中途半端なRJNS/FSZ

静岡空港を発着するFDA

ダイヤを上手く設定してスポットを効率的に使っているFDA

先日、静岡空港に行って来ましたがやはり中途半端な感じがしましました。

まずは地理的に浜松と静岡の中間(若干静岡寄り)と言うことなのでしょうが、どちらの市街地よりも中途半端な結果になっています。
静岡から連絡バスで空港まで50分掛かりますが、新幹線に乗れば品川まで「ひかり」で最短51分です。

国内の就航先も限られ、搭乗率も60%後半から70%前半です。
静岡を拠点としているFDAはエンブラエル機で定員も少ない中のでこの数字ですからもう少し搭乗率が上がって欲しいところです。
国際線では搭乗率が90%を超す路線もありますが、毎日運航路線は上海だけで、搭乗率が好調な中国路線に依存しておりこの数字が将来まで持続する保証は無いのが痛い所です。

静岡空港の不要論は以前からもありますが、造ってしまったからには有効活用を見出さないといけないと思います。
ですが、知事は空港下に新幹線駅を作れと言ってますが、意味が判りません。

静岡や浜松へのアクセス利用?(既に浜松までのバスは廃止=需要が少ない)
それ以外の以遠地へのアクセス手段?(羽田や中部、関西と競合するのでは?)

なんか造る事に意義があるような感じです。

久しぶりに訪問してみて感じた静岡空港の強みは、海と富士山の景観だと思いました。
なんでこの強みを生かさないのかな?

既にやっているかも知れませんが、例えばトラフィックが少ないなら、伊豆半島や富士山を眺める定期遊覧飛行を行うとか、空港内でマグロのセリをやるとか・・・まあ色々問題はあるのでしょうが、旅行者から選ばれる空港にしないとダメな気がしますけどね。

まあ静岡空港に限った話では無いですが、地方空港の活用の仕方をしっかり考えていかないと無用の長物になってしまいますからね。

羽田6時台の便が増えました

6時台だと冬はまだ暗いです

6時台だと冬はまだ暗いです


今月、山陰方面に旅行に行くので色々と調べていたら、羽田発の米子行は羽田6:55発で米子に8:20着と「サンライズ出雲」よりも早く着けるのでびっくりしました。
(ちなみに出雲もサンライズよりJALの方は早く着けます)

羽田発と言えば昔は7時台が各方面の始発便だったのですが、運用時間の延長で始発便の出発が早くなりました。

時刻表を見ただけでも、ANAは札幌、女満別、旭川、函館、庄内、富山、伊丹、鳥取、米子、福岡、大分、長崎、宮崎、鹿児島、那覇も1番便が6時台です。

大抵6:30以降の便が殆どですが、伊丹行き985便は羽田6:10発とかなり早いのはビックリです。
この便に搭乗するには5時台に羽田に着いている必要があります。そうなると自分は始発電車で行ってもギリギリです。

ちなみにJALも札幌、女満別、大阪、広島、北九州、福岡、熊本、鹿児島、宮古、石垣が6時台となります。

地方空港の運用時間も伸びてきている事もありますが、ナイトステイさせず機材と有効利用するには羽田から機材を朝早く送り込む必要があるのでしょう。
ナイトステイさせるとコストも掛かりますからね。

6時台の便がこうも多いと、今検討中の新しいSIDルートが発効されると家のあたりはうるさくなるだろうなぁ~