CNLはOBB Nightjetへ

CNL 寝台車12月で廃止が決まっていたDBの夜行列車CNLですが、オーストリア国鉄(OBB)が一部列車を引き継ぎ継続して運転することになりました。
元々、OBBは旧東欧地域との夜行列車を多く運転していたこともあり、夜行列車再編に合わせてCNL路線をDBから引き継いで、参入することになりました。

OBB Nightjetとして運行するのは
EN246/247 Wien(22:55/6:54)–Bregenz(8:23/21:46)
EN464/465 Graz(22:24/7:00)–Feldkirch(7:21/22:45)
EN466/467 Wien(21:28/7:55)-Zürich(8:20/21:40)
EN464/465 Graz(22:24/7:00)–Zürich(9:20/20:40)
EN471/470 Hamburg(20:36)–Berlin(23:02/6:06)–Zürich(9:05/20:00)
EN490/491 Wien(20:39/8:19)–Hamburg(8:54/20:14)
EN40490/40421 Wien(20:39/8:19)–Düsseldorf(8:41/20:54)
EN420/421 Innsbruck(20:44/9:14)– Düsseldorf(8:41/20:54)
EN40420/40491 Innsbruck(20:44/9:14)–Hamburg(8:54/20:14)
EN40233/40294 Wien(19:23/8:47)-Roma(9:22/19:04)
EN233/235 Wien(19:23/8:47)-Milano(9:10/20:40)
EN237/236 Wien(21:28/7:55)–Venezia Santa Lucia(8:24/20:57)
EN1237/1234 Wien(20:23/8:32)–Livorno(8:50/19:20)
EN295/294 München(20:10/8:19)–Roma(9:22/19:04)
EN40295/40235 München(20:10/8:19)–Milano(9:10/20:40)
EN40463/40236 München(23:36/6:10)-Venezia Santa Lucia(8:24/20:57)
となり、ドイツ~スイス・イタリアのCNLをOBBが引き継ぐ形になり列車名もCNLからEN (Euro Night)になります。
9月にベルリンからチューリッヒまで乗車したCNL471”シリウス”はハンブルグ始発のEN471に変更になります。

OBB NightJetはリクライニング座席車・クシェット・寝台車が連結されシャワーもあることになっています。
CNLからシャワー付きデラックス寝台車も転籍するそうなので、快適な移動ができそうですが、食堂車は残念ながら連結されていません。

また乗り入れ先国の鉄道会社が運行するENとして
EN 414/40465 Villach(22:43/6:25)–Feldkirch(7:21/22:45) Op by HZ(クロアチア国鉄)
EN414/40465 Zagreb(18:37/10:44)–Zürich(9:20/20:40) Op by HZ(クロアチア国鉄)
EN40406 Wien(22:50/6:55)–Berlin(9:07/19:01) Op by MAV(ハンガリー国鉄)
EN462/463 Budapest(20:40/9:24)-München(6:10/23:26) Op by MAV(ハンガリー国鉄)
EN50463/498 München(23:36/6:10)-Zagreb(8:53/21:20) Op by HZ(クロアチア国鉄)
EN60463/480 München(23:36/6:10)–Rijeka(9:20/20:50) Op by HZ(クロアチア国鉄)
EN406/407 Wien(22:50/7:12)-Warszawa(7:00/21:25) Op by PKP(ポーランド国鉄)
EN50406/402 Wien(22:50/7:12)-Krakow(7:05/22:00) Op by PKP(ポーランド国鉄)
EN60406/60444 Wien(22:50/7:12)-Košice(7:41/20:27) Op by ZSSK(スロバキア車両)
が夜行国際列車として運行されます。

こう見ると数多くの夜行列車が走っているのですが、ほとんどの列車が日本でも昔は多く見られた多層建て列車で途中駅で分割併合を行って目的地に向かう列車です。

欧州の夜行列車は年々数を減らして西欧側ではかなり姿を消した中、CNLの廃止でまた夜行列車が減ると思っていたなか、CNLの一部ではありますが、OBB Nightjetとして残ることが出来て良かったです。

次回、訪欧したらまた夜行列車に乗りたいものです。

DBから乗車券&寝台券到着

9月の訪欧では、今年で廃止される夜行列車City Night Line(CNL)に乗車するのも目的の一つです。【CXのB747といいLXのCS100とか、今回の旅行は乗り物目的ですから(笑)】

乗車するのはBerlin HBからZurich HBまでのCNL471”Sirius”です。
どうせ乗るならシャワー付きのデラックス寝台にしようと、DBのホームページから運賃を調べてみたのですが、今回の行程的で計算するとパスを買うより区間運賃で買った方が安い計算になりました。

特に事前購入割引を使うと1万以上安くなるので、パス利用はやめて区間運賃を手配することにして、まずは3室しかないデラックス寝台を押さえておこうとDBのホームページから予約・支払いをしました。
CNL乗車券
ちなみにBerlin HBからZurich HB経由でErstfeldまで259EURでした。(事前購入一等乗車券が159EUR、寝台料金が100EUR)面白いことにBerlin HBからZurichもErstfeldも同じ金額でした。

支払い後、乗車券は自分でPDF印刷するなら料金は掛かりませんが、折角なので3.5EUR払って郵送サービスを利用してみました。
予約したのが7/25の夜でDBから乗車券が届いたのが8/1ですから丁度一週間で意外と早かった感じです。

それにしても日本に続き、欧州でも夜行列車は次々に消えていく状況を見ているとやはり世界的に見ても夜行列車は衰退の一歩を進むばかりです。
今回乗車する寝台車も、CNLが発注した2階建ての寝台車では無く平屋の寝台車なのが残念です。昔、2階建てのデラックス寝台車に乗車しましたが、広い部屋に感動したのですが、既にCNL所属の2階建て寝台車は去年、廃車になってしまったとのことでもう少し早く乗っておけばよかったなぁ。