ようやく北千葉道路進捗へ

成田空港から都心方面へのアクセス道路として計画されていた北千葉道路、国道464号ですが、中央部分にあたる鎌ヶ谷~千葉ニュータウン~成田は既に完成(一部暫定)して供用されていますが、この程西側の終点に当たる外環道から鎌ヶ谷までの区間についてようやく都市計画がまとまり、環境アセスの手続きに入ることが判りました。

千葉ニュータウン付近は既に北千葉道路の有料道路として計画されていた割堀の専用道がバイパスとして供用されておりその専用道路が延長されることになるのですが、発表資料を見ると環境アセスの区間が外環道から国道16号との交差地点までで、ここから千葉ニュータウンのバイパスの間が抜けているのが気になります。

また今回の計画区間は有料道路と一般道路の8車線が整備されるので周辺道路の混雑解消も期待されます。

ようやく計画が固まった段階でこれから建設工事に入るまでまだ時間がかかりますから完成はまだ先の話ですが成田空港までのアクセスがかなり改善される筈です。

でも完成する頃には羽田シフトでLCC専用空港になっていたり(笑)