【イイダコ】(11/15)富津港・川崎丸

今日は平日釣行をしてきました。本格的に寒くなる前に旬の釣り物をという事で候補に上がったのはフグ、イイダコ、クロムツ、タチウオでしたが、熟慮に熟慮を重ねた結果「イイダコ」に決定し今年は好調らしい富津港に向かいました。

アクアラインのトンネルを抜けると吹き流しが真横になびいてます。表示は風速6mとちょっと嫌な感じです。船宿には5時40分に到着して受付を済まして船着き場に向かうと風がソコソコ吹いてます。

受付札順に乗船となり、11番だった自分は左舷胴の間に入り準備をします。恒例の釣り方レクチャーの後早めの6時25分の出船となりました。
イイダコ釣り
今日は港前から始めるとの事で出船して僅か10分でポイントに到着です。水深5mとのことでスタートとなりましたがやはり北風が吹いており繊細な乗りを見分けるイイダコ釣りには少々厳しいコンディションです。

釣り初めて5分程、ミヨシ側の人が中サイズのイイダコを釣り上げます。居ることは居るようです。テンヤが海底をトントン叩きつつ底から離れないように小突き、開始から10分後にようやく中サイズのイイダコをゲット出来ました。

ヨシ、どんどん釣って今日の目標40はクリアしたいなと気合を入れますが、その後が中々続きません。
船長曰く、本命ポイントは大潮で潮が早いので潮が緩くなるまで港前で流すとの事で、暫くは我慢の釣りになりそうです。
船中、ポツポツとイイダコが上がってますがバタバタ釣れる感じでは無く、散発的に釣れると言った感じです。

このポイントは小さいサイズも結構混じっており、うーん乗ったかな・・・えぃアワセてみようとすると極小サイズが釣れることもありました。

9時を過ぎてようやく風も収まってきましたがツ抜けはしたもののこのままでは目標達成は難しい気配です。
時折、左右の人がポンポンと釣り上げるのに自分だけ蚊帳の外と言うことがありうーん、何が違うのか?
あ、テンヤのオモリの色が違う!

自分はオモリ部分がゴールド塗装ですが、左右の人は赤塗装です。まさかとは思うけどゴールドはイイダコの反応が悪いのかも?
道具箱に赤塗装のテンヤが有ったので、ダミーらっきょうを新しいのに付け替え(出船間のレクチャーでダミーも新しいのを付けないとノリが悪いと言ってました)て釣ってみると、早速効果が出たのか2連チャンでイイダコをゲットしました。

10時になると潮が緩んで来たので本命ポイントに移動となりました。
第一海堡寄りの水深7mのポイントで再開です。ココは大型のイイダコが多いとの事で気合が入ります。周りでも大型のイイダコが上がっており次は自分だ!と小突くとなんとなく重くなった感触があり、アワセると・・・小型でした。

でもイイダコの魚影は濃いようで船中でもイイダコが釣れている感じです。
自分もその後大型混じりでイイダコが釣れるようになり今までの業績不振を取り戻すべく、イイダコに営業(小突いて誘い)をかけます。

スっぽ抜けもあったり、ノーアンサーの時間もあって40までは行かなくても30は確保したいなと頑張ります。
小突く幅や周期を変えてみたりと色々試しているうちに最後の流しとなりました。
やはり「基本動作は確実に」の教えに従って小突くと、ずっしり重くなります。バレませんようにとしっかりアワセを入れて大型ゲットです。

11時50分に沖上がりとなりビニール袋が配られて営業成績の確認です(笑)
まるで玉入れの玉の数を数える気分でイイダコを数えながらビニール袋に入れると34杯となりました。
当初目標には届かなかったけど、下方修正値はなんとかクリア出来て良かったし、意外と釣った方のようでした。これで「イイダコのしゃぶしゃぶ」が出来ると喜び、帰港となりました。

この日の釣果

この日の釣果


収支結果
 (収入の部)
   イイダコ 34杯
 (支出の部)
   乗船代 7500円
船宿:富津港 川崎丸
=========
船宿HPから転載
15日の状況
イイダコ午前船 【出船6時半】・・・初挑戦の4名様を含む14名様にお越し頂きました。
前半は航程10分以内の5~6mダチを狙い、潮が速かったのでポツリポツリの乗り方でした…
10時頃に潮が緩んだので本命ポイントへと向かい、良型主体に大型も多数混じって、前半の2~3倍のペースで活発に乗りました!・・・明日は潮周りが緩くなってくるので、本命ポイントを狙える時間帯も長くなってくると思いますよ!
本日は珍しいゲストをゲットする事が出来たのですが、58cmの大型マゴチです!・・・たま~にマゴチが掛かるのですが、今までの最大は55cmだったので、今日は記録更新しましたね!

本日の釣果は8~20cmをトップ74杯・2番手48杯・39杯・34杯が2名・33杯・31杯が2名・24杯・23杯・18杯・13杯・10杯・5杯と言う内容でした。

コメントを残す