Category: 旅



GK、関空/下地島を12月から運休

ジェットスター・ジャパン(GK)は、2019年7月に就航した関空/下地島線を12月より運休することになりました。この路線は、今年3月30日の下地島空港の旅客ターミナル(再)開業にあわせて、GKが成田線を開設し、7月に関空線を就航したものの、僅か5ヶ月で運休することになりました。

成田線もウィンタースケジュールから毎日運航から週4便に減便されます。時期的にオフシーズンになることからの減便とも言われてますが、やはり全体的に搭乗率の低迷があるのではと思っています。

GKは下地島線を宮古(下地島)と表記していますが、伊良部大橋で結ばれたとは言え少し離れているのと、GKのダイヤ編成にも問題がありそうな気がします。
成田発は朝が早いし、関空線は到着が遅めとLCCの宿命である効率的な機体運用の為に、デスティネーション性が失われてしまったのは残念です。

折角、直行便も再開され、海外キャリアの訓練空港としても注目を浴びてきた下地島ですが、GKの運休&減便は残念です。

下地島空港といえばRWY17エンドです。

下地島空港での訓練を撮影しに行きたいですね

権現堂の彼岸花

今年は遅咲きになった彼岸花

今年は遅咲きになった彼岸花

今日は、幸手の権現堂へ彼岸花を見に行って来ました。

幸手と言えば、8月に幸手市長が広島の飲み屋で暴行事件を起こして逮捕されたと言うニュースがありました。丁度明日が幸手市の市長選の様で、防災無線で明日の投票を促す放送がありました。
幸手は埼玉では知名度は低い?ので、あのニュースで幸手は一気に全国区になりしたからね。まあ不名誉なニュースなので・・・

彼岸花は例年なら秋分の日辺りが見頃になるのですが、今年は例年より10日程遅れての開花になったようです。
一気に咲いて一気に枯れるパターンの様で、なかり枯れた鉢が多い感じでしたが、遠目にみれば赤い絨毯には見えますね。

アクセス国際ネットワーク営業終了

JALの予約システムとして長きに使われてきた「AXESS」ですが、2017年から自社システムから段階的に世界的な予約システム(GDS)のアマデウスにプラットフォームを変更してきました。

一方で、AXESSの営業や旅行代理店へのサポート、トレーニングなどを行いAXESSシステムの運営を担ってきた「アクセス国際ネットワーク」が営業を終了すると言うニュースを見て驚き、一つの時代が終わったのかなと思いました。

予約システムとしてのサービスは2021年3月末まで継続し、それ以降はアマデウスがJALの推奨GDSとなります。
JALCOMから始まった日本の空の予約システムとして発展してきたものの、自社で予約システムを運営する限界や。旅行のグローバル化の中で、生き残るのは難しかったのかと言う感じです。
国鉄のマルスと並ぶ国産の予約システムだったのですが・・・

まだインターネットが無い時代に、JALから引き継いだパソコン通信サービス「JAL NET」を運営しており、パソコン通信経由でAXESSに接続してPNRを作成していた人間としては寂しい感じもします。

AAも羽田へシフト

アメリカン航空(AA)も来年のサマースケージュールからシカゴ~成田・ロサンゼルス~成田線の運航を取り止め、毎日2便運航のダラス~成田線を毎日1便に変更することを発表しました。

一方、ダラス~羽田線を毎日運航で開設し、毎日運航のロサンゼルス~羽田線を毎日2便に増便します。
DFW/NRT
 AA175 DFW 1220 HND 1555+1 777-300ER Daily
 AA176 HND 1815 DFW 1620 B77-300ER Daily
LAX/NRT
 AA170 LAX 0055 HND 0445+1 B787-9 Daily
 AA027 LAX 1015 HND 1420+1 B787-9 Daily
 AA169 HND 1155 LAX 0610 B787-9 Daily
 AA026 HND 1625 LAX 1025 B787-9 Daily

成田から羽田へのシフトが続き、成田への乗入れは後発だったAAも羽田へシフトの流れですね

AA/AAL/アメリカン航空 AA169 B787-9 N840AA

LAX線はB787-9での運航です

AAがソウル発の南米行セール中?

友人がアメリカン航空(AA)のソウル発ペルー行の航空券が安い!と言うことでさっそく購入しました。なんとソウルからペルー・リマ行が6.5万からだったと言うのです。

マイアミあたりからだと往復5万くらいのセール運賃が出ることがありますが、トランスパシフィックでこの値段は普通では無いですよ。
どれどれGDSに運賃がファイルされるているかと調べてみました。

ICN/LIM間のキャリアをAAで検索してみましたが、どういう訳かOneWayでの設定で、
QLX00YN1 KRW487400
と言う運賃しか出て来ませんでした。OneWayですが、RTにもOJにも対応していますので、往復なら単純に倍にすれば往復になります。これでも運賃だけみれば安いですよね片道4.5万ですから。

しかし、AAのホームページから検索してみると
OLE08YN1 KRW511200
と出てきました。
諸税込みでKRW730400となってリマ往復が6.5万です。ちなみに払い戻しもKRW140000で可能となっています。

AAでICN/LIMが6.5万ですって!

AAでICN/LIMが6.5万ですって!


ブッキングクラスがOなので、HPだけの運賃なのかも知れません

南米が安いならカリブも安いのかとICN/SXMで調べてみましたが、安くても14万オーバーでしたから、南米向けのプロモーションなんでしょうね。

ワンワールド派の人には修行に良いのでは?

あのトーマス・クックが倒産

MT/TCX/トーマスクック・エアラインズ MT1079 A321 G-TCDJ

運航停止となったトーマスクック・エアラインズ

イギリスのトーマス・クック・グループが9月23日に破産を申請し倒産しました。

同社は1841年創業の世界最古の旅行会社と言われており、現在では旅行を核とした旅行産業を形成し、自社ツアー客を世界各地へ運ぶ、トーマス・クック航空など世界中でビジネスを展開していただけにかなりのショックが走りました。
これもEU離脱の影響か?などとも揶揄されていますが、昨年から経営状況は悪化しており、追加の資金調達が出来なかったことによりThe Endとなったようです。

トーマス・クックと言えば欧州の鉄道時刻表でも有名で、インターネットがない時代に欧州へ旅行する時に何回かお世話になったものですし、旅行業務取扱主任者試験でも出題されてましたからね。
(現在は、トーマス・クックから離れてEuropean Rail Timetable社から刊行されています)

今回の倒産でトーマス・クックを利用して旅行中だった人に対して英国の民間航空局(CAA)がチャーター機による救済フライトを展開して帰国を支援しています。

英国の旅行業界では取り扱い1人あたり2.5英ポンドの供託金をCAAが集め、営業停止などの事態に備えているそうで、日本の旅行業者供託金制度とはかなり異なります。

それにしてもイギリスを代表する老舗がこうもあっさり消えるとは思ってませんでしたね。

カタール航空が2020年に大阪線再開

カタール航空(QR)は2020年4月からドーハ/大阪・関空線をA350-900で週5便で再開する計画です。
QRは、成田就航の条件とされていた関西・中部への乗り入れにより2016年まで大阪線を運航していましたが、利用率低迷から運休しています。

再就航にあたっては関空に夜到着の深夜発で、来年開催されるオリンピック需要をドーハ経由で取り込もうとしています。

ただ、サウジアラビアへのドローン攻撃により中東情勢がきな臭くなってきましたので今後どうなるか心配ではあります。

QR802 DOH0210 KIX1750 A350-900 月水金土日運航
QR803 KIX2330 DOH450+1 A350-900 月水金土日運航

QR/QTR/カタール航空 QR834 A350-900 A7-ALJ

関空びA350-900で乗り入れるカタール航空 QR834 A350-900 A7-ALJ

MAX SL もぐら 酒蔵の旅

今日14日はスイスから遊びに来ていた友人と「乗り鉄」の旅をしてきました。

朝、東京から引退が近いE4系ダブルデッカー「MAXたにがわ」で高崎まで2階席からの眺めを堪能?した後、高崎からはC61-20が牽引する「SLぐんまみなかみ」に乗車します。

高崎駅で出発準備中のC61-20

高崎駅で出発準備中のC61-20


随分前にD51-498牽引のSLみなかみに一緒に乗車したことはありましたが、自分もC61-20単独牽引の列車に乗車するのは初めてです。それに12系の乗車するのも久しぶりでした。
SLらしい走りはなかなか興味深いものがあります。
水上までの2時間弱はあっと言う間ですね。

そう言えば今日は天気が今ひとつだったからか、沿線の撮り鉄は少なかった感じでした。

今日は水上から、SLに接続するように越後湯沢行の臨時快速「やまどりもぐら」が運転しており、20分程の待ち合わせで485系改造の「やまどり」に乗り、越後湯沢へ向かいます。

臨時列車と言うことで運転速度がかなりゆっくりに設定されており、新清水トンネル内にホームがある土合駅では20分の停車時間が設けられており、友人は頑張って500段近くある階段を上って駅舎を見て戻って来ました。

土合駅のホームから続く階段

土合駅のホームから駅舎に続く階段

トンネル内のひんやりした空気を楽しめるのも夏らしくていいですね。

土合駅からトンネル出口まで15分掛けてゆっくり走り、高崎では曇り空でしたがトンネルを抜けると快晴の良い天気になっていました。

越後湯沢から越後川口までは普通列車で移動した後、十日町発上越妙高行の「越乃SHU*KURA」に乗り換えます。
キハ40、48を改造した3両編成で2号車がイベントカーとなっており、沿線の酒蔵が自社自慢のお酒を紹介しながら試飲ができると言う素晴らしい列車です。
今日は長岡市の朝日酒造さんが乗車して、車内で「朝日山大吟醸」「朝日山吟醸」「香里音」の3種を飲み比べることが出来ました。

車では運転があるのでなかなか試飲が出来ませんが列車なら全然問題ないですからね。
さら販売カウンターでは、新潟県のお酒が有料(200~400円)で飲むことが出来ます。なので友人と一緒に日本海を眺めながら日本酒を楽しむことが出来てなかなか楽しい列車でした。

日本海を眺めながら日本酒

日本海を眺めながら沿線の地酒を楽しめます


途中、日本海が目の前に広がる青海川駅では20分程の停車時間があり、丁度夕方で太陽がもうすぐ日の入になるいい感じの風景を眺める事が出来ます。

友人の行程の関係で終点まで行かず、直江津で下車して快速の新潟行で戻ります。
終点まで行くと、トキ鉄になるので友人の「JR PASS」では別途乗車券なってしまいますし、自分は「週末パス」利用なので犀潟から北越急行に乗換えて越後湯沢経由で帰京することが出来ます。

犀潟で新潟に向かう友人と別れて、越後湯沢からE2系「とき」で帰って来ました。
まる1日、まさに「乗り鉄」しっぱなしの旅でしたが、今日はうまい具合に臨時列車を乗り継ぐ事ができましたし、途中駅ではなかなか出来ない事も出来たと友人も喜んでいました。

たまにはこういう「乗って楽しい列車」の旅もいいもんですね。

電気がなければ何も出来ない

台風15号の大きな被害を受けた千葉県ですが、台風上陸から80時間を過ぎた今時点でも約272500軒が停電しています。

©東京電力パワーグリッド株


台風が過ぎ去った9日、通勤難民が大量発生したニュースはまたたく間に広まりましたが、千葉県の停電についてはあまり気に留める報道は無く、東電も早い段階に復旧する見込みを出していました。

が、翌日10日になっても千葉地区のJRは止まったまま。いくら倒木が多いと言っても24時間もあれば大抵は復旧するだろうと思っていたところに、「停電で踏切が動作しない」と言う話が飛び込んで来ました。
鉄道運行に必要な架線電源はJR自営の発電所から給電されますが、保安装置系は東電などの電力会社から給電される事が多く、走らせる事が出来ない状況に陥ることになりました。

翌11日もダメ。
台風上陸から72時間を経過した12日に、北東部の総武本線や成田線が再開しましたが、南房地区は13日の昼に再開の見通しとの事です。

先日の記事にも書きましたが、台風15号は東京湾を北上したことで千葉県に大きな被害がでましたが、進路が少しでも西にずれていたら被害は拡大していたことだと思います。

この台風では「電気がなければ何も出来ない」ということを嫌でも認識することになりました。
東京は先の計画停電でも給電され続け、停電を味わってないだけにもしも東京がこういう被害にあったらどうも出来ないということになります。

自家発電設備があっても電気がなければタンクローリーに燃料を入れられないから、備蓄の燃料が無くなった時点で「終了~」となりますからね。

南房では停電の影響で亡くなられた方も出ており、早い復旧が望まれます。

青春18きっぷ決算

青春18きっぷ今年の夏は青春18きっぷを購入して5回分を使い切りました。
最近は、最後の1回とか2回を友人に売却していたりしたので、使い切りは久しぶりです。なので今回18きっぷを使わずに普通乗車券を買ったと想定して今回の決算をしてみました。

1回目
最寄駅ー上野ー(高崎線・上越線・信越線)ー新潟ー(白新線・羽越線)ー秋田

2回目
秋田ー天王ー男鹿ー追分ー東能代ー(五能線)ー川部ー弘前ー新青森

3日目
(新青森~盛岡:新幹線利用)盛岡ー仙台ー(常磐線)ー上野ー最寄駅

この3日間は通常に購入すれば一筆書き乗車券+区間外乗車券を組み合わせることで安くなるので
*[都区内]-上越新幹線-[新潟]-白新線-[新発田]-羽越線-[秋田]-奥羽線-[東能代]-五能線-[川部]-奥羽線-[新青森]-東北新幹線-[仙台]-常磐線-[上野] 16,850円 
*追分-天王 240円
*天王-男鹿 240円
*男鹿-追分 500円
*川部-弘前(往復)400円
合計18,230円となります。
但し、今回新青森から盛岡まで新幹線ワープを使ってますから、この区間のモバイルSuica特急券「モバトク」の乗車券分2960円は費用計上しないとなりませんね。

4回目
最寄駅ー東京ー新居町/弁天島ー島田/金谷ー東京ー最寄駅
*都区内~新居町(往復)9,500円
*金谷~島田190円
合計9,690円

5回目
最寄駅ー上野ー(東北本線・磐越西線)ー会津若松 往復
*都区内~会津若松(往復)10,160円

となり損益計算は
青春18きっぷ 11,850円 | 普通乗車券 38,080円
「モバトク」 2,960円 | 
当期純利益  23,270円 |
------------------------
       38,080円 |       38,080円

となりました。
乗車券相当分の比較なので、損益計算としは相応しくは無いのかも知れませんが、取り敢えず2万円ほどはトクした計算になりました。

ネパール航空が成田へチャーター便運航

8月29日から関空に就航するネパール航空(RA)ですが、9月と10月にカトマンズ/成田をチャーター便として運航する計画があります。

RA4331 KTM 2130 NRT730+1 A330-200 9/26.10/2
RA4332 NRT 930 KTM1400 A330-200 9/27.10/3

RAはA320型2機、A330-200型2機の4機を保有しており、成田へは関空と同じく2クラスA330-200で運航予定です。

今回のチャーターはヒンドゥー教の大祭に合わせて、在日のネパール人向けの旅行商品として販売され、今後は、関空発の需要動向を見ながら成田線の開設を模索していくことになりそうです。

On Groundへのカウントダウンか?

このところ、毎日のように日韓における諸問題(ついには日韓米まで波及しましたが)のニュースが流れているなか、韓国キャリアの直近の四半期決算がボロボロで全てのキャリアが営業利益がマイナスになりました。

大韓航空(KE)が9月から韓国と日本の地方空港を結ぶ路線の減便・運休を発表していますが、元ナショナルフラッグのKEが日本路線を減すと言うのはかなり厳しいと言うことでしょう。

先に減便を発表しているアシアナ航空は、その自身が既に身売り中での赤字ですから、将来を考えるとKEより厳しいのでは無いかと想像しています。

このまま韓国経済の不振が続けば、運航停止になるキャリアが出る可能性もあります。
国営でもない民間の航空会社が赤字続きだと、どこかの国で信用取引を断れ現金支払いを求めるような自体になれば、直ぐにThe Endになります。
そういう事例は沢山ありますから、次の四半期決算で今回より赤字幅が増える事になれば、カウントダウンが進むのは間違いないでしょうね。

なので、KEはセール中です。 

KE/KAL/大韓航空 B777-300ER HL8274

KEは欧州往復83000円のセール中

保安検査場通過は20分前までに

空港へは余裕持って・・・

JALは10/27から国内線の出発時における保安検査場通過を出発の20分前で締め切ることを発表しました。

ANAは既に羽田空港に限り20分前としていましたが同じく10/27から全空港に拡大します。

保安基準の強化と利用者増で、検査に掛かる時間が伸びており、さらに空港ターミナルの面積拡大により出発の15分では定時出発に影響が出ることが多くなったことが要因になっています。

確かに羽田では保安検査場が混雑して「**時発の**行の搭乗のお客様はいませんか」と地上係員が案内しているを良く見かけます。

とは言え、1日数便のローカル空港も同じにするのはどうかな?と思いますが、一律にしたほうが判りやすいから致し方ないところでしょうか?

10/27からは、遅くても30分前に空港に着かないと駄目ですね。

只今、セール中の韓国LCC。組合せ次第で国内旅行にも使える?

韓国のLCCでは韓国発の需要低迷により日本路線の大幅ディスカウントフェアを発売中です。
コレ以外のキャリア(KEやOZも)や期間外でも空席状況によって安い運賃をファイルしていたりしますので要チェックですね。

エアーソウル
 販売期間 8月20日まで
 旅行期間 9月30日まで
 運賃 成田~インチョン 2000円 関空・福岡・米子・高松・広島・静岡~ 1000円

ティーウェイ航空(通常のセール期間を延長)
 販売期間 8月25日まで
 旅行期間 10月27日~2020年3月28日まで
 運賃 成田・関西~インチョン、済州 1500円 成田~大邸 1000円
    新千歳~インチョン 2500円 福岡~インチョン・大邸 1000円 那覇~インチョン2000円

運賃には別途燃料サーチャージや空港税が必要になりますが、使い方によっては韓国経由の那覇~新千歳や成田~福岡なんて言う旅もできそうです。
ただ、韓国で1泊必要になる場合がありますが、上手くキャリアや目的地を組み合わせれば同日着も可能ですので色々試してみると面白いです。ただ、

    乗継ぎの保証が無いので自己責任

でおねがいします。

TW/TWB/ティーウェイ航空 TW207 B737-800 HL8253

韓国キャリアを上手く使って格安旅行が出来る?

Big Boy Excursion train in CA

「Big Boy」と言われて、あー世界最大の蒸気機関車と回答が出来る人はどれ位いるでしょうか?

アメリカのユニオン・パシフィック鉄道(UP)、今では貨物輸送の鉄道オペレーション会社ですが、以前はアメリカ最大の鉄道輸送会社で広大なアメリカ西部の山脈地帯を超える強力な機関車として1941年に登場し、1959年に本線運転から引退したものの、8両が保存されて余生を送っていました。
その後何回か復活計画が持ち上がった様ですが実現しませんでしたが、今年、UPが開業150年を迎えるにあたりBig boyの中で一番保存状態が良かった4014号機を取得、復元して今年5月の式典に登場してその勇姿を見せました。

そのBig Boyによる特別列車が、同機を保管していていたカルフォルニアのRailGiants Train博物館の主催で10月に運転されるとのことで、行きたい!となったのですが・・・

運転日は、10/12(土)、10/13(日)で日本の鉄道記念日に当たる日です。(時差があり日本の10/14は現地では10/13になりますから)
ロサンゼルスに東側にあるColtonから、ロスとラスベカスの中間にあたるBarstow(バーストー)まで片道づつ運転するものので、UPが保有がするクラッシックカーを牽引します。
多分、補機としてDLが次位に連結されるとは思いますが、カルフォルニア山脈を駆け抜ける勇姿はみたいものです。

ただ、ツアー代金が片道乗車(出発地までバス送迎あり)で最低700USDとかなりのお値段です。
でも日本のクルーズトレインとかに乗るより価値はありますし、せめて勇姿だけでもみたいなぁと思ったのですが、12月にセントマーチン再訪を予定しており資金繰りが難しい状態です。

あー行きたい!

ポーランドのSL

海外の蒸気機関車は標準軌だし、日本とは違って迫力がありますからねー