懐かしシリーズ”SwissairのMD11”

SR/SWR/Swissair HB-IWN MD-11

SR/SWR/Swissair HB-IWN MD-11

このホームページによく来られる方だとSwissairのMD11はそんなに珍しくは無いと思われる方も居るでしょう。

でもよーく見ると珍しい写真だと気づきますかね。
特に、日本のスポッターだと、あー、あの機体かと気がつくかも知れません。

Swissairから引き継いだSWISSでも特徴のある機体塗装でしたたかね。
ここまで書けばかなりの人が判ったかな?

HB-IWN、1995年のサマーダイヤからチューリッヒ・台北線開設に伴い中国に配慮してSwissair Asiaとして就航させた機体で、機体尾翼にスイスを漢字で表す「瑞士」の「瑞」の文字をレタリングした機体です。この書体を書いたのはスイス在住の日本人書道家でした。
HB-IWNのデリバリーが1994年の夏でしたので、Swissairカラーで活躍していた時期は半年も無かったと記憶しています。

台北までは直行では無くバンコク経由でした。なのでバンコク・台北間がSwissair Asiaとしての運航で以遠権もあったのでこの区間だけの搭乗も出来きたので1度だけ搭乗しました。その時はもう1機の「瑞」カラーHB-IWGでした。
当時は台北線を開設する欧州キャリアが相次ぎ、KLM AsiaとかAsiaカラーが流行りました。