サイパンへの直行便復活?

かねてから国際線への再進出計画が進んでいたスカイマークが年内に成田~サイパン線を週7便(毎日運航)で開設すること先週、発表しました。

まだGDSにはスケジュールはファイルされていないようですが、近日中には発表となることだと思います。

サイパンと言えば日本から安近短なリゾート地として人気を博したデスティネーションで、成田からJALにANA、NWにCOが大型機で直行便を開設していた時期もありましたが、2015年頃から中国や韓国からの旅行客が増えると日本からの観光客が減り、2018年にデルタがサイパン線から撤退して直行便がなくなりましたからね。

今、サイパンに行くには韓国経由かチャーター便を使うしか無いですから、直行便再開はサイパンにとっても喜ばしいことでしょう。
まあ機材がB737なのが今風らしいですが(笑)

JALがB747-400を導入した際に習熟運航でサイパンにオールYでの運航のところFCYの3クラスコンフィグで飛ばして、Fに乗ったのも懐かしい思い出です。

サイパンにANAがL-1011でCYの2クラスで飛ばしていた時期もありました。

サイパンにANAがL-1011でCYの2クラスで飛ばしていた時期もありました。

スカイマークがサイパンへ

BC/SKY/スカイマーク BC934 B737-800 JA73NG

サイパン線を開設するスカイマーク

デルタ航空がGW明けにサイパン線から撤退して、成田~サイパン線は定期便が無い状況になりました。

サイパンと言えばお手軽なリゾート地として人気があったのですが、このところは中韓からの旅行者が多くなり日本からの旅行者が少なくなったこともあり運休となってしまったのですが、やはり日本からの旅行者は現地としても欲しいところです。

現地からのラブコールにスカイマーク(BC)が応え、12月から日本とサイパン間でプログラムチャーターを実施し、来年5月には成田(又は羽田)~サイパン線のデイリー運航を計画していことが明らかになりました。

まあ当然、機材はB737-800となることでしょうが、先日BCは大型機材の導入を検討しているとの発言があったのはこのサイパン線計画があってのことだったのかも。
B737-800ではちょっとキャパが少ないですからね。