世界一周記念日

今日3月6日は「世界一周記念日」なんだそうです。JALが1967年3月6日にJAL1便が世界一周路線として運航した日になります。

JAL1便はDC8で羽田から香港、バンコク、ニューデリー、テヘラン、カイロ、ローマ、パリ、ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、ホノルルと経由で羽田に戻るルートでした。

当時はパンナムが世界一周路線を持っており、ナショナルフラッグキャリアとしてどうしても世界一周路線が欲しかったJALとしては念願の路線でした。

とは言え開設当時ままだ海外旅行が一般的では無かった時代ですから集客にはかなり苦労した様です。特に大西洋区間は空気輸送に近い日もあったとか。

メンツを掛けて路線維持をしていましたが、1972年に大西洋区間が運休となり撤退しましたが、栄光?のフライトナンバーJAL1便は2000年代始めまで世界一周便の流れをくむサンフランシスコ/成田/香港便で使われていましたね。

世界一周便は2000年代に入りUAが世界一周便を就航させた時期がありましたが、その後アライアンスによる共同運行が始まり、自社で世界をカバーする必要も無くなり、今では皆無になりました。

NRT-x/ZRH-x/SIN-KIX

SR MD11 エコノミークラス昔、RTW(世界一周航空券)がまだ一般的では無かった時代は使い勝手が良くて毎年2冊購入して旅行に行っていた時期がありました。
なんせDL/SQ/SRのビジネスクラスが30万円台で購入出来たんですもの。

当時のRTWは地理的に逆戻りが出来ない方向制と指定マイル内なら一定ルールで逆戻りが可能なマイル制とあり、DL/SQ/SRは後者でした。

一定ルールの一つに大西洋と太平洋横断は1回限りと言う大前提がありますがそれ以外は結構緩くて、シベリアルートと南回りルートを組み合わてBUD-x/ZRH-NRT-ZRH-SIN-KIX-TPE-LAXって言うルートや
シベリア経由でBUD-x/ZRH-NRT-ZRH-KIXでもOKだったのです。

当時はBUD発のRTWを常用していたので上手くルートを組んでいましたね。
ルール上この様なルートを組んで発券をお願いすると「いやールール上可能ですね。よく考えましたねー」と言われたものです。
まだネットが無い時代ですから、この手の情報は口コミで僅かに情報が流れる程度でしたが、ネット時代になると流石にこの様なルートは禁止されました。

結局最後にこのルートを使ったのはSRが破産し、SR便として運航最終日にNRT-x/ZRH-SIN-KIXと使ったのが最後でした。
流石にこの時、成田空港でチェックインをする際にPNRを見ながら、「今日はチューリッヒ経由で・・・シンガポール?まですか?」と聞かれ
「いえ、関空です」と答えて唖然とされたのが印象に残ってます。
なんせ最後にSRに乗るだけに0泊2日の弾丸旅行でしたから(笑)