エアトラベルをしよう!⑩

今日、首都圏も緊急事態宣言が解除されました。
とは言え、少なくなったとは言えまだまだ感染者は発生していますし、世界的にはまだ収束していません。
色々な話を総合すると、どうも今年の海外旅行は厳しいのでは?と言う状況です。なのでこのエアトラベルシリーズももう少し続くかも知れません。

ビクトリアフォールズの上部

ビクトリアフォールズから流れ落ちるザンベジ川


さてさて今日の写真はヴィクトリアフォールズです。
ジンバブエとザンビア国境を流れるザンベジ川にある落差108mの滝で、南米のイグアスの滝そして北米のナイアガラの滝とあわせて世界三大滝と言われています。
ちなみに自分は、イグアスには行った事がありますが、ナイアガラは行って無いのですよね。まあそのうち行けるでしょう(笑)

1994年3月に訪れており、先日アップしまたケープタウンを訪れた後、ヨハネスブルグ経由でこちらに向かいました。
当初はクルーガーのサファリに行きたかったのですが、現地でサファリの手配がつがず急遽、代案として行くことになりました。
なので航空券もヨハネスブルグでドタバタと手配して取り敢えずブワワヨ経由で向かい、なんとB707に乗ってビクトリアフォールズへ行きました。

エアージンバブエのB707

エアージンバブエのB707

ホテルも手配していなかったので、街ナカのホテルにGoShowしたのですが、シーズン中とあって数件断られて、ようやく紹介して貰ったRAINBOWホテルに宿泊し、翌日滝を見に出かけてきました。

国境なので出入国となりますが、ザンビアのビザは持ってません。ええいダメなら帰ってくればいいやと言うことで管理所に行くと、その場でビクトリアフォールズ周辺だけのビザを20ドル位で発行してもらえました。

ビクトリアフォールズと虹

ビクトリアフォールズと虹

訪れたのは3月で丁度、滝の水量が最も多くなる時期で轟音をたてて滝壺に流れ落ちていき、その反動で舞い上がった飛沫が大雨のように降り注ぐと言う凄い状態でした。
なのでカメラを濡れないように撮影するのが大変でしたね。

残念なのが時間がなく1泊2日の行程で夕方の便でヨハネスブルグに戻ることだったのがホント、心残りです。

今の旅行者には考えられないでしょうが、当時南アフリカの情報って殆ど無かったのです。
インターネットはおろか、ガイドブックの定番「地球の歩き方」も無くロンリープラネットの「トラベルサバイバルキット」を持っていきましたからね。

ああ、またアフリカも行きたいなぁ~