Category: 旅



AMEX デルタ スカイマイル ゴールドカードを解約

AMEX

届いたばかりのカードも裁断処分に


今回の旅行終了をもって、アメックスのデルタ スカイマイル ゴールドカードを解約することになりました。

このカードは年会費を払えば、デルタのメダリオンゴールド資格が特典で付与される最強?のカードでしたが、昨年から特典見直しでメダリオンゴールド資格を得るには年間150万円の決済が必要となり、維持は無理と判断してカードの有効期限である12月を持って退会することにしました。

という事はデルタ航空を始めスカイチームでのエリートプラス特典を受けられるのも12月までと言うこともあり、セント・マーチンまで行ってきたのです。

旅から帰ると、アメックスから新しいICチップ付きのカードが届いており、もしかして年会費が請求されちゃう?と焦りましたが、今日アメックスに電話して退会を告げると、20日締めで請求する予定だったので、退会すれば請求されないと言うことで一安心しました。

ただ失敗したのが、今回の旅行中でアメックスを使ったのですがその分の支払いが解約日以降になるのでその分のマイルは加算されないらしいとの事。
海外利用の場合、アメックスのマイル加算率が良いのでいつもの癖でアメックスで支払ってました。
ちょっとしくじりましたが、後の祭りですから仕方ないです・・・。

2019年のセントマーチン

SXM マホビーチ

マホビーチの美しさは健在でした

12/2から2度目のセントマーチンに出掛け、今日帰国しました。
行程の都合でセントマーチン滞在は約72時間と短かかったのが残念ですが、カリブ海の美しさはなんとも言えない感動がありましたね。
これから写真整理や旅行記をアップしなければ(笑)

前回訪問したのが2015年で、その翌年2016年にKLMがB747-400での運航からA330に変更となり、さらに2017年に超大型ハリケーン「イルマ」がセントマーチンを襲い、壊滅的被害を受けてようやく今年から観光客の受入れが本格的に始まったところでした。

しかし、まだまだ観光客が完全に戻ってきている訳では無く、空港も2階部分が使用不可能でボーディングブリッジが使えず、ターミナルと機材の間はバス移動か徒歩となっています。

航空便も少なく機材も小型化されていることもあり、以前ほどの迫力に欠けてしまう感じもありますが、エールフランスやKLMの大型機材での運航も続いてますし、スポッター御用達だったソネスタマホビーチホテルの再開記念プロモーションでは以前の半額程度でオールインクルーシブホテルを楽しむ事も出来ます。

これから1月から3月がセントマーチンのベストシーズンになりますから、ぜひ足を伸ばして欲しいものです(と言っても簡単に行ける場所では無いですけどね)

SXM到着!

月曜日の夜、羽田を出発して福岡、ソウル、ミネアポリス、ニューヨークと乗り継ぎようやく真の目的地であるセントマーチン(SXM)に到着です。

2017年にハリケーンが襲い壊滅的被害を受けましたがその後の復旧もようやく軌道に乗っていますがまだ空港のイミグレーションは仮設状態でしたしJFKから乗ったデルタ機はオープンスポットでした。
SXM到着
今回は日程の関係でSXM滞在は72時間と短いのが残念でありません。
到着後、すぐにマホビーチに行って撮影開始(笑)。

明日も晴れると良いなぁ~

いざ出発!

今日からセントマーチンへ行ってきます。
今回は特典航空券を使った旅で、ANAスタアラ特典のHND/FUK/ICN/NRTとデルタのスカイチーム特典でのICN/MSP/JFK/SXM/JFK/TPE/ICNを組合せての旅です。

一週間で9フライト。まあ、飛行機の為の飛行機による旅ですから(笑)
まずは第一区間のNH278、JA743AのStarWars塗装機材で福岡に向かいますが、使用機材到着遅れで10分遅れです。
NH267

沖縄・那覇空港第二滑走路来年3月供用開始

国土交通省は平成25年より事業を進めてきた、沖縄・那覇空港の第二滑走路が来年3月26日から供用開始することを発表しました。

那覇空港は自衛隊との共用空港で最近の中国情勢から緊急発進は増加傾向にあります。緊急発進時には自衛隊機の発着が優先されることから民間機がホールドし遅延が発生することが以前からあり、航空便の増加もあることから第二滑走路の建設が進められてきました。

現在の滑走路から海側に平行するように埋め立てられて建設されましたが、思いの外早く完成した感じがします。

第二滑走路の供用で年間24万回の離発着が可能になり今の倍近くの処理能力を得ることが出来ますので航空便の増加や自衛隊機の緊急発進時にも対処がしやすくなり遅延が減ることになるでしょう。

那覇空港、離発着のラッシュ

滑走路が増えて那覇空港の離発着ラッシュが緩和へ

Miles & Moreステータス集計方法の変更

LH/DHL/ルフトハンザドイツ航空 A340-300 D-AIGF

Miles & Moreのステータス計算が変わります

ルフトハンザグループのマイレージサービスMiles & Moreは2021年からフリークエントフライヤーのステータス集計方法を変更することを発表しました。

現在は利用フライトの距離、搭乗クラスとステータスに応じたマイルによりステータスの判断をしてましたが、2021年からは搭乗クラス、フライト目的地によるポイントを集計しステータスを判断することになります。

ポイントは利用便が地域内(大陸内)フライトか地域間(大陸間)フライトで決まります。地域は欧州、アジア、北米、南米、オセアニアが定義されているようです。
なので、日本からドイツへは地域間フライト、日本からタイへは地域内フライトとなります。

獲得出来るポイントは
地域内フライトはファーストとビジネス10ポイント、エコノミーは5ポイント
地域間フライトはファースト70ポイント、ビジネス50ポイント、プレミアムエコノミー20ポイント、エコノミーは15ポイント
です。

ステータスに獲得に必要となるポイントは、暦年内で
フリークエントトラベラーが160ポイント、セネターが480ポイント、HONサークルが1500ポイントになりポイント半数をルフトハンザグループのフライトでのポイントが必要になります。(HONサークルはすべてルフトハンザグループのフライトが必要)

こうみると地域間フライトの上級クラス、要するに長距離線のビジネス、ファーストを利用する人に厚遇している感じですね。

BRTで代替で鉄路廃止

東日本大震災で路線に大きな被害が出たJR東日本の気仙沼線柳津~気仙沼間と大船渡線気仙沼~盛間について、国土交通省に鉄道事業廃止の届出を行ったことを発表しました。

この区間は鉄道敷地をバス専用道に転換したBRTによりすでに復旧していますが、鉄路での復旧はとうの昔に諦め、沿線自治体も鉄道の廃止に同意しておりJRが廃止届の提出したことで正式に鉄道が消えることになります。

柳津で途切れ、出発信号機に進行現示が出ることが無くなった気仙沼線


廃止になる気仙沼線は1977年の開通と比較的新しい区間でしたが被害の大きさや復旧後の輸送状況を考えると企業として費用をかけて復旧させるのは無理と言うことです。
残念ではありますが、企業としての判断としてはそうなるでしょう。

既にBRTによる代替手段も定着しており、鉄路が無くなってもJRが関与しますし、JRがBRTにしたいと言った以上、当面は責任をもって運営する筈ですから交通手段は確保されますし、「時刻表」にも掲載されます。「時刻表」という日本でも有数の発行部数を誇る雑誌に駅(町)の名前が載るのですから。

JRはBRTと言う新しい手段をもって代替えをするのですから最後まで責任をもって運営していただきたいですね。

ホリデー快速あたみ

ホリデー快速あたみ今日は伊豆方面に撮影に出掛けた帰り、熱海駅から青梅行の全車指定「ホリデー快速あたみ」で横浜まで乗車して帰ってきました。
当初は沼津からの富士急の高速バスで帰ってこようと思っていたのですが、臨時快速があるし、それも185系と言うのでバスをキャンセルして、前日に指定券をえきねっとで確保しておきました。

熱海温泉で一風呂浴びた後、16:40発の「ホリデー快速あたみ」に乗り込みましたが、まあ客層は自分を含め「鉄分」を保有した人が殆どでしたね(笑)

ホームや車内放送で「本日は満席で車内での指定券の発売はおこないません」との事。
でも実際にはポツポツと空席がありました。
大方、きっぷ収集鉄が購入したのでは?と思われます。

そういう死に座席を再販すれば収入になるのですが、後から乗車したきたらトラブルの元になるから消極的なんでしょうね。
自由席を併結すれば良いのでしょうが、またそれはそれはで問題が起きそう(ホリデー快速富士山のように・・・)なので難しいですからね。

最近は旅行会社が団臨を仕立ててバスツアーと組み合わせて商品を造成している例も多くなってきました。特に週末は道路が渋滞してバス帰着が遅れたりしますからね。
今後は臨時快速は減らして旅行会社への販売と言った方向になってくるかも知れません。

市原・房総十字園でのミカン狩り

今日は、毎年恒例のミカン狩りに行ってきました。
今年は台風で千葉県に大きな被害が出て市原のミカンも大丈夫かなと心配しましたが、農園の方々が頑張ってくれたお陰で例年より遅い10月下旬にオープンしました。

家を出るのが昼過ぎになってしまいましたが、高速で行けば1時間を切る距離なのでちょっとしたお出かけには丁度良い?距離です。
ただ、房総十字園さんは車で無いと行けない(公共交通機関が無い)のが残念なところです。

受付で入園料550円を払って、説明を聞いてからみかん畑へ突入です。

房総十字園

房総十字園のミカン狩り

今年は早生のミカンには幟が出ているので分かりやすくなっていますが、全体的にミカンの生育が少し遅いのか?まだ青々したミカンも多い感じがしました。
なのでもう1,2週間後の方が良かったかも知れません。

まあそれでも1時間ほど園内で12個のミカンを食べて、お土産用の小袋(800円)に17個詰めてきました。

東京都【船堀】鶴の湯

船堀・鶴の湯オススメ度:★★★
泉質:温泉法の該当(メタけい酸) 低張性低温泉
《源泉温度》18.3℃ 《湧出量》250L/min 《PH値》8.3 《成分合計》620mg/kg
《加温》有 《加水》無 《循環》有 《消毒》有
料金:東京都公衆浴場料金(大人)470円
入湯日:2004.4.24/2007.4.22/2008.12.7/2012.4.14/2015.12.30/2019.11.4
HP:http://tsurunoyu.tokyo/
住所:江戸川区船堀2-11-16

江戸川区船堀地区には3軒の温泉銭湯があります。東京の銭湯では地下水をくみ上げて使っているの所が多いのですが、中に成分が温泉法による該当する地下水になっている場所があります。鶴の湯は地下から湧き出る黒湯(黒湯にしてはすこし薄めですが)となっています。

フロント形式にリニューアルされていて、入口や脱衣場も綺麗になっています。
銭湯なので消毒が義務付けられていますが、風呂場での塩素臭はさほどしません。
内湯は3つ浴槽がありますが1つはサウナ入口前にある「水風呂」で、こちらは源泉がそのまま使用されていて、掛け流しになってます。(源泉温度は18℃です)

後は温泉使用の浴槽と白湯の浴槽があり、温度は銭湯らしく40~42℃程と少し熱めの設定になっています。
また温泉浴槽の一部は電気風呂になっています。
浴槽の蛇口からは源泉が出るようになっていますが、入れると浴槽温度が下がるのであまり投入するのは謹んだ方が良いでしょう。

銭湯にしては珍しく、てちょっと狭いですが露天風呂もあります。
まあ場所が場所だけに塀で囲まれて外は見えません。こちらも加温された源泉が使われていて、若干オーバーフローもしていますが、基本は循環と考えてよいでしょう。(常にオーバーフローしていると言う感じではありません)
露天ではメタ珪酸特有の匂いがしましたが、スベスベ感はあまりありませんでした。

源泉を加温して使用していますので浴槽には結構、湯の花が混じっています。露天は内湯より温度設定が低めなので、内湯で火照った体を露天で休みながら入れるのは嬉しいです。

銭湯ですが洗い場にリンスインシャンプーとボディソープが2セットですが常備されてます。
ドライヤーは脱衣場に常備(有料10円)

<MAP>

鉄道:都営地下鉄新宿線船堀駅下車徒歩5分
車:首都高中央環状線船堀橋ICから車5分


もどる

くまモン効果?ラオス航空が熊本空港へ

QV/LAO/ラオス国営航空 QV441 A320 RDPL-34188

熊本に乗り入れるラオス国営航空のA320

ラオス航空(QV)が申請していた来年3月18日から、ヴィエンチャンとルアンパバーンから熊本への週2便ずつ運航する計画について乗入れが航空局から認可が下りました。

使用機材はA320型機で運航となりますが、なぜ熊本?と言うことになりますよね。

当初は、福岡空港への就航を予定していたようですが、福岡空港は混雑空港なことから希望する時間での発着枠が確保できなかったことと、QVが保有するA320の航続距離から熊本になったとの事。

熊本から関西や羽田への乗継ぎも可能になりますから、悪くは無い選択だとは思いますが後は利用客がどう判断するかですね。

ヴィエンチャン/熊本(水・土)
ルアンパバーン/熊本(月・金)

混乱の続く香港

KA/HDA/キャセイ・ドラゴン航空 A330-300 B-HYB

羽田線を運休するキャセイ・ドラゴン航空

民主化要求デモが続く香港ですが、未だ終結が見通せない混乱が続いています。

デモの要求が中国移送法案の撤廃だったのが、今では反共産体制になりつつあります。まあいつかはこういう動きが香港で起こるとは予想はしてましたがこうも膠着状態が続くと香港市民の疲労もさる事ながら。香港経済への影響を心配せずには居られません。

二国制度の香港ならではの地位が、中国返還後の香港経済の力になっていただけに、今後なにかしらの混乱に乗じて共産色が支配することになれば香港経済の優位性は消えて、深センと同じ括りになってしまうのではと危惧してます。

今、香港は観光客を始めとした外国からの訪問客が減少してます。
シンガポール航空は10月中旬から週49便運航していたシンガポール~香港線を46便に減便と機材縮小をしています。
一番影響の大きいのは香港ベースのキャセイパシフィック航空でしょう。既に米国線や欧州線で減便を行っており、傘下の香港ドラゴン航空は11月5日より香港~羽田線を運休します。

現地からの情報だと平日の昼間は比較的穏やかで企業活動も行わており観光出来なくは無いとの事ですが、週末になるとデモも激しくなり外出は控えたほうが安心との声もあることから、観光で香港を応援しようと言いけれない状況のようです。

早くまた深夜まで明るい香港になって欲しいものです。

ヴァージン・オーストラリアが羽田へ

以前はバージンブルーの社名でしたね。

以前はバージンブルーの社名でしたね。

オーストラリアの国際航空サービス委員会(日本で言う航空局に相当)は、来年のサマースケジュールから羽田空港へ乗り入れるキャリアとして、ヴァージン・オーストラリア(VA)とカンタス航空(QF)にそれぞれ日1便を割り振ることを決定しました。

これによりアンセットオーストラリア航空の破産により豪州キャリアはQF(配下のジェットスター含む)だけの乗入れでしたが、ようやく2社乗入れとなります。

VAは来年の3/29からデイリー運航でブリスベン/羽田線を開設する意向でA330-200を使用します。あわせてANAとのコードシェアを開始する予定になっています。

ブリスベンはオーストリア東部に位置して温暖でゴールドコーストにも近く、以前はJALがB747-400で直行便を飛ばしていたこともあります。

VAの就航で比較的高値安定な豪州線の運賃が下がることを期待したいところです。

宿泊はANAよりJALのほうが安い

宿泊予約をする際に、マイルを貯めるためにJALやANAのホームページから宿泊予約サイトに遷移してマイルを貯めることを良くしますが、同じホテルでもANAから遷移するよりもJALから遷移して予約した方が安いと言う事がありました。

JAL(JMB)のホームページから遷移した場合は

JALから遷移した場合

JALから遷移した場合の価格

ですが、

ANA(AMC)から遷移した場合で同じ日程、同じホテルですが、

ANAのホームページから遷移した場合

ANAのホームページから遷移した場合

なのです。

実は事前支払いで払い戻し不可のプランは同額なのですが、支払いが宿泊の前日まで猶予されるプランだと僅かではありますが、JALから遷移した方が安いのです。
多分、JALサイトから遷移して予約する人が多いので割引率を高めているのしょう。

マイレージで提携している宿泊予約サイトには大きく2通りあって、システムをホテルに提供してホテルが価格を設定するサイトと予約サイトが自ら契約するホテルから仕入れて販売するサイトがあります。
今回は後者タイプの「Agoda」サイトでの事ですが、仕入れた部屋は確実に売りたい訳です。
サイト全体での収益コントロールすれば良いので柔軟な価格設定が自由に出来るのも大きいですね。

ちなみに楽天トラベルで同一ホテルを同日程で検索すると同じ部屋タイプで最安は8,819円+税です。

宿泊予約する際にちょっと調べるとこういう面白い発見があって面白いです。

SWISS、関空就航記念運賃

スイス インターナショナル エアラインズ(LX)は来年3月の関空就航を記念したプロモーション運賃をファイルされています。

運航機材が成田線から撤退するA340-300となるのがちょっと残念ですがスイス航空の破綻に伴い、関空とスイスを結ぶ直行便が無かった関西にとっては、19年ぶりの路線再開となります。

就航記念運賃はエコノミー・ビジネスクラスともに設定されています。
※運賃は予告なしに変更される場合があります。ご利用の際は最新情報を航空会社または旅行会社に確認ください。

<<エコノミークラス>>
出発期間 ハイシーズン(H)2020/3/2~3/31
     ローシーズン(L)2020/4/1~4/24
発券期間 ~11/30
運賃 (H)60,000円 (L)51,000
出発地 関西(LX158/159便のみ利用可)
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス K
週末加算 5,000円 日本:土日出発、欧州:金土出発
旅行期間 5日以上21日以内
発売/発券期限 21日前/予約後24時間以内
燃料サーチャージ 別途要

<<ビジネスクラス>>
出発期間 ハイシーズン(H)2020/3/2~3/31
     ローシーズン(L)2020/4/1~4/24
発券期間 ~11/30
運賃 (H)310,000円 (L)290,000
出発地 関西(LX158/159便のみ利用可)
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス P
週末加算 50,000円 日本:土日出発、欧州:金土出発
年始加算 なし
旅行期間 5日以上1ヶ月以内
発売/発券期限 21日前/予約後72時間以内
燃料サーチャージ 別途要

再就航にあわせて関空線に乗りたいけど時期的に忙しいからなぁ~

LX/SWR/スイス国際航空 LX160 A340-300 HB-JMH

関空に就航するスイス国際航空のA340-300