【VTSP/HKT/プーケット】2019/3/23撮影レポート2

さてプーケットで撮影できる時間も少なくなってきました。

結局今日もRWY27使用でビーチからのアプローチは撮れずじまいになりあそうです。

ZF/KTK/アズール・エア ZF7734 B767-300ER VQ-BSY

ZF/KTK/アズール・エア ZF7734 B767-300ER VQ-BSY

今日もロシアに向けてアズールのB767が離陸します。ロシアならロシア製の飛行機でやってこい!と言いたくなります(笑)

EK/UAE/エミレーツ航空 EK397 B777-300ER A6-ENW

EK/UAE/エミレーツ航空 EK397 B777-300ER A6-ENW

ドバイ行のトリプルが上がります。77Wだと胴体も長いですねー

FD/AIQ/タイ・エアアジア FD376 A320 HS-ABR

FD/AIQ/タイ・エアアジア FD376 A320 HS-ABR

同じ構図ではつまらないのでたまには風景っぽくこんな風に狙ってみます。まあ補正してよく見えますけどこの日も湿度が高い風が海から流れ込んで霞んでいるのが残念です。

QR/QTR/カタール航空 QR843 B777-300ER A7-BAC

QR/QTR/カタール航空 QR843 B777-300ER A7-BAC

このところきな臭い感じがするカタール情勢ですが、ドーハ行のカタールが上がります。

MI/SLK/シルク・エア MI751 B737-800 9V-MGP

MI/SLK/シルク・エア MI751 B737-800 9V-MGP

今日はシルク・エアが2便あります。リゾート地らしくプーケットは週末になると便数が増える傾向にあります。

TG/THA/タイ国際航空  B777-200ER HS-TJM

TG/THA/タイ国際航空 B777-200ER HS-TJM

ジャンボは風景画にしようかなとTGのトリプルで試してみます。まあ悪くは無いけど上がりの角度がどうなるか?

RL/ABG/ロイヤル・フライト  RL7560 B757-200 VP-BOO

RL/ABG/ロイヤル・フライト RL7560 B757-200 VP-BOO

これもロシアのチャーターエアラインです。ロイヤルフライトってなんか仰々しい名前ですけど、ロシアならエンペラーの方が良いんじゃない?

さて、タイのジャンボが出発です。そえにしても3日間ともHS-TGAが張り付くとはどういう了見なんでしょうね。今日くらいは違う機体で来て欲しかったなぁ。

TG/THA/タイ国際航空 TG204 B747-400 HS-TGA

TG/THA/タイ国際航空 TG204 B747-400 HS-TGA

うわー上がりが早いよ。
もう少しゆっくり上がって欲しかったけど、バンコク行じゃ仕方ないか

TG/THA/タイ国際航空 TG204 B747-400 HS-TGA

TG/THA/タイ国際航空 TG204 B747-400 HS-TGA

最後にこれも強引に海を入れて去りゆくジャンボを。

さてそろそろホテルをチェックアウトして空港に向かう時間です。
次回来るときはRWY09でありますように祈るしか無いかな


その1へ> <飛行機の館へ> <24日へ>

【VTSP/HKT/プーケット】2019/3/23撮影レポート1

プーケット撮影も今日が最終日。最終日くらいRWY09を使って欲しいなと期待していましたが、朝起きてFR24を見るまでもなく離陸していく飛行機の音はRWY27でした。
午後のフライトでバンコクへ向かうので撮影できるは11時半です。

ベランで朝食にした後、用意してビーチへ向かいます。

AK/AXM/エアアジア AK819 A320Neo 9M-AGW

AK/AXM/エアアジア AK819 A320Neo 9M-AGW

エアアジアのA320Neoも増えてきてますね。

インドへ向かうゴーエアが離陸します。

G8/GOW/ゴー・エア G832 A320Neo VT-WGN

G8/GOW/ゴー・エア G832 A320Neo VT-WGN

インドもこれから航空需要が急増すると言われてますから日本就航もあるかな?

N4/NWS/ノードウィンド航空 N42482 B777-200ER VQ-BUD

N4/NWS/ノードウィンド航空 N42482 B777-200ER VQ-BUD

今日もロシアへ向かうチャーター便があります。ご多分に漏れずリース機材を使っています。まあチャーターキャリアだからリースが手っ取り早いですからね

FD/AIQ/タイ・エアアジア FD3002 A320 HS-ABQ

FD/AIQ/タイ・エアアジア FD3002 A320 HS-ABQ

なんか見飽きてきたエアアジアカラーですが、この後スワンナプーム空港ではあまり見られなくなります。

BY/TOM/トムソン・フライ BY533 B767-300ER G-OBYK

BY/TOM/トムソン・フライ BY533 B767-300ER G-OBYK

ストックホルム行のトムソンが離陸します。北欧まで距離がありますからB767がゆっくり上昇していきました。

MI/SLK/シルク・エア MI749 B737-800 9V-MGJ

MI/SLK/シルク・エア MI749 B737-800 9V-MGJ

本当ならB737-8MAXだったんですけどね。墜落事故の影響でシップチェンジのシルク・エアです。

N4/NWS/ノードウィンド航空 N42708 B737-800 VP-BSQ

N4/NWS/ノードウィンド航空 N42708 B737-800 VP-BSQ

イルクーツク空港に向けて離陸してくノードウィンドのB737-800です。プーケットからイルクーツクまでとなるとかなりの距離ですが737で飛んでいくとはさすがロシア。それにしても機体後方が随分汚れていますが、排ガスの影響ですかね?

W5/IRM/マーハーン航空  A340-300 EP-MMD

W5/IRM/マーハーン航空 A340-300 EP-MMD

初日はRWY27に着陸して離陸はRWY09で撮影出来ず、昨日はRWY27からの離陸でエンドに居たので撮影出来ずで、ようやく最終日に撮影出来ました。元VSのA340です。

BY/TOM/トムソン・フライ BY87 B787-8 G-TUIH

BY/TOM/トムソン・フライ BY87 B787-8 G-TUIH

ガトウィック空港行のトムソンが上がりました。B787のトムソンが撮れて良かった~


その2へ> <飛行機の館へ

【VTSP/HKT/プーケット】2019/3/22撮影レポート3

その2で紹介したベガスフライが12:55でお腹も減ったのでランチにしようかと思ったのですが、ドラゴンがFR24に上がってきたのでもう少し撮影します。

FD/AIQ/タイ・エアアジア FD1101 A320 HS-BBZ

FD/AIQ/タイ・エアアジア FD1101 A320 HS-BBZ

機体後方の広告はスマホでしょう? さすがLCC、こういう機体広告で稼いでますね

KA/HDA/キャセイ・ドラゴン航空 KA213 A330-300 B-HYQ

KA/HDA/キャセイ・ドラゴン航空 KA213 A330-300 B-HYQ

キャセイドラゴンのA330が出発しました。プーケットにはCXで無くでドラゴンが就航しています。まあリゾート路線だから収益性は低いからでしょうか。

さてそろそろお昼にしようかと思ったらアエロフロートが27に向かって行ったのでこの上がりを撮影することにします。

SU/AFL/アエロフロート・ロシア航空 SU275 B777-300ER VP-BGD

SU/AFL/アエロフロート・ロシア航空 SU275 B777-300ER VP-BGD

ハイ。これにてお昼にしましょう。でも無いとキリが無いですからね。

昨日と同じ「Sirinath Kitchen Club」で今日はちょっと豪勢?いエビのカレーとライスにしました。いやースパシィーでしたが美味しかった。

この後、ホテルに戻って一休みしてからサンセットを眺めようと16時過ぎに再びビーチへ。この時間だと入口の料金所には係員が居なかったです。
ビーチに出ると丁度TGのA330が離陸していきました。

もう少し機体に光線が当たるかなと思ったのですが、正面から当たる感じでサイドは少し陰ってしまうようです。

3K/JSA/ジェットスター・アジア 3K536 A320 9V-JSS

シンガポールベースの「ジェットスターアジア」ですが、どうもエアーアジアや新興のLCCに影に隠れてなんか存在感が薄く感じるのはココがタイだからかな?

8L/LKE/祥鹏航空 (Lucky Air)  8L822 B733-800 B-7167

8L/LKE/祥鹏航空 (Lucky Air) 8L822 B733-800 B-7167

こちらは中国の新興キャリア組です。ラッキーエアってなんかふざけた名前だなと思ったのは自分だけかな?

DD/NOK/ノック・エア DD7515 B733-800 HS-DBT

DD/NOK/ノック・エア DD7515 B733-800 HS-DBT

ノックエアのカラーリングは色々あって楽しいですし、撮影のしがいがあります。

TG/THA/タイ国際航空 TG963 B777-200ER HS-TJW

TG/THA/タイ国際航空 TG963 B777-200ER HS-TJW

バンコクに向けて離陸するTGのB777ですが、太陽の位置がかなり低くなりお腹まで日が当たるようになりました。

QR/QTR/カタール航空 QR963 B787-8 A7-BBC

QR/QTR/カタール航空 QR963 B787-8 A7-BBC

カタールもプーケットに日3便程飛んで来てます。中東からの需要よりヨーロッパやロシアからの乗り継ぎ客狙いなんでしょうかね。

MH/MAS/マレーシア航空 MH795 B787-8 9M-MLQ

MH/MAS/マレーシア航空 MH795 B787-8 9M-MLQ

MHも夕日を浴びながら離陸します。

DK/VKG/トーマス・クック スカンジナビア DK2565 A330-200 OY-VKF

DK/VKG/トーマス・クック スカンジナビア DK2565 A330-200 OY-VKF

あれ、この機体昨日も来てなかった?

さてそろそろ太陽もかなり傾き、サンセットの時間です。
明日でプーケットともお別れになるのが残念です。


その2へ> <飛行機の館へ> <翌日へ

【VTSP/HKT/プーケット】2019/3/22撮影レポート2

通りかかったタクシーを止めてヤンナイビーチまでと言うと300バーツと言います。そりゃ高い200バーツだと言うが300バーツと言い張るのでじゃあ250バーツと言い、じゃあそれでと走りはじめ空港ターミナルを過ぎホテル前の道を行き過ぎます。
あれ、ココじゃないのと言うと、こっちのほうが料金が掛からないからと言ってさらに先に向かいビーチに向かい公園入口もそのまま突破?してヤンナイビーチに到着。
250バーツを払うと300バーツだと言い張り、オイオイ話が違うじゃないとなります。

車の中でFR24をチェックしていたらTGのジャンボがプッシュバックを始めたのを確認していたのでココで口論する時間は勿体無いと言うことで20バーツ札を取り出しこれでどうだとタクシーを降ります。

まあ公園入場料の200バーツを払って無いのでまあいいか・・・

ジャンボの離陸にギリギリ間に合いました。

TG/THA/タイ国際航空 TG204 B747-400 HS-TGA

TG/THA/タイ国際航空 TG204 B747-400 HS-TGA

前日は滑走路に近い場所から狙いましたが今日は少し離れた位置から撮影しました。
この位置の方がサイドが撮れていいかな。

ZF/KTK/アズール・エア ZF7834 B767-300ER VP-BUX

ZF/KTK/アズール・エア ZF7834 B767-300ER VP-BUX

サンクトペテルブルクに近いプルコヴォ空港行のアズール・エア

PG/BKP/バンコクエアウェイズ PG247 A320 HS-PGU

PG/BKP/バンコクエアウェイズ PG247 A320 HS-PGU

PGの桂林が離陸していきます。A320400mm(35mm換算で640mm)

EO/KAR/ペガス フライ EO2468 B767-300ER VP-BMC

EO/KAR/ペガス フライ EO2468 B767-300ER VP-BMC

「ペガスフライ」オリジナルカラーのB6がシベリア中央部のスルグト空港へ向けて離陸します。ホントどれだけロシアからプーケットにやってくるのでしょう。

PG/BKP/バンコクエアウェイズ PG276 A319 HS-PPS

PG/BKP/バンコクエアウェイズ PG276 A319 HS-PPS

PGオリジナルカラーのA319が上がります

UB/UBA/ミャンマー・ナショナル・エアウェイズ UB32 ERJ190 XY-AGQ

UB/UBA/ミャンマー・ナショナル・エアウェイズ UB32 ERJ190 XY-AGQ

ミャンマーもERJ190を飛ばすよになったんですね。ヤンゴンにむけて離陸します。

WE/THD/タイ・スマイル WE272 A320 HS-TXQ

WE/THD/タイ・スマイル WE272 A320 HS-TXQ

この時間はA320やB737の小型機の出発が続きます。

DD/NOK/ノック・エア DD7505 B737-800 HS-DBG

DD/NOK/ノック・エア DD7505 B737-800 HS-DBG

このカラーリングを見て「あ、タンゴリマだ」と思ってしまいました。こういうカラーでしたよね。

VZ/TVJ/タイ・ベトジェットエア VZ305 A320 HS-VKD

VZ/TVJ/タイ・ベトジェットエア VZ305 A320 HS-VKD

本家のベトジェットから移籍したA320です。まだ移籍して日が浅いからか尾翼だけ塗装されているハイブリッド?カラーです。

EO/KAR/ペガス フライ EO2476 B767-300ER VP-BDI

EO/KAR/ペガス フライ EO2476 B767-300ER VP-BDI

これもシベリアのイェメリャノヴォ空港へ向かうベガスフライのIKAR塗装の6です。
気のせいかロシア向けの機体から出る排気ガスが黒く見るのですが・・・黒い排気ガスはロシア名物ですからね(笑)


その1へ> <飛行機の館へ> <その3へ

【VTSP/HKT/プーケット】2019/3/22撮影レポート1

プーケット3日目の朝、起きてFR24で使用滑走路を確認するとRWY27です。
風は真北からなのでランチェンする可能性もあるかなとテラスで昨晩買い込んだ朝食にしながらFR24を見ますが変わりそうも無いので、27側のポイントに行くことにします。

空港ターミナルを過ぎて滑走路脇の道路を東に歩いていきます。途中でタクシーの運ちゃんがどこまで行くんだタクシーに乗れと言うのですが要らないと言って歩きますが、炎天下の中歩くのは辛いので乗ればよかったかなとちょっと後悔しながら、ようやく27エンド近くの有名ポイントの入口に着くとそこには、バリケードが置かれており立ち入りを阻んでいました。

今年あたりからこのポイントの立入りが制限される様になったと聞いてましたが、流石にこれでは立入りは厳しいという事で、27エンド側に向かいましたが、一般道路から空港の周回道路への入口が封鎖されていて立入りが出来なくなっていました。
あまり条件は良くありませんが一般道路から撮影することにします。
幸いなことに、道路脇に木陰があるので日差しを遮ってくれるので助かりました。

TG/THA/タイ国際航空 TG201 B777-300 HS-TKE

TG/THA/タイ国際航空 TG201 B777-300 HS-TKE

直ぐにTGのトリプルがバンコクから到着します。光線状態が良くなくココはどちらかと言うと午後の方が良い場所です。

VZ/TVJ/タイ・ベトジェットエア VZ302 A320 HS-VKE

VZ/TVJ/タイ・ベトジェットエア VZ302 A320 HS-VKE

タイ・ベトジェットの「SKY BOSS」塗装が到着しました。手前まで引きつければ光線状態は良くなるのですが、空港のフェンスが写り込んでしまいます。

PG/BKP/バンコクエアウェイズ PG251 ATR72-600 HS-PZE

PG/BKP/バンコクエアウェイズ PG251 ATR72-600 HS-PZE

マレー半島の反対側、サムイ空港からやって来たATR72。

TR/TGW/スクート TR658 A320 9V-TAO

TR/TGW/スクート TR658 A320 9V-TAO

コックピット窓下にSunny side Upと書かれてますが、目玉焼きとは?カラーリングが目玉焼きに見えるからかな~と少し悩んでしまいました(笑)
どうやらスクートのA320には旅にまつわるような愛称が付けられているようです。

TG/THA/タイ国際航空 TG203 B747-400 HS-TGA

TG/THA/タイ国際航空 TG203 B747-400 HS-TGA

FR24で今日のジャンボが昨日と同じHS-TGAと知った時は落胆しました。どうせなら違う機体が良かったのになぁ~

MH/MAS/マレーシア航空 MH786 B737-800 9M-MXE

MH/MAS/マレーシア航空 MH786 B737-800 9M-MXE

マレーシアの新塗装になったB737-800が到着です。

UO/HKE/香港エクスプレス航空 UO723 A321 B-LEL

UO/HKE/香港エクスプレス航空 UO723 A321 B-LEL

近くCX傘下になる香港シャトルのA321が香港から到着します。この時間に到着すると言うことはかなり早い時間に香港を出発していると言うことになりますね。

EO/KAR/ペガス フライ EO2475 B767-300ER VP-BDI

EO/KAR/ペガス フライ EO2475 B767-300ER VP-BDI

FR24ではペガサス・フライですが、機体はIkarカラーです。合併だか社名変更したようですが、なんせロシアのエアラインなんでようわからんです。

PG/BKP/バンコクエアウェイズ  A319 HS-PGU

PG/BKP/バンコクエアウェイズ A319 HS-PGU

特別塗装のGuilin(桂林)がやって来ました。
この後、空港のセキュリティがやってきて「ココでの撮影は駄目だ。撮影は(ヤンナイ)ビーチに行け」と言われてしまいました。
「オイオイ、ココは一般道だよ!」と言いたい所ですが、海外で面倒を起こすのは得策で無いので従うしかありません。
素直にカメラをバックに片付けるとセキュリティは去っていきました。

流石に歩いて戻る気力は無いので時折通るタクシーを捕まえようと待っていると

SU/AFL/アエロフロート・ロシア航空  B777-300ER VP-BGD

SU/AFL/アエロフロート・ロシア航空 B777-300ER VP-BGD

SUが降りてきたのでバックから取り出して撮影しておきました。

この後やって来たタクシーを捕まえてビーチへ行くことにします。


<その2へ> <飛行機の館へ

【VTSP/HKT/プーケット】2019/3/21撮影レポート3

TGのジャンボが離陸したのが11時半前、ちょっと早いけどお昼にしようかとビーチ沿いに食堂があった筈と移動して見つけた「Sirinath Kitchen Club」でランチを済まして再びビーチへ

BY/TOM/トムソン・フライ BY653 B767-300ER G-OBYH

BY/TOM/トムソン・フライ BY653 B767-300ER G-OBYH

コペンハーゲン行のトムソンフライが離陸していきました。

SU/AFL/アエロフロート・ロシア航空 SU275 B777-300ER VP-BHA

SU/AFL/アエロフロート・ロシア航空 SU275 B777-300ER VP-BHA

アエロフロートはなんと日2便、プーケットへ飛んできます。SUが日2便を飛ばすなんてないですよね。

ZF/KTK/アズール・エア ZF2734 B757-200 VP-BYC

ZF/KTK/アズール・エア ZF2734 B757-200 VP-BYC

SUに続き、アズールの757がハバロフスクに向け離陸していきます。まあ極寒の地に住む人は常夏が憧れなんでしょうけどね。

VZ/TVJ/タイ・ベトジェットエア VZ301 A320 HS-VKA

VZ/TVJ/タイ・ベトジェットエア VZ301 A320 HS-VKA

ベトナムのLCC、ベトジェットのタイ版です。初号機の特別塗装です。

DK/VKG/トーマス・クック スカンジナビア DK2563 A330-200 OY-VKF

DK/VKG/トーマス・クック スカンジナビア DK2563 A330-200 OY-VKF

スカンジナビアもやはり寒い地ですからやはり南国に憧れるのでしょうね。

FD/AIQ/タイ・エアアジア FD3092 A320 HS-ABO

FD/AIQ/タイ・エアアジア FD3092 A320 HS-ABO

エアアジアブランドは基本的に同じ塗装なので遠目だとどこのエアアジアなのか判らないですよね

TG/THA/タイ国際航空 TG685 B777-200ER HS-TJS

TG/THA/タイ国際航空 TG685 B777-200ER HS-TJS

23日にはこの便に乗ってバンコクに戻ります。TG685は北京からプーケット経由のバンコク行です。

FR24を見ているとBizJetが上がるようです。

BIZ//BIZ-JET  B737-700BBJ VP-BBL

BIZ/BIZ-JET B737-700BBJ VP-BBL

実はランチ後、このBBJが上がるまでカメラの設定がなぜかアンダーになっていてフォトショで補正していますので、画質が少し荒れています。

VJ/VJC/ベトジェット VJ808 A320 VN-A689

VJ/VJC/ベトジェット VJ808 A320 VN-A689

タイベトジェットが数多く飛来しますが、こちらは本家?のベトジェットでホーチミンに向けて離陸していきました。

I4/RSY/アイ・フライ I49558 A330-200 EI-GCU

I4/RSY/アイ・フライ I49558 A330-200 EI-GCU

ノータイトル(一応機首にロゴマークがついてますが)のA330-200が上がりました。アイ・フライはロシアのチャーターキャリアです。

今日のもう一機のジャンボがようやくスポットアウトしました。

FV/SDM/ロシア航空 FV5876 B747-400 EI-XLD

FV/SDM/ロシア航空 FV5876 B747-400 EI-XLD

ロシア航空のジャンボ、それもライオン塗装で有名なEI-XLDなんで出来れば正面の写真を撮りたいところですが、残念ながらサイドオンリーなのが残念です。

さて14時半を過ぎ、この後はA320とかの小型機が続くのでホテルに引き上げることにしました。
プールでひと泳ぎして少しうたた寝した後、プーケット随一の繁華街、パトンビーチに出掛けることにして今日の撮影は終了となりました。


<22日のその1へ> <飛行機の館へ> <旅行記に戻る

旅行記をアップしました。

プーケット・バンコク撮影の旅(その1)を4travelにアップしました。
https://4travel.jp/travelogue/11473478
今回は撮影がメインだったのであまり面白くないかも知れませんが、一部の方には参考になるかな?と思い作成しました。


見ていただければ幸いです。

【VTSP/HKT/プーケット】2019/3/21撮影レポート2

バンコクから到着したジャンボの後、離陸機が27に向かっていくのがFR24で確認出来ました。
今回はエアバンドを持って来なかったのでFR24が頼りなのです。幸い空港近くなので通信状況は良好なので助かります。

でも27からの離発着になったのは残念ですが、再びのランチェンを機体して撮影します。

FD/AIQ/タイ・エアアジア FD3161 A320 HS-CBA

FD/AIQ/タイ・エアアジア FD3161 A320 HS-CBA

お、なかなか27離陸もこの構図もいいんじゃない? 

ZF/KTK/アズール・エア ZF8534 B757-200 VQ-BQA

ZF/KTK/アズール・エア ZF8534 B757-200 VQ-BQA

さっき27へ向かう姿が見えたアズールの757も離陸です。さすがにロシアまで距離があるので上がりが遅めでしたね。

VZ/TVJ/タイ・ベトジェットエア VZ303 A320 HS-VKB

VZ/TVJ/タイ・ベトジェットエア VZ303 A320 HS-VKB

ビーチを入れての構図じゃ無いのは残念ですが、ランチェンするまでの辛抱だと離陸機を追い続けます。

SL/TLM/タイ・ライオン・エア SL968 B737-900ER HS-LTQ

SL/TLM/タイ・ライオン・エア SL968 B737-900ER HS-LTQ

タイはLCCやチャーターキャリアのメッカですよね。それだけ需要があると言うことなのでしょうね。

MH/MAS/マレーシア航空 MH787 B737-800 9M-MLF

MH/MAS/マレーシア航空 MH787 B737-800 9M-MLF

身売り案も飛び交うマレーシア航空ですが、頑張って飛んで行きました。

G8/GOW/ゴー・エア G842 A320Neo VT-WGP

G8/GOW/ゴー・エア G842 A320Neo VT-WGP

インドも航空需要の伸びが著しくこれからさらに発展すると言われていますが、安全の方も頼みたいですね。

EO/KAR/ペガス フライ  B767-300ER VP-BMC

EO/KAR/ペガス フライ B767-300ER VP-BMC

FR24では行き先と便名表示がなかったのですが、ハブ空港がモスクワなのでロシアへ向かうのでしょう。
それにしてもロシア人はどんだけプーケットが好きなの?と思うくらいスケジュールチャーター便が多いです。アズールもすでに3便来てますし。

TR/TGW/スクート TR659 A320 9V-TRC

TR/TGW/スクート TR659 A320 9V-TRC

タイガーエアと合併したスクート。ブランドもスクートで統一されて少しは判りやすくなったかな。

さて、次はジャンボがバンコクへ戻ります。
TGは毎日2便、朝と夜にプーケットへジャンボを飛ばしてますが、撮影出来るのは朝の便だけになりますから気合を入れて撮影します。

TG/THA/タイ国際航空 TG204 B747-400 HS-TGA

TG/THA/タイ国際航空 TG204 B747-400 HS-TGA

バンコクまで1時間のフライトだから早く上がりました。まあ当然か。

TG/THA/タイ国際航空 TG204 B747-400 HS-TGA

TG/THA/タイ国際航空 TG204 B747-400 HS-TGA

HS-TGAですからTGのB747-400初号機にあたる栄光の機体です。
TGがジャンボを投入しているのはA380が使用空港に制限があるので使い勝手が悪いからと言われていて、もうす少しは活躍しそうな感じです。


その1へ> <飛行機の館へ> <その3へ> 

【VTSP/HKT/プーケット】2019/3/21撮影レポート1

セントマーチン、スキアトスと続いた世界のマホビーチシリーズのVol3。
タイのプーケット空港は海側のRWY09側はNai Yang Beach(ナイヤンビーチ)に接しており、海側からアプローチした機体がビーチ上空をかすめる様に通過することから、アジアのマホビーチとも呼ばれています。

本家のマホビーチからはジャンボが引退してしまいましたが、プーケットにはまだまだジャンボが就航していることからビーチバックでキャンボが撮影出来る空港として世界中のスポッターが集まってきてます。
あ、旅行記は4travelにアップしてます

自分も行ってみようと3/20の深夜に羽田からTGのB747-400に乗って出かけてきました。プーケットにはその日の晩に入り3/21の朝6時に起きて早速ビーチへ出かけると・・・

BY/TOM/トムソン・フライ BY137 B787-8 G-TUIE

BY/TOM/トムソン・フライ BY137 B787-8 G-TUIE

使用滑走路はまさかの27で逆ランでした。

おかげで予定していたエーデルワイスのA340が撮れないという結果になってしまいしました。

SL/TLM/タイ・ライオン・エア  B737-900ER HS-LTR

SL/TLM/タイ・ライオン・エア B737-900ER HS-LTR

仕方なく、離陸機を後追い撮影しますが、まあこれはこれで悪くは無いかな。

一旦ホテルに戻って朝食の後、再びビーチに行くとなんと09にランチェンして海側からのアプローチとなりました。しかしエーデルワイスの出発が撮れなくなるのが痛いですが仕方ありません。
そうそう朝はビーチ入口に係員が居なかったのですが9時には係員が居て200バーツ徴収されました。

MI/SLK/シルク・エア  A320 9V-SLR

MI/SLK/シルク・エア A320 9V-SLR

スケジュール上ではB737-8MAXでしたがエチオピアの墜落事故によりシップチェンジとなりA320になってしまいました。

PG/BKP/バンコクエアウェイズ  A320 HS-PPK

PG/BKP/バンコクエアウェイズ A320 HS-PPK

海を入れてRWY0に進入するシーンを切り取ってみます。

まあ最初なので構図をどうするのが良いのか色々試しながら撮影してみることにします。

FD/AIQ/タイ・エアアジア  A320 HS-ABH

FD/AIQ/タイ・エアアジア A320 HS-ABH

やっぱりビーチを入れて撮影しないとココに来た意味がないですから広角レンズにしてみました。

こんな感じかな。

ZF/KTK/アズール・エア ZF1631 B767-300ER VP-BUV

ZF/KTK/アズール・エア ZF1631 B767-300ER VP-BUV

それにしてもプーケットはロシアからのチャーター便が多いですね。

機体によってはビーチを通過する際の高度が違うので上手く構図に入るか運次第?だったりします。

VZ/TVJ/タイ・ベトジェットエア VZ302 A320 HS-VKB

VZ/TVJ/タイ・ベトジェットエア VZ302 A320 HS-VKB

タイ・ベトジェットエアの320は少し高い位置を通過していきました。

それとA320クラスだと機体後方が空いてしまいがちになります。というのも機体をコックピットの位置で焦点させながら撮っているので・・・

TR/TGW/スクート TR203 A320 9V-TRC

TR/TGW/スクート TR203 A320 9V-TRC

さらにアズールエアのB767がイルーツクからやってきました。

ZF/KTK/アズール・エア ZF7831 B767-300ER VQ-BUP

ZF/KTK/アズール・エア ZF7831 B767-300ER VQ-BUP

ロシアから来るならIL96とか使えよとツッコミたくなります。

そしてメインターゲットのジャンボがやってきました

TG/THA/タイ国際航空 TG203 B747-400 HS-TGA

TG/THA/タイ国際航空 TG203 B747-400 HS-TGA

凪いだ海を渡ってジャンボがやって来ると言った感じです。

そして定番構図へ

TG/THA/タイ国際航空 TG203 B747-400 HS-TGA

TG/THA/タイ国際航空 TG203 B747-400 HS-TGA

いやーこれを撮るためにやってきたんですよね。

撮影後、感無量な気分でしたがFR24を見ると・・・ランチェン?

(つづく)


その2へ> <飛行機の館へ

プーケット空港のスポッティング情報

先週の水曜日からプーケットとバンコクへ行ってSPOTTINGしてきました。

特にプーケット空港のNai Yang Beach(ナイヤンビーチ)で撮影されたB747が先月のエアライン誌に掲載されいたので、これからプーケット空港に撮影に行かれる人も多いかと思うので、まずは3月下旬の最新情報を記しておきます。

ビーチへアプローチしやすいのは、空港ターミナルの南側道路から入るルートです。国際線ターミナルからビーチ入口まで歩いても20分程です。

ビーチ南側は国立公園なのでビーチ入口で入場料金を支払うことになります。外国人は200バーツの支払いが必要ですが、タクシーで行くと現地人価格になったり支払わないで済んだりすることがあります。(そもそも現地の人は支払ってないように見えるんですよね)
また、係員が居ない時間帯(朝9時位前と夕方16時位以降)は支払う事無く、入場できます。

南側の公園入口から09エンドまでは、直ぐ脇が駐機場の砂浜を歩いて10分程です。
なお、駐機場フェンスに近づくとセキュリティに注意されます。

季節的に冬場は東風の傾向が多くビーチ側の09、これからの時期(4月~10月頃)は、西風になりがちで27の主使用となるようです。
今回3月下旬に4日間滞在しましたが、09使用はこの間たった数時間と言う結果になりました。こればかりは運ですね

風向きは運次第?

風向きは運次第?


着陸機を狙うならレンズは、狙う場所にもよりますが広角から望遠まで色々なシチュエーションで撮る事が出来ます。

27使用の場合、エアボーンした機体を狙うことになりますが、大型機で300mm、小型機で400mm以上ないと厳しいです。

大抵、ギアアップしたスマートな機体が撮れます


光線状態は09着陸機対してはお昼頃まで順光、27離陸機に対しては15時頃まで順光で撮影出来ます。

海岸沿いに木々がありその木陰で休みながら撮影することが出来ますし、ビーチ入口の南側に食堂「Sirinath Kitchen Club」があり、100バーツでランチプレートが食べられますし、ドリンクの補給も出来ます。


一方の27側ですが、最近この付近での撮影が厳しくなっており、09と27の離発着が撮影できる有名な「丘」ポイントでは、スポッターが作った道路から登る獣道にバリケードが置かれ進入を阻害するようになっていました。

また、27エンドに向かう滑走路脇の道路も一般道分岐点にバリケードが設置され、進入禁止の標識が出ていました。

タイ語と英語そしてロシア語で制限区域の表示がありました。

仕方なく一般道脇で撮影していたら、空港セキュリティが来て「ここでの撮影はダメ(禁止)だ、撮影するならヤンナイビーチに行け」と言われ、空港側の規制が厳しくなっています。

この規制が一時的なのか恒久的なのかは判りませんが、今後の撮影には注意が必要です。
ちなみに光線状態は27着陸機は昼頃から、09離陸機なら昼までが順光になります。

27側での撮影はあまり考えないほうが良いかも

ちなみに27エンドまで空港ターミナルから歩いて30分ほど掛かります。


宿泊ですが、撮影目的なら空港周辺に比較的安いホテルが多いです。

今回宿泊したのは「パレニアル リゾート」でヤンナイビーチ南側入口に最も近く、ホテルもコロニアル風でお洒落です。1泊6000円位からで中庭にプールもあるのでちょっとしたリゾート気分になれ空港への送迎もしてくれます。

また、今回は宿泊しませんでしたが同じ通りにある「ザ シックスティーンス ナイヤン ビーチ ホテル」は最上階のプールから駐機場やRWY27からの離陸が撮影出来るようなので、こちらも良いかも知れません。

プーケット随一の繁華街、パトンビーチへはバスで国内線ターミナルから出ているバスで1時間弱、170バーツ掛かります。(ラビットカードだと150バーツ)
パトンビーチからの戻りのバスは22:05発なのであまり夜遊びが過ぎるとタクシーで戻る羽目になります。タクシーだと交渉次第ですが800バーツ以上となりますから乗り遅れないようにしましょう(笑)

以上、これから撮影いかれる方の参考になれば幸いです。