三菱重工がボンバルディア買収?

LX/SWR/スイス国際航空 CS100 HB-JBH

ボンバルディアのCシーリズ、CS100(エアバス220)

三菱重工がボンバルディアの航空機部門を買収する話が出回っています。

MRJに見切りをつけててっとりばやくボンバルディアを買っちゃえばいいじゃない?と言うわけでは無いでしょうが、ボンバルディアの航空機部門自体はエアバスの傘下に入っていたのでは?とよくよく記事を読んでみたら、「機体のメンテナンスなどサービス部門」を書いてありました。

なるほど製造部門はノウハウが無い三菱が行うのは無理だけど、アフターケアやメンテナンスならすでに拠点があり顧客が居るので、買収するメリットとしては、MRJのメンテナンス拠点につかえて、ついでにMRJも販売しちゃえという魂胆なのでしょうか?

なんとなく日本人らしい発想がしますが、果たして上手く行くのか?
今までのMRJを見ているとちょっと疑問ですけどね。

MRJ包囲網?

JL/JAL/日本航空 EMB175 JA214J

エンブラエルとボーイングが持ち株会社を設立へ

エンブラエルとボーイング、エアバスとボンバルディアが互いに持株会社を設立してこれから激化する小型機市場を制しようと動いています。

エンブラエルはE-JetシリーズでボンバルディアはCSシリーズで、実質ボーイングとエアバスの競争となる訳です。

一方で三菱が開発しているMRJは販売はもとより開発でも大苦戦しており、今後MRJの発注を得るのはかなりハードルが高くなった感じです。

販売や開発でボーイングやエアバスに敵うだけの人材を集められる事が出来るのか?
これからじわじわとこの2強の包囲網が世界中のキャリアを覆ってしまいそうです。

このところ販売が好調なホンダジェットとは対照的な状況を見ていると、やはりMRJプロジェクトはYS11と同じ運命をたどるのでは無いかと危惧しています。

個人的にはココまで漕ぎ着いたのだから形式証明を取ってデリバリされるのを期待していますが・・・