くず鉄以下のマスコミに信用なし

まあ、これは以前から言われていることなのですけどね。

結局は、自分たちの記事が売れれば言い訳ですから、センセーショナルに書いたり、裏を取らずにネットの話を鵜呑したりとマスコミの質は低下は著しいです。
昨今の日韓情勢に絡む報道を見ていてもそうでしたが、昨日の京急線での脱線事故に関しての報道陣が行った奇行を見聞するとホントと駄目な撮り鉄=くず鉄と同じだなと・・・

撮り鉄の奇行を良くセンセーショナルに煽るわりに、自分たちも同じような事やっているのを「報道の自由」と履き違えているよなと
マスコミが「報道の自由」なら、撮り鉄にも「報道の自由」があるんじゃない?と思ってしまいます。

まあそんな質だから報道の自由度ランキングが72位というのも納得する数字かも知れませんし、マスゴミと言われても当然なのかも?
ランキングでは日本は韓国に抜かれているだから笑ってしまいます。

マスコミが世論成形してしまうのは、これはどこの国でもありますが、日本は「報道の質」が悪いだけに、本来とは違う悪い方向に形成されてしまうと言う悪循環になっているような気がします。

国民は何が真実なのか自分で判断する能力を磨かないといけない義務があるのでは、と最近良く思ってます。

コメントを残す