東京シャトルとアクセス成田が統合へ

2020年2月から東京駅と成田空港を結ぶLCAB(ローコストエアポートバス)の「東京シャトル」(京成グループ)と「アクセス成田」(平和交通グループ・JRバス関東)が統合してAIRPORT BUS『TYO NRT』(エアポートバス東京・成田)として運行することになりました。

乗合バスの規制緩和で参入した平和交通が東京駅の八重洲口から成田空港へ1000円で結ぶバスとして運行を開始後、京成バスが参入しましたが、1000円という安さが受けて利用者は両社とも順調に増え、JRバス関東が平和交通と共同運行を開始したのを機にJR東京駅八重洲口バスターミナルに乗りれるなど、利便性も向上し時間によっては満席になることも珍しくありません。

今回両社の運行を統合(共同運行化)することで1日あたり往復284便と日本最大の運行便数を誇る高速バス路線が誕生します。
運賃は今まで通りの1000円(早朝深夜は2000円)で、東京駅の乗り場も八重洲口バスターミナルの7.8番乗り場に統一され、成田空港も各ターミナルでの乗り場が統一されます。

1時間あたり最大10便運行となり待たずに乗れるようになり利便性がかなり向上します。

東京駅から、成田空港へは成田エクスプレスが走っていますが、値段は1/3ですし時間もたいして変わらず、ターミナル1.2なら出発階に横付けですから便利ですからますます利用者が増えるでしょうね。

成田LCC

LCC利用ならLCABで決まりでしょう!

今日から成田空港の門限1時間延長

成田空港の夜景

成田空港の夜景

ウィンタースケジュールが今日から始まるのに合わせて成田空港の滑走路運用時間が1時間延長され23時までだった発着が0時になります。

これまで遅延により門限までに到着できなかったり、出発出来ない場合は着陸地変更や欠航となる事がありましたが、これで夜に成田空港を発着する便に余裕ができることになります。
特に機材運用がタイトなLCCにとってはこの1時間延長は嬉しいことでしょう。

ただ、以前からも伝えている通り羽田シフトが進んでおり、さらにデルタ航空の成田の乗入れ廃止など成田空港を取り巻く環境はかなり変化しており、開港からつまづきひっくり返た成田空港を未来に向けてどう活用していくか?の舵取りが重要になるでしょう。

なお、運用時間延長に合わせて京成線もダイヤ改正を行いました。
今回のダイヤ改正でスカイライナーの増発が行われ最大40分間隔だったのが20分間隔(夜間は30分間隔)となる一方、庶民?の味方だった20分毎の京成線経由特急が減便され、停車駅の多い快速になりました。(快速は佐倉で成田始発の快速特急に接続)

成田始発の快速特急は空港からの利用者で京成線特急が混雑しており、色々と問題にもなっていますから、京成としては空港利用者はスカイライナーやLCAB(ローコストエアポートバス)の東京シャトルを使って欲しいと言っているのでしょう。