Swiss関西へ就航、成田はB777-300ERに

LXのB777-300ERビジネスクラス

LXのB777-300ERが成田線に投入されビジネスクラスの一新されます。

スイスインターナショナルエアラインズ(LX)は、2020年2月1日より、チューリッヒ/成田線にB777-300ERを投入と、2020年3月1日よりチューリッヒ/関西線週5便で開設することを発表しました。

成田線へのB777-300ER投入は、B777-300ERの追加購入によりようやく実現することになります。
日本発おける夏季シーズンのハイキング需要の高まりや、訪日客特に来年はオリンピック観戦需要などの高まりを受けて、A340-300より117席多いB777-300ERへのシップチェンジすることで座席提供量が増えると共に、エンジンも高主力となるので所要時間が短縮されます。
スケジュールは
LX160 ZRH13:00 NRT8:30+1 Daily B777-300ER (3/29からNRT7:40着)
LX161 NRT11:25 ZRH15:40 Daily B777-300ER (3/30からKIX10:25発、ZRH15:35着)

また、チューリッヒ/関西線の開設は、スイス航空が2001年10月にオン・グランドになった際、運航再開直後にチューリッヒから日本行の初便かつ関西発着の最終便となった1便が運航されたのを最後に途絶えていましたが、ようやく復活することになります。

使用機材は、成田のお古と言ったら語弊がありますが、A340-300での運航となりANAとのコードシェアも実施されます。
スケジュールは
LX162 ZRH13:00 KIX8:45+1 日月水金土 A340-300 (3/29からKIX7:50着)
LX163 KIX10:45 ZRH15:45 日月火木土 A340-300 (3/30からKIX10:05発)

SWISS ZRH/ATH線にB777-300ER投入

Swiss B777-300ER

アテネ線に投入されるB777-300ER

Swiss(スイス国際航空)は夏のバカンスシーズンに合わせて、チューリッヒ/アテネ線にB777-300ERを投入します

運航期間は7月13日から8月18日までの約一ヶ月間LX1830/1831便が通常A321で運航しているところB777-300ERでの運航となり、CYのクラス制で運航されます。B777-300ERは3クラスなのでファーストもビジネスクラスとして運用される様なので乗り得なフライトですね。

アテネ線は人気路線でバカンスシーズンは満員になることが多く、以前にこの区間をスタンバイチケットで搭乗しようとチューリッヒ空港の搭乗ゲートで待機してたら、最後の最後まで空席が出ずの機長の采配でジャンプシートでアテネまで搭乗したことがあります。
B777-300ERの投入で提供座席数が多くなるので混雑緩和になるでしょう。

B777-300ER投入スケジュール(7/13-8/18)
LX1830 ZRH/ATH 0850 1230 77W 毎日
LX1831 ATH/ZRH 1400 1545 77W 月金土
LX1831 ATH/ZRH 1400 1550 77W 日
LX1831 ATH/ZRH 1410 1555 77W 火水木

SWISSプレミアムエコノミークラスを設置へ

B777エコノミークラス

B777-300ERのエコノミークラス

SWISS(LX)は2021年から長距離線機材であるB777-300ERにプレミアムエコノミークラスを24席を設置する計画があることが判りました。

24席なので2-4-2の配列が3列相当ということでしょうか。

既にグループのルフトハンザがプレミアムエコノミーを導入して利用状況も良く、エコノミークラスの上得意客を掴もうと言う戦略なのでしょう。

搭載するプレミアムエコノミークラスは、座席を新開発し足もとをエコノミークラスより広いスペースとして、余裕を持って足を動かすことができる間隔を確保するそうです。
シートピッチは1990年代のビジネスクラス並になるのかな?

まだ文字だけの情報なのでこの後、キャビンデザインが出てくるかとは思いますが、どういうファクトになるのか楽しみですね。
ただB777-300ERに搭載なのでA340型の成田線にリプレイス投入になるかは今の段階では不明です。

B777-300ERでは貫禄が無いなぁ

今日、GWで海外へ遊びに出かけた首相が4月から運用帰ってくると言うので、夕方に羽田へ行ってきました。
カナダを出発した時間から推測すると羽田到着は18時半前後です。天気が良ければ残光で行けるかなと思ったのですが、あいにくの天気。

流し撮りで対応しようと17時過ぎに北側の展望デッキに到着してZとE6を狙える場所で待つこと1時間、18時過ぎにアプローチにコンタクトしてRWY23がアサインされました。

かなり暗くなった18:16にRWY23に奴はやって来ました。

JF/JASDF/航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

JF/JASDF/航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

流石に400mm(35mm換算で640mm)では遠く、証拠写真程度になりました。
この後、レンズを70-200に変えてタキシングを狙います。

V1スポットに向かう政府専用機が見えてきたところで82番スポットに入っていたB737-800がプッシュバックを開始しZの手前で止まってしまい、Zでクリアで撮影出来るスペースが少なっくなってしまいました。

JF/JASDF/航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

JF/JASDF/航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

なんとか障害物をクリアして撮影できましたが、あれいつもタキシング中に有るものが無い!

さらにV1に向かって進む政府専用機を追いかけてE6で撮影しますが、今度はランプバスがやって来て真横をすれ違っていきます。まったくなんでこう邪魔するかな

JF/JASDF/航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

JF/JASDF/航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

ランプバスが過ぎ去った後に撮影したカットではジェットフォイルが友情出演してくれました。

この後はP3屋上に上がってバルブしました。

JF/JASDF/航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

JF/JASDF/航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

B777-300ERになってからはハンドリングがANAになったんですよね。

それにしても新しい政府専用機は貫禄が無いですね。
ジャンボならタキシング中に国旗を掲揚してターミナルの前を通過したのに、B777-300ERでは国旗掲揚が無いとなると、シグナスなのかJAFなのか見分けがつかないなぁ。

やっぱり政府専用機はジャンボの方が良かった気がします。

2機のB777-300ERを追加発注へ

2機追加されるスイス国際航空のB777-300ER

LX/SWR/スイス国際航空 B777-300ER HB-JND

スイス国際航空(LX)は先月、2機のB777-300ERを追加発注しました。
長距離線機材として既に10機のB777-300ERが活躍しているが新たに2機のB777-300ERが2020年に導入されることになります。

現在は10機のB777-300ERと6機のA340-300が長距離線機材として使用していており、2機のB777-300ERが投入されることで需要の好調な長距離線の増強を行う計画です。

元々、LXではB777-300ERは次世代フリートの導入までの繋ぎと言われてましたが、どうも当面はフラグシップとして活躍する様な感じです。

成田線で使用している6機のA340-300も就航から15年を経過しており、B777-300ERの投入が期待されていますが、機材繰りの関係で投入が遅れていますが、2機のB777-300ERが追加により成田線に投入される可能性もあります。
2020年は東京オリンピックもありますから期待して吉報を待ちましょう。

LX40 —a New Engine in Iqaluit

LX/SWR/スイス国際航空 B777-300ER HB-JND

トラブルが発生したB777-300ER HB-JND

2/1、チューリッヒからロサンゼルスへ向かっているLX40便B777-300ER HB-JNDがカナダ上空で第一エンジンに問題が発生してイカルイト空港に緊急着陸しました。

エンジントラブルで再運航で出来ないことから、救済機としてNYCからA330が現地にフェリーされ乗客と貨物を載せ替えてNYへ向かい、その後、代替えエンジンを運び、現地で交換作業を行いチューリッヒへ戻る出来事がありました。

その出来事がFrightRader24のBlogで詳細に紹介されています。
https://blog.flightradar24.com/blog/lx40-a-new-engine-in-iqaluit/

それにしてもカナダのイカルイトという場所は、2月の平均気温が-27℃と極寒な地なんです。そこで良くエンジン交換出来たなぁと関心してしまいます。
メカニックはさぞ大変だったことでしょう。

それとLX40の乗客も暖かいカルフォルニアに向かっているのに極寒の地に降りたらのですから、困ったでしょうね。
さらにNYCに向かったのですから・・・

Swiss New B777-300ERの習熟フライト

© Swiss International Air Lines

© Swiss International Air Lines

Swissの新たしいフラッグシップ機B777-300ERですが、就航予定都市はバンコク、香港、ロサンゼルス、モントリオール、サンフランシスコ、サンパウロ、テルアビブとなっていますが、3/27からのサマースケジュールでは、このフライトは乗務員の習熟フライトを兼ねてチューリッヒ・ジュネーブ線にも投入が予定されています。

既に予約システムに使用機材として登録されて予約も可能になっています。
 LX2802 ZRH07:55-GVA08:40
 LX2807 GVA10:00-ZRH10:55

ブロックタイムも1時間に満たない短距離フライトですが、新鋭機の乗るチャンスとしては長距離線よりハードルが低いので欧州スポッターには乗り得なフライトでしょう。
特にビジネスクラスは比較的安く乗れますからね。

さらに6月にはフランクフルトにも日によって就航予定になっています。
 LX1072 ZRH12:10-FRA13:15
 LX1073 FRA14:15-ZRH15:10

Swissair時代には間合い運用でジュネーブやロンドン、フランクフルトにMD11やA330を飛ばしていた時期がありました。
暫くは宣伝も兼ねて欧州域内で間合い運用を続けて欲しいものです。

SwissのB777、日本就航は見送り?

Swissが発注している長距離線の新機材B777-300ERですが、最近OAGに反映された情報によると2016年のサマースケジュールから投入される路線は
 チューリッヒ~モントリオール(2016/3~8)
 チューリッヒ~香港(2016/4~)
 チューリッヒ~ロサンゼルス(2016/6~)
 チューリッヒ~バンコク(2016/7~)
 チューリッヒ~サンパウロ(2016/8~)
 チューリッヒ~テルアビブ(2016/8~)
 チューリッヒ~サンフランシスコ(2016/9~)
残念ながら、成田の文字が有りませんでした。
まあ、そんあ予感はしていましたが・・・

暫くは成田はA340の様です

暫くは成田はA340の様です

SwissはB777-300ERを3機追加発注してますから、2016年9月からのウインタースケジュールでの成田就航を期待したいところです。

それにしてもまたもやテルアビブが就航地に入っています。A340-300が就航した時もテルアビブに飛ばした時期がありました。

Swiss以外にも新型機材をテルアビブ線に就航させるキャリアも少なく有りません。欧州路線に毛の生えた位の距離に長距離線機材運用するのはちょっと違和感があります。

少なくとも習熟運航目的(少しはあるでしょうが)以外の理由があるそうです。

残念ながらその理由を公にすると非常にまずいので書きませんが、この話を聞いてからちょっと見方が変わりましたね・・・

SWISS B777-300ERプロモーションビデオ

来年Swiss(LX)にデリバリーが始まる、長距離線用の新機材B777-300ERの機内インテリアについてのプロモーションビデオが公開されました。

まだCGレベルなので、実物と異なりますが、イメージはつかめるのでは無いでしょうか?

Swissのホームページによれば、日本語版では就航予定地に「東京」が入っていますが、ドイツ語や英語版ではTokyoの文字は無く、なんか東京が仲間はずれになるのではと思ってしまいます。

東京に就航しなくても乗りに行きますけどね。

Swiss 3機のB777-300ERを追加発注

 (C) 2013 Boeing. All Rights Reserved

(C) 2013 Boeing. All Rights Reserved

Swiss(LX/SWR)は、現在6機を確定発注しているB777-300ERを今回、3機追加発注しました。

現在、長距離線用で使用しているA340-300のリプレイス用として9機が導入されることとなります。

B777-300ERは2016年からボーイング社からデリバリーされ、Swissのホームページによれば長距離線のサンフランシスコ、ロス、サンパウロ、バンコク、香港、上海、北京、ヨハネスブルグ、シンガポールに投入予定となっています。

当初、成田もB777-300ER投入路線の一つとされていましたが、6機と言う機材数から就航地として外れてしまったようですが、今回3機追加発注されたことで成田への就航が可能となる機数になるので、是非とも成田へ飛来してもらいたいところです。