Miles & Moreステータス集計方法の変更

LH/DHL/ルフトハンザドイツ航空 A340-300 D-AIGF

Miles & Moreのステータス計算が変わります

ルフトハンザグループのマイレージサービスMiles & Moreは2021年からフリークエントフライヤーのステータス集計方法を変更することを発表しました。

現在は利用フライトの距離、搭乗クラスとステータスに応じたマイルによりステータスの判断をしてましたが、2021年からは搭乗クラス、フライト目的地によるポイントを集計しステータスを判断することになります。

ポイントは利用便が地域内(大陸内)フライトか地域間(大陸間)フライトで決まります。地域は欧州、アジア、北米、南米、オセアニアが定義されているようです。
なので、日本からドイツへは地域間フライト、日本からタイへは地域内フライトとなります。

獲得出来るポイントは
地域内フライトはファーストとビジネス10ポイント、エコノミーは5ポイント
地域間フライトはファースト70ポイント、ビジネス50ポイント、プレミアムエコノミー20ポイント、エコノミーは15ポイント
です。

ステータスに獲得に必要となるポイントは、暦年内で
フリークエントトラベラーが160ポイント、セネターが480ポイント、HONサークルが1500ポイントになりポイント半数をルフトハンザグループのフライトでのポイントが必要になります。(HONサークルはすべてルフトハンザグループのフライトが必要)

こうみると地域間フライトの上級クラス、要するに長距離線のビジネス、ファーストを利用する人に厚遇している感じですね。

LHグループ、冬のプロモーション運賃

ルフトハンザグループ(ルフトハンザ、オーストリア、スイス)の10月から来年2月にかけてのプロモーション運賃がファイルされました。
冬のヨーロッパはオフシーズンになりますから運賃が安くなる時期でもあります。ただ日没も早いし寒いからあまり観光向きではありませんけどね。

<<エコノミークラス>>
出発期間 ハイシーズン(H)2019/19/10/21~11/10
     ショルダー(K)2019/11/11~12/26, 12/30-31
     ローシーズン(L)2020/1/1~/2/29
発券期間 ~9/30
運賃 (H)80,000円 (K)70,000円 (L)60,000
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス L
羽田便加算 羽田発便5,000円 羽田着便 NH便5,000円 LH便2,500円
週末加算 10,000円 日本土日出発:欧州金土出発
年始加算 30,000円 欧州1/3.4出発の場合
旅行期間 5日以上21日以内
発売/発券期限 21日前/予約後24時間以内
燃料サーチャージ 別途要

<<プレミアムエコノミークラス>>
出発期間 2019/19/10/21~12/26,2019/12/30~2020/2/29
発券期間 ~9/30
運賃 163,000円 
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス N
羽田便加算 羽田発便5,000円 羽田着便 NH便5,000円 LH便2,500円
週末加算 10,000円 日本土日出発:欧州金土出発
年始加算 30,000円 欧州1/3.4出発の場合
旅行期間 5日以上1ヶ月以内
発売/発券期限 21日前/予約後24時間以内
燃料サーチャージ 別途要

<<ビジネスクラス>>
出発期間 ハイシーズン(H)2019/19/10/21~12/16
     ローシーズン(L)2019/12/17~12/26, 12/30-31
     ローシーズン(J)2020/1/1~2/29
     ピークシーズン(Q)2019/12/27~29
発券期間 ~9/30
運賃 (K)390,000円 (L/J)283,000円 (Q)395,000
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス L
羽田便加算 羽田発便10,000円 羽田着便 NH便10,000円 LH便5,000円
週末加算 50,000円 日本土日出発:欧州金土出発
年始加算 なし
旅行期間 5日以上1ヶ月以内
発売/発券期限 21日前/予約後72時間以内
燃料サーチャージ 別途要

LX/SWR/スイス国際航空 LX180 B777-300ER HB-JNJ

LXは2月から成田にB777-300ERを投入します

LHグループ、秋から冬のプロモーション運賃(Update)

ルフトハンザグループ(ルフトハンザ、オーストリア、スイス)の11月から12月にかけてのプロモーション運賃がリリースされました。
この時期のヨーロッパはオフシーズンで運賃が安い時期でもありますが、エコノミーで75000円からの設定ともう一声欲しい運賃設定です。
ちなみにコードシェアとなるNH便も利用できます。
(2019/7/24 Update:ハイシーズンの設定期間が前倒し追加となりました)

詳細は以下のとおりです。
出発期間 ハイシーズン(H)2019/11/1 10/21~11/18
     ローシーズン(L)2019/11/19~12/26.12/30.31
発券期間 8/4
運賃 (H)85,000円 (L)75,000円 L**NNEP6
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス L
羽田便加算 羽田発便5,000円 羽田着便 NH便5,000円 LH便2,500円
週末加算 10,000円 日本土日出発:欧州金土出発
旅行期間 5日以上21日以内
発売/発券期限 21日前/予約後24時間以内
燃料サーチャージ 別途要

OS/AUA/オーストリア航空 OS51 B777-200ER OE-LPA

日本再乗入れのオーストリア航空も好調の様です。

ルフトハンザグループ40機導入へ

ルフトハンザグループはB787-9とA350-900をそれぞれ20機づつ発注することを発表しました。

4発機のリプレイス、運航コストの引き下げが主な目的で納入は2022年から2027年となります。
グループキャリアにこれらの新造機が割当られるかが今後決定するとの事で、大半が長距離線や4発機を保有するルフトハンザ、SWISSに大半が配分されると思われます。

個人的にはSWISSに5機残るA340-300がA350-900にリプレイスされのでは?と思っています。
B787-8はルフトハンザでは初めての導入となります。

一方、ルフトハンザで運航している、14機のA380のうち6機がこの機材導入によりリタイアし売却することも決まりました。

A380は先日、製造打ち切りが決まったばかりで行く末を案じてましたがA380を早くから導入して日本線に投入していたルフトハンザが全面撤退では無いですが、半数を減じるのはビックリです。

残念ですがやはりA380は効率が悪いのでしょうかね。

LH A380

数を減らすことになるLHのA380

LH、ミュンヘン羽田線にA350が復活

先月、ルフトハンザのミュンヘン~羽田線がA350からA340-600に変更するニュースをお知らせしましたが、スケジュール変更でミュンヘン6月1日発からA350-900に再変更されるとのアナウンスがありました。

機材繰りの関係の様ですが、今回の変更で再びファーストクラスの設定がなくなることになります。

また、サマースケジュールで就航するミュンヘン~関空線ですが、関空発の時刻が変更となるそうです。
 KIX/MUC LH743 8:55 13:45 A350 金曜日を除く毎日
 KIX/MUC LH745 9:30 14:20 A350 金曜日

LH/DLH/ルフトハンザドイツ航空 A340-600 D-AIHN

ルフトハンザのA340-600が見られなくなる?

LH、ミュンヘン羽田線をA340-600に

ルフトハンザ(LH)は現在、A350-900で運航しているミュンヘン羽田線をサマースケジュールが始まる3月末(3/31ミュンヘン発)からA340-600に機材変更を行います。

MUC/HND LH714 16:20 10:50+1 A340-600 Daily
HND/MUC LH715 12:35 17:15 A340-600 Daily

これによりミュンヘン羽田線にファーストクラスが復活することになりますが、どうせファーストクラスに乗れないのならもう1世代前のA340-600よりA350-900の方が良いですけどね(笑)

A350-900は4月から運航を開始するミュンヘン関西線にコンバートされます。
MUC/KIX LH742 12:15 6:20+1 A350 Daily
KIX/MUC LH743 9:30 14:20 A350 Daily
新規路線ですから新しい機材でアピールしたいですからね。

羽田線に冬ダイヤで再びA350になるのを期待したいところです。

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 A350-900 D-AIXA

羽田でLHのA350が見られなくなるのは残念

LH/LX/OS欧州ビジネス29万

ルフトハンザグループのウィンタープロモーション運賃ですが、ビジネスクラス運賃がファイルされています。

欧州目的地はFRA/MUC/ZRH/VIEとなりますが利用できるキャリアはルフトハンザグループ(LH/LX/OS)とジョイントベンチャーのNHで、羽田発着便も利用できるのでお得感がありますね。

詳細は以下のとおりです。
 出発期間 ハイシーズン(H)2018/12/20~12/24 ローシーズン(L)2019/1/13~2/28
 発券期間 11/27-12/17
 運賃 (H)390,000円 (L)290,000円 P_*NNEP9
 予約クラス P
 羽田便加算 羽田発便10,000円 羽田着便 NH便10,000円 LH便5,000円
 週末加算 50000円 日本土日出発:欧州金土出発
 旅行期間 5日以上1ヶ月以内
 発券期限 21日前

羽田発もサーチャージで利用可

羽田発もサーチャージで利用可

LHグループのウインター運賃

先日、10月後半のOS51便利用のプロモ運賃を紹介しましたが、今回ウィンター期間のプロモ運賃の情報が入りました。

冬場は欧州地域はオフシーズンなので安い運賃がファイルされるます。
今回はルフトハンザ(LH)グループ、Swiss(LX)、オーストリア(OS)とANAが利用できる運賃で9月30日まで支払いが必要になります。

 シーズナリティ H:11/1-11/11 K:11/12-12/26 L:2019/1/1-2/28
 発売期間 9/30まで
 発地 TYO/NGO/KIX
 着地 FRA/ZRH/MUC/VIE
 旅行期間  翌日曜日以降の5日~14日間
 運賃 H:71,000円 K:61,000円 L:55,000円
 予約クラス L
利用可能キャリア LH/LX/OS/NH
 運賃制限 払戻不可・変更不可
 週末サーチャージ 日本発土・日曜、欧州発金・土曜日は5000円増
 羽田発着便サーチャージ 羽田出発便 LH/NH5000円 羽田到着便 LH2500円/NH5000円

個人的には金額的にもう一声欲しいですね。運賃の他に燃料サーチャージ(9/1現在13400円/OW)と空港税が必要になりますから結果的に10万円近くになってしまいます。
それと予約クラスが低いので空きが少ないので上手く日程が合うかということもあります。

欧州往復5万円諸税別

今年の5月に成田へ再就航したオーストリア航空が、期間限定で欧州(フランクフルト・ミュンヘン・チューリッヒ・ウィーン)行の特別運賃を設定しました。

設定期間が短いですが、この時期に往復5万円と言う金額は比較的安いですね。でも往路はOS52便限定で復路はLX又はLHの指定便となると言うものです。

 旅行行期間 10/22-10/27出発
 発売期間 9/20まで
 発地 TYO/NGO/KIX
 着地 FRA/ZRH/MUC/VIE
 旅行期間  翌日曜日以降の5日~14日間
 運賃/予約クラス L_NNEP4 50,000円
 運賃制限 払戻不可・変更不可
 週末サーチャージ:日本発土・日曜、欧州発金・土曜日は5000円増
 利用可能便:日本発はOS52便のみ
       欧州発NRT行LX160、羽田行LH714/LH716、名古屋行LH736、関空行LH740

設定期間後、ウィンターシーズンにどういう運賃を設定してくるか?ちょっと注目ですかね。

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH717 B747-8 D-ABYL

羽田行を利用の際は2500円のサーチャージが必要です。

この夏は名古屋が狙い目?

そろそろ夏の旅行シーズンが近づき、各キャリアは集客に精を出していますが、この夏の欧州へ出かけるなら名古屋が狙い目かも知れません。

と言うは、ルフトハンザが名古屋発でキャンペーン運賃を出しています。
6/1-8/5, 8/14-8/31出発の期間限定で往復65000円(Fare Basis:K_NNEP9)と夏休み期間で欧州直行便としてはなかり安いのでは無いでしょうか?

目的地:名古屋発FRA/MUC/ZRH/VIE行
旅行日数:3日以上14日間で復路は最初の日曜日以降
週末サーチャージ:日本発が土・日曜日、欧州発が金・土の場合10000円片道追加
予約クラス:L
発券期限:21日前
払戻し・変更不可

ただLHは燃料&セキュリティサーチャージとして10700円(片道)が必要となりますので結局は10万程度になってしまうのでちょっと魅力が薄れるのが残念ですね。

LH/DHL/ルフトハンザドイツ航空 A340-300 D-AIGF

名古屋発のルフトハンザはA340-300での運航です

CからFに座席だけアップグレード

LH/DLH/ルフトハンザドイツ航空 A340-600 D-AIHN

3クラス機材で運航となるLHのA340-600

LHが運航している羽田/ミュンヘン線に7月からA350-900投入されますが、7月中は月曜と金曜(羽田基準)を除く週5便がA350-900の運航となり、月曜と金曜(羽田基準)はA340-600での運航となります。

A340-600は3クラス機材ですが、販売クラスはCYの2クラスとなります。
なので、A340-600で運航する日のC利用者は運が良ければFの座席を利用が出来る訳ですが、LHはCからFに座席だけアップグレードと言うサービスを行います。

予約の際にFクラスの座席を事前指定すると68,500円の追加料金が発生します。
もちろん、サービスはCのままですが。
LHもよく考えたものです。

JALなんかは時折、シップチェンジの関係でこういう事がありますけど料金を収受すると言うことはありませんからね。

昔なら予約システム的にこんな事は出来なかったでしょうが、今はゾーンごとに料金を収受したりするのが容易になりましたからね。
ちょっと機材のコンフィグを調べれば座席だけCからF、YからCへのアップグレードがタダで出来きました。

お陰で、JALが導入したばかりのB747-400を乗員習熟運航でNRT/SPNに投入された時にはYからFに乗ったし、SQのA340でCからFに乗ったりしたものです。

【RJTT/HND/羽田 】2018/2/18撮影レポート

今日の午後、羽田の城南島に行ってみました。
RWY34Rからの離陸機を400mmで狙ってみようと言う魂胆です。城南大橋あたりから撮影できる筈と行ってみましたが、離陸していくB737を見て構図的にちょっと厳しいカナ。でもターゲットはLHのB747-8だからどうだろう・・・と撮影してみます。

CA/CCA/中国国際航空 CA182 A330-300 B-5906

CA/CCA/中国国際航空 CA182 A330-300 B-5906

国際線なのでもう少し引っ張るかなと思いましたが、早めにライトターンしてしまい、お腹メインになってしまいました。なのでちょっと移動してみます。

JL/JAL/日本航空 JL519 B777-200 JA8978

JL/JAL/日本航空 JL519 B777-200 JA8978

あまり変わらないかな。もう少しサイドが撮れる方が良いのですが、位置的に難しいかな。京浜島の方が良かったかな?

HD/ADO/エアドゥ HD59 B767-300 JA98AD

HD/ADO/エアドゥ HD59 B767-300 JA98AD

函館行のAirDoが上がりました。

JL/JAL/日本航空 JL283 B737-800 JA319J

JL/JAL/日本航空 JL283 B737-800 JA319J

RWY34Lは北方路線の離陸がメインですが、珍しく西の出雲行が離陸していきました。

JL/JAL/日本航空 JL165 B737-800 JA342J

JL/JAL/日本航空 JL165 B737-800 JA342J

着陸がメインで撮影することが多かったのでギアが完全に上がった状態ってあまり撮影していないのでなんか新鮮です。

NH/ANA/全日空 NH69 B777-200 JA711A

NH/ANA/全日空 NH69 B777-200 JA711A

千歳行でしたが、インターセプトディパーチャーだったので低めだったのでいい感じで撮れました。

NH/ANA/全日空 NH385 B737-800 JA52AN

NH/ANA/全日空 NH385 B737-800 JA52AN

太陽が低くなったのでライトターンするとメインギアから第二エンジンまで日が当たります。

JL/JAL/日本航空 JL147 B737-800 JA333J

JL/JAL/日本航空 JL147 B737-800 JA333J

離陸後に直ぐにターンすると言う空港はそう多く無いのでこう言うシーンを撮影できるのも羽田ならではですね。

FR24を見ているとようやくLHがタキシングを始めてRWY34Rへやって来ました。

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH717 B747-8 D-ABYL

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH717 B747-8 D-ABYL

やっぱりジャンボの離陸はなんとも言えない迫力があります。

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH717 B747-8 D-ABYL

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH717 B747-8 D-ABYL

ターンライト!
昔は城南島は、RWY16L/Rアプローチの大カーブが見られたんですよね。

747につづいて787が離陸します。

JL/JAL/日本航空 JL93 B787-8 JA823J

JL/JAL/日本航空 JL93 B787-8 JA823J

主翼が夕日に照らされます。

さて、メインのジャンボも撮れたし撤収しましょうかね。
そうそう、今日羽田の離発着をFR24で見ていたら、JetPhotosに投稿した写真がサムネイル画像として表示されました。
こうやって自分が投稿した写真がFR24で表示されるのは嬉しいものです。


飛行機の館へ

ルフトハンザの新カラー

ルフトハンザ(LH)と言えば、尾翼などに描かれているシンボルの「ツル」が制作から100周年を迎え。この程デザインを変更、新塗装となったB747-8とA321のお披露目が行われました。

©Lufthansa


LHと言うと尾翼に書かれた黄色のツルのマークが印象的でしたが、今回ブルーを基調と下カラーリングとなり、黄色のツルは消えることになりました。

最近のカラーリング傾向でブルーを基調としたカラーリングが多いので、黄色がアクセントになっていただけにちょっと残念な感じもします。

新塗装になったB747-8(D-ABYA)はお披露目を兼ねて2/8にドイツ国内の空港を巡るツアーを実施しました。
フランクフルトを8時に出発しケルン空港をローパスしデュッセルドルフに寄港、その後ブレーメン空港をローパスしてハンブルグ空港に寄港してからハノーファー空港をローパス、ベルリンテゲール空港に着陸した後、ドレスデン空港をローパスしてミュンヘン空港に寄港。そこからフランクフルトに戻る途中にシュツットガルト空港をローパスすると言うなかなか手の込んだお披露目飛行しました。

日本でもこういうお披露目飛行を見たいものですが、お上が許さないでしょうね。空港をローパスするなんて某団体の格好な餌食になりそうだし。

オーストリア航空復活記念 再設定

以前、BLOGで紹介した「オーストリア航空復活記念プロモーション」運賃ですが、2/6から発売期間を3/3まで延長した形で再設定されました。
さらに、予約クラスが上位になる運賃も追加設定され、運賃結合も可能になっています。

 旅行期間 5/4-5/15出発
 発売期間 1/12まで
 発地 TYO/NGO/KIX
 着地 ZRH/MUC/FRA
 旅行期間  K_NNEP6は翌日曜日以降の5日~14日間、S/V/W_RNEPは翌日曜日以降の3日~14日間
 運賃/予約クラス K_NNEP6(K)60,000円 S_RNEP(S)85,000円 W_RNEP(W)105,000円 V_RNEP6(V)137,000円
 ビジネスクラス P_NNEP6(P)380,000円
 運賃制限 K_NNEP6/P_NNEP6は払戻不可・変更不可 S/V/W_RNEPは変更不可(払戻は要手数料)

さすがに前回設定した時は販売期間が短すぎましたからね。
OS/AUA/オーストリア航空 A320 D-ABZJOSを利用するなら、先日紹介した、「DO & CO à la carte」を試してみたら如何でしょうか?

Miles & Moreも運賃比例加算へ

LH A380

欧州も距離から運賃へ

ルフトハンザのMiles & Moreは3月12日からマイルの積算方法が距離から支払い運賃比例に変更となります。

LH、LX、OS、SN、EWで発券された航空券が対象で、運賃には燃油サーチャージ(YQ)も含まれた金額をユーロに換算(OANDAレートによる)し、平会員は4、上級会員は6を乗じて得た数字が、獲得マイルとなります。

なお、他社キャリア発券の航空券では現行のクラス&距離比例が適用となります。

既に、デルタがマイル加算を距離から運賃に移行しており、ルフトハンザグループが運賃比例に移行することで、今後は徐々に距離から運賃比例に移行するプログラムが出てくることになるでしょう。

昔はYクラスでも搭乗距離の100%が運賃種別に関わらず加算されていましたが、今では運賃価格が下がったもののプログラム維持のコストが上昇しており、予約クラスで加算率を調整して今では30%~50%程度にしかならな事が多く、LCC対抗運賃では加算されない場合もあります。

実際、運賃比例でも今までと獲得出来るマイルは殆ど変らないですから、利用者からみれば判りやすくなるのでは無いでしょうか?