鹿児島県【鹿児島中央】みょうばんの湯

みょうばんの湯オススメ度:★★★★
泉質:ナトリウム-塩化物温泉 低張性高温泉
《源泉温度》48.2℃ 《湧出量》299L/min 《PH値》7.9 《成分合計》2116mg/kg
《加温》無 《加水》無 《循環》無 《消毒》有
料金:(大人)390円
入湯日:2018.1.17
HP:
住所:鹿児島市武1丁目9-11

鹿児島中央駅から歩いて5分程、九州新幹線の高架脇にある温泉銭湯で2017年12月にリニューアルオープンした施設です。
入口の下足箱分しか入場出来ない事になっており、どんなに混雑しても最大で男女それぞれ32名までしか利用出来ません。
券売機で入浴券を購入してフロントに差し出すと、下足箱キーと同じ番号のロッカーキーと交換になります。

脱衣場はそんなに広くはありませんが、ロッカー数が限られているので窮屈感はありません。

浴場は中央に円形の浴槽が3つ連続しており、無色透明の源泉が投入されている一番端の浴槽からオーバーフローした温泉が高低差によって次々の浴槽に移動して最後にオーバーフローした温泉が排水される仕組みです。
なので、源泉投入浴槽は熱く、最後はぬる湯になる仕組みで、温度差の浴槽を渡り入る「時間湯」の要領で入れます。

飲用許可もあり、温泉を飲んでみると若干、まったりと塩分を含んいる感じで飲みやすい感じです。

流し場には椅子と桶が用意されていていますが、シャンプー・リンス・ボディソープは無いので購入か用意することになります。
カランのお湯も温泉を使っているようで、湯量が豊富なのでしょう。さすが温泉天国の鹿児島だけのことはあります。

手入も行き届いており、銭湯料金で入れるのはかなり嬉しいです
休憩スペースはあまり広く無いのであまり長居できる感じでは無いですが、そこは銭湯なので仕方ないですかね。

駅からも近いので列車の待ち時間に立ち寄るにはとても良い、駅チカ温泉です。

ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>


もどる

コメントを残す