今日は「江戸黒」の日

江戸黒

江戸黒

今日、23日は勤労感謝の日という事で、東京都内の銭湯で浴場組合が開発した公認入浴剤「東京銭湯の素・江戸黒(えどぐろ)」を使用した薬湯イベントが行われました。

都内に数件ある黒湯温泉の様な「黒く」なり入浴剤を浴槽に使うと言うので、地元の銭湯に行って来ました。
家から歩いて5分も掛からない場所に銭湯があるので、湯冷めしないちょど良い距離なのが嬉しいです。子供の頃は地元にも銭湯は結構あったのですが、今では半減以下になってしまいました。

番台で料金を払い、イザ浴場へ!
浴槽に並々と注がれているのは、今日はまさに黒湯で温泉気分になれましたね。

そもそも地元の銭湯は地下水を使っておりお湯がまろやかなんですよね。それが今日は入浴剤のおかげでお肌がツルツルになりました(笑)

家の風呂よりやっぱり大きなお風呂で体の芯まであたたまると気分も爽快になります。

でもって明日24日は、月末の日曜なので地元の浴場組合主催の恒例の変わり湯という事で「りんご湯」だそうです。
こりゃ明日も銭湯ですな。

埼玉県【越谷】ゆの華越谷

ゆの華越谷
オススメ度:★★★★
泉質:ナトリウム-塩化物-炭素水素塩温泉 低張性高温泉
《源泉温度》39.2℃ 《湧出量》300L/min 《PH値》8.1 《成分合計》2199mg/kg
《加温》有 《加水》無 《循環》有 《消毒》有
料金:(大人)730円
入湯日:2010.11.13/2019.7.13
HP:http://www.yunohana.co.jp/koshigaya.html
住所:越谷市大間野町3-61-1
TEL:048-985-4126
===
国道4号線沿いにある「ゆの華越谷店」ですが、夏の間は源泉をそのまま加温せず「ぬる湯」として源泉かけ流しを楽しめると言うので久しぶりに訪れてみました。

源泉

玄関脇の源泉

玄関の前には、少し暖かく感じる源泉が出ていて、ぬるぬる感があって期待できそうな感じです。
下足箱は昔の銭湯のような木札が鍵になるタイプで、券売機で入浴券を購入します。休日でも値段が変わらず730円と言うのは設定は良心的です。

浴場は1階と2階に分かれていて日替わりで男女が入れ替わります。
夏の生源泉浴槽は1階のみなのでホームページで確認してから訪れるのが良いでしょう。

脱衣場も比較的ゆったりしている感じで腰掛けなどもあって使い勝手は良さそうです。
1階、2階ともに内湯は全て白湯になっており塩素臭がややします。感じ的には一昔前のスーパー銭湯と言った感じで経年劣化は否めません。


お目当ての温泉はコーヒー色をした「黒湯」で、露天だけ温泉となります。
2階は洋風で半円形した浴槽の中央にある柱から源泉が投入されています。さらに循環加温した温泉が底から投入されていて、掛け流しになっています。源泉の投入量もソコソコ多いので掛け流しと見ても謙遜は無いでしょう。

1階は岩風呂風になっていて上層浴槽が生源泉浴槽でそこから下層浴槽に注がれています。下層は循環加温併用となりこちらも掛け流しです。

源泉は39℃で源泉浴槽の温度計は36℃となっていました。湯の花も多く見られ投入口周辺では体への泡付きもかなり見られ鮮度はよさそうですし、ツルツル度もあって良い感じです。
泉質ではナトリウム塩化物との事ですが、玄関の源泉をなめてみましたが、ほんのり微かに塩分を感じるだけでした。

全体的に浴槽は狭いですが、そんなに混んでないのでゆっくり入ることが出来ました。

シャンプー・リンス・ボディソープは洗い場に常備
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

鉄道:JR武蔵野線南越谷駅から無料送迎バス(要予約)が1時間おき
車:外環道草加ICから車で15分


もどる