Articles from 4月 2019



平成最後の日は天気悪し

今日で平成が終わる日ですが、朝から天気は悪く雨が降ったり止んだりの状況でした。
そして明日からは令和になりますが、TVはなんか浮ついている感じですが明日は普通にやって来るのでしょう。多分。

今年のGWは10連休となって休みが長いのですが、この前半は天気が良く無いですね。
唯一、晴れたの28日に足利フラワーパークに行ってきたのでその写真を掲載して平成の更新を終えようと思います。

さよなら平成

B777-300ERでは貫禄が無いなぁ

今日、GWで海外へ遊びに出かけた首相が4月から運用帰ってくると言うので、夕方に羽田へ行ってきました。
カナダを出発した時間から推測すると羽田到着は18時半前後です。天気が良ければ残光で行けるかなと思ったのですが、あいにくの天気。

流し撮りで対応しようと17時過ぎに北側の展望デッキに到着してZとE6を狙える場所で待つこと1時間、18時過ぎにアプローチにコンタクトしてRWY23がアサインされました。

かなり暗くなった18:16にRWY23に奴はやって来ました。

JF/JASDF/航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

JF/JASDF/航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

流石に400mm(35mm換算で640mm)では遠く、証拠写真程度になりました。
この後、レンズを70-200に変えてタキシングを狙います。

V1スポットに向かう政府専用機が見えてきたところで82番スポットに入っていたB737-800がプッシュバックを開始しZの手前で止まってしまい、Zでクリアで撮影出来るスペースが少なっくなってしまいました。

JF/JASDF/航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

JF/JASDF/航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

なんとか障害物をクリアして撮影できましたが、あれいつもタキシング中に有るものが無い!

さらにV1に向かって進む政府専用機を追いかけてE6で撮影しますが、今度はランプバスがやって来て真横をすれ違っていきます。まったくなんでこう邪魔するかな

JF/JASDF/航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

JF/JASDF/航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

ランプバスが過ぎ去った後に撮影したカットではジェットフォイルが友情出演してくれました。

この後はP3屋上に上がってバルブしました。

JF/JASDF/航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

JF/JASDF/航空自衛隊 80-1111 B777-300ER

B777-300ERになってからはハンドリングがANAになったんですよね。

それにしても新しい政府専用機は貫禄が無いですね。
ジャンボならタキシング中に国旗を掲揚してターミナルの前を通過したのに、B777-300ERでは国旗掲揚が無いとなると、シグナスなのかJAFなのか見分けがつかないなぁ。

やっぱり政府専用機はジャンボの方が良かった気がします。

今日はラベンダー湯でした。

ラベンダー湯

© 江戸川区浴場組合

毎月、最終日曜日は変わり湯になる地元の銭湯へ行ってきました。

今月は「ラベンダー湯」でした。
洗濯ネットに入った乾燥ラベンダーが浴槽に浮かんでおり、浴場内はラベンダーの香りで包まれていました。

今日は藤を見に足利まで行き、いっぱい藤の花の香りを吸ってきた後に、ラベンダーと花の香り三昧でしたね。(笑)

来月は5日が「菖蒲湯」となるので月末の変わり湯は無いので残念ですが、5日は忘れずに行かないと。
ちなみに6月は「よもぎ湯」だそうです。

銭湯は、日帰り温泉に比べて浴槽の温度が高く設定されているので、短時間でも体の芯まで温まり、意外と湯冷めしないので家までポカポカ感が持続しています。
(もともと長湯しないように温度が高めという話がありますけど)

近所の銭湯は水道水では無く地下水を使っているからでしょうかね。

懐かしシリーズ”JALの744とCABのSAAB2000”

撮影したのは2010年2月25日でまだD滑走路を建設している最中です。

今から9年前ですがまだ9年前なんだと言う感じがします。
JALのこのカラーリングは随分昔に思えるのは自分だけかな?
JA8089ですが国際線機材なので当時だとソウル線でしょうかね。当時は今の第二ターミナル脇に国際線ターミナルがありましたね。
確かボーディングブリッジが2基だけで「仮設」って言う感じでした。もちろんモノレールの駅も無くターミナル循環バスに乗って移動する必要があって、何回か利用しましたがちょっと不便で、これなら成田のほうが良かったと思ったものです。

それとこの写真を見た時、あれYS11が居るじゃんと思ったのですが、よく見てみればSAAB2000ですね。こちらはまだまだ現役で日本中の空港を飛び回って空の安全に一役買っています。
SAAB2000も今じゃレア機材になってしまいました。

福島県【聖石温泉】

聖石温泉オススメ度:★★★★
泉質:単純鉄冷鉱泉 低張性冷鉱泉
《源泉温度》12.6℃ 《湧出量》21.8L/min 《PH値》6.47 《成分合計》595mg/kg
《加温》有 《加水》無 《循環》有 《消毒》有
料金:(大人)500円
入湯日:2019.4.14
HP:なし
住所:田村市船引町大倉聖石215

福島からの帰り道、どっかで一風呂浴びたいなあ~と思いながら国道349号線を走っていると「天然温泉」の看板が目に入り、寄り道してみました。
街道沿いの食堂みたいな佇まいなので、夜だったら見落としていたかも知れません。

鶏が放し飼いになっている駐車場に鶏を轢かないように慎重?に車を入れます。正に食堂といった玄関を入り受付で料金を支払い、座敷の奥へ進むと浴場があります。

脱衣所にはロッカーが無いので、貴重品は廊下にあるロッカーへ入れてくださいとの事でした。

内湯だけになりますが、浴槽にはかなり濃い茶褐色の温泉が注がれています。冷鉱泉なので加温ですが源泉投入口からは真新しい温泉が注がれており、浴槽に注がれ空気を触れ合うことで酸化して見事な茶褐色になっていきます。
表示によれば資源保護と地盤低下防止で循環しているとの事でしたが、どこから排注水されているか判りませんでした。

蛇口をひねると冷鉱泉が出てくるのも素晴らしいですが、あまり入れると直ぐに温度が下がりますので注意です。

窓が大きく開けられていたので、外気も入り程よい心地ちで入ることが出来き、スタッフの方が湯舟の温度を聞きに来たりと気配りされているのが良かったです。

ただ洗い場のカランの数が少なく、お湯も配管の関係で出が遅い(と表示もあるのは親切です)のが残念ですが、温泉好きにはこの濃い温泉はたまらないかも知れません。

ボディソープは洗い場に有り。
ドライヤーは脱衣場に有り
<MAP>

鉄道:JR船引駅からタクシーで15分
車:磐越自動車道田村中央スマートICから車で15分


もどる

福島県【土湯温泉】中の湯

中の湯

オススメ度:★★★★
泉質:アルカリ性単純泉 / 炭酸水素塩泉 
《源泉温度》43℃/51.3℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》8.55/7.4 《成分合計》575mg/kg・1562mg/kg
《加温》無 《加水》有 《循環》無 《消毒》無
料金:(大人)500円
入湯日:2019.4.14
HP:http://www.tcy.jp/nakanoyu/
住所:福島市土湯温泉町字上ノ町1

土湯温泉で老朽化のため休業していた公衆浴場「中之湯」が、国交省の社会資本整備総合交付金も手元に平成30年にリニューアルオープンしたあたしい土湯温泉のシンボルです。

建物の新しくエントランスはちょっとした旅館のような作りになっているのは温泉街の景観作りなのかも知れません。
料金は券売機で購入してフロントに渡します。脱衣場は籠だけなので貴重品は受付横にロッカーに入れるよう案内され、階段を下りて大浴場へ向かいます。

脱衣場はあまり広くは無く案内のとおり脱衣籠だけです。浴場もあまり広く無くカランも4つ程で混雑時にはちょっと辛いかも知れません。

内湯の浴槽は2つあり、小さめに「あつゆ」には炭酸水素泉が使われおり、名前のとおり源泉温度の高い温泉が注がれています。でも一定間隔で冷たい地下水が一気に加水されるので思った程熱くはありません。

もう一つの浴槽には単純泉が注がれており、若干白奪しているように見えますがどうやら白い花の湯が舞うのではく脱しているように見えるようです。微かに硫化水素の香りが残っており温泉らしさは十分にあります。
露天風呂も単純泉が使われており、景観はあまり良くありませんが気分良く入れます。

内湯、露天ともにオーバーフローしている量も多く、浴槽の大きさから源泉かけ流しとしては程よい温泉の使い方だと思います。

昼時で空いていましたので良かったですが、混雑時には入浴料の500円は高く感じるかも知れません。

共同浴場としては高めの設定、新築なのに浴槽があまり広く無いのは、土湯温泉の旅館が取り組んでいる日帰り入浴への影響を考慮しているのかなと思います。

シャンプー類はなし
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

鉄道:JR東北本線福島駅から土湯温泉行バスで40分
車:東北自動車松川PAスマートICから車で20分


もどる

【VTBS/BKK/バンコク】2019/3/25撮影レポート

長いことお付き合い頂いた撮影レポートもいよいよ?最終回です。

帰国する3/25の朝、この日は朝からRWY19R使用なので起きて出発までスポティングです。帰国便は10:45出発なので9:00にホテルを出るまでが勝負です。

IG/ISS/エア・イタリー  A330-200 EI-GGR

IG/ISS/エア・イタリー A330-200 EI-GGR

朝っぱらからエアイタリーの330がきたー。早起きして良かったです。

TG/THA/タイ国際航空 TG518 A350-900 HS-THN

TG/THA/タイ国際航空 TG518 A350-900 HS-THN

TGのA350ですが帰国便はA350なのでもしかしたらこの機体かな~と思っていたらドンピシャでTHNがゲートで待っていました。

EW/EWG/ユーロウイングス EW1106 A330-200 D-AXGG

EW/EWG/ユーロウイングス EW1106 A330-200 D-AXGG

欧州からのスケジュールチャーター便が続きます。

EK/UAE/エミレーツ航空 EK374 A380 A6-EEJ

EK/UAE/エミレーツ航空 EK374 A380 A6-EEJ

どうも最終日は雲が優勢な天気になってしまいました。折角のRWY19Rなのに・・・

AY/FIN/フィンランド航空 AY141 A350-900 OH-LWF

AY/FIN/フィンランド航空 AY141 A350-900 OH-LWF

フィンエアもA350になりましたねぇ~

DY/NAX/ノルウェージャン・エアシャトル DY7205 B787-8 LN-LNA

DY/NAX/ノルウェージャン・エアシャトル DY7205 B787-8 LN-LNA

この日、2便目のノルウェージャンです。尾翼の人物絵は機体毎に違うんですね。

AI/AIC/エア・インディア AI330 B787-8 VT-ANR

AI/AIC/エア・インディア AI330 B787-8 VT-ANR

成田にもやってくるAIのドリームライナーですがバンコクで撮影できるのはなんか嬉しいです。

W5/IRM/マーハーン航空 W551 A340-600 EP-MMF

W5/IRM/マハーン航空 W551 A340-600 EP-MMF

あれ、今日のマハーンは長いぞと思ったらA340-600でした。-600も保有しているとはちょっとびっくり。どうせなら晴れている日に撮りたかったな。

QV/LAO/ラオス国営航空 QV441 A320 RDPL-34188

QV/LAO/ラオス国営航空 QV441 A320 RDPL-34188

ラオスのA320ですが、それにしてもラオスのレジは長いです。
そろそろ時間も少なくなってきました。
FR24でアプローチコースに入って来た機体を見ながらどこまで撮影できるかなと時計とにらめっこです。
KC/KZR/エア・アスタナ KC931 B767-300ER P4-KEB

KC/KZR/エア・アスタナ KC931 B767-300ER P4-KEB

カザフスタンのエア・アスタナです。
さて、8:45となりチェックアウトする時間が迫ってきました。
撮影の〆は
EY/ETD/エティハド航空 EY406 B777-300ER A6-ETI

EY/ETD/エティハド航空 EY406 B777-300ER A6-ETI

エティハドです。

これにて、プーケット・バンコク撮影遠征は終了です。
さあ、チェックアウトして空港に向かいましょう!


 <飛行機の館へ

【VTBS/BKK/バンコク】2019/3/24撮影レポート5

バンコク・スワンナプーム空港は1日撮影していも飽きないですね。次から次にと日本ではお目にかかれない機体がやってきますからね。

さてさてRWY19Rにアプローチする機体をフェニックスホテルの部屋から撮影します。ただお昼を過ぎて光線状態は次第に悪くなってくるのが残念です。まあ光線状態の良い場所に行けば良いのですが、午前中で疲れてしまい行くが出なかったので・・・

GA/GIA/ガルーダ・インドネシア航空 KE657 B737-800 PK-GFX

GA/GIA/ガルーダ・インドネシア航空 GA866 B737-800 PK-GFX

スカイチームの中でもあまり目立たない?ガルーダのB737はあまり見る機会が無いのでなんか新鮮に感じます。

VJ/VJC/ベトジェット VJ803 A321 VN-A651

VJ/VJC/ベトジェット VJ803 A321 VN-A651

エアバス通算9000機目タイトルのベトジェットです。A320シリーズはLCCを中心に売上を伸ばしていますが、A380はさっぱりでついに製造が終わりますから、やはり大型機の時代は終わったと言うことでしょうか。

TG/THA/タイ国際航空 TG404 A350-900 HS-THG

TG/THA/タイ国際航空 TG404 A350-900 HS-THG

TGのA350です。翌日はA350で帰国することになります。

NS/HBH/河北航空 NS3517 B737-800 B-1445

NS/HBH/河北航空 NS3517 B737-800 B-1445

河北航空ってあまり聞かないと思ったら国際線はバンコクとシンガポールだけなようです。こういうフライトがあるのがバンコクらしいです。

QR/QTR/カタール航空 QR836 A340-600 A7-AGB

QR/QTR/カタール航空 QR836 A340-600 A7-AGB

QRは朝から随分撮影しているような気がしますが、A340-600は今回初な撮影です。それにしてもバラエティに飛んだ機材運用ですね。

BS/UBG/US-バングラ・エアラインズ BS213 B737-800 S2-AJC

BS/UBG/US-バングラ・エアラインズ BS213 B737-800 S2-AJC

USバングラって、バングラデシュがアメリカに忖度しているって言うキャリアなんでしょうかね。

LY/ELY/エルアルイスラエル航空 LY81 B747-400 4X-ELA

LY/ELY/エルアルイスラエル航空 LY81 B747-400 4X-ELA

世界一安全な?エルアルのB747が到着しました。エルアルもまだまだジャンボを使用している数少ないオペレーターです。

CV/CLX/カーゴルックス CV7977 B747-8F LX-VCE

CV/CLX/カーゴルックス CV7977 B747-8F LX-VCE

エルアルに続いてカーゴルックスのダッシュ8カーゴが到着しました。

RJ/RJA/ロイヤル・ヨルダン航空 RJ182 B787-8 JY-BAC

RJ/RJA/ロイヤル・ヨルダン航空 RJ182 B787-8 JY-BAC

個人的にシックなカラーで好きな塗装のロイヤルヨルダンです。RJもドリームライナーな時代なんですね。

BG/BBC/ビーマン・バングラデシュ航空 BG88 B787-8 S2-AJT

BG/BBC/ビーマン・バングラデシュ航空 BG88 B787-8 S2-AJT

おお、ビーマンもドリームライナーなの!とちょっと驚きましたが、今の時代ですから当たり前か。

この後、ベットに横なりながらFR24を見ていると睡魔に襲われ1時間ほど記憶を失いました。
その後はスポッティングを切り上げ前日と同じく16時ころから市内に向かい最後の夜を楽しみました。


その4へ> <飛行機の館へ> <25日へ>

【VTBS/BKK/バンコク】2019/3/24撮影レポート4

おいおい、まだレポートが続くのかよと思われるかも知れませんがもう少しお付き合いください。

この場所はちょっと電波の入りが良くないようでFR24で調べていると時折セッションが切れてしまうのが難ですが、建物の影があるので陽射しに当たることが無いだけましです。

PR/PAL/フィリピン航空 PR730 B777-300ER PR-C7777

PR/PAL/フィリピン航空 PR730 B777-300ER PR-C7777

最近は日本線には小型機が多いPRですが、バンコクにはトリプルでやって来ました。

ET/ETH/エチオピア航空 ET618 B777-200LR ET-AND

ET/ETH/エチオピア航空 ET618 B777-200LR ET-AND

成田にも乗入れていますが、スケジュールからなかなか撮影が出来てませんがバンコクならバッチリです。

QD/JCC/JCインターナショナル航空 QD686 A320 XU-997

QD/JCC/JCインターナショナル航空 QD686 A320 XU-997

JCCってどこのキャリアだと思ったらカンボジアでした。プノンペンから中国などに路線があり、台湾にも乗入れているそうです。カンボジアの中国姿勢って感じですかね。

FX/FDX/フェデックス FX49 B757-200F N919FD

FX/FDX/フェデックス FX49 B757-200F N919FD

フェデックスのB757カーゴです。アジアでもフェデックスの757カーゴが飛んでいるのは知りませんでした。

QR/QTR/カタール航空 QR834 A350-900 A7-ALJ

QR/QTR/カタール航空 QR834 A350-900 A7-ALJ

カタールのA350-900がやって来てくれました。今回QRは色々な機材が撮れたので良かったです。

MU/CES/中国東方航空 MU541 A320Neo B-1076

MU/CES/中国東方航空 MU541 A320Neo B-1076

チャイナイースタンのA320Neoは初撮りですね。Neoもどんどん勢力を伸ばしています。
さて。12時半も過ぎたのでホテルに戻ることにします。流石に歩くのはシンドいので大通りに出てタクシーを拾ってホテル近くまで行き、評判の良い食堂でチャーシューライスを食べてホテルに戻ると、さっきまでRWY19LアプローチだったのがRWY19Rにランチェンしてます。

なら部屋からスポッティングだと言うことで撮影再開です。

QR/QTR/カタール航空  B777-300ER A7-BAW

QR/QTR/カタール航空 B777-300ER A7-BAW

またまたカタールがやって来ます。カタールは何便バンコクに来るんだ?

S7/SBI/S7航空 S7511 A320Neo VQ-BRB

S7/SBI/S7航空 S7511 A320Neo VQ-BRB

シベリアのクラスノヤルスクからやって来たS7航空のA320Neoです。
ロシアからタイへの観光客が伸びていますからね~

CI/CAL/チャイナエアライン CI831 A330-300 B-18308

CI/CAL/チャイナエアライン CI831 A330-300 B-18308

ダイナスティのA330です。昨年9月に台北で沢山撮ったのでお腹いっぱいですが、来たなら撮りますがジャンボの方が良かったなぁ。

T5/TUA/トルクメニスタン航空 T5647 B757 EZ-A010

T5/TUA/トルクメニスタン航空 T5647 B757 EZ-A010

中央アジアのトルクメニスタンからやって来たB757ですが、この機体、元々はトルクメニスタンの政府専用機として導入した機体の様です。

という訳でまだ続きます。


その3へ> <飛行機の館へ> <その5へ>

【VTBS/BKK/バンコク】2019/3/24撮影レポート3

スワンナプーム空港は流石、バンコクの玄関空港だけあってアプローチ機が2分間隔でやって来ます。羽田や成田も似たようなものですが、流石に日本では撮影出来ない機体が多いので撮影とレジ記録が忙しいです。

LX/SWR/スイス国際航空 LX180 B777-300ER HB-JNJ

LX/SWR/スイス国際航空 LX180 B777-300ER HB-JNJ

Swissのトリプルが成田に来ると言う噂もありますが、どうなるか?

PS/AUI/ウクライナ国際航空 PS271 B777-200ER UR-GOC

PS/AUI/ウクライナ国際航空 PS271 B777-200ER UR-GOC

ウクライナと言うとB767のイメージが強くトリプルだったのではちょっと意外でした。どうやら元アシアナの機体のようです。

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ977 A330-300 9V-SSA

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ977 A330-300 9V-SSA

SQのアジア域内で活躍中のA330です。SQのアジア域内と言うと昔はA310でしたね。何回かお世話になったものです。

QV/LAO/ラオス国営航空  ATR72 RDPL-34176

QV/LAO/ラオス国営航空 ATR72 RDPL-34176

隣国ラオスからはATRでやって来ます。

MF/CXA/廈門航空 MF853 B737-800 B-5750

MF/CXA/廈門航空 MF853 B737-800 B-5750

成田にもやって来る廈門航空ですが、MUやCZに隠れてあまり撮影回数が多くない中国キャリアです。

TG/THA/タイ国際航空 TG103 B777-300ER HS-TKQ

TG/THA/タイ国際航空 TG103 B777-300ER HS-TKQ

TGの中・長距離のメイン機材になりつつあるB777-300ERですが今回は意外と撮影回数が少なかったです。

VJ/VJC/ベトジェット VJ801 A321 VN-A670

VJ/VJC/ベトジェット VJ801 A321 VN-A670

ベトジェットのA321ですが、今年の1月にデリバリされたばかりの機材ですが、Neoじゃないんですね。

WY/OMA/オマーン航空 WY811 B787-8 A4O-SI

WY/OMA/オマーン航空 WY811 B787-9 A4O-SI

FR24で機材写真が表示されてなかったので調べてみたらこの3月にデリバリーされたばかりの機体でした。

TG/THA/タイ国際航空 TG663 A330-300 HS-TBE

TG/THA/タイ国際航空 TG663 A330-300 HS-TBE

こちらはTGの短・中距離のメイン機材になるA330です。昔はA300-600RがTGの短中距離線で使われていて一度だけHKG/BKKをCで飛んだ事がありました。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX615 A350-1000 B-LXI

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX615 A350-1000 B-LXI

CXのA350-1000がもう1機やって来ました。乗務員の習熟を兼ねて香港バンコクの近距離線に入れているんでしょうかね。

さてそろそろ12時近くになりお腹も減ってきました。


その2へ> <飛行機の館へ> <その4へ

ANA国際線座席指定を有料へ

ANAが国際線エコノミークラスの事前座席指定を予約クラスに応じて有料化することを発表しました。

2019年5月29日以降の発券かつ8月19日以降の搭乗分で予約クラスの低いV/W/S/L/Kのチケット利用の場合、EXIT Row、機内前方通路側・窓側座席の一部の座席が有料となりそれ以外の座席は無料のままです。
(ダイヤモンドとプラチナメンバーは有料対象外だそうです)

気になる値段はEXIT ROWが4500~5500円、通路側窓側が1500~2500円となります。

有料となる予約クラスはアイキャッチ運賃など安い運賃になりますが、最近はLCCとの対抗上、予約クラスが低い運賃を大放出しているので、該当する場合が多くなると思います。

既にフルサービスキャリアでも事前座席指定を有料化しているキャリアも多くなってきており、JALあたりもそのうち追従するのでは無いかと思われます。

予約クラスが低いとマイレージの換算率も悪いですしフルサービスキャリアの魅力が少しづつ失われていくのが残念です。

座席

フルサービスキャリアも座席指定の有料化がおおくなってきてます。

【VTBS/BKK/バンコク】2019/3/24撮影レポート2

撮影している場所は丁度アパートの影になるので太陽の光線を浴びること無く撮影できるので日焼けにならずに済むのはありがたいですが、住宅地とあってやっぱり居心地は良くないです。

BA/BAW/ブリティッシュ・エアウェイズ BA9 B777-200ER G-YMME

BA/BAW/ブリティッシュ・エアウェイズ BA9 B777-200ER G-YMME

ヒースローからやってきたBAはトリプルの200ERでした。

KL/KLM/KLMオランダ航空 KL875 B777-300ER PH-BVK

KL/KLM/KLMオランダ航空 KL875 B777-300ER PH-BVK

KLMもジャンボが無くなってちょっと寂しいです。

PG/BKP/バンコクエアウェイズ PG924 A320 HS-PPH

PG/BKP/バンコクエアウェイズ PG924 A320 HS-PPH

「United for wildlife」塗装のA320ですが、なぜか機首部分が白いですね。なんか違うパーツを取り付けたプラモみたいな感じになっています。

CZ/CSN/中国南方航空 CZ357 A321Neo B-8369

CZ/CSN/中国南方航空 CZ357 A321Neo B-8369

チャイナサザンのA321Neoは初めて撮影しました。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX705 A350-1000 B-LXB

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX705 A350-1000 B-LXB

今回の遠征で撮影したかったA350-1000がやって来ました。キャセイは早くからA350を就航させていましたし、自分も初めて乗ったA350もキャセイでした。

TG/THA/タイ国際航空 TG637 B787-8 HS-TQA

TG/THA/タイ国際航空 TG637 B787-8 HS-TQA

TGのドリームライナーもやって来ました。プーケットには乗り入れて無いのでようやく撮れた感じです。

BR/EVA/エバー航空 BR211 B777-300ER B-16718

BR/EVA/エバー航空 BR211 B777-300ER B-16718

エバーのB777-300ERが到着です。

PG/BKP/バンコクエアウェイズ  ATR72 HS-PGA

PG/BKP/バンコクエアウェイズ ATR72 HS-PGA

タイのビーチリゾートらしい塗装のATRがやって来ました。/バンコクエアウェイズもなかなかおしゃれなことをしてくれます。

W5/IRM/マーハーン航空 W556 A340-300 EP-MMD

W5/IRM/マーハーン航空 W556 A340-300 EP-MMD

プーケットで撮影したマーハーン航空のA340がプーケットからやって来ました。どうやらイランからプーケット・バンコクと飛んでテヘランに戻る運用のようです。

MU/CES/中国東方航空 MU269 A320 B-2209

MU/CES/中国東方航空 MU269 A320 B-2209

チャイナイースタンのA320「Flying Apsaras / Beautiful Gansu」塗装のA320です「绚丽甘肃」の文字がゆがんでいるように見えるのでちょっとびっくりです。


その1へ> <飛行機の館へ> <その3へ

アシアナ航空売却へ

OZ/AAR/アシアナ航空 A380 HL7626

保有機材の整理も行われるならA380あたりか?

アシアナ航空(OZ)を保有する韓国財閥の錦湖グループが、資金難を理由にグループが保有する全株式を放出して経営から退く事が発表されました。

OZの資金繰りについては、機内食騒動があった頃に噂で聞いていましたが、やはり韓国経済の状況から改善することは出来ずに赤字が増えてつづけ銀行も駄目と判断したのでしょう。

株式を放出することで筆頭株主が変わるだけなので運航は引き続き継続されますが、今の韓国経済で引受先が見つかるかは不透明でこの混乱が続けば、銀行融資も途絶え最悪On Groundになる可能性も無くはありません。

韓国のLCCも競争が激化しており傘下LCCのエアプサンやエアソウルも売却される見通しですが、この2社については整理される可能性もあります。

残念ながら今の状況からOZが良い方法に進むのはかなり大変かと思われます。
個人的にはOZは好きなキャリアだっただけに、初心に戻って頑張ってもらいたいものです。

それにしてもピーナッツの会社もそうですが、なんか韓国の財閥って個人商店を大きくしただけな感じがしますね。

【VTBS/BKK/バンコク】2019/3/24撮影レポート1

朝7時に起床して早速部屋からスポッティング開始です。前回宿泊した時は空港側でしたが今回は反対側でアプローチコースが見えるので部屋からも撮影できちゃいます。

朝焼けの中やってきたのはA350です。

TG/THA/タイ国際航空 TG518 A350-900 HS-THJ

TG/THA/タイ国際航空 TG518 A350-900 HS-THJ

続いてB747-8がやって来ました。

5X/UPS/ユナイテッドパーセルサービス 5X15 B747-8F N605UP

5X/UPS/ユナイテッドパーセルサービス 5X15 B747-8F N605UP

UPSのダッシュ8は初めての撮影かな

早朝到着のLOTです。

LO/LOT/LOTポーランド航空 LO6519 B787-8 SP-LRF

LO/LOT/LOTポーランド航空 LO6519 B787-8 SP-LRF

ノルウェーからB787が到着です。

DY/NAX/ノルウェージャン・エアシャトル DY7205 B787-8 LN-LNB

DY/NAX/ノルウェージャン・エアシャトル DY7205 B787-8 LN-LNB

チャーター便もやってくるのがバンコクらしいです。

EK/UAE/エミレーツ航空 EK374 A380 A6-EUD

EK/UAE/エミレーツ航空 EK374 A380 A6-EUD

よしエミレーツの後、朝食にしてスポッティングしようとしたのですが8時頃からランチェンで着陸が19Rから19Lになってしまいました。

こうなるとホテルからの撮影は絶望的になります。今回はホントにランチェンに泣かされます。
一時的なものかと思いましたが19Lのままなので、19Lのポイントに行くしか無いとホテルから歩いて19L側に向かいます。

大通りを東に20分程歩き、アプローチコースの東側に出ました。

TG/THA/タイ国際航空  A330-300 HS-TBA

TG/THA/タイ国際航空 A330-300 HS-TBA

うーんちょっとお腹が目立つなと言うことで空港側のソイに入っていい場所が無いかと探しなんとか撮れる場所がありました。

HX/CRK/香港航空 HX771 A320 B-LPC

HX/CRK/香港航空 HX771 A320 B-LPC

まあいい感じで撮れますが、回りはアパートが建て並ぶ場所なのでちょっと気が引けてしまいます。

PG/BKP/バンコクエアウェイズ PG106 A319 HS-PPN

PG/BKP/バンコクエアウェイズ PG106 A319 HS-PPN

でも空港関係者が住むアパートらしくレンズを飛行機に向けて入れれば変には見られなかったのが救いです。

CI/CAL/チャイナエアライン CI833 B747-400 B-18210

CI/CAL/チャイナエアライン CI833 B747-400 B-18210

CIのジャンボもTGと同じくまだまだ使うようです。

LQ/MKR/ランメイ・エアラインズ LQ670 A321 XU-919

LQ/MKR/ランメイ・エアラインズ LQ670 A321 XU-919

見慣れないキャリアだなと思ったらカンボジアのキャリアでした。こういう日本に乗りれて無いキャリアが撮影できるのがバンコクの楽しいところです。


23日の撮影へ> <飛行機の館へ> <その2へ> 

羽田沖を航行する南極観測船「しらせ」

今日は友人が庄内からNH398で羽田にやってくるので出迎え様と第二ターミナルの展望デッキで到着を待っていると東京湾から一隻の大型船が出港してくる姿が見えました。

船体カラーがオレンジで「十和田丸」を思い出すなぁ~と、気温が高くメラメラが出ていますがレンズでよく見てみると船体に書かれた数字が「5303」とあります。
あ、船体番号って南極観測船「しらせ」だ!
「しらせ」を見たのはこれが初めてです。スカイツリーをバックに出港していく様子を収めましたが、陽炎でメラメラなのが残念です。

AIR DOとツーショットで。
上手く34Rの着陸機があればコラボできるので34Rの先を見るとランディングライトがみえました。

ドリームライナーとツーショットです。
デッキに人が多く乗ってますが、なんかのイベントなのかな?

「しらせ」バックにJALのB777がインターセプトディパーチャーしていきました。

友人の乗ったA321Neoが到着。なんとツーショットになりました。

「しらせ」ですが昨年11月に南極に向かい今週の4月9日に南極から戻って来たばかりの様です。
ちょっと前にアマゾンプライムで「宇宙よりも遠い場所」見ただけになんか感動しちゃいました。