SWISS 8月までの成田線運航計画

SWISS(スイス国際航空)は7月31日までのチューリッヒ・成田線の運航計画を発表していますが、今後の運航スケジュールについて順次GDSへの登録を行っています。

EU域内の経済活動再開や入国制限の緩和により、運航計画も徐々に増やして行く予定で、成田線については7月末までは週2便、8月からは週3便での運航を計画しています。
8月まではチューリッヒ発22:40、成田着は翌17:20着で到着した機材とクルーは成田で1泊、翌日の成田10:25発でチューリッヒ同日の15:35着と言うスケジュールになっています。
SWISS 日本線運航計画 7/2現在

SWISS 7月の成田線運航計画

SWISS(スイス国際航空)は7月13日までのチューリッヒ・成田線の運航計画を発表していますが、7月31日までの運航計画について発表しました。

7月末までは現在の週2便、チューリッヒ発が月・木曜日の22:40発で、成田着は翌17:20着。成田発は水・土曜日の10:25発でチューリッヒ着が同日15:35着となり、到着した機材は成田でナイトステイとなっています。(お詫び:6/25の更新の際に成田発の運航日が間違っていました。)

SWISS 日本線運行計画 6/30現在

8月からは、SWISSとルフトハンザは日本線の便数を増やす予定で近日中にGDSに反映されるとされています。

報道によれEUは、7月1日よりオーストラリアやカナダ、日本、モロッコ、韓国など14カ国からEUへの渡航制限を解除する方針で停滞している国際ビジネスの復興を期待している一方、日本からEUへ出国し、帰国した場合、空港で検疫を受け陰性でも自宅等で14日間の自主隔離が求められることから、現時点でのビジネス・観光での訪問は厳しいのが現状です。

個人的に訪瑞したいのですが、まだまだ行ける状態では無いのが残念です。

SWISS 7月の成田線運航計画

SWISS(スイス国際航空)は7月1日から5日までチューリッヒ・成田線の運航計画について発表しました。6月は週2便での運航ですが、7月に入り週3便にとすると事で、新たにチューリッヒを日曜日出発が追加されています。
7月6日以降についてはまだ、GDSには反映されていませんので、今までのスイス発月・木に日が加わるか、運航日の見直しになるのかは今の所不明です。
Swissの運航計画
欧州内等での渡航制限が徐々に解除されきており、欧州内の需要が増えてきていることから段階的に増便していますが、大陸間移動の需要回復までには至ってないようです。

なお、スイス向けの国際郵便については6/5より日本郵政で引受を開始しており、SWISSの運航再開で日瑞間の物流もようやく再開となりました。

SWISS 6月の成田線運航計画

SWISS(スイス国際航空)は6月1日から15日までチューリッヒ・成田線を週2便で運航再開しますが、6月15日以降についてもチューリッヒ・成田線は週2便での運航を継続すると発表しました。
6月の運行計画
前回発表時点ではGDSでは、15日以降毎日運航のスケジュールがファイルされていましたが、正式に週2便運航が決まりDGSにも反映されました。
時刻については現行通りです。

欧州域内線も6月には約60都市へ運航を再開します。

しかし、新型コロナウィルスへの感染者数が減少傾向で外出制限などが解除されつつはありますが、国外からの入国制限が続いて状況なのでまだまだ航空需要が戻るまでの力は無く、これから書き入れ時のバカンスシーズンを迎える欧州ですが、厳しい経営が続きそうです。

SWISS 成田線を再開へ

昨日お知らせした通り、SWISS(スイス国際航空/LX)は6月から成田線を週2便で再開します。

SWISS日本線運航情報

SWISS日本線運航情報

既にGDSにスケジュールが反映されており、6月14日までは、チューリッヒから火・木曜日発、成田発は6月2日から14日まで水曜日・金曜日の出発で、時間、機材とも変更はありません。

また、6月15日からは毎日運航に戻し、運休前の状況に戻す計画になっていますが、3月に解説したばかりの関空線については2021年3月の再開予定となっています。

日瑞間の航空便が再開されることで、引受が停止されていた日本からスイス向けの郵便の再開も期待できそうです。

スイス国内の新型コロナウィルスへの感染者は5月に入ってから日100人を切っており、ココ数日は
30~50人程度まで落ち着いてきています。

スイスを始めヨーロッパでは今後は経済再開へ向けた動きが進んでいくかと思いますが、SWISSなどのルフトハンザグループでは利用者にはマスク着用を必須とするなど、感染拡大への備えをしつつの再開となります。

SWISS 3機のB777-300ERを改修

LX160

貨物輸送便として成田へ向かうLX160便

SWISS(スイス国際航空/LX)の貨物営業の部門Swiss WorldCargoは、旅客便が運休している6都市(EWRは旅客便としても運航)へ旅客輸送なしの貨物便として運航を行っています。

SWISSには貨物専用機が無いのでB777-300ERを使っての運航ですが、12機保有している機体のうち3機についてエコノミークラスの座席を取り外して貨物搭載スペースとして運航を行っています。

現在、SWISSのB777-300ERで4月以降も運航しているHB-JND、HB-JNH、HB-JNI、HB-JNKが主にアジア向けの貨物輸送を行っており、このうちも3機が改修されたと思われます。

SWISSはB777-300ERの他、A340-300を使いチューリッヒから上海(毎日1~3便)、 北京(毎日1~2便)、シカゴ・東京(週2便)、バンコク・シンガポール(週1便)の運航を行っており、主に医薬品、医療設備の輸送を行っています。

4月に入り経済再開で中国の工場が稼働し始め、生産された医療関係物資の輸送の為中国からの貨物輸送の為、貨物専用機だけでなく世界各国から旅客型による貨物便が行われています。

SWISS 運休期間を延長

SWISS(スイス国際航空)は、新型コロナウィルス、COVID-19の感染症拡大に伴い、日本発着便を、チューリッヒ発5月17日(成田発は5月18日)まで2週間延長することとなりました。
残念ですが、欧州では緩やかですが感染者数の減少がみられてますが、日本では感染が広がってる状況では致し方ないところです。SWISS運航情報
しかし、SWISSは日瑞間の貨物が滞っていることから今週2回、旅客を乗せず貨物便としてLX160/161便を運航しており、今後も状況によって貨物便を運航するものと思われます。

3週間ぶりにLX160便が成田に

今日の夕方、SWISS(スイス国際航空/LX)のLX160便が成田に到着しました。

LX160

cflightradar24

SWISSの成田線は3/25チューリッヒ発のLX160が最後便として運航した後、運休していますので、今回の飛来はスイス国民の救援機もしくは貨物機としての運航だと思いますが、スイスからの情報では16日にもLX160の運航が計画されている模様です。

飛来したB777-300ER、HB-JNHも14日ぶりの飛行だったようです。SWISSの長距離戦はニューアークだけで飛行機会が無くなっておりストア状態の機体が多くなってます。

SWISSは先日、ニュージランドで立ち往生しているスイス国民の救援に救援機をシンガポール経由でオークランドまで運航しています。
SWISSが南太平洋まで飛んだのは始めてでは無いでしょうか?

まだ海外で立ち往生している日本人が2000人居るそうです。自業自得だなんて言っている心もとない人も居ますがこういう時にちゃんとサポートできる出来ないでその国の力量が見える気がします。

LX160の続報があればUP DATEします。
+++2020.4.15UPDATE+++
今回の運航は日瑞間で滞っている貨物輸送の為の運航だったそうです。
昨晩LX160として到着した機材、乗務員はLX161便として4/15にHB-JNHは定刻出発してチューリッヒに向かいました。

SWISSの運航状況

現在、SWISS(スイス国際航空/LX)はスイスから13路線の運航を維持していますが、コロナ渦以前の5%程度の運航となっています。

長距離線はニューアーク線のみ維持して米国との運航を継続しています。その他香港や上海に貨物専用便としてカーゴルーム、客室も使って医療物資などの輸送を行っています。

チューリッヒ発着
・アムステルダム(AMS)
・アテネ(ATH)
・ベルリン(TXL)
・ハンブルグ (HAM)
・リスボン(LIS)
・ロンドン(LHR)
・ポルト(OPO)
・ストックホルム(ARN)
・ニューアーク(EWR)

ジュネーブ発着
・アテネ(ATH)
・リスボン(LIS)
・ロンドン(LHR)
・ポルト(OPO)

運航路線の縮小で多くの機材が余剰となり、チューリッヒ郊外のデューベンドルフ空軍基地などへフェリーされストア状態になっています。

SWISSと同じルフトハンザグループのオーストリア航空は5月3日まで、ブリュッセル航空は、5月15日まで全路線で運航を停止しています。

欧州の航空会社はどこも経営状況が悪化しており、このまま長引くと倒産するキャリアも増える可能性が高く、早い終戦が望まれます。

チューリッヒ空港

チューリッヒ空港の閑散としているようです。

SWISSチリへ救援機運航

SWISS(スイス国際航空)は南米チリで出国できなくなっていたスイスからの旅行やビジネス客などを救援する為、チリの首都サンティアゴ空港へスイス政府の要請で救援機を運航しました。

HB-JNJ

チリへ救援機として使用されたHB-JNJ

チューリッヒからフェリーされたB777-300ER(HB-JNJ)が折り返しLX8901としてサンティアゴからチューリッヒまでノンストップで運航し日本時間29日18時頃到着しました。

LX8901にはスイス国籍159人の他、同じくチリで立ち往生している他国籍者102名が搭乗しました。

スイスは既にリマ、カサブランカ、ダカール、コスタリカへ救援機を運航しており、この後もブエノスアイレス、リマ(2回目)の運航を予定しています。

ペルーでは日本からの旅行客など約250人が立ち往生しており、昨日台湾政府が派遣したチャーター機で一部が約30人が同乗して脱出しています。

この時期に海外旅行とは言う論調はあるでしょうが、こうやって自国民を素早く救護させると言うのは日本政府には真似できないですね。
ちなみにSWISSはサンティアゴへの乗り入れは11年前に取りやめていますが、問題なく往復できてます。乗入れしてないから日本のキャリアが救援機を南米へ派遣出来ないと言うのは一種の口実ですかね。

一方、SWISSでは運休している香港線について、貨物機として臨時便を飛ばしています。
船便も中国から荷積が少ない為運航回数がすくなっていることもあり物流確保の為、A340-300を使いカーゴスペースに貨物を搭載して運航しています。

SWISSは4月20日まで日本線を運休しています。
早く、日本でレッドクロスの尾翼を見たいものです。

SWISS今日から関空に就航

LX/SWR/スイス国際航空 LX160 A340-300 HB-JMH

関空への一番機となったHB-JMH

今日、3月2日(チューリッヒ発は3月1日)からSWISSは関空線を開設しました。(Swissair時代からだと再開になりますね)

今日は予定時刻より1時間ほど早い8時過ぎに関空にLX158便としてA340-300(HB-JMH)が到着し、折返しLX159便として定刻にチューリッヒに向けて出発しています。

折しも新型肺炎が蔓延している中での就航で全世界的に航空需要が減少しておりこの先が読めない状況です。
一部キャリアでは日本路線の減便や運休する動きも出てきており、あまり良い状況では無い中での就航だけに少々心配です。

機材こそは成田線のお下がりのA340ですが、フライトナンバーは成田より若い番号が付与されていますので、この苦境を乗り切ってデイリー運航になるのを期待しています

LHグループ、春のプロモーション運賃(UPDATE)

ルフトハンザグループ(ルフトハンザ、オーストリア、スイス)の春から初夏にかけてのプロモーション運賃がファイルされました。
この時期のヨーロッパは日が長くなり日没も遅くなるので観光には良い時期ですからオススメです。

2020.2.12追加
今回プレミアムエコノミークラスの運賃がファイルされました。これで3クラスから選ぶことが出来ます。

2020.2.20追加
ゴールデンウィーク期間のエコノミー運賃がファイルされました。

<<エコノミークラス>>
出発期間 ショルダー(K)2020/6/1-30
ローシーズン(L)2020/4/1~23,5/3-31
ハイシーズン(H)2020/4/24~5/2
発券期間 ~2020/3/16
運賃 (H)80,000円 (K)80,000円 (L)70,000円
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス L
羽田便加算 羽田発便5,000円 羽田着便 NH便5,000円 LH便2,500円
週末加算 10,000円 日本土日出発:欧州金土出発
旅行期間 土曜日の滞在を含む3日以上21日以内(ハイシーズンは3日以上21日以内)
発売/発券期限 21日前/予約後24時間以内
変更/払戻 不可
燃料サーチャージ 別途要

<<エコノミークラス・予約クラス制運賃>>
出発期間 2020/4/26~4/28
発券期間 ~2020/4/21
運賃 (Vクラス)162,000円 (Wクラス)130,000円 (Sクラス)110,000円
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス V/W/S
羽田便加算 羽田発便5,000円 羽田着便 NH便5,000円 LH便2,500円
週末加算 10,000円 日本土日出発:欧州金土出発
旅行期間 3日以上21日以内
発売/発券期限 7日前/予約後48時間以内
変更/払戻 不可
燃料サーチャージ 別途要

<<プレミアムエコノミークラス>>
出発期間 2020/4/1-6/30
発券期間 ~2020/3/16
運賃  180,000円
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス N
羽田便加算 羽田発便5,000円 羽田着便 NH便5,000円 LH便2,500円
週末加算 10,000円 日本土日出発:欧州金土出発
旅行期間 5日以上21日以内
発売/発券期限 7日前/予約後72時間以内
変更/払戻 不可
燃料サーチャージ 別途要

<<ビジネスクラス>>
出発期間 2020/4/1-6/30
発券期間 ~2020/3/16
運賃  390,000円
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス P
羽田便加算 羽田発便10,000円 羽田着便 NH便10,000円 LH便5,000円
週末加算 50,000円 日本土日出発:欧州金土出発
旅行期間 5日以上1ヶ月以内
発売/発券期限 21日前/予約後72時間以内
変更/払戻 不可
燃料サーチャージ 別途要

※運賃・条件は、予告無く変更となることがあります。当ページでは情報についての責任を負いかねます。

スイス

5月のスイスは新緑の時期です。

さよならSWISSのA340

と言っても今日で成田にやってくるSWISSのA340-300が最後ということです。
最終日にLX160でやって来たのはA340-300の1番機HB-JMAでした。

成田でSWISSのA340-300を見るのも最後という事で折返しLX161をさくらの山近くの道路から離陸して行くA340を見送って来ました。定刻にスポットアウトして11時過ぎにRWY34Lから離陸許可を得てTakeoffしました。

LX/SWR/スイス国際航空 A340-300 HB-JMA

LX/SWR/スイス国際航空 A340-300 HB-JMA


A340は上昇がゆっくりなので丁度、姿が見えた時はギアアップ中でした。B777-300ERの欧州線ではこの辺りではキアアップが終わっています。

ギアアップが完了したA340-300はゆっくりした足取りで上昇しチューリッヒを目指して旅立って行きました。

LX/SWR/スイス国際航空 A340-300 HB-JMA

LX/SWR/スイス国際航空 A340-300 HB-JMA


明日からはB777-300ERとなり、既にチューリッヒを出発したLX160には2019年11月に就航した一番新しいHB-JNKが当てられ成田に向かっています。

まあ、SWISSのA340-300は3月から関空にやって来ますので暫くはその姿を見ることは出来ますけど、完全引退もそう遠くない将来ではないでしょうかね。

SWISSゲートでの搭乗順位変更

スイス国際航空(SWISS)は欧州路線の空港ゲートで搭乗方法を変更しました。

優先搭乗、グループ1,2のHON Circle 会員、セネター会員、スターアライアンスゴールドカード会員、ビジネスクラス、ノーマルエコノミー(フレックス)運賃利用者に引き続き、エコノミークラスとなりますが、窓側 ⇒ 中央 ⇒ 通路側の順となります。

グループ3:エコノミークラス窓側の座席
グループ4:エコノミークラス中央の座席
グループ5:エコノミークラス通路側の座席

となっていますが、窓側と中央の二人連れの場合は、グループ3となり一緒に搭乗できます。
今までだと機体前方や後方など座席番号で整理される事が多かったですが、欧州線ではA320シリーズがメイン機材となりますので、通路を挟んだ3-3配列です。
なのでこの搭乗方法ならスムーズに搭乗が出来ることになり、定時運航にも繋がります。

この方式はルフトハンザグループの統一ルールとして、ルフトハンザ航空ドイツ航空、オーストリア航空でも採用されており、今後欧州路線以外でにも広がる可能性があります。

搭乗ゲート

この方式だと後から窓側の人が来て立つ必要がなくなりますネ。

LHグループ、冬のプロモーション運賃(Update)

ルフトハンザグループ(ルフトハンザ、オーストリア、スイス)が設定している冬のプロモーション運賃がアップデートされました。
発売期間が延長され、エコノミークラスについては3月分も設定されています。

3月の欧州線は卒業旅行シーズンと言うことで運賃が高めに設定されています。とは言え夏よりは安いですが、観光的にはちょっと中途半端なんですよね。
でも3月になると日没も遅くなってきますし、晴れれば気温も高くなってきますから真冬よりは良いですけどね。

<<エコノミークラス>>
出発期間 ピークシーズン(P)2020/3/1~3/31
     ショルダー(K)2019/11/11~12/26, 12/30-31
     ローシーズン(L)2020/1/1~/2/29
発券期間 ~2020/1/20
運賃 (P)85,000円 (K)70,000円 (L)60,000
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス L
羽田便加算 羽田発便5,000円 羽田着便 NH便5,000円 LH便2,500円
週末加算 10,000円 日本土日出発:欧州金土出発
年始加算 30,000円 欧州1/3.4出発の場合
旅行期間 5日以上21日以内
発売/発券期限 21日前/予約後24時間以内
変更/払戻 不可
燃料サーチャージ 別途要

<<プレミアムエコノミークラス>>
出発期間 ~2019/12/26,2019/12/30~2020/2/29
発券期間 ~2020/1/20
運賃 163,000円 
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス N
羽田便加算 羽田発便5,000円 羽田着便 NH便5,000円 LH便2,500円
週末加算 10,000円 日本土日出発:欧州金土出発
年始加算 30,000円 欧州1/3.4出発の場合
旅行期間 5日以上1ヶ月以内
発売/発券期限 21日前/予約後24時間以内
変更/払戻 不可
燃料サーチャージ 別途要

<<ビジネスクラス>>
出発期間 ローシーズン(L)2019/12/17~12/26, 12/30-31
     ローシーズン(J)2020/1/1~2/29
     ピークシーズン(Q)2019/12/27~29
発券期間 ~2020/1/20
運賃 (K)390,000円 (L/J)283,000円 (Q)395,000
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス L
羽田便加算 羽田発便10,000円 羽田着便 NH便10,000円 LH便5,000円
週末加算 50,000円 日本土日出発:欧州金土出発
年始加算 なし
旅行期間 5日以上1ヶ月以内
発売/発券期限 21日前/予約後72時間以内
変更/払戻 不可
燃料サーチャージ 別途要

春はLXでSwissへ?

春はLXでSwissへ?