【淡水魚】水元公園

日曜日に沖釣りにでもと考えていたのですが、予報が悪く中止にしました。
今朝起きてみるとは天気も良く絶好の行楽日和となっていたので、近場でもと思い、葛西の新左近川親水公園か、それとも水元公園かと悩んだ末、水元公園に出掛けてきました。

途中で釣具屋に寄ったりして、水元公園に着いたのが13時過ぎで駐車場近くの、小川で様子をみながら釣り始めると、結構アタリがあるのですが、小さいのか針がかりしません。

足元の杭を見ると3cm~5cm位の川エビ(スジエビ?)が沢山居るのを見つけ、嫁さん子供はエビ釣りに夢中になっていました。

タナゴとかクチボソを釣るつもりだったのですが、いつの間にかエビ釣りで遊んでいて、バケツに少しずつエビが入るように・・・

自分の仕掛けはタナゴ用なのでエビには針が少し大きいようで、エビ釣りは嫁さんと子供に任せて、本流側に移動しながら探っていくと、アタリ自体は多いのですが、やはり針がかりしない状態でした。

でも、上手く針がかりしたタナゴやクチボソが釣れたりして、バケツの中は結構賑やかになりました。
そう言えば、ブルーギルも釣れました!こちらは外来種で生態系を壊すならず者なので、丁重にモグラの開けた穴に埋葬しました。可哀想な感じもしたのですが・・・

15時半を過ぎると、気温も下がり始め、日もくれてきたので、16時に納竿しました。
バケツにはタナゴ1,クチボソ2,川エビ20位が入っていました。今回は全てリリースです。
川エビは持ち帰って唐揚げでも良かったのですが、なんせ水元公園は、熱い場所としても有名なので、嫁さんの反対があり、全てお帰り頂きました。

でものんびりと遊びながら釣りを出来ると言うことで少し欲求解消になった・・・かな

コメントを残す