2016年欧州乗り撮り記(その7)

2016年9月7日

朝7時、ホテルをチェックアウトして空港へ向かいます。
チューリッヒからバンコク行きのLX180便は17時過ぎの出発なので午後の便でも間に合いますが、ブダペスト9:35発のLX2251便は最新鋭のボンバルディアCS100でのフライトとなりますので、これに乗らない手は無いと言うことで早朝の出発です。

昨日と同じく地下鉄3号線でケーバーニャ・キシュペシュト駅まで行き、200Eバスで空港を目指します。
朝とあって地下鉄はガラガラでした。
それにしても24時間チケットなので使い勝手はいいですよね。最近東京メトロも1日乗車券が24時間制になりましたし、こういう「旅行者」に便利な都市が増えると嬉しいですね。

ケーバーニャ・キシュペシュト駅では隣接するハンガリー国鉄の駅にソビエト製のディーゼル機関車が停車しており友人は大興奮。このソビエト製機関車も数を減らしているとかでレアらしく日本で言うならDD53が走っていると言う様な状況なのでしょう。

バスに乗り換え、所々アスファルトがひび割れて乗り心地が悪い道を走り20分ほどで空港に到着します。
ブダペスト空港のLXチェックインカウンターは、LHグループ共通でLHとOSと一緒です。

さて復路はチューリッヒ・バンコク・香港で乗継ぎ東京へ向かう行程です。ただ、チケットはLXの発行のブダペスト~バンコクろCXのバンコク~東京と分割しています。
特ににバンコクでは1時間50分の乗り継ぎでLX181便からCX750便へ乗継ので、荷物だけはスルーでチェックインしておきたかったのです。

ですが、チェックイン嬢はPNRがバンコクまでだからバンコクまでしか荷物を預けられないと言い張るのです。Eチケットの控えもあるし一応LXのPNRにはリマークとして乗継情報があることを入れて貰っているのですが・・・
今まで乗継便のEチケット控えを見せれば、スルーで最終目的地まで預けられたのですが、最近はLCCも増えた関係でスルーが出来きないと言う話もあるので、心配はしていたのですが、案の定です。

友人のアドバイスでチューリッヒでLXスタッフに相談した方が良いと言うことで、取りあえずはバンコクまで預け搭乗券を貰ったのですが、LX2251は窓側をリクエストしたのの満席なので通路側になったのですが、チューリッヒからバンコクまで事前に機体最後尾の通路側を事前予約して押さえていた席を窓側に変更していたのです。
長距離線の場合は通路側にするのが自分のポリシーだったのでわざわざ追加料金を払って指定しておいたのに・・・

BUD展望デッキまだ時間があるので展望デッキでCS100の到着を見届けようとデッキに上がります。入り口の券売機で入場券を購入して展望デッキに入ります。
以前はチューリッヒの様に柵が低くて撮影しやすい場所でしたが、スポット前にはガラス壁が出来ており状況が変わっていました。
ブダペストはあまりトラフィックが多くない空港なのであまり撮影する機体も少ないのが残念です。
さらにCS100もチューリッヒ発が遅れたようで、到着が遅れるとの事。
折り返し整備をして直ぐに戻るだろうと言うことで、デッキでの撮影は諦めてターミナルへ戻り、保安検査を受けて43番ゲートに向かいます。
CS100ゲートに到着すると同時にCS100(HB-JBB)が到着してくる姿が見え、ターミナル内にガラス越しから撮影することが出来ました。

CS100のフォルムはどことなく、A350に似ている感じがしますね。
日本のMRJのライバルにもなるこのCS100は、LXが商用フライトとしては初のカスタマーでこの時点で3機がライン投入されており、今後デリバリーが進むにつれLXのARJ100と交代していく予定です。


折り返し整備の後、直ぐに搭乗開始となり、友人はビジネスクラスで自分はエコノミークラス後部の22Cです。
先に友人が優先搭乗で機内に入り、エコノミークラスの搭乗が始まった後に搭乗すると、ビジネスクラスの友人がココで待ってと言い、チーフキャビンアテンダントと話をして、なんと特別にアップグレードとなり友人から窓側座席を譲って貰いました。

と言っても座席はエコノミークラスと同じですけど。
CS100機内CS100の機内は最新鋭らしく、各座席の頭上には小型ですがモニターが設置されています。
A320でも数席毎に収納式のモニターが設置されていますが、CS100では各座席にあるので見やすいです。
機内もなんとなく、B787ドリームライナーに雰囲気が似ている感じがします。


9:50にドアクローズとなり定刻から20分遅れで出発。RWY13から離陸しブダペストの街並みを見ながら上昇していきます。

フライトタイムは1時間20分との事で巡航高度になるとサービスが開始されビジネスクラスの朝食がサービスされました。
kimg0411こういうアップグレードもあるもんなんですねぇ~

ちなみに前列にはカナダのボンバルディア社から派遣されている技術者が座っています。納入したての新機種なのでアドバイザー的な立場で添乗しているようです。

LX2251はハンガリーからオーストリア上空を抜けて、ミュンヘンの南を通過しチューリッヒへ向かいますが、ボーデン湖湖上空でチューリッヒ空港への着陸順番待ちホールドになりました。
旋回しながら湖上でホールドしているとアルプスの山々が綺麗に見えます。昨日に引き続き今日も天気は良く絶好のスポッティング日よりです。
アルプスの山々
湖上で一周した後チューリッヒへ向けて降下し続け、RWY14に11:22に着陸。沖止めかなと思ったのですが、AターミナルのA06にスポットインしました。

ココで降機となりますが、またもや友人が交渉して全ての乗客が降りた後にコックピットを見させてみらうことに。
最新鋭の機体だけあってモニターも綺麗だし、至る所が真新しいです。

CS100コックピット
CS100のコックピットでの特徴の一つに色々とモニタを操作をする時にマウスの様な装置を使ってメニュー選択などをしたりするようになっています。
この便はこの後、プラハ行きになるので邪魔にならないように降機します。

チューリッヒについたらまずは、LXのカスタマースーパーバイザー(SV)の所でチェックインバッゲージの相談をしなければと制限区域を脱して、Checkin-1のSVが居る場所へ行きます。
この辺は友人が詳しいのでホント助かりました。

SVに事情を説明しETKTの控えを見せると端末を操作して色々調べてくれます。
バンコクでは最低接続時間(MCT)をクリアしているのですが、万一一旦入国手続きをして荷物をピックアップして再チェックインとなるとかなり厳しい時間です。

端末からHNDを書かれた新しいバッゲージタグが印刷され、さらにはBKK以遠のCX搭乗券も出してくれました。
おおーさすがLXのSVです。
BKKで荷物を受け取ることなくスルーで羽田まで荷物が行くことになり、さらにはBKKでトランスファーカウンターに寄る事無くゲートに直行できます。

これで帰路最大の問題が解決しました。
ただ、座席は最初に押さえておいた51Jが他の人が既にアサインされてしまい、CとJの通路側も埋まっていることもあって、48Aで我慢することにしました。
空いていれば良いのですが・・・

さて、LX181便の出発までスポッティングです。
ただ、友人は夕方からの勤務があるので、ココでお別れとなります。

ルームラング空港内のベーカリーでお昼用にサンドイッチを買い、バスターミナルから30分おきに出ている510番のポストバスでルームラングへ向かいます。
空港をぐるっとまわり丁度ターミナルの反対側にあるのがルームラングの街で、駅前のバス停から空港へ方面に向かう道を15分程歩くとヘリポートグリルと言う簡単な野外スナックレストランがあり、ここから滑走路が眺められる有名なスポッティングプレイスです。

午後からが順光になるので午前中はターミナル、午後はココと言うのがチューリッヒスタイルです。
ココは離陸機のポイントでRWY14に着陸する機体は撮影出来ないのが難点です。
ただ、今この脇にあるビジネスジェット用に一時駐機スポットの拡張工事が行われており、今後ここで撮影できるか微妙なところです。

丁度13時過ぎで、LXの長距離線の出発ラッシュでもあるので、目の前のRWY16から離陸するA330やA340を撮影し続けます。
15時過ぎにEKのA380が出発するので、それまで撮影することにします。

※撮影レポートはこちら※

15時半過ぎにRWY16からEKのA380が離陸したのを見届け、ルームラング駅まで歩いて戻ります。

スーパーミグロ駅前から15:58発のバスで空港に戻り、ターミナル内のスーパー「ミグロ」でお土産になりそうな物をチョイスします。海外のスーパーって面白いのが多いので好きなのであれこれ見ていると時間が足りません。(笑)
日清のインスタントラーメンとかあまりかさばらない物をお土産代りに購入します。

セキュリティーチェックと出国手続きを済ましてゲートに向かいます。
LX180便の搭乗口はE46なので地下におりてシャトルに乗り込みます。ターミナルビルとEゲートを結ぶシャトルはケーブル駆動式いわゆるケーブルカーです。これもスイスらしい乗り物です(笑)

Eゲートの前にはこれから搭乗するB777-300ER(HB-JNC)が駐機しており、搭乗ゲート前にはそこそこの人だかりが出来ています。
水曜日だから空いているかなと思っていたのですが、こりゃ厳しそうだと言う状況です。
早めに列に並んで搭乗を済ますことにしちゃいます。

嫌な予感は的中で、LX181便はほぼ満席状態です。
元々、LXのBKK線は搭乗率が高い路線の一つでもあり、遅い夏休みをタイで過ごす人たちなんでしょう。うーむこういう時の窓側は最悪だなぁと思いつつ、ブダペストで搭乗券を良く確認しなかったのを後悔。
まあ、3人掛けの真ん中で無いことは救いですが。

17:53にドアクローズしてRWY16に向かいますが、長距離線の出発が重なり離陸したのが18:11で少し遅れ気味です。
離陸後左旋回しクローテンの街並みを眺めながら西に向かって飛行します。

LX180機内食いつものようにドリンクサービスがあった後に機内食となります。LXはエコノミーでもメニューが配られるのでチョイスする時に前もって判るので助かります。昔はLX以外のキャリアでのエコノミークラスでのメニューを配っていたものです。

メニューから「鶏肉のりんごソースにシュペッツレを添えて」と言うのをチョイスしました。
ちなみにもう一つは「トマトとスプリングオニオン、マッシュルームのソースのパスタです。
ちゃんとエコノミークラスでも機内食にチーズが付いているのはさすがスイスですね。

味の方もしっかりしていたし食後のコーヒーもまずまずでした。

食事が終わるころには外もだんだんと暗くなっていきます。
タブレットにダウンロードした本を読んでいるとサービスが一段落したところで機内の照明も落とされてきたので、眠くなってきました。丁度隣席の人がトイレに立ったのでついでに自分もトイレを済ましてから、お休みタイムにします。


その6へ>  <その8へ>

2016年欧州乗り撮り記(その6)

2016年9月6日

友人宅で1泊し、朝空港へ向かいます。
今日は友人とブダペストへ行き、航空博物館とHOゲージレイアウト館などを訪れる予定です。

友人宅を8時半過ぎに出発しクローテンの街中からバスで空港へ向かいます。と言っても歩いても行けなくない距離なので、9時前には空港バスターミナルに到着です。SBB空港駅真上にあるCheckin-3はホールに入ってエスカレーターで降りれば直ぐです。

チェックインカウンターも朝早いので空いていましたが自動チェックイン機があったのでこちらでチェックインをして荷物タグをスーツケースに括り付けてカウンターで荷物を預けます。

ターミナルB展望デッキ搭乗まで時間があるので、その空き時間は当然ターミナルBにある展望デッキでスポッティングです。
展望デッキは有料(2CHF)で、飛行機に搭乗するのと同じレベルに保安検査がありますが、欧州では飛行機趣味への理解度が高く、チューリッヒ空港は開放的で素晴らしいスポッティングプレイスとして有名です。
夏場の週末には空港内を見学できるランプツアーバスがあり、滑走路近くで停車してバスから降車して離陸を間近で見る(撮影)ことが出来たりします。

今日は平日なのでランプツアーバスはありませんが、ココの展望デッキは柵が大人の腰程度の高さで視界を遮るものが無いので自由に撮影が出来きます。

Bターミナルにスポットインしている飛行機の行き先や出発時刻、機種などが掛かれた液晶のインフォメーションボードが各スポット毎に設置されていたり、航空管制とのやりとりが聞こえるモニターが設置されていたりと飛行機好きでなくても十分楽しめる施設です。

丁度、朝の出発ラッシュが一段落して北米への直行便が出発する時間なので目の前にRWY16から離陸する大型機が間近でテイクオフするのでなかなか迫力があります。

2時間ほど、スポッティングを楽しみそろそろブダペスト行きLX2254便の搭乗開始時刻が迫ってきたのでターミナルに戻り保安検査を受けます。

ハンガリーもシュゲネン条約加盟国なので出入国審査がありません。保安検査を受けてターミナル内の制限区域に入りA50ゲートに向かいます。

LX2254便はヘルベッテック航空(2L)機材・乗務員による運航です。
2Lはスイスのリジョーナルエアラインで主にLXから欧州ローカル線の運航委託を受けており、F100をメイン機材としていましたが、最近エンブラエル190(ERJ190)を導入しています。
ERJ190は2016年にJAirにも納入され伊丹発着便を中心に日本でも活躍し始めたところで、今回が初めての搭乗となります。

2Lでの運航便の場合は沖止めになるパターンが多く、今回もバスゲートからの搭乗となります。
やっぱりバスゲートだと搭乗する時のウキウキ感が違いますよね。

LX2254

A50ゲートに用意されたバスに乗り込み、スポットに向かいます。2LのERJ190が3機並んで駐機しているスポットがありどの機体かなぁ~と見ていると真ん中のHB-JVPの前に停車しドアが開いて搭乗となりました。

友人はビジネスクラスで自分はエコノミークラス最後列の窓側22Aです。座席は2-2でシートピチは30インチと言ったtころでしょうか。
やっぱり新しい機体に乗る時は最後尾がいいよねぇーと勝手に思い込んでいるだけですけどね。

月曜に昼とあって空いているかなと思っていましたが、ほぼ満席に近い搭乗率でした。
12:08ドアクロースとなり、エマージェンシーデモがあった後RWY28に向かい12:27にテイクオフとなりました。

今日は天気が良いの右側座席ならアルプスの山々が綺麗に見えただろうなぁ~と思いながらフライトレベルまで上昇を続けます。

サンドイッチブダペストまではブロックタイムが1時間45分と欧州域内線としては平均的な時間です。
機内サービスもドリンクサービスしつつ軽食のサンドイッチを配っていくのですが、後方座席はどうしても最後になってしまいます。
チーズをパンで挟んだだけのシンプルなサンドイッチですが、なかなか美味しかったです。

ちなみにサンドイッチの袋には「Enjoy your sandwich. Made by hand fresh daily according to local traditional at regional Swiss bakery since 1896」と書かれてます。
うーむ100年以上の歴史があるのかぁ

機内の様子を眺めたりしていると徐々に高度を下げ初め、ブダペスト空港のRWY13Lに13:51にランディングしました。
ターミナル2Bの43番スポットに入りほぼ定刻の到着となりました。

DL/SQ/SRの世界一周航空券を使っていた時は、ハンガリー発が安かったので良く来ていた空港でもあります。
その時はナショナルフラッグキャリアのマレブが2Aターミナルで2Bがマレブ以外となっていたんだよなぁ~。マレブはバンクラップしちゃったし・・・時代を感じるます。

ターンテーブルで荷物をピックアップした後、両替所でユーロからハンガリーフォント(HUF)に両替します。空港ターミナルに隣接した博物館「AEROPARK BUDAPEST」に友人と向かいます。
ここは旧マレブ・ハンガリー航空が使用していたロシア製飛行機が展示されています。
友人はロシア製飛行機が好きなので色々と説明してくれるので英語の説明文を読む手間が省けます(笑)
IL-2

IL-2

IL-18

Il-18

TU-134

Tu134

TU-154

Tu-154

一部の機体は機内も見学できるようになっています。
野外展示ですがメンテナンスはしっかりしており、博物館としてはしっかり運営されています。
1時間半ほど旧ソビエト製飛行機を見物した後、ターミナルビルから200Eのバスに乗り市内を目指します。バスは地下鉄3号線の始発駅ケーバーニャ・キシュペシュト駅行で市内中心部へは乗り換えとなります。

欧州は鉄道が空港まで乗り入れている所が多いですが、旧東欧地域ではバス連絡の所が多いですね。まあインフラ整備の優先度が違ったのでしょうね。

ブダペスト地下鉄連節バスに揺られて20分でケーバーニャ・キシュペシュト駅に到着です。
空港で市内交通の24時間チケットを購入していたので、切符を買い直す手間が省けて楽ちんです。
ホームに降りると、ソビエト製の地下鉄がやってきました。

車内は昔の電車と言うイメージがぴったりで昭和の電車に通じるものがあります。ブダペストの地下鉄は日本よりも開通が早く歴史があります。

今晩はカールヴィン広場駅近くの「Ibis Budapest Centrum」です。駅の出口から歩いて直ぐのところにあり、ツインルームでおよそ1万円を切る位です。
チェックインを済まして、荷物を部屋に置いて再び外に出ます。

カールヴィン広場駅前からトラムに乗ってデアーク・フェレンツ広場駅まで移動して、地下鉄1号線に乗り換えます。
この地下鉄1号線はブダペストの目抜き通り「アンドラーシ通り」の地下を走っており、世界遺産に登録されている地下鉄でもあります。

1号線の乗り2駅目のオペラ駅で下車し、駅から歩いて直ぐにある「MINIVERSUM」へ向かいます。
ここはHOゲージで欧州の風景をジオラマ化した博物館というかHOレイアウトなのですが、入口になんとCloseの札が。
9月中の火曜日は設備メンテナンスで臨時休館と書いてありました。うーん、これは残念です。

友人からはここのレイアウトは素晴らしいと聞いていただけあってちょっと残念です。
窓から中の様子をちら見した後、HOゲージが駄目ならリアルだけでもと言うことで再び地下鉄でブダペスト東駅へ移動します。

ブダペスト東駅ブダペスト東駅はハンガリー国鉄の始発駅で主な国際列車は東駅を使います。駅舎は行き止まり式欧州的なドーム型アーチが特徴で、歴史を感じさせる重厚な建物です。

オーストリアからやってきたEC列車がハンガリー国内のICの列車が発車する様子を見物してから、次の目的地へ地下鉄で移動です。


ブダペストの地下鉄は改札はありませんが、市内の要所駅では係員がホームに降りるエスカレーター前で乗車券のチェックをしているので24時間チケットを見せて通ります。

どうやら難民対策のようです。ハンガリーにはシリアから陸路で脱出してきた難民が大挙してきており、地下鉄内を居所にさえないようにしているとか。
日本からだと遠い国の出来事と思ってしまいがちですが、いつか日本も同じような事態になるかもしれませんよ。

キラーイ温泉次の目的地は、自分のリクエストで「キラーイ温泉」です。
ブダペストにはいくつの温泉があり、宮殿のプールの様な「セーチェニ」が有名ですが、キラーイ温泉はオスマントルコ時代のトルコ式です。
以前は「ゲイ」が集まる温泉として有名でしたが、そんな悪名を払拭させようと現在は、水着着用で男女混浴になり今では健全な温泉になりました。

地下鉄2号線の「バッチャーニ広場駅」から歩いて5分ほどの場所にありますが、一見してここが温泉?と言うような場所です。
入り口で入場料金を払う際にロッカーにするかキャビンにするか聞かれます。キャビンは着替え荷物入れに個室が利用できるだけでロッカーは名前の通りロッカーを使うだけです。
男性ならロッカーで十分なのでロッカー利用(2400HUF)を払うと腕時計型のICチップを渡されます。

ロッカーは2階にあるので階段を上がりICカードをかざすと回転バー式の改札が動く仕組みになっていました。ロッカーはこっちと手招きしている係員の方に向かい、そこで水着に着替えます。
ささっと着替えて、再び階段を降りて浴場へ向かいます。まずはシャワーを浴びろと書いてあるのでシャワーに浴びようとするとそのお湯は微かな硫化水素臭がして「温泉」であることが判ります。

うーん、温泉いいねぇ~と温泉シャワーを浴びてから隣のドーム状の浴場へ移動します。
おおーこれがトルコ式かぁとちょっと感動。
あ、温泉内は写真撮影禁止なので写真がありませんので、あしからず。

中央の一番広い浴槽は36℃となっておりややぬるい感じです。
投入口からは大量の温泉は注がれており、その周辺は硫化水素臭がします。もちろんかけ流しになっておりオーバーフローしています。
浴槽内は気持ち白濁感があります。隣の小さな浴槽は40℃になっておりこちらは無色透明なので、白濁がお湯がくたびれているのかは判断が付きません。
40℃の方は日本の温泉と同じような温度で、あまり入る人は少ないです。

40分ほど温泉入浴を楽しみ、お腹も空いたし喉も乾いたと言うことで着替えて温泉を後にします。
バッチャーニ広場駅から地下鉄2号線で「アストリア駅」に移動します。

友人おすすめのレストランが駅から5分ほどのところにある「BOBレストラン」で夕食です。
まずはハンガリービールで乾杯して、クヤーシュスープとハンガリー式の鶏肉料理をオーダーしました。

BOBレストラン

スープはなかなか日本人にも合う味付けで美味しかったです。もちろんメインも美味しくハンガリーの味を堪能することが出来ました。

今晩、ハンガリーで一泊し明日は帰国行程です。楽しい旅ももうすぐ終わろうとしています。


その5へ>  <その7へ>