懐かしシリーズ”大韓航空のB747-400”

KEのB747-400ってそんなに懐かしいと言う程では無いと思われるかも知れませんが、この時代は反日でも日韓関係は悪くなかったのになぁと

KE/KAL/大韓航空 B747-400 HL7484

KE/KAL/大韓航空 B747-400 HL7484

この時代の大統領は 金泳三大統領でしょうかね。
グッってみましたが、この時の訪日目的が首脳会談なのか目的が判りませんでしたが、訪日の情報があって撮影に行ったものだと思います。

当時のRWY33に着陸したB747-400はRWYエンドまで行き、国旗を掲出した後V1スポットにタキシングして来ました。さすがVIP機だけあって綺麗に整備した機体だなぁと思ったものです。

【RJTT/HND/羽田 】2017/1/1撮影初日の出レポート①

元旦の朝、昨年同様に羽田空港で初日の出とDランからの離陸機のコラボ撮影をしようと6時20分にP1駐車場の屋上に到着しました。
この時間で既にP2~P4は満車表示でした。うーん来年はP1での初の日の出見物は難しいかな・・・

日の出前の羽田空港

日の出前の羽田空港


日の出まで30分、既に東の空は薄っすら明るくなってきました。
早朝出発便がJ-1誘導路を通っていくのでISO800で流し撮り
KE/KAL/大韓航空 KE720 B737-900ER HL8223

KE/KAL/大韓航空 KE720 B737-900ER HL8223


B737-900ERでソウルへ向かうKEの一番機です。
今年は去年より暖かいと思いますが、風があるので徐々に寒く感じます。
JL/JAL/日本航空 トーイング B777-300 JA752J

JL/JAL/日本航空 トーイング B777-300 JA752J

徐々にに東の方向が明るくなってきます。今日の日の出は6:51で方角は118.1°になります。あ、TWRの周波数と同じですね(笑)
D滑走路から離陸

徐々に明るくなったD滑走路から離陸していきます。


今日はX2エクステを持参しましたが、まだこの明るさでは露出が厳しいので70-200F2.8Lで頑張ります。
新型の100-400が欲しいなぁ
NH/ANA/全日空 トーイング B787-9 JA879A

NH/ANA/全日空 トーイング B787-9 JA879A

国際線ターミナルへタキシングするドリームライナーです。
日の出まで後15分、徐々に明るくなってきます。

JL/JAL/日本航空 JL501 B737-800 JA306J

JL/JAL/日本航空 JL501 B737-800 JA306J

札幌への始発便、JL501がRWY34Rへタキシングしていきます。

TGがTWRから34Lへのクリアランスを貰いアプローチしてきました。周りも随分明るくなってISO400でも流せそうな感じになるました。

TG/THA/タイ国際航空 TG682 B747-400 HS-TGP

TG/THA/タイ国際航空 TG682 B747-400 HS-TGP

羽田では貴重なB747フライトです。
P1からだとちょっと遠いのでトリミングしてます。

さて、日の出の時間ですが、東側の水平線には雲がありなかなか日の出が拝めずようやく日が出たのは6:58でした。
しかし、どういう訳かD滑走路から離陸機が上がりません。何機か05に向かっているのは確認していので
トラフィックが無いわけではありません。

仕方なくJ-1を通る機体を日の出と絡めて撮影します。

BC/SKY/スカイマーク BC703 B737-300 JA73NT

BC/SKY/スカイマーク BC703 B737-300 JA73NT

あとで分かったのですが、05に向かった香港エクスプレスのA320がトラブルがありその対応で離陸が中断したようです。
日の出直後の太陽はぐんぐんと上昇していきます。
JL/JAL/日本航空 JL565 B737-800 JA344J

JL/JAL/日本航空 JL565 B737-800 JA344J

女満別行のJALがタキシングしていきます。

ようやく05からの離陸機が出ました。

D滑走路から離陸するJALのB737-800

D滑走路から離陸するJALのB737-800


が、かなり太陽も上がってしまい、離陸機と初日の出のコラボならず。
うーん残念です。

さて、この後は第2ラウンドがあります。
ターミナルへ向かうことにします。


<その2へ> <飛行機の館へ

JALと大韓航空特典の相互利用可能へ

KE/KAL/大韓航空 A330-200 HL8227

JMBのマイルでKEに搭乗可能に

12月から、JAL(JL)と大韓航空(KE)が日本/韓国線でコードシェアをしていますが、それぞれのマイレージサービスで相手方の特典航空券が利用できるようになります。

お互い加盟するアライアンスが異なりますが日韓線では2004年からコードシェアを実施しいますが、それ以前より両者はナショナルフラッグ同士と言うことで協力関係にありました。

相互で特典利用が可能になりますが、JL側からはKEが、仁川と金浦を発着するほとんどのKE日韓線が利用可能になります。逆にKE側からは、JLの成田/仁川、釜山線と羽田/金浦線が対象で路線数の偏りがあるのは就航路線数の差と言うことなのでしょうね。

最近、日韓線はLCCの参入で利用者は伸びているようです。
韓国の観光業界は日本からの冷え切った観光需要をなんとか回復したいと思っているようですから、少しは助けになるでしょうか?

懐かしシリーズ”KEのB747SP”

1990年代までは成田にはB747-SPも結構、飛来していました。
その代表的なのはパンナムから移籍したUAのB747SPでしたね。
そして今日紹介するKEのB747SPは一時期、SEL/NRT/LAXのKE1と2便に投入していて成田に居ると2機のSPが撮影出来ました。

KE/KAL/大韓航空 B747SP HL7456

KE/KAL/大韓航空 B747SP HL7456


確かB747-400が投入される少し前くらいだったと思います。
KE/KAL/大韓航空 B747SP HL7457

KE/KAL/大韓航空 B747SP HL7457

この頃はKE以外にもSPが来ていましたね。
この時期に乗っておけば良かったとちょっと後悔。

【RJTT/HND/羽田】2016/5/27レポート

サミット関連の特別機が羽田に居るかもと思って金曜日の午後、半休で羽田空港に行こうとしていたらKE機の事故のニュース。
第二ターミナルに行くと事故機が鎮座していました。

事故機の様子を眺めていると、ソウルから代替機が羽田に向かっていて18時過ぎに到着予定との情報が入り、FR24で調べるとB747-400の様です。
こいつを撮って撤収するかと第一ターミナルに移動して流し撮りの練習をながら待つことにします。

AF/AFR/エールフランス  B777-300ER F-GSQU

AF/AFR/エールフランス B777-300ER F-GSQU

パリからのエールフランスが到着。滑走路閉鎖祭りに巻き込まれず到着出来たのはラッキーですね。でもこの便に乗っていたらちょっと悔しかったかも(笑)

NH/ANA/全日空  B777-200ER JA708A

NH/ANA/全日空 B777-200ER JA708A

ISO200、SS1/100、F6.3での撮影です。レンズは70-300DOなので開放だとちょっと不安なので少し絞って撮影してみます。

CZ/CSN/中国南方航空  A330-300 B-6528

CZ/CSN/中国南方航空 A330-300 B-6528

スカイチームカラーのCZが出てきました。

HD/ADO/エアドゥ  B737-700 JA15AN

HD/ADO/エアドゥ B737-700 JA15AN

この日のエアドゥ、かなりダイヤが乱れていました。福島や仙台にダイバードした便もあったようです。

KE/KAL/大韓航空 KE3708 B747-400 HL7460

KE/KAL/大韓航空 KE3708 B747-400 HL7460

ソウルからやって来た代替機B747-400が34Lに到着しました。KEの関係者も搭乗してきたのでしょうかね。

KE/KAL/大韓航空 KE3708 B747-400 HL7460

KE/KAL/大韓航空 KE3708 B747-400 HL7460

滑走路からTAXIWAYに入っていく姿にちょうど日が沈む太陽の光が差し込んで幻想的に絵になりました。

JL/JAL/日本航空  B737-800 JA344J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA344J

こういう絵もなかなか良いですよね。時期によって日が沈む位置が違うので通わないとコレ!っていう絵が撮れないかもしれませんね。

KE/KAL/大韓航空 KE2709 B747-400 HL7461

KE/KAL/大韓航空 KE2709 B747-400 HL7461

もう1機、KEの747-400がやってきました。こちらは金浦からの定期便です。KEのジャンボが2機立て続けに撮影できるのは珍しいです。

JL/JAL/日本航空  B777-200 JA8979

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA8979

国際ターミナルに向かうがんばれニッポン。夕日が滑走路に反射して金色に光ります。

NH/ANA/全日空  B787-8 JA807A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA807A

RWY34Rに鎮座していた事故機も移動が終わり、そろそろ34Rが再開されるようで、そろそろ撤収かな。

NH/ANA/全日空  B787-9 JA839A

NH/ANA/全日空 B787-9 JA839A

B787-9が到着します。今日はこれで撤収することにします。平日のこの時間帯はモノレールがすべて各駅停車なのが残念。

また日を改めて夕方撮影に行こうと思います。


飛行機の館に戻る

緊急脱出したKEのB777

今日の12時半頃、羽田空港発金浦空港行きの大韓航空、KE2708便B777-300型機HL7534が、離陸のため34Rから滑走中にNo1エンジンで火災が発生し、離陸をリジェクト。
すぐに脱出スライダーで乗客が避難しました。

今日はたまたま半休で午後から羽田にG7関連の特別機が無いかなと出撃する予定でした。

羽田空港の第二ターミナルに15時半頃到着してみると、事故機がまだ滑走路の上に鎮座していました。

KE/KAL/大韓航空 KE2708 HL7534 B777-300

KE/KAL/大韓航空 KE2708 HL7534 B777-300

エンジンが出火した左側はL1ドアのシューターが開いてますが、エンジンに近いL3やL4は使われず、右側のR1~R5のシューターを使い脱出が行われたのが判ります。乗客は300名程とかなりの搭乗率ですから機内は混乱したのでしは無いでしょうか?

この事故のお陰で羽田空港は一時閉鎖され着陸機は成田や福島、仙台などにダイバードしたり出発地へターンバックなどを余儀なくされましが、16時近くからB滑走路の離陸とA滑走路の着陸が再開さました。

滑走路から移動するのを見届けようと待っていたのですが、なかなか移動が始まらず、KEの代替え機B747-400「HL7460」がKE3707便として羽田空港にフェリーしており、そろそろAランに降りる頃だったので1タミに移動し、これを撮影して帰ってきました。
ちなみにV1スポットには特別機は1機も居ませんでした。特別機は逃したもののなかなか見ることが出来ない光景を見れたので由としましょうかね。

【RJAA/NRT/成田】2015/9/21撮影レポート(1)

シルバーウィークの中日、成田へスポッティングをしてきました。この期間は臨時便やらチャーター便なんかもあるわけですが、祝日ならの便であるPIAを撮ろうとわざわざこの日を選んでの撮影です。

ただこの日は高速道路が渋滞するので、車では無く電車で行くことにしたので、ターミナルのからの撮影になりますが、どうせPIAは34Rだからターミナルでもいいかなと・・・

LXの出発間に合うようにスカイアクセス特急で成田入りして10時には展望デッキに到着。開いてる穴を確保して用意するとTKが出発するところでした。

TK/THY/トルコ航空 TK52 A330-300 TC-JOJ

TK/THY/トルコ航空 TK52 A330-300 TC-JOJ

あんまりターミナル撮影する事が無いのでパット見、成田を思えないシチュエーションです。

VN/HVN/ベトナム航空 VN301 A330-200 VN-A375

VN/HVN/ベトナム航空 VN301 A330-200 VN-A375

離陸するベトナム機と離陸のため滑走路に向かうベトナム機が揃いました。

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH711 B747-400 D-ABVP

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH711 B747-400 D-ABVP

成田には-400で飛んで来るルフトは双発機が多くなった欧州キャリアの中でも貴重な存在です。

KE/KAL/大韓航空 KE701 A330-200 HL7548

KE/KAL/大韓航空 KE701 A330-200 HL7548

ソウルからやって来たKEがスポットインします。

NH/ANA/全日空 NH2141 B737-800 JA65AN

NH/ANA/全日空 NH2141 B737-800 JA65AN

国内線だとかなり早くエアボーンしてギアアップするのでスリムな写真が撮れました。

DL/DAL/デルタ航空 DL298 B757 N536US

DL/DAL/デルタ航空 DL298 B757 N536US

サイパンに向かうDLのB757。元NWの路線ですね。

LX/SWR/スイス国際航空 LX161 A340-300 HB-JMF

LX/SWR/スイス国際航空 LX161 A340-300 HB-JMF

この日のLXは旧タイトルのJMFでした。流石にA340だとなかな離陸しません。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX503 B777-300 B-HNG

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX503 B777-300 B-HNG

キャセイも香港なので早くあがるかと思いましたが意外と引っ張って離陸です。

KL/KLM/KLMオランダ航空 KL862 B747-400 PH-BFY

KL/KLM/KLMオランダ航空 KL862 B747-400 PH-BFY

この日のKLMはオールパッセンジャーの-400で、KLMアジア塗装機でした。
今日は貨物が少ない分、エアボーンが早い気がします。

AZ/AZA/アリタリア航空 AZ784 B777-200 EI-DBK

AZ/AZA/アリタリア航空 AZ784 B777-200 EI-DBK

欧州からの直行便は朝方に到着し、続々と戻っていくなか、AZが到着します。こういうところがイタリアらしい感じがします(笑)


その2へ> <飛行機の館にもどる

地方空港の国際線スポークが・・・

KE B737-800大韓航空は7月からインチョン~秋田(週3便)、インチョン~大分線(週2便)を10月まで運休する。観光需要の減少による運休で、昨今の嫌韓ムードや修学旅行の取りやめなどが響いているようです。

地方空港の国際化は主に大韓航空とアシアナ航空のインチョン線が柱で、その脇を中国路線が固めるような構造になっています。
その柱だった韓国キャリアの運休となると、地方空港にとっては手痛いことになります。

「地方を国際化するには国際線を」と訳の分からない論法で、国際線就航を自治体はなんとか誘致して、やっとこ開設できた空港が大半だと思います。
しかし、真の国際化が出来ずにこういう結果になるのは、目的が手段になった裏返しなんでしょうね。

今、韓国への旅行需要はかなり冷え込んでおり、ツアー価格も格安なものがかなり出回っています。
下手な国内より安く行けそうなので、1泊2日で家族で行ってみようかと考えましたが、パスポート取得が面倒くさいとの却下されてしまいました(笑)

4番目の乗り入れはKE

大韓航空(KE)は5月24日にA380の一号機を受領して、6月17日からインチョン~成田のKE701/702便がA380での運航を予定しています。
A380が成田に就航するのは、シンガポール航空、ルフトハンザ、エールフランスに続いて4社目となります。

KEのA380は3クラス407席で、A380を運航する航空会社の中で最も少ない座席数とのことです。
特に2階は全席ビジネスクラスで構成されていて、これまた世界初のコンフィグです。
さらに免税売店スペースや、F&Cクラス様のラウンジバーを機内に設けていて、さながら豪華客船のようで一度乗ってみたいものです。

懐かしシリーズ”KALのB747-SP”


胴体の短いB747SPは製造機数も少なくて、今ではイラン航空が定期便で飛ばしている唯一の航空会社になっていますが、90年代まで大韓航空(KAL)やカンタス航空、中華航空、ユナイテッド航空などで活躍していたので、成田でも時折見掛けたりしました。

ズングリムックリした機体はジャンボだけどジャンボじゃないような?不思議な機体でもありました。
KALのSPはソウル・ニューヨーク間の直行便で使用されていた後、一時ソウル~東京~ロスにも運航されていた事もありました。

写真は、香港啓徳空港で撮影したSPです。やっぱり短いですねぇ