【イイダコ】(11/15)富津港・川崎丸

今日は平日釣行をしてきました。本格的に寒くなる前に旬の釣り物をという事で候補に上がったのはフグ、イイダコ、クロムツ、タチウオでしたが、熟慮に熟慮を重ねた結果「イイダコ」に決定し今年は好調らしい富津港に向かいました。

アクアラインのトンネルを抜けると吹き流しが真横になびいてます。表示は風速6mとちょっと嫌な感じです。船宿には5時40分に到着して受付を済まして船着き場に向かうと風がソコソコ吹いてます。

受付札順に乗船となり、11番だった自分は左舷胴の間に入り準備をします。恒例の釣り方レクチャーの後早めの6時25分の出船となりました。
イイダコ釣り
今日は港前から始めるとの事で出船して僅か10分でポイントに到着です。水深5mとのことでスタートとなりましたがやはり北風が吹いており繊細な乗りを見分けるイイダコ釣りには少々厳しいコンディションです。

釣り初めて5分程、ミヨシ側の人が中サイズのイイダコを釣り上げます。居ることは居るようです。テンヤが海底をトントン叩きつつ底から離れないように小突き、開始から10分後にようやく中サイズのイイダコをゲット出来ました。

ヨシ、どんどん釣って今日の目標40はクリアしたいなと気合を入れますが、その後が中々続きません。
船長曰く、本命ポイントは大潮で潮が早いので潮が緩くなるまで港前で流すとの事で、暫くは我慢の釣りになりそうです。
船中、ポツポツとイイダコが上がってますがバタバタ釣れる感じでは無く、散発的に釣れると言った感じです。

このポイントは小さいサイズも結構混じっており、うーん乗ったかな・・・えぃアワセてみようとすると極小サイズが釣れることもありました。

9時を過ぎてようやく風も収まってきましたがツ抜けはしたもののこのままでは目標達成は難しい気配です。
時折、左右の人がポンポンと釣り上げるのに自分だけ蚊帳の外と言うことがありうーん、何が違うのか?
あ、テンヤのオモリの色が違う!

自分はオモリ部分がゴールド塗装ですが、左右の人は赤塗装です。まさかとは思うけどゴールドはイイダコの反応が悪いのかも?
道具箱に赤塗装のテンヤが有ったので、ダミーらっきょうを新しいのに付け替え(出船間のレクチャーでダミーも新しいのを付けないとノリが悪いと言ってました)て釣ってみると、早速効果が出たのか2連チャンでイイダコをゲットしました。

10時になると潮が緩んで来たので本命ポイントに移動となりました。
第一海堡寄りの水深7mのポイントで再開です。ココは大型のイイダコが多いとの事で気合が入ります。周りでも大型のイイダコが上がっており次は自分だ!と小突くとなんとなく重くなった感触があり、アワセると・・・小型でした。

でもイイダコの魚影は濃いようで船中でもイイダコが釣れている感じです。
自分もその後大型混じりでイイダコが釣れるようになり今までの業績不振を取り戻すべく、イイダコに営業(小突いて誘い)をかけます。

スっぽ抜けもあったり、ノーアンサーの時間もあって40までは行かなくても30は確保したいなと頑張ります。
小突く幅や周期を変えてみたりと色々試しているうちに最後の流しとなりました。
やはり「基本動作は確実に」の教えに従って小突くと、ずっしり重くなります。バレませんようにとしっかりアワセを入れて大型ゲットです。

11時50分に沖上がりとなりビニール袋が配られて営業成績の確認です(笑)
まるで玉入れの玉の数を数える気分でイイダコを数えながらビニール袋に入れると34杯となりました。
当初目標には届かなかったけど、下方修正値はなんとかクリア出来て良かったし、意外と釣った方のようでした。これで「イイダコのしゃぶしゃぶ」が出来ると喜び、帰港となりました。

この日の釣果

この日の釣果


収支結果
 (収入の部)
   イイダコ 34杯
 (支出の部)
   乗船代 7500円
船宿:富津港 川崎丸
=========
船宿HPから転載
15日の状況
イイダコ午前船 【出船6時半】・・・初挑戦の4名様を含む14名様にお越し頂きました。
前半は航程10分以内の5~6mダチを狙い、潮が速かったのでポツリポツリの乗り方でした…
10時頃に潮が緩んだので本命ポイントへと向かい、良型主体に大型も多数混じって、前半の2~3倍のペースで活発に乗りました!・・・明日は潮周りが緩くなってくるので、本命ポイントを狙える時間帯も長くなってくると思いますよ!
本日は珍しいゲストをゲットする事が出来たのですが、58cmの大型マゴチです!・・・たま~にマゴチが掛かるのですが、今までの最大は55cmだったので、今日は記録更新しましたね!

本日の釣果は8~20cmをトップ74杯・2番手48杯・39杯・34杯が2名・33杯・31杯が2名・24杯・23杯・18杯・13杯・10杯・5杯と言う内容でした。

【イイダコ】(2014/10/24)浦安・吉野屋

東京湾で秋の風物詩と言ったら「イイダコ」でしょうと言うことで、毎年釣りに行っていますがここ数年イイダコの調子は良くないのです。
調子が悪いと判ってながらも今年も行って来ました。

イイダコ船を出している船宿は少なく、富津まで行くかと悩んだのですが、朝早く起きないで済む浦安・吉野屋に。
6時半頃に船宿に到着すると既に4隅前後は塞がっていたので右舷ミヨシから3番を確保して受付へ。料金を払い乗船して準備します。
7時にカワハギやイカ船が出船していき、7時半にキス船とイイダコ船が出船して東京湾へ
流石に週末をあって、右舷には11人が乗船。こりゃ割り当てが少なくなるかな・・・

約50分程でアクアラインの橋脚回りに到着。
第一投目は潮が早いのでちょっとやって直ぐに移動となり、アクアラインの南側へ。
キス竿にイイダコテンヤで小突いてイイダコを誘いますが、ナカナカ乗りがありません。トモ側はポツポツと上がっているようで、船長が実況してくれるのですが、逆に焦ってしまいます。

スカリに入ったイイダコ

スカリに入ったイイダコ

ようやく自分に乗りがあったのは、開始からゆうに30分を過ぎた頃でした。
なんとか型を見ましたが、当初目標の30杯達成は微妙な雲行きです。

乗りが遠のくと移動を繰り返しながら盤州沖を行ったり来たり。
自分もポチポチと追加しましたが、こりゃ目標値を下方修正しなきゃダメそうだなと

たまたまなのか、好ポイントに入ったのか連チャンでイイダコをGetして数を伸ばしましたが11時を過ぎてようやくツ抜け。
潮止まりになってしまい、乗りが遠のいたのでアチコチと転戦しますが、移動直後は船中で数杯上がりますがその後が続かず、木更津沖に転進します。

これじゃ、イイダコの煮付けやらタコめしとか考えていたのですが、1回分のおかずにしかならないなぁと思っていたら、釣り仲間のI氏から「午前LTアジで沢山釣ったから要らない?」とまるで神様のようなオファがあり、帰りに喜んで戴きにまいります!と返信。

羽田の34Lに向かう飛行機を眺めながら小突いたり間を取ったりしてイイダコを探りますが、乗りません。トモ側は好調のようで、ポンポンと上げているようなので、腕なのかなぁ?

新日鉄の工場脇を流すとようやく乗りました。
下方修正した20杯目指して頑張りますが、その後がナカナカ続きません。

ようやく14時過ぎに15杯目をGetして、残りラストスパートだと頑張ろうとしたら、移動。
再び盤州沖に戻るようです。
15分程掛けてアクアラインの南側に到着したのでが14時半でもうロスタイム状態です。なんとが追加しようと頑張りましたが、追加出来ずに14時45分に納竿となりました。

船長がビニール袋を配布しながら釣果を聞いて回りますが、10程度の人が多いようです。
しかし、この日はトップ62杯だったそうで、やっぱり釣る人は格が違うんだよなぁと

今日の釣果

今日の釣果


片付けてキャビンで一眠りすると究極のブラックらしいと有名(笑)なディズニー脇でした。
16時前に桟橋に到着。
軽いクーラーを担いで下船。吉野屋からほど近いI氏の自宅に立ち寄り、午前船で釣ってきたアジのお裾分けに冷凍のフグまで頂戴でしてしまいました。ありがとうございました。m(_._)m

今年は全体的に釣果に恵まれてません。
やっぱり初釣りで運を使い果たした?

【船宿】浦安吉野屋
【料金】8800円(氷は別料金)
【仕掛】イイダコテンヤ6号、船宿スッテ仕掛

今日はイイダコ船です。

wpid-ncm_1301.jpg

秋の風物詩?今日はイイダコ釣りです。
最近はヘタレ釣り師なんで手軽な浦安出船です。
昨日は今一つ感だったんで今日はどうでしょう?

さて出船です。
行ってきま~す

9/21【イイダコ】木更津・牛込港牛込ゆうせん

image

濁った東京湾

当初、15日に釣行を予定していたのですが、台風接近で出船中止になってしまたのですが、船長からこの週末に臨時出船(16日で営業休止になった)すると連絡が有り行ってきました。

港を7時少し前に出港してアクアライン近くのポイントに到着すると海の色がまっ茶色に濁っていたので竿出さずに移動。

金田海岸沖で濁りはあるものの茶色の潮では無くここから始めます。
水深は5mと浅いので直ぐ着底。スッテ仕掛けをチョンチョンと動かして誘います。

しばらくすると船内でポツポツとイイダコが上がりますが自分には一向に乗りません。

スッテが悪いからかとテンヤに変えてみたりと試しますが駄目です。

隣の人は二本竿で巧みに操り釣り上げています。
うーん何が駄目何だろう・・・

ようやく1杯目を上げるまで随分時間が掛かりました。
よぉし追い上げるぞぉと頑張るのですが後が続かず、今日はイイダコ釣りに来たことを忘れた頃に釣り上げると言った感じです。

後半は海ほたる近くのポイントに移動しました。

ココでは特エサとして持って来た青イソメのキス仕掛けにキスが相次いで掛かり、もうイイダコ諦めてキス釣りに専念しようかと思うほどのアタリが続きました。

潮が止まるとイイダコの乗りは少なくなりました。

追い上げること無く12時に沖上がりになりスカリからビニール袋に入れ替えながら数えると11杯。

上手い人は30杯以上上げたようです。
流石に船長が貧課を見かねて船長が釣ったイイダコ10杯程を貰いました。

これで何とかタコ飯とイイダコと里芋の煮付けが食べられます。船長ありがとう!

牛込ゆうせんさんは16日で営業休止となり、好きな船宿だっただけに残念です。
再開する時を気長に待ってます。

【イイダコ】(9/16)木更津牛込港・牛込ゆうせん

結果から申し上げますと、イイダコは船中1匹で、それも自分が釣ったのが最初で最後でした。

7時少し前に出船して、港前、アクアライン周辺、金田沖、木更津沖、袖ヶ浦沖と船長は実績のあるポイントをすべて回りましたが、どこもイイダコの反応は無く、アオイソのキス仕掛けにも、魚の反応が無く餌もとられずじまいで海自体がおかしいのか?
この所、台風が九州沖縄方面ばかり行って、こちらには来ないので、一度東京を直撃して海を引っ掻き回してもらいたいなぁ

今日は、東京湾クルージング。まあ綺麗な虹を見れたり、氣志團のコンサートを遠目に見たりまあ気晴らしにはなりましたけどね。

【イイダコ】(8/26)浦安・吉野屋

東京湾、秋の風物詩のイイダコ釣りが開幕。8/21から浦安の吉野屋が看板を掲げ始め、トップで束超えの釣果が出ました。
開幕直後の盤洲沖でのイイダコは、抱卵したイイダコが多いので、型も良くて食べても美味いとあって、早速出掛けてきました。

今週に入って、釣果は低迷をしていて前日の釣果は散々だったらしく、不安を抱えながら家を出発し、6時半に船宿に到着しました。
この時点で、左右オオドモがうまっているだけで、じゃあ、ミヨシにしようとNo1の札を取って会計を済まし、乗船します。

7時半にシロギス船共々出船し、一路盤洲沖を目指します。
航程1時間程で、アクアラインの手前のポイントに到着して、スタートフィッシング!

今日は2本竿で1本はイイダコテンヤ、もう1本はスッテ仕掛で挑戦してみます。
仕掛けを下ろして、海底を小突きますが船中乗りは無く、直ぐに移動となりました。
やはりと言うか、不調の真っ只中に来てしまたようで、ようやくイイダコが釣れたのは、移動を繰り返し、アクアラインを越えて金田海岸沖でした。

イイダコがテンヤに乗った感触をキャッチし、アワセて良型のイイダコGET!いやー「ボ」になるんじゃないかと冷や冷やしてましたからね。

その後、ポツポツと船中でイイダコが上がりますが、乗りはまばらです。
スッテ仕掛に重さを感じたので、合わせて巻き上げると、上がってきたのは小さなスミイカでした。スッテだとこういう外道もあるんですねぇ~

南風が強くポイントを外れると移動となり、移動直後は釣れるパターンで、連チャンで釣れた時もありましたが、10時過ぎあたりからアタリが遠のき木更津沖に移動。
こちらも乗りが渋く、なかなか乗りがありません。

今日は、こういう時の秘密兵器を持参してきていて、道具箱から取り出し、スッテ仕掛を改良して、朝、エサ屋で買ってきた餌を付けて投入します。
底を小突いていると、ブルルっと秘密兵器にアタリがあり、外道のシロギスが釣れました。
秘密兵器は、イイダコが釣れる前に他の魚が喰ってしまう場合が多いのが、難点だったりするのです。

木更津沖では、たまーにイイダコが釣れると言った感じで、出船時に配らられたカウンターの数は「15」
今日の目標は30だったのですが、どうやら下方修正する必要に迫られてきました。

13時過ぎに再び金田海岸沖に戻ってみますが、乗りは渋いままでした。
ココでは秘密兵器も本領発揮で、2杯イイダコを釣り、テンヤも頑張って小突いて3杯釣り上げ「20」になりました。

残念ながらそこで今日はThe-ENDです。
14時半過ぎに、いつもより少し早い納竿となりました。なんでも大雨・洪水・落雷警報が発令されたらしく、都心の方を見ると黒い雲に覆われていました。

船長がビニール袋を配りながら、カウンターを回収して釣果を確認して回ります。船中結果は8~27杯との事で、20杯なら健闘?した方ではないかな?
外道に、小スミイカ1,シロギス8,メゴチ1と言う陣容で、外道も含めると、まあ30と言うことになります(笑)

道具を仕舞い、大急ぎで帰港します。羽田沖あたりから都心方向に雷が落ちる様子が見えます。
南風だったこともあり、40分程でデズニーランド近くまで戻り、江戸川に入って桟橋に着く寸前にポツポツ降りだし雷も響き渡り始めました。
少し濡れたものの、大雨になる前に船宿に戻り、車に乗り込むことが出来ました。

【船宿】浦安吉野屋
【料金】8500円(氷は別料金)
【仕掛】イイダコテンヤ6号、船宿スッテ仕掛

【イイダコ】富津港小坂丸

我が家の秋の風物詩「イイダコ釣り」に出掛けてきました。前日に富津港の川崎丸にTELすると満船で隣の鹿島丸にTELすると満船で、小坂丸を紹介され、予約しました。

今日は、同行する娘に朝4時に起こされ出発。アクアラインを通って金田から下道で富津港には6時少し前に港の船着場に到着し、船長に挨拶して左舷のトモ側に入ることにしました。
料金を払い、テンヤを借りますが、持参してきたキス竿とアナゴ竿を見て竿が硬いから、子供さんは穂先の柔らかい貸竿でやんなと竿を貸してくれました。

今日は、家族釣れが多く、他に3組の家族釣れと常連さんの総勢16人で6時20分に出航しました。今日は天気も良く、凪で対岸には富士山も見えてます。
出航していく川崎丸はミヨシの突き出しまでびっちり乗船していて、我々とは雲底の差があります。こういう日は空いている船の方」が分け前が大そうですから、ちょっと良い気分に

港を出て5分程の水深5mダチで開始となりましたが、周りの様子から乗りは散発的のようで、ポンポン釣れる富津のイイダコのイメージだったのですが、こりゃ今日はやばいか?と不安がよぎります。

底を小突くようにするのですが、娘は良く着底した感触が掴みにくいようで、糸がフケたりするので注意しながら小突くのでどうもペースが狂います。
それでも、船中でポツポツ上がり、自分も竿先が重くなってくるのが判りアワセると乗りました!

船長も竿を出して釣りをしていて、イイダコを釣り上げています。空いている船だから出来るのでしょう。そのわりには意外と面倒見が良くて釣れない人にアドバイスをしながらやってます。

ポツーンポーツンとイイダコの乗りがあって、少しずつですがアミカゴにタコが入り始めましたが、娘は全然ダメで始めて釣れたのは、自分が7匹目上げた時にようやく1匹目を釣り上げましました。

9時近くに浅場の3mダチに移動すると、底が見えてテンヤが位置が判ります。船長が小突かないで、底から1cm位テンヤを上げておくとタコの乗りが判るよと言われ、そのとおリにすると、底のテンヤに黒い物体が覆いかぶさったのが見え、合わせると乗りました。
ただ、次第に乗りが悪くなり、移動した時は釣れるのですが、後が続かないパターンです。

常連さんは、今日は乗りが悪いと言いながらポツポツ釣っており、手元に手押しカウンターがあって釣れた度に押しています。なるほど、これなら頭で数を覚えておく必要が無いから楽なだな~と関心しました。

10時を過ぎさらに乗りが渋くなり、あっちこっち移動したりしますが、芳しく無い状況で、どうも悪いパターンだなぁと思いつつ、小突いたりしたりし色々試してみるのですが・・・

常連さんと船長が何か話していて、後1時間ちょっと行ってみるとかと言い、沖に出ます。
富津岬先の第一海堡近くで流して見ると、潮の流れが良いのか?今までの不調の嘘のように、船中で上がり始め、娘を連続してイイダコを釣り上げたりしました。
ココでは良型が良く混じり、おおきいと子供でも乗りが良く判ります。

娘のテンヤに2匹イイダコが乗っていた事もあって、早くからこのポイントで数を稼げればなーと常連さんがつぶやくの聞いて、ウンウンと頷いてしまいます。

自分のココで稼ぐことが出来て12時の沖上がりの時点で、娘が8匹、自分が33匹で計41匹となりました。常連さんは70匹で、今季ワーストワンの釣果だそうです。
12時半に帰港となり、子供達には船長がお土産に船長が釣ってストックしてある冷凍イイダコを配ってくれました。
帰宅後数えてみると冷凍イイダコは20匹入っていて、合計で61匹となり充分な数となり、釣った数にはちょっと不満のあるもののまずますの一日になりました。

【船宿】小坂丸
【料金】大人7000円、小学生低学年4000円
【仕掛け】 イイダコテンヤ(貸出)

【イイダコ】富津港川崎丸から出船

イイダコの釣果我が家では秋のイイダコは定番になっているのですが、ここ数年は貧課続きで去年は12杯と言う惨敗だったのです。

今年は好漁との事で、前日に予約を入れて、安くなったアクアラインを通って5時半前に船宿に到着しました。
受付を済まして船着場に向かって支度します。同じく好調続きのフグ船も満員御礼。イイダコ船も23名で賑やかでした。

左舷ミヨシ2番に入り準備をします。去年からテンヤが「らっきょう」から「疑似らっきょう」になってテンヤ貸出が無くなりました。
全員がそろったところで、船長が釣り方のレクチャーを行い、6時過ぎに出船となりました。

ポイントは、港から10分程の第三海保と富津岬の中間あたりの水深4m。
早速、釣り開始となってテンヤを底に下ろして、底を叩くと直ぐに乗った感触があり、アワセて船中第一号を釣り上げましました。
あちこちでイイダコが上がります。
早合わせやアワセ損ないをしながらコンスタントにイイダコの乗りがあって、徐々に網の中にイイダコが入っていきます。
今日は潮が澄んでいて、海底の様子が船上からも判る程です。
「潮が澄んでいて底が見えるのはシーズン中にそんなに無いから、見釣りが出来る浅い場所にいきましょう」と、途中で水深2m程の浅瀬に移動です。
テンヤが海底を叩く様子が、よく判り、さらに海底に居るイイダコの様子まで判ります。黒い塊のような物がイイダコで、それがテンヤに乗ると、テンヤが見えなくなります。見えなくなって一呼吸置いてからアワセる・・・このな感じで釣れます。
ただ、潮止まりの時間でイイダコの活性がいまひとつだったのが残念です。

9時過ぎに第一海保沖に移動しました。水深は4m程で底の様子は良く見えませんが、潮通しが良いポイントとの事で、良型主体でイイダコが上がってきます。
入れ乗り状態の時もあれば、暫くアタリが無かったりの繰り返しですが、バケツのイイダコも随分増えました。
徐々に潮が早くなってきて、釣り辛くなるまでこのポイントで粘りバケツの中にはイイダコが80杯以上入ってます。

10時半過ぎに灘よりのポイントに移動します。
この分なら束越えするかもと思いながら、底を叩いてイイダコを乗せ続け、11時半に沖上がりとなりました。
ビニール袋が配られ、釣ったイイダコをバケツの網から数えながら入れなおします。
数えてみると、なんと119杯!自己記録更新です!
港に戻り、氷と料理レシピを貰い、帰路につきました。

帰ってさっそく、イイダコの下処理をして、実家とかにもおすそ分け。
夕食は、イイダコ飯にイイダコと里芋の煮物、イイダコのしゃぶしゃぶとタコ尽くしでした。イイダコのしゃぶしゃぶの残り汁で作った雑炊が、意外に旨かったです。

[船宿]富津港川崎丸
[仕掛け]イイダコテンヤ(8号)
[料金]7000円(氷付)