エアトラベルをしよう!③

「アイスランド」この場所もまた訪れたい場所です。
前回訪問したのは2005年ですから、もう15年も前なんですよね。この時はオーロラと世界最大の露天風呂?「ブルーラングーン」に行こうと言う事で行ってきました。

アイスランドに到着した翌日、DAY TOURでアイスランドの「ゴールデンサークル」と呼ばれる観光名所を回り、今夜はかなりの確率でオーロラが見られそうとの事で、そのままオーロラ鑑賞ツアーに申し込んでバスでオーロラ鑑賞に出掛けました。

オーロラ

オーロラ


バスはレイキャビックの街を出てオーロラ鑑賞に適した郊外に向かうのですが予報に反して、なかなかオーロラは現れず23時過ぎに街に引き上げよう街に向かい始めると、いきなりバスが止まり、ガイドが「オーロラだ!」と言い車外に出るととても幻想的な風景が広がってました。

宇宙から降り注ぐ緑色と赤い色のカーテンがもう神秘的で体が武者震いするほどでした。
それまでトランスシベリアルートの機内からオーロラを見たことはありますが、機内より地上から見るとのでは感動が全然違いましたね。

当時デジカメは300万画素で、まだまだ夜間撮影だと綺麗に解像出来なかったのが残念です。
なので三脚持参で今の機材でもう一度撮影にトライしたいものです。

なんせアイスランドの冬場は北海道並の寒さなので過ごしやすいですからね。

アイスランドに行きたいなぁ

年末のTV番組でアイスランドのオーロラが出ていました。
もう6年前になりますが、アイスランドのレイキャビック郊外でオーロラを見たのですが、とっても神秘的で感動しました。

TVでその感動が蘇り、ああ行きたいなぁと「行きたい病」が発症しています。

冬は欧州線の運賃が下がるので、チャンスなんですよね。
ちょうど、SK(スカンジナビア航空)がウンターセールの運賃を販売していると言うので、検索してみました。
3/2 成田12:30 – コペンハーゲン16:05 SK984
   コペンハーゲン20:10 – ケフラビック22:20 SK6153 (FI)
3/7 ケフラビック08:00 – コペンハーゲン12:00 SK6150 (FI)
   コペンハーゲン15:40 – 成田10:40+1 SK983
と言うスケジュールで、TAX/サーチャージ込みで104,780円と出てきました。
どうやらこれが最安のようです。
アイスランドで5泊となるので、1回はオーロラが見られるんじゃないかな。
自分の時は3泊で1回でしたからね。

アイスランドは温泉も多いし、何と言っても氷点下10℃位でオーロラが見られるのは、楽です。カナダや北欧のようにエスキモーの様な防寒具を着なくても見られますからね。

今年は無理ですが、近い将来行きたいです。
ブルーラングーン

写真掲載

Yahoo!トラベルが発信する温泉情報ブログ「Yahoo!トラベルが発信する温泉情報ブログ」に自分が撮影した、アイスランドの温泉「ブルーラングーン」の写真が掲載されました。

旅フォトBLOGの「4travel」に掲載した写真が転載されたものですが、事後承諾だったのは、ちょっとねぇ~って感じですが、こうやって自分が撮影した写真を使って貰えるのは嬉しいものです。

ちなみに、ブルーラングーンは天然温泉ではありません。地下から湧き出る水蒸気を使った地熱発電所の冷却水が源泉です。
水蒸気に含まれる成分が水に移り「温泉」となったもので、厳密には人工温泉になるんでしょうけどね。

ちなみに、アイスランドの首都、レイキャビックの街にも地熱発電所の廃熱で温められたお湯が家庭に配られ、お湯の蛇口をひねると硫黄の香りが漂う人工温泉が出てきます。