スカイライナーが青砥停車に

スカイライナー

一部のスカイライナーが青砥に停車

調べ物があって京成のホームページを見たら、こんなリリースが出ていました。
スカイライナーの一部列車が青砥駅に停車します

こんなリリースが出ているとは知りませんでした。
4月11日から当面の間のとなっています。新型コロナウィルスの関係なのかは書いてませんが、青砥駅で都営浅草線・京急線方面のアクセスを便利にすることが目的とのことです。

青砥駅~空港第2ビル駅・成田空港駅間のスカイライナー券は、大人1,000円なので日暮里よりは少し安いですね。
ただ、停車するのが上下あわせて12本で下りは朝の6:15発(スカイライナー3号)から7:55発(スカイライナー13号)、上りは成田空港20:30発(スカイライナー72号)から22:20発(スカイライナー72号)となっています。

都心から成田空港へアクセスする有料特急は城東地区や千葉県内は通勤時間帯を除いて通過しますから走っていても乗る機会が無いのでこういう停車は嬉しいのですが、ただ、今は旅行に出かける状況で無いのが悔しいです。

青砥停車はこの先も続けて欲しいですね。

今日から成田空港の門限1時間延長

成田空港の夜景

成田空港の夜景

ウィンタースケジュールが今日から始まるのに合わせて成田空港の滑走路運用時間が1時間延長され23時までだった発着が0時になります。

これまで遅延により門限までに到着できなかったり、出発出来ない場合は着陸地変更や欠航となる事がありましたが、これで夜に成田空港を発着する便に余裕ができることになります。
特に機材運用がタイトなLCCにとってはこの1時間延長は嬉しいことでしょう。

ただ、以前からも伝えている通り羽田シフトが進んでおり、さらにデルタ航空の成田の乗入れ廃止など成田空港を取り巻く環境はかなり変化しており、開港からつまづきひっくり返た成田空港を未来に向けてどう活用していくか?の舵取りが重要になるでしょう。

なお、運用時間延長に合わせて京成線もダイヤ改正を行いました。
今回のダイヤ改正でスカイライナーの増発が行われ最大40分間隔だったのが20分間隔(夜間は30分間隔)となる一方、庶民?の味方だった20分毎の京成線経由特急が減便され、停車駅の多い快速になりました。(快速は佐倉で成田始発の快速特急に接続)

成田始発の快速特急は空港からの利用者で京成線特急が混雑しており、色々と問題にもなっていますから、京成としては空港利用者はスカイライナーやLCAB(ローコストエアポートバス)の東京シャトルを使って欲しいと言っているのでしょう。