【LTアジ・サバ】(9/26)金沢八景・三喜丸

毎年恒例の八景小柴港の三喜丸でのBBQ仕立て、会社のメンバーで初めてかれこれ10年以上続く恒例行事です。いつもは7月の終わり前後に行っているのですが、今年は諸事情により9月の後半の開催となりました。

この日の予報は曇でしたが、朝自宅を出発時にはまだ小雨が降っていました。BBQ船の時は今まで晴だったので今日は大丈夫かな?と心配しまいましたが現地につく頃には止んでくれて助かりました。

メンバーも続々と集合して、今回は大人10名と子供1名で7時半に出船です。
港を出るとちょっと波がコチャコチャしています。まあウサギが飛んでないで、このあと収まればいいな・・・

航程20分程で中の瀬航路標識脇に到着。
出船前に船長から今日はアミコマセの方が型が大きいのが上がると言うので、ビジにアミコマセを詰めて投入しますが、潮が早く流されてしまいます。

アミコマセなので結構コマセが出てしまうのが早く、何回かコマセを入れ換えますがなかなかアタリがでません。暫くコマセ撒きを続けましたが反応がでなかったのか、ポイント移動となりました。

八景の港前のポイントに戻り、再開。
コマセを詰めて投入すると、アタリはじめ、自分にもガツンとアタリが到来。こりゃ大きいぞと巻き上げると横走。あちゃサバだよ。

周りはアジを上げてますが、なぜか自分は連チャンでサバ。

NCM_1662アジも大型が多く交じると言う話だったのですが、今日は10cm程度のコアジがメインで時折30cm級が姿を見せるだけです。

アタリは頻繁にありますが、潮が早いのでどうしても仕掛けが浮いてしまい棚が狂ってしまいます。調整をしながら棚に合わせるとクックンと小さなアタリ。
コアジばかりです。

アミコマセを使うのですが、ビシの下を完全に閉めていてもどうもなくなるのがイワシミンチより早くてコマセの消耗も激しいく、10時半頃には船に積んでいたアミコマセが底を付いてしまい、「コマセ補給に戻る」との事

港に戻のかと思ったらシーパラの前を通過して南下すると八景の船が釣っている脇へ。
その船からアミコマセを分けて貰うのですが、流石に横付けは出来ないので海にコマセの袋を投げて貰いそれを拾うと言う、なかなか珍しい?ショーが繰り広げられるのも仕立て船ならので出来ごとです(笑)。

再び、ポイントに戻り再開となりましたが、若干アタリは遠のいた感じですが、さっきより大型のアジが出る確率が高くなった気がします。

13時近くに補給したコマセも無くなったのでBBQに転向します。サバ3,大アジ6,小アジ30でした。まあ実質半日船での結果ならまあまあですね。

NCM_1663八景島の湾内に戻っていつの場所でBBQとなります。
船上なので残念ながらガス台になりますが、それでも船上で肉や野菜をわいわい焼いて食べるのは楽しいです。
結構、三喜丸のBBQ船は人気が高くて結構早くから予約しないと週末は予約で埋まってしまいます。

真夏の暑い時なら船から飛び込んで遊ぶことも出来ますが、今日は海に入る気温じゃないし、年寄り(笑)ばかりなので今日は泳ぎは無しです。

締めの焼きそばを食べて14時半頃に沖あがり?として帰港。
船宿で精算をしてちょっと早めに解散となりました。

コメントを残す