SWISSの運航状況

現在、SWISS(スイス国際航空/LX)はスイスから13路線の運航を維持していますが、コロナ渦以前の5%程度の運航となっています。

長距離線はニューアーク線のみ維持して米国との運航を継続しています。その他香港や上海に貨物専用便としてカーゴルーム、客室も使って医療物資などの輸送を行っています。

チューリッヒ発着
・アムステルダム(AMS)
・アテネ(ATH)
・ベルリン(TXL)
・ハンブルグ (HAM)
・リスボン(LIS)
・ロンドン(LHR)
・ポルト(OPO)
・ストックホルム(ARN)
・ニューアーク(EWR)

ジュネーブ発着
・アテネ(ATH)
・リスボン(LIS)
・ロンドン(LHR)
・ポルト(OPO)

運航路線の縮小で多くの機材が余剰となり、チューリッヒ郊外のデューベンドルフ空軍基地などへフェリーされストア状態になっています。

SWISSと同じルフトハンザグループのオーストリア航空は5月3日まで、ブリュッセル航空は、5月15日まで全路線で運航を停止しています。

欧州の航空会社はどこも経営状況が悪化しており、このまま長引くと倒産するキャリアも増える可能性が高く、早い終戦が望まれます。

チューリッヒ空港

チューリッヒ空港の閑散としているようです。

コメントを残す