパシフィック航空 5J5055 A330-300 RP-C3343

5J/CEB/セブパシフィック航空 5J5055 A330-300 RP-C3343

セブパシフィックのA330はでかく感じます。今までA320ばかり見ていたからでしょうかね。

TG/THA/タイ国際航空 TG643 A330-300 HS-TBD

TG/THA/タイ国際航空 TG643 A330-300 HS-TBD

TGのA330はちょっと滑走距離を長くとってからエアボーンしました。

JL/JAL/日本航空 JL12 B787-8 JA838J

JL/JAL/日本航空 JL12 B787-8 JA838J

NARITAの植木を見ながらJALのドリームライナーがエアボーン。

AY/FIN/フィンランド航空 AY74 A330-300 OH-LTN

AY/FIN/フィンランド航空 AY74 A330-300 OH-LTN

C8/ICV/カーゴルクス・イタリア C8573 B747-400F LX-YCV

C8/ICV/カーゴルクス・イタリア C8573 B747-400F LX-YCV

カーゴルクスが香港に向けて離陸しました。やっぱりB747はでかいなぁ~

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH8386 B777-200F D-ALFB

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH8386 B777-200F D-ALFB

中部空港からやってきたルフトハンザ・カーゴのB777F。前日の強風でダイバードしたのでしょうかね。

EY/ETD/エティハド航空 EY878 B787-9 A6-BLC

EY/ETD/エティハド航空 EY878 B787-9 A6-BLC

エティハドの787が到着です。さてそろそろ駐車場に車を入れて2時間近く経ちますのでそろそろ駐車料金は1000円オーバーになります。天気が良ければこの後は34エンドに移動しますがこんな天気なので、撤収することにしました。



その1へ> <飛行機の館へ

懐かしシリーズ”BERLIN2000”

まもなくブラジルでオリンピックが開催されます。色々と問題が解決しないまま開催するのはラテンらしいと言えばそうなんんですがね。

さて、今日の画像は今から16年より前に撮影したと思われるLHのB747-400です。

LH 747-400BERLIN200

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 B747-400 D-ABVA

多分、ベルリンでのオリンピック開催が決まり、そのPRと言うことでマーキングされたのだと思いますが、撮影時期が確認できません。
その日に撮影したと思われる、NWとJLのDC10、MSのB747-300、AFのB747-200、COのB747-100などがあるので少なくても2000年より前だとは思うのですが・・・

このB747-400ですが、既に解体されてしまっている機体です。
初飛行が 1989/4/21 で解体が 2012/1 とのことですから23年間の活躍と少し短いような気もしますが、今時B747-400を買うオペレーターは居ないでしょうからね。

B747-400が登場した時は最新鋭機材と喜んでいたのですが、今では「クラッシック」扱いですから時代の流れは早いものです。

懐かしシリーズ”エアカナダのB747-400”

AC/エアカナダ B747-400

AC/エアカナダ B747-400

関空で撮影したエアカナダのB747-400です。
エアカナダとカナディアン航空が合併してエアカナダとなり、カナディアン航空で活躍していたB747-400もエアカナダ塗装になってエアカナダが就航していた関空にもやってくるようになりました。

確か関空開港当時は成田はカナディアン航空、関空がエアカナダと別れて就航していた記憶があります。カナダ航空会社2社の覇権争い華やかな頃だったのでしょう。

カナダは国土は広いものの人口は少なく航空需要も限られていたので最後は消耗戦になって、政府の裁定で合併して生き残ることになりました。
カナディアン航空は太平洋線が主だったので洋上飛行の関係でDC10やB747を保有し、大西洋線は主力だったエアカナダはB767などの双発機がメインでした。
なので、エアカナダのB747-400を見たときはちょっと興奮したものです。

そんなことも随分昔な話ですね。

懐かしシリーズ”BRITISH ASIA AIRWAYS B747-400”

BRITISH ASIA AIRWAYS B747-400

BRITISH ASIA AIRWAYS B747-400


香港啓徳空港にアプローチするBRITISH ASIA AIRWAYSのB747-400です。

1990年代後半になると台湾へ乗り入れる欧州キャリアが中国に配慮して、別会社を立ち上げて専用のからカラーリングを施した機材を当てていました。

香港で撮影していると結構な確率で台湾向け機材を目にしたものです。

その後、台湾と中国の関係改善によって、わざわざ別会社にする必要も無くなり殆ど通常塗装機になりましたが、今でもKLMにはKLM ASIA塗装が残っていて時折成田にも飛んできたりします。

尾翼の「英亜」の文字がなんか大英帝国らしい感じがして、香港で見るとなんか本国から植民地にやってきた陛下のように見えてしまいます。

【RJAA/NRT/成田】2015/7/25撮影レポート①

朝一番にカンタスに振られ、リベンジしたいけどカンタスが成田にやってくるのは㉛日まで。これならもっと早くに撮影に来ていれば・・・

気を取り直して16Lから16Rに移動します。朝方は貨物機が多いですから16Rのほうが色々撮れるますからね。

FX/FDX/フェデックス FX31 B777-200F N853FD

FX/FDX/フェデックス FX31 B777-200F N853FD

フェデックスも双発機ばかりになってきましたね。フェデックスと言えばMD11でしたが・・・

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ187 B747-8F JA17KZ

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ187 B747-8F JA17KZ

B747-8も旅客機よりも貨物機の需要が多いようです。確かに旅客機を導入しているキャリアは片手で数えられますからね。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX6 B747-8F B-LJF

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX6 B747-8F B-LJF

続いてやってきたキャセイのカーゴも747-8Fです。

TG/THA/タイ国際航空 TG640 B787-8 HS-TQD

TG/THA/タイ国際航空 TG640 B787-8 HS-TQD

タイ国際もドリームライナーになりましたね。まあ便数も増えたことだし中型機ダへウンサイジングですかね。

OS/AUA/オーストリア航空 OS51 B777-200ER OE-LPC

OS/AUA/オーストリア航空 OS51 B777-200ER OE-LPC

OSは予定より随分早く到着です。この後16Rへおりてくる機材も少ないようなので、JALの787-9が16Lにアサインされたのでちょっと移動することに

JL/JAL/日本航空 JL724 B767-300ER JA606J

JL/JAL/日本航空 JL724 B767-300ER JA606J

JALが降りて来たので787かと思ったら767でした。

JW/VNL/バニラエア JW300 A320 JA04VA

JW/VNL/バニラエア JW300 A320 JA04VA

ANAのリゾートLCCとして頑張っているバニラエアですが、なんか埋没しているように思えるのは気のせいですかね。

JL/JAL/日本航空 JL726 B787-9 JA681J

JL/JAL/日本航空 JL726 B787-9 JA681J

JALのB787-9がやって来ました。JALのドリームライナーも増えてきましたが、国際線メインなのが残念です。

スイスがAPPにコンタクト。いつもとおりに16Rをアサインされたの再び16Rエンドに戻ります。

LX/SWR/スイス国際航空 LX160 A340-300 HB-JMO

LX/SWR/スイス国際航空 LX160 A340-300 HB-JMO

このLX160は新しいロゴマークになったJMOです。
個人的に前の4言語入りの方がスイスらしくて好きでしたけどね。

SB/ACI/エア・カレドニア・インターナショナル SB800 A330-200 F-OJSE

SB/ACI/エア・カレドニア・インターナショナル SB800 A330-200 F-OJSE

南国らしいこのカラーリング好きです。

朝方は比較的過ごしやすかったのですが、気温がぐんぐん上がってきました。エンジンを掛けた車の中で待機して、アプローチを目視できたら外に出て撮影するようになりました。
夏の撮影は厳しいです(笑)

(つづく)


その2へ> <飛行機の館へ

【RJTT/HND/羽田】2015/5/3政府専用機撮影レポート

安倍首相の訪米に運航された政府専用機が今日の午後に帰国するので撮影してきました。
4/26の出発時には日章旗を掲げたシーンが撮影出来ませんでしたので、今日はRWY23に降りるだろうからデッキで旗付きが撮れるだろうと言うことで、13時前にデッキに到着して到着を待ちます。

14:40ようやく119.7にJapanese Air Force001がコンタクト。良かったRWY23です。もしRWY22だったら負け戦だなと思っていたのでホッとしました。

1

LDAアプローチするJAF001

LDAアプローチの季節がやって来ました。次は中防大橋でLDAアプローチする政府専用機を撮影したいものです。

2

RWY23にタッチダウン寸前です

この時期は陽炎が出てメラメラ写真になってしまいます。今日はX2エクステを持ってくるのを忘れ300mmで我慢です。

Dランからタキシングしている最中に日章旗が掲げられました。

3

日章旗付きでタキシングする政府専用機

やっぱり日章旗があると気合が入ります。

4

ターミナル前を通過していきます

出発機がTaxi-way手前でホールドしてしまい、撮影適地が狭くなってしまったのが残念

5

日章旗がなびく姿を後追いで

バックに港に戻る品川あたりの釣り船が写ってますね。今日は釣れたのかな?

政府専用機はV1スポット向かうので見えなくなります。この後アプローチに予備機のJAF002いコンタクしてきました。珍しく千歳直帰では無かったようです。
ココで待っても旗なしのタキシングシーンはつまらないのでP3屋上へ移動します。

主が去った後の政府専用機

主が去った後の政府専用機

P3屋上に到着すると首相の車列が出発するところでした。

予備機も帰着しました

予備機も帰着しました

JAF002がV2スポットへタキシングしてきます。旗なしだとつまらない(笑)

本務機と予備機のツーショット

本務機と予備機のツーショット

車列が空港を出ると警備体制もトケ、警官も居なくなりました。
お召フライトの時は展望デッキが閉鎖されたりと物々しかったですが、首相だとなんかあっさりしている警備体制です。

千歳への帰投はパスして来る時に気になった機体が居たN地区へ
LXレジのA330、A320、A319の3機が居て、そのうちA319が出発準備中なので少し待っているとランプバスが到着しました。

搭乗するVIP客?

搭乗するVIP客?

なんと乗り込んだの2人です。香港までのクリアランスを要求していたそうなので、リッチな中国人でしょうか?

出発するVIP機

出発するVIP機

LXレジストリなのでルクセンブルク籍ですね。

うーん、一度はこういうVIP機に乗ってみたいものです。

懐かしシリーズ”カナディアンB747-400”

カナディアン航空 B747-400

CP/CDN/カナディアン航空 B747-400 C-FBCA

香港啓徳空港へIGSアプローチするカナディアン航空のB747-400です。
カナディアン航空はエアーカナダに吸収合併され消えてしまいました。

当時は大西洋線はエアーカナダ、太平洋線はカナディアン航空と住み分けをしていました。当時はETOPSが180分になってもなお、太平洋路線では4発機や3発機が主流で、カナディアンと言うとB747-400と言うイメージが付いてました。

湾岸戦争以降、カナディアン航空の経営不振から合併となった訳ですが、成田でエアーカナダの機体を見たときは凄く新鮮に思えたものです。

さてさて、話題が変わりますが、今日発生した台湾のトランスアジア航空のATR72の事故は凄いですね。

ドライブレコダーに録画された映像を見ましたが、ああやって落ちてくるとは誰も想像しないでしょう。
トランスアジア航空は事故をこう続けて起こしていると言うのは何か問題があるとしか考えられないです。