エアトラベルをしよう!⑦

GWが始まりましたが、今年は未来の為にステイホームです。
さて今日のエアトラベルは、エーゲ海クルーズです。今では3密の代名詞ともなってしまったクルーズ船ですが、アテネから日帰りでのクルーズ船はどちらかと言うとフェリーに毛の生えた感じの船でしたね。
と言っても1996年の船なので今はもう少し豪華かのかも?

アテネから日帰りで3島を巡るクルーズで、一番印象に残っているのがイドラ島でした。

港の様子

港の様子

なにせ島内は自動車やバイクなどの乗り物が禁止されており、移動で活躍するのが“ロバ”です。

最初は観光客向けかと思ったのですが、島での重要な?交通手段で港にはロバが客待ちしていました。
ちなみに後ろに写っている船がクルーズ船です。

猫の様子

猫の集会所

石畳の道が続き、住宅やお店も田舎も港町的な佇まいでしたね。

クルーズ船には、各島でオプションツアーが用意されいて、見どころをバスで回ったりする場所もありましたが、自分は町をのんびり散策してました。

そうそう、船の中でバイキング形式でのランチがあったのですが、あんまり美味しくなかったなぁ~

街の様子

街の様子

そして、島なのでネズミを追い払う「猫」が多く、いわゆる猫島みたいでした。
なのであちこちで猫がタムロしており、ネコ好きにはたまらない場所でもあります。

日帰りクルーズでしたが、結構朝早くピレウス港を出発して帰りも遅く20時近くに戻って来た記憶があります。
で港からホテルまで送迎があるのですが、どのバスに乗って良いのか分からず、適当なバスに乗ってホテル名を言ったらちゃんと連れて行ってくれました(笑)

機会がればイドラ島にはまた行ってみたいです。

エアトラベルをしよう!⑥

セントマーチンの夕日

セントマーチンの夕日

2015年にセントマーチンを訪れた時に撮影した夕日と言うかサンセットと言うか・・・
RWY28から離陸した機体を眺めていたのですが、雲に光が反射してなんか綺麗だったので。

セントマーチンと言えばクルーズ船の寄港地です。世界中を覆うコロナ渦の中、クルーズ船がなんか悪になっているのが気になります。

風の便りではセントマーチンに入港したクルーズ船にコロナ感染者が乗船していたとの事でようやくハリケーンからの復興がようやく軌道にのりつつあったセントマーチン経済に大きな影を落としてなければ良いですが・・・。