懐かしシリーズ”カンタス航空 B747SP”

カンタス航空B747-SP

QF/QFA/カンタス航空 B747SP VH-EAB

オーストラリアは地理的に洋上飛行が長くなるので航続距離が長い機材を多く必要とするカンタス航空もB747SPを保有していました。

シドニーから太平洋を横断するフライトなどに活躍したB747SPですが、B747-400にバトンタッチして2000年のオリンピック輸送が終わった後に退役していきました。

B747SPの後を継いだB747-400も2020年度末には退役することになっています。
B747-400でも後続距離を伸ばしたERはまだ継続使用するようですが、6機しか無い貴重な機材ですから長いこと活躍して欲しいものです。