エアトラベルをしよう!⑤

先日、ネットニュースを見ていたら、南アフリカのクルーガー国立公園内でライオンの家族が、外出禁止で閉鎖された公園内の道路で寝そべっていると言う写真がありました。

そんなクルーガー国立公園に2001年5月、今から19年も前になりますが、ヨハネスブルグからサファリツアーで訪れました。
今日はその時の写真を紹介して旅に出た気分になりたいと思います。

ヨハネスブルグからツアーガイドが運転するランクルに乗ってクルーガー国立公園内のロッジに2泊するツアーで、イギリス人のカップルと自分とガイドの4人で巡る旅でした。

キンリの夫婦?

キンリの夫婦?

先日紹介したケニアのサファリと違い、クルーガー国立公園内のサファリは道路からブッシュに入ることは禁じられていて地図にある道からの見物となります。

イボイノシシの群れ

イボイノシシの群れ

あまり道路に近づいて来る動物は居ないだろうなぁと思っていると結構出てくるんですよね。
写真は有りませんが二日目に夜にナイトサファリに出ました。すると昼間は暖かかった気温がぐんぐん下がって、毛布が無いと寒く感じる程でした。
するとゾウの群れやライオンの群れが暖かくなったアスファルト舗装の道路にやってきて道路上とゆうゆうと歩いているのです。
動物も暖かい方を好むからと言う説明でした。

ゾウの子供

ゾウの子供

クルーガーでは子供のゾウを連れた群れと何回か出くわしました。
国立公園なので動物保護区になっているので、密猟者に狙われる心配は少ない(必ずしも0では無いそうです)
のですが、子供連れの群れは気が立って居るので危ないと言われました。
確かに、一度木の茂みがら親ゾウが出てきて威嚇されましたからね。

宿泊したロッジ

宿泊したロッジ

公園内のロッジで北から入り南に移動するコースで1泊目と2泊目で異なるロッジに宿泊しました。
まあ豪華さはありませんがちゃんと清掃もされていて過ごしやすかったですね。
ちなみにクルーガー国立公園に隣接する私立の動物保護区があり、こちらは世界中からの(比較的高額な)ツアーなどで訪れ、ホテルライクなサファリが楽しめるそうです。こちらはレンジャーが運転するジープでブッシュに入ってのサファリが楽しめるようになっているそうですが、ガイドは「あれは動物園だ」と言ってました。
容易にビック5に出会えるのだから・・・

サイ

サイ

3日目になってビック5のうちサイに出会えました。最終日なので昼過ぎにクルーガーを出てヨハネスグルグに戻ることになります。

ライオンのメス

ライオンのメス

3日間で残念ながらチーターに出会う事が出来なかったのが残念です。

さすがにクルーガーでもチーターに出会える確率は低いのですが、運が良ければ木陰や木の上で寝ているところを見ること出来るそうです。

クルーガー国立公園を後にして、ランクルはヨハネスグルグに戻る途中、空港で降ろしてもらいました。
そのまま、22時発のチューリッヒ行SR283便に乗ってスイスへ向かいました。

エアトラベルをしよう!

友人で航空ジャーナリストとして活躍するKoji KitajimaさんのBlog「あびあんうぃんぐ」であたかも旅行したような気分になる、「エアトラベル」を実践しようと紹介されます。

このところコロナばかりで暗い話題が多かったので、賛同して気分を変えていきましょう。

さてさて、自分もあちこち出掛けて、もう一度行きたいという場所は沢山ありますが、その中で行きたいけどなかなか実現していないのがケニアです。
1997年の9月に訪れ、マサイマラ国立保護区のロッジに2泊3日と短い滞在でしたが、始めてサファリの楽しみました。

ヌーの大群

ヌーの大群

もう少し遅いとヌーの大移動が見られたのですが・・・
それもこれだけのヌーがいるのですから流石アフリカです。
キリン

キリンを目が合いました

キリンが悠々とサバンナを歩いて行く姿はまさにアフリカに居るんだなと感動します。

ライオンの親子の食事

ライオン親子の食事

ロッジでは朝と夕に四駆に乗ってサファリに出掛けます。レンジャーが連絡を取り合い、こうやってライオンの食事に出会える事があります。
流石に狩りの最中に出会うのは難しいですが、ライオンの親子がこうやってシマウマを食べるシーンは動物園では見ることが出来ないですからね。
カバのプール

カバのプール?

滞在2日目の朝は朝のサファリの後にロッジ近くの河原「カバのプール」で野外朝食となります。
なかなかしびれる朝食でしたね。
ロッジの滑走路

ロッジの滑走路

ナイロビからロッジまではツインオッターで移動しました。
車移動なら安いのですが、短い日程だったので往復飛行機を利用しましたが、まさかアスファルトで無い滑走路に降りるとは想像してませんした。
コックピット越しにRunwayが見えた時、本当にソコに降りるの?と驚きました。

この当時はまだデジカメなんて無く、フィルムだったのすがネガの劣化が残念です。

あーケニアにまた行きたい!

マサイマラの夕方

Scan-121215-0021この写真は1997年に撮影したものですからもう20年近く前になります。
ケニアのマサイマラで夕方のサファリで最後にロッジに戻る寸前に出会った象の群れです。
子供連れの群れは(子供を守るため?)気が荒いのでこれ以上は近寄れないと言われたのを覚えています。

この時の旅行はDL/SQ/SRの世界一周航空券を使ってNRT-LAX-ZRH-BUD-ZRH-NBO-ZRH-KIXと言うルートでした。BUDに寄ったのは当時BUD発の世界一周航空券が安かったからです。

マサイマラでは2泊3日と短い滞在でしたが、滞在中4回(朝と夕方)のサファリに出掛け、多くの動物を目の前にして興奮したものです。
次はアンセボリに行きたいなぁと思ってますが、その次がまだ実現していません。