【マダコ】(12/25)富津港・川崎丸

今年最後の釣行は、お正月に欠かせない?「マダコ」です。今年は夏のタコに行って無かったこともあって、年1回は欠かせない?ターゲットでもあります。

最近、面倒くさくなって湾奥の船宿から乗ることが多いのですが、川崎丸のスタンプカードが満点になって無料乗船の出来る状態でしたので、富津まで遠征しました。

朝4時に起床して高速を走り富津の船宿には6時少し前に到着します。マダコのボードは20番目の札で今日は、片舷10人づつかと思いながら受付にいくと、「え、マダコですか?」と言われてしまいました。

どうやら予約した時に明日のリストの方に書かれていたようです。
去年乗船した時にスタンプカードが満点(12回乗船)にり、今日は無料です。初乗船が2002年ですから長い道のりでした。

船着き場に移動すると乗船が始まったところで、自分も用意して一番最後に乗り込み、左舷度の間に入ります。出船前のレクチャーを聞いて準備ができた6時半に出船となりました。

まずは航程20分程の第二海堡です。ココはマダコの聖地ですよね。ただ根掛かりも多いのでテンヤロストも多い場所です。

第二海堡の南側を流しますが、一流し目は中々タコの乗りが無く、しばらくして右舷でタコが上がりました。根掛かりも多発しているようで、船長のボヤキが出ます(笑)
根掛かりしないように底の様子を伺いながら小突きますが、一流し目はタコの乗りが無く流し替え。

ちょっと場所を移動して流し替えです。最悪、お土産の冷凍タコがあるからなぁ~とちょっと弱気になっていたところに、小突いていたテンヤに「ぐにょ」感が。
もう少し小突いて一呼吸してから大きく合わせると乗りました。手繰ると良型のタコが上がってきました。

船長のタモにネットイン。ずっしりと重く船長も「2kgはあるな」と。秤で計測すると2.7kgとの事。おおーこれなら完全に元を取ったなぁ。
なんせこの時期、東京湾のマダコは浜値でもkg5000円になりますからね。

1杯ゲットしてかなり気持ちも楽になり、後は追加できれば御の字だと小突きます。
20人乗船していますが、根掛かり連発してまだタコを見ていない人も多いので、第二海堡周りを攻めます。
8時半過ぎに2杯目の目測600g程の小蛸をゲット。
うん、このサイズの方が食べやすいよね。

この後、小突いていたらタコのような感覚があったのですが、合わせたら根掛かり?でもなんとかくグニャ感があるのでタコかなと思ったのですが、あまりこの状態のまま船が流れるとお祭りしてしまうので強引に引っ張ったらテンヤが取れました。

500円払って新しいテンヤを貰い、流しますがそろそろ2時間経つので他のポイントに向かいますとのことで9時過ぎに移動となりました。

少し走ると言うのでキャビンに入りサービスのカップラーメンで腹ごしらえします。
20分ほど南下して竹岡沖のポイントを流します。

前日は底荒れしていたポイントらしいのですが、今日はかなり回復してまずまずな感じです。でも乗りは第二海堡よりは少ない感じです。
それでも船中ポツポツとマダコは乗っているようで、ボウス脱出者も増えてきました。

グニャ感があり合わせて手繰ったのですが、2手繰り目で軽くなってしまいました。
タコが小さいのかノリが浅かったのか・・

なかなか3杯目が追加できないなぁと小突いていると、もう一度、タコの乗りがあり、合わせると今度は乗りました。
3杯目はkgに届くか届かない位でした。

竹岡沖を流しますが潮が流れなくなり、乗りが渋くなり4杯目を追加できず12時半過ぎに沖上がりになりました。冬のタコで3杯もあれば上出来きですし、2.7kgの大物も上がりましたから今年最後の釣行としては良かったのす。

港で氷と調理レシピをもらって15時に帰宅しました。

本日の釣果 マダコ600g~2.7kg 3杯

本日の釣果 マダコ600g~2.7kg 3杯

<収支報告>
 収入の部
  マダコ 600g~2.7kg 3
 支出の部
  乗船代 0円(所定料金は9500円)
  テンヤロスト 1000円(2回)
となりました。

船宿 富津港 川崎丸

=船宿HPから=
正月用マダコ船 【出船7時】・・・女性2名を含む20名様にお越し頂き、その内の6名様が初挑戦での出船でした。

昨日は北風強く思う様にポイントが攻められず、加えて一昨日の小型台風並みに吹き荒れた南西強風の影響で潮は白く濁って大苦戦しましたが、本日は水色もすっかり元通りの澄み色になって、風もそんなに強くなかったので色々なポイントも攻め易く、良型・大型も多数混じって終日コンスタントに乗りました!

本日の釣果は0.3~2.7kgをトップ5杯・2番手4杯が2名・3杯が4名・2杯が4名・1杯が6名の船中39杯上がりましたが、3名の方がオデコになってしまい【お土産タコ】をお持ち帰り頂きました・・・今年も残すところ5日間のチャンスですが、明後日が南西強風でシケそうなので、実質4日間の勝負になる可能性が高いのでご予約お待ちしています!

【イイダコ】富津港小坂丸

我が家の秋の風物詩「イイダコ釣り」に出掛けてきました。前日に富津港の川崎丸にTELすると満船で隣の鹿島丸にTELすると満船で、小坂丸を紹介され、予約しました。

今日は、同行する娘に朝4時に起こされ出発。アクアラインを通って金田から下道で富津港には6時少し前に港の船着場に到着し、船長に挨拶して左舷のトモ側に入ることにしました。
料金を払い、テンヤを借りますが、持参してきたキス竿とアナゴ竿を見て竿が硬いから、子供さんは穂先の柔らかい貸竿でやんなと竿を貸してくれました。

今日は、家族釣れが多く、他に3組の家族釣れと常連さんの総勢16人で6時20分に出航しました。今日は天気も良く、凪で対岸には富士山も見えてます。
出航していく川崎丸はミヨシの突き出しまでびっちり乗船していて、我々とは雲底の差があります。こういう日は空いている船の方」が分け前が大そうですから、ちょっと良い気分に

港を出て5分程の水深5mダチで開始となりましたが、周りの様子から乗りは散発的のようで、ポンポン釣れる富津のイイダコのイメージだったのですが、こりゃ今日はやばいか?と不安がよぎります。

底を小突くようにするのですが、娘は良く着底した感触が掴みにくいようで、糸がフケたりするので注意しながら小突くのでどうもペースが狂います。
それでも、船中でポツポツ上がり、自分も竿先が重くなってくるのが判りアワセると乗りました!

船長も竿を出して釣りをしていて、イイダコを釣り上げています。空いている船だから出来るのでしょう。そのわりには意外と面倒見が良くて釣れない人にアドバイスをしながらやってます。

ポツーンポーツンとイイダコの乗りがあって、少しずつですがアミカゴにタコが入り始めましたが、娘は全然ダメで始めて釣れたのは、自分が7匹目上げた時にようやく1匹目を釣り上げましました。

9時近くに浅場の3mダチに移動すると、底が見えてテンヤが位置が判ります。船長が小突かないで、底から1cm位テンヤを上げておくとタコの乗りが判るよと言われ、そのとおリにすると、底のテンヤに黒い物体が覆いかぶさったのが見え、合わせると乗りました。
ただ、次第に乗りが悪くなり、移動した時は釣れるのですが、後が続かないパターンです。

常連さんは、今日は乗りが悪いと言いながらポツポツ釣っており、手元に手押しカウンターがあって釣れた度に押しています。なるほど、これなら頭で数を覚えておく必要が無いから楽なだな~と関心しました。

10時を過ぎさらに乗りが渋くなり、あっちこっち移動したりしますが、芳しく無い状況で、どうも悪いパターンだなぁと思いつつ、小突いたりしたりし色々試してみるのですが・・・

常連さんと船長が何か話していて、後1時間ちょっと行ってみるとかと言い、沖に出ます。
富津岬先の第一海堡近くで流して見ると、潮の流れが良いのか?今までの不調の嘘のように、船中で上がり始め、娘を連続してイイダコを釣り上げたりしました。
ココでは良型が良く混じり、おおきいと子供でも乗りが良く判ります。

娘のテンヤに2匹イイダコが乗っていた事もあって、早くからこのポイントで数を稼げればなーと常連さんがつぶやくの聞いて、ウンウンと頷いてしまいます。

自分のココで稼ぐことが出来て12時の沖上がりの時点で、娘が8匹、自分が33匹で計41匹となりました。常連さんは70匹で、今季ワーストワンの釣果だそうです。
12時半に帰港となり、子供達には船長がお土産に船長が釣ってストックしてある冷凍イイダコを配ってくれました。
帰宅後数えてみると冷凍イイダコは20匹入っていて、合計で61匹となり充分な数となり、釣った数にはちょっと不満のあるもののまずますの一日になりました。

【船宿】小坂丸
【料金】大人7000円、小学生低学年4000円
【仕掛け】 イイダコテンヤ(貸出)

【イイダコ】富津港川崎丸から出船

イイダコの釣果我が家では秋のイイダコは定番になっているのですが、ここ数年は貧課続きで去年は12杯と言う惨敗だったのです。

今年は好漁との事で、前日に予約を入れて、安くなったアクアラインを通って5時半前に船宿に到着しました。
受付を済まして船着場に向かって支度します。同じく好調続きのフグ船も満員御礼。イイダコ船も23名で賑やかでした。

左舷ミヨシ2番に入り準備をします。去年からテンヤが「らっきょう」から「疑似らっきょう」になってテンヤ貸出が無くなりました。
全員がそろったところで、船長が釣り方のレクチャーを行い、6時過ぎに出船となりました。

ポイントは、港から10分程の第三海保と富津岬の中間あたりの水深4m。
早速、釣り開始となってテンヤを底に下ろして、底を叩くと直ぐに乗った感触があり、アワセて船中第一号を釣り上げましました。
あちこちでイイダコが上がります。
早合わせやアワセ損ないをしながらコンスタントにイイダコの乗りがあって、徐々に網の中にイイダコが入っていきます。
今日は潮が澄んでいて、海底の様子が船上からも判る程です。
「潮が澄んでいて底が見えるのはシーズン中にそんなに無いから、見釣りが出来る浅い場所にいきましょう」と、途中で水深2m程の浅瀬に移動です。
テンヤが海底を叩く様子が、よく判り、さらに海底に居るイイダコの様子まで判ります。黒い塊のような物がイイダコで、それがテンヤに乗ると、テンヤが見えなくなります。見えなくなって一呼吸置いてからアワセる・・・このな感じで釣れます。
ただ、潮止まりの時間でイイダコの活性がいまひとつだったのが残念です。

9時過ぎに第一海保沖に移動しました。水深は4m程で底の様子は良く見えませんが、潮通しが良いポイントとの事で、良型主体でイイダコが上がってきます。
入れ乗り状態の時もあれば、暫くアタリが無かったりの繰り返しですが、バケツのイイダコも随分増えました。
徐々に潮が早くなってきて、釣り辛くなるまでこのポイントで粘りバケツの中にはイイダコが80杯以上入ってます。

10時半過ぎに灘よりのポイントに移動します。
この分なら束越えするかもと思いながら、底を叩いてイイダコを乗せ続け、11時半に沖上がりとなりました。
ビニール袋が配られ、釣ったイイダコをバケツの網から数えながら入れなおします。
数えてみると、なんと119杯!自己記録更新です!
港に戻り、氷と料理レシピを貰い、帰路につきました。

帰ってさっそく、イイダコの下処理をして、実家とかにもおすそ分け。
夕食は、イイダコ飯にイイダコと里芋の煮物、イイダコのしゃぶしゃぶとタコ尽くしでした。イイダコのしゃぶしゃぶの残り汁で作った雑炊が、意外に旨かったです。

[船宿]富津港川崎丸
[仕掛け]イイダコテンヤ(8号)
[料金]7000円(氷付)