コロナ後の時代へ

先月の今頃はニューヨークの様になるなど言われる中、かなりの自粛ムードでGWに突入して、大丈夫なのか?と心配しましたが、今月に入り日本国内での新規感染者数が減少傾向になり、ようやく全国で緊急事態宣言が解除されました。

とは言え世界的にはまだまだ新型コロナの蔓延が続いています。世界では5百万人以上が感染し30万人以上が死亡する、まさにパンデミックとなりました。

最近は欧州は落ち着いてきましたが、ロシアや東欧、中東そして南米は感染の抑止が出来てない状況です。
全世界での感染者数
そしてアメリカも未だに多くの感染者が出ており、これから冬を迎える南半球などまだまだ感染が広がりそうな勢いです。
しかし日本はこれから経済再開に向けての動きが出て来るわけですが、まだまだ警戒しながらの再開となります。

いわゆるコロナ後の時代はどうのようになるのか?

もうコロナ前の時代には戻れないと言われてますが、確かに3月の学校一斉休校から始まったこの3ヶ月で失う物は大きかったです。
経済はかなりの打撃を食っていて、企業の倒産や従業員の解雇のニュースも多く夏のボーナスも厳しくなると言われてます。

今回の宣言解除が月末から前倒しになったのも経済立て直しを優先させる為と言われてますが、この数ヶ月で我々はかなりの事を学んだと思うのです。

コロナ後の時代を見据え次の選挙ではよく考えて投票しないといけませんし、今後の備えを考えていく必要もあるかと思います。
今回は上手く?封じ込めが出来たかも知れませんが、次のパンデミックのと時にも通用するとは限りませんからね。