緊急脱出したKEのB777

今日の12時半頃、羽田空港発金浦空港行きの大韓航空、KE2708便B777-300型機HL7534が、離陸のため34Rから滑走中にNo1エンジンで火災が発生し、離陸をリジェクト。
すぐに脱出スライダーで乗客が避難しました。

今日はたまたま半休で午後から羽田にG7関連の特別機が無いかなと出撃する予定でした。

羽田空港の第二ターミナルに15時半頃到着してみると、事故機がまだ滑走路の上に鎮座していました。

KE/KAL/大韓航空 KE2708 HL7534 B777-300

KE/KAL/大韓航空 KE2708 HL7534 B777-300

エンジンが出火した左側はL1ドアのシューターが開いてますが、エンジンに近いL3やL4は使われず、右側のR1~R5のシューターを使い脱出が行われたのが判ります。乗客は300名程とかなりの搭乗率ですから機内は混乱したのでしは無いでしょうか?

この事故のお陰で羽田空港は一時閉鎖され着陸機は成田や福島、仙台などにダイバードしたり出発地へターンバックなどを余儀なくされましが、16時近くからB滑走路の離陸とA滑走路の着陸が再開さました。

滑走路から移動するのを見届けようと待っていたのですが、なかなか移動が始まらず、KEの代替え機B747-400「HL7460」がKE3707便として羽田空港にフェリーしており、そろそろAランに降りる頃だったので1タミに移動し、これを撮影して帰ってきました。
ちなみにV1スポットには特別機は1機も居ませんでした。特別機は逃したもののなかなか見ることが出来ない光景を見れたので由としましょうかね。

コメントを残す