トルコで脱線事故

韓国でKTXの脱線事故が発生したばかりですが、今度はトルコのアンカラ郊外で高速列車が保線用車両と正面衝突し9名の犠牲者が発生すると言う事故が発生しました。

台湾、韓国そしてトルコとアジアでこう続いて鉄道事故が続くのも珍しいですが、3箇所ともどうも人為ミスが原因の可能性が高いということです。

トルコの事故は、保守用車両がいる線路に列車が進入したと言う報道がされていますが、事故後の写真を見ると保守車両と言うより機関車の単機回送だったような感じにも見えます。

衝突直後の監視カメラでの映像を見ると衝突後、機関車が押し戻しされていて、思った程、破損していない感じですが、列車の方は原型を留めていないほどに破損しています。

不幸な事に、衝突が駅構内とあって、衝突の弾みによって跨線橋が破壊されて列車上に落ちてしまいましたが、列車はアンカラを出たばかりで速度も高速域では無かったことで、福知山線の脱線事故のような多くの死傷者が出なかったのかも知れません。

高速用車両なので車体の軽量化によるものだとと想像がつきますが、高速化により車体の強度は損なわれているのは万国共通なので日本でも同じことになる可能性はあります。

良く、航空事故が連鎖反応のように続くという言われますが、鉄道もその様なことが無ければ良いのですが・・・
まあ、事故の連鎖反応って言うこと自体が非科学的ですけど、でも人間はミスをしないようにしなきゃと思うとミスを産んだりしますから

コメントを残す