GK、関空/下地島を12月から運休

ジェットスター・ジャパン(GK)は、2019年7月に就航した関空/下地島線を12月より運休することになりました。この路線は、今年3月30日の下地島空港の旅客ターミナル(再)開業にあわせて、GKが成田線を開設し、7月に関空線を就航したものの、僅か5ヶ月で運休することになりました。

成田線もウィンタースケジュールから毎日運航から週4便に減便されます。時期的にオフシーズンになることからの減便とも言われてますが、やはり全体的に搭乗率の低迷があるのではと思っています。

GKは下地島線を宮古(下地島)と表記していますが、伊良部大橋で結ばれたとは言え少し離れているのと、GKのダイヤ編成にも問題がありそうな気がします。
成田発は朝が早いし、関空線は到着が遅めとLCCの宿命である効率的な機体運用の為に、デスティネーション性が失われてしまったのは残念です。

折角、直行便も再開され、海外キャリアの訓練空港としても注目を浴びてきた下地島ですが、GKの運休&減便は残念です。

下地島空港といえばRWY17エンドです。

下地島空港での訓練を撮影しに行きたいですね

バニラエア、下地島空港で訓練実施

バニラエアは、10月11日より下地島空港での訓練飛行を開始することを発表しました。

2011年にANAが定期的な下地島空港での訓練を中止し、それ以降は琉球エアコミューターや海上保安庁などのが不定期的に訓練飛行をしていましたが、バニラエアの訓練が行われるのは嬉しいところですが、残念ながら年数回にそれぞれ3、4日程度の訓練に留まるようです。

以前の様に訓練スケジュールが公表されて、気軽に撮影に出掛けられれば良いですが・・・
折角、悲願の伊良部大橋(先日、プロポーズ直後にダイブして死んでしまった人もいますが)が完成して宮古島から行きやすくなったので訓練が増えて欲しいものです。

海を入れて撮影するのがこれぞ下地島

伊良部大橋が開通

宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋が1月31日に開通しました。
これでフェリーで40分、高速艇で20分掛かっていた2島間が橋で繋がれ、かなりの時間短縮になります。それにこの区間、無料となっていて、無償では日本一の長さを誇ります。

伊良部大橋は2006年に着工して9年の歳月を費やして完成しました。

伊良部大橋

建設中だった頃に伊良部大橋(2014.1.24)


2度ほど、宮古島からフェリーに乗船して伊良部島にある下地島空港へ撮影に訪れましたが、最初この間に橋を作るなんて夢の様な話だと思っていました。
2度目の訪島した去年、フェリーから8割方完成している橋脚を見て、本当に繋がるんだと驚いたものです。

ただ、残念なことに、下地島空港は今年度を持ってANAが定期訓練から完全撤退することになっていて、折角、宮古島から行きやすくなったのに伊良部島へ行く最大の目的が無くなってしまったのが残念でありません。

それと大橋開通に伴い伊良部島への足として宮古島と伊良部島を結んだ定期航路(宮古フェリー・はやて海運)が廃止されました。

車両甲板満載で船首の扉が完全に閉まらない状態で出港(笑)

車両甲板満載で船首の扉が完全に閉まらない状態で出港(笑)


渡し船感覚で乗るフェリーでなかなか楽しく、40分と言う航海はあっと言う間に過ぎてしまいました。

伊良部島、下地島空港が伊良部大橋開通で今後どうなるのか?
いい方向になれば良いのですが・・・